強迫神経症について その2

前回の続きを書こうと思いながら、ついつい時間がたってしまいました。
別に書こうということがまとまっていないわけでもないのに、文章にするまでが長くなるのですね。

考えるに、強迫タイプのかたはこういう傾向が大きいのではないでしょうか。
つまり、頭ではいろいろなイメージがあるのに、現実に手を出す(あるいは足を踏み出す)までの時間が途方もなく長い。

頭のなかでは、非常にクリアに「何かをする」イメージがあるのに、実際にはまったく何もしていない。
現実のものごとは進行していない。

強迫神経症の人の頭のなかは、実に忙しいのではないかと思います。
何かをする前にやらなくてはならない強迫行為の段取りとか・・・。
あとで後悔しないために、今やっておかなくてはならない強迫行為とか、考えておかなくてはならない強迫観念とか。

普通の人がぼんやり考えているようなときでも、いろいろときぜわしく考えていなくてはならない。
思考はフル回転です。(主に同じようなことを繰り返し考えているのですけれど)
それで一日が終わる頃には疲弊してしまう。
でも身体は何も動いていない。

不思議ですね。人間って何か行動をしていなくても、思考するだけで疲弊してしまうのです。
強迫神経症の人はその典型。

強迫タイプの人の頭のなかでは、思考(言葉)と現実との区別がついていないことが多いようです。
なんと表現したらいいのでしょう。
現実と自分との間に「言葉」が立ちはだかるというか・・・
言葉が現実のように思えてしまうのですね。

一つの言葉でも、それに負荷がかかって実感的に重いものになってしまう。
たとえば「面倒だ」という思いがあるなら、普通の人が感じる面倒さの何倍かの重さで、その面倒さがのしかかってくる。
もちろん強迫性があるからですが。

実際には何も面倒なことはしていないのに、前もってその面倒さを苦しんでしまうという損なところがあります。

そういうふうに、いろいろな意味で言葉や観念のほうが現実より(妙な言い方ですが)実感をもってせまってくるようです。

言葉や観念のなかに閉じ込められて、現実がリアルに感じられない状態ですね。
で、強迫行為などは、観念に支配されているのですから、現実のなかではまったく的外れな行動の繰り返しとなります。

強迫神経症の人はよく「五感にたちかえる」ということを言います。
それも大事なことです。
でも最初は、その五感ですら、観念からしか入れないところがあります。

冷たい水で手を洗い続けている人は、「○回洗う」ということのほうが重大すぎて、手の痛みも感じる余裕がありません。

とにかく頭のなかのことがリアルで重大なので、往々にして強迫の人は「思考」や「観念」で、自分のこの苦しみを解決しようとします。
自分のやっていること、自分の考えていることが常識的にはおかしいということを、自分では十分わかっている。
この妙な考えを打ち消したい。
けれど、思考は思考で打ち消すことができない。この強迫思考を生み出す背後には大きな不安があるからです。

思考ではこの苦しみはどうにもできない。これを心にとめて、とにもかくにも、「現実」に向かって踏み出すしかない。
現在、強迫神経症を持ちながらもなんとか仕事をしている、社会で生きているというかたは、多分半分夢のようでありながら必死だと思います。

そういうかたでも、「もっと現実に直面する」ということが必要になってきます。

不快なことが嫌いな人が多いので不本意だとは思いますが、気楽にのんびりできる境遇では多分いつまでも苦しいままです。

締め切りのあることに挑戦する。他の人が待っているという環境をつくり、そのうえで何かをする。時間を区切ってものごとをする。
とにかく自分以外の、外側の人、外側のものを利用して、いやいやでも現実へと踏み出していくのです。

強迫神経症についてはまた次回に。


夏の花


強迫神経症でお悩みの方どうぞご利用ください。お茶の水セラピールーム

強迫神経症について その1


今回は強迫神経症について。
ひとつ確認しておきますが、森田神経質と言われる森田療法適応の症状の根には、すべて「強迫性」というものがあります。
たとえ症状が対人恐怖でも、不安神経症でも、身体のことが気になる普通神経症でも、すべて根底にあるのが、この「強迫性」です。

強迫神経症にだけ、強迫性があるわけではありません。

強迫性とは、ひとつ気になることがあると、何度も何度もそこに気持ちが戻ってきてしまい、ついには気持ちがその「気になること」から離れなくなるという心性のことです。
森田療法はこの強迫性(それと自己愛性)に対する療法です。

強迫神経症についてはいろいろと語りたいのですが、今回はとあるかたがご自身の症状を参考にしてくれてもいいと言ってくださったので、それを例にして説明してみたいと思います。

このかたの症状は、こんなふうでした。
「私の症状は、エイズが蔓延し始め不治の病と言われた頃に、どうもエイズ恐怖症に近かったような気がします。エイズウイルスは空気に触れれば5分ぐらいで死滅すると言われていますので、現在はエイズのことは気になりませんが、今はそれよりトイレに行った後の靴の裏とか、汚い道路を歩いてきたあとの靴の裏とかが汚いものと思うようになりました。ひょっとして汚いものを踏んできたのではないかと気になってしまうのです。頭ではそんなことはアバウトでいいと思っても、感情に負けてしまいます」

エイズ恐怖症は、疾病(しっぺい)恐怖に分類されるものです。
疾病恐怖とは、自分がたいへんな病気にかかっているのではないかと恐怖し、そのことで頭がいっぱいになることです。
癌恐怖などもそうですね。

病院で「あなたはHIVに感染していません」と太鼓判を押されても、それでも信用できません。
何回も検査を繰り返したりします。
誰でもエイズはこわいのですが、検査をして違うとわかれば安心します。

疾病恐怖の人は安心できない。
不安と疑いを持ち続けます。

このかたは、その症状は消えて、現在は不潔恐怖に悩んでいらっしゃるようです。
これも神経症の面白いところですが、症状が移り変わることがある。

不安神経症の人が強迫神経症になることがありますし、強迫神経症では恐怖の対象が移り変わるのです。

頭のなかだけで何かをこわがっているのが強迫観念。
その強迫観念から解放されたくて、行動してしまうのが強迫行為。

まれに強迫行為をしても、それを治そうとする意欲が薄い人がいます。
つまり「それをすることが気持ちいいから」いつまでも手を洗ってしまう。
そういう人もいます。
こういうかたは、精神療法には向かないようです。

殆どの強迫神経症の方は、なんとかして治したいという強い意志をもっています。

強迫観念、強迫行為は、あまりに苦しいし、外からもよくわかるし、生活に支障をきたす、家の人などに迷惑をかけることがあるので、これをなくそうと焦るのです。

ですから強迫神経症を治すと言われるいろいろな治療法では、技法論が盛んに語られます。

強迫神経症の人たちも、「こうしたらいい、ああしたらいい」と、強迫行為をやめる方法の模索に必死です。

ところが、森田療法的に言うと、(もちろんのことながら)その方法の模索がさらに症状を悪化させることになります。

森田は言っています。
「治療に拘泥するということは、同時に病に執着するということである」(全集1巻)

実際、強迫神経症は「徐々に」治っていくというより、あるとき気づいたら症状がなかったというふうになっていることが多いのです。
また次回にそのことについて書きたいと思います。



7月の花

プチ災害体験

前回、自然災害の話を書いたら、自分でもその怖さを体験してしまいました。

何日か前、首都圏で暴風雨がありました。

その日は、その時間にオフィスに行く予定。
ところがスマホを見ると「竜巻注意報」。豪雨、雷、竜巻に注意と・・・。
しかし出かけなくてはなりません。

一応、豪雨のときには地下鉄は危ないと判断し、タクシー乗り場に向かいました。
その時点で雨はまだ降っていなかったし、時間もたっぷりありました。

タクシーが走り出した途端雨が降り始めました。
そしてたった数分のうちに、雷が鳴り、雨は土砂降り、風は吹きつけるという状態に。
車が走っているうちに雨量は増し、車のフロントガラスから前が見えなくなるくらい。

しかし運転手さんはとまらない。
走り続けました。

あたりを見ると、道路はなんだか川のようになっています。
そして信号待ちをしているとき、突然、ガンッ、ボコボコとすごい衝撃音が響きます。
なんと、タクシーの車体を雹(ひょう)が直撃!
車の屋根を破りそうな勢い。

ここにきて、「ちょっとこれはまずいんじゃないの?」という怖さが迫ってきました。
外を見ると、建物のなかに避難した若者たちが、笑いながらスマホで雹の写真を撮っている。
「そんな場合?!」と思うが、確かに危険なのは彼らではなく、雹と雷のまっただなかにいるこの車のほうです。

道路の水かさは増し、私は今走っているこの道路が暗渠であることが心配になりました。
暗渠がどう危険かはわからないのですけれど、昔から水の集まる場所だったことは確か。

運転手さんに声をかけ、彼も何か答えているのですが、なにしろ雷の音、雹の音、風の音で、車内でも会話は成り立たない。
相手の声がいっさい聞こえないのです。

「もし危険だったら止まってどこかに避難していただいてもいいですよ」と言ってみたけれど、車がどこに避難できるのかはわからない。
「この道路、昔は川だったから、一本向こうの道路を走ったほうがいいのでは?」という声は届いたようで、彼も「そうですね」と答えるけれど、右折できるところがないらしく、車はそのまま雨と風のなかを走り続ける。

道路はだんだん川のように見えてくる。

どうも頭のなかには、つい最近見た九州水害で、車が流されていく場面などがちらついてしまいます。
車がここで流されたらどこに行くのかなどは、まったく想像できないけれど、「私は泳げない」という危険信号が点滅。
もっとも泳げたとしても、急流では何の役にも立たないと思うけれど。

いろいろ想像をたくましくして自分の恐怖をあおっている間、車はおかまいなく走る、走る!
そうこうしているうちに、雹は激しい雨に変わり、そのうち雨の勢いが少しずつ鈍くなってきました。

そしてタクシーは無事オフィス前にたどり着きました。
運転手さんはストップせずに果敢に運転し続けました。
時間は20分ほど。
局地的な雨だったから、この判断は正しかったようです。

オフィス前に降り立った私は、奇跡的にまったく傘を使うことなく、濡れてもいませんでした。
今までのあれは何だった? そんな天気の急変ぶり。
なんだか遊園地の絶叫マシーンから降り立ったような感じ(笑)。

でもやはり、「明日は我が身か」ということがリアルに感じられた20分間でした。


雨

災害に思う

福岡の水害で被害にあわれたかたがたへ、心よりお見舞い申し上げます。

たまにしかつけないテレビのスイッチを入れると、ニュースで避難所にいるかたがたの映像。
今まで何回、こういう映像を見たかなと思います。

東日本大震災のとき、熊本地震のとき、そして時折の水害や台風のとき、それから今回の福岡県での大水害。

一瞬にして家財のすべてを失うという悲運にみまわれたかたが大勢いらっしゃいます。
安定したものと思っていた自分の生活が、すべて流れていってしまうという恐ろしさ。
明日も人生がずっと続くと思っていたのに、それが突然途切れてしまう無念さ。

他人事ではなく、日本に住んでいる限り、明日は我が身であるのかもしれません。
あるいは、この地球に住んでいる限り、と言い換えたほうがいいのかもしれませんが。

人間の活動のせいなのか、あるいは地球という生命体の必然の過程なのか、地震の多さ、天候の異変が、最近加速してきているような気がします。
地球自体が人間の生存に適さなくなってきているのに、おかまいなく戦争で殺し合ったり、核兵器で武装したりする一部の指導者の無責任さ。
自分さえよければあとの人はどうでもいいという思想なのでしょうか。

どこまでが人間のせいで、どこまでが自然の異変なのかはわかりませんが、人間の営みが自然の異変に加担しているのは否めないでしょう。
自然の敵は人間なのでしょうね。

さて、この時期にちょうど昔林業をやっていたかたのお話を伺う機会がありました。

そのかたは、もう林業はやめているのですが、その事情を話してくださいました。

昔は、山から立派なひのきを2本切り出して売れば、子どもを大学に行かせられるぐらいのものになったそうです。
ところが、安い輸入木材のせいで、だんだん木材の値段が下落し、林業では食べていけなくなってきた。

そして、人手不足、資金不足で山の手入れができなくなってきた。
山林はほとんど放ったらかしにせざるを得ないということなのだそうです。

間伐という、生かすべき樹を残して、他は適宜伐採し、森林を健康なものにするということをしていないと、土壌が弱くなり、水害などのときには樹木が根こそぎとれてしまうとおっしゃっていました。

特に以前よく植林された、杉、ヒノキなどは根が浅くて、大雨のときにはそれが土とともに流れてしまう。
そのかたは、「このままでいくと、日本の山は全部崩れてしまう」とおっしゃっていました。

そのお話が今回の福岡の水害にあてはまるかはわかりません。
そのかたは東北のかたなので。

東北に行くと、山々の樹木の豊富さに圧倒され、なんだか安心感を覚えたものですが、それでもリスクがあるのですね。

植林が悪いわけではなく、自然林だってそういう事態は起こるという説もあります。
それだけ、この頃の気象が異常だということなのだそうです。

かといって山を全部コンクリで固めてしまったところには住みたくない。

これだけ変化がある豊かな自然に恵まれているということは、一方でいろいろな気象の変化によって災害にみまわれる可能性が高いということなのでしょうか。

災害の前に人間は無力。

結局のところ、私たちができることは、与えられている時間を精一杯生きることでしかないのでしょうね。


tree

対人恐怖について その2

引き続き、対人恐怖について。

神経症を森田式に分類すると、三種類に分かれます。これは現在世界で使われている診断基準DSM5やICD10とは違う分類です。
つまり、不安神経症、普通神経症(身体のことが気になる神経症)、強迫神経症です。
対人恐怖は強迫神経症のなかに入りますが、対人恐怖のかたと、何かひとつのことにとらわれる強迫タイプのかたとは、ちょっと違った感じがします。
(もちろん、すべての症状の根に「強迫性」というものがありますので、いろいろな症状を兼ね備えているかたもいます。)

どこが違うかというと、それは多分、他の症状のかたは問題が対人的なことではないので、社会的な部分、社交的な部分の経験が豊富ということころでしょうか。

その経験の質はまた別問題ですが、とにかく対人恐怖のかたは対人関係に恐怖を持っているわけですから、やはり社会的なことから逃げていて経験が少ないと言えると思います。

そして、これは全部のかたとは言いませんが、対人恐怖のかたは自立していないことが多い。つまり社会との接点が少ない分、親に依存していることが多いのです。その依存のしかたも、ただの依存から、反発するという形での依存といろいろな形をとります。

ここは面白いところなのですが、AC的な人は大抵、社会的な関係性は良好でも、親密な関係で問題が出る(つまり恋愛や結婚がうまくいかない)のですが、対人恐怖の人は、社会的な関係は苦手でも、結婚すると意外にうまくいくかたが多いようです。

さて、対人恐怖のかたに共通の面白い傾向があります。
それは「おとなしい」と評されると、激しく反応することです。
私は別に自分のことを「おとなしい」と言われても「そうなのね」と思うくらいですが、対人のかたは「絶対にいや」なのだそうです。

つまり、社会的な自分のあり方の理想像が、とても特異なのですね。
それも不思議なほど皆が同じ理想像をもっているのです。

活発で、明るくて、話がうまく、皆の中心的存在で、冗談がうまく、リーダーシップがとれる。そんな感じでしょうか。
大抵の場合、対人恐怖的なときとは全く正反対の理想像です。
どうしてそういう人になりたいのでしょうか?

そういう人でなければ、他人の尊敬や愛情は得られないと思っているのでしょうか?

普通、人が信頼を置くのは、物静かで、人の話を聞き、それでいて肝心なときには自分の意見をしっかり言える人なのではないでしょうか。

対人恐怖的理想像を追いかけて、話し方教室などに通い、たまたま自分が理想に近づけたと思ってしまうと悲惨なことになります。

話すのは上手かもしれませんが、人の話を聞かず、うるさくて、周りをよく見ない。
それでいて負け嫌いなので、ちょっとでもプライドを傷つけられると、相手に逆襲する。
そんな人になりかねません。

対人恐怖者が理想的とする人間像になれたとしても、それでなおかつ人に好かれるには、経験の蓄積がものを言うのです。

対人恐怖の人は、経験が少ないぶん、対人関係の基礎から学んでいく必要があるかもしれない。
けれどその努力をすれば、なんとなく自分流に対人関係を学んできた人よりも、ずっと洗練された対人関係を持てるかもしれません。

そのために、お勧めしたいのが、故・長谷川洋三先生の「森田式精神健康法」という本のなかの「対人関係の根本問題」という章です。
もちろん長谷川先生は、生活の発見会の元会長、創始者といっていいかたです。

この本は、実はもう絶版です。
この部分だけでもコピーして対人恐怖のかたにお渡ししたいくらいですが、なにせこの章は長くて、コピーが容易ではありません。著作権の問題もありますし。

人間関係で本当に基本的な「挨拶をする」「人の話を聞く」「相手を尊重する」などのこと、当たり前と思われるかもしれませんが、意外とできていないことが多いかもしれませんね。

そしてもっとも基本的なことは、対人関係にばかり気をとられすぎず、自分が何をするべきか、何をしたいのかを把握していくことだと思います。


プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR