対人恐怖について

日本人に多いと言われる対人恐怖。
対人恐怖や対人不安を抱えて悩んでいらっしゃるかたも多いことと思います。

森田療法はときには対人恐怖のための治療法とも言われます。
けれど対人恐怖のかたに対応するのは、とてもむずかしいという感じがあります。
これは、個人的な感じというだけでもなく、とある高名な治療者のかたが「対人恐怖が治せるようになったら一人前」と言われたことでもわかります。

これを聞くと強迫神経症のかたなどは、自分たちのほうがたいへん、と思われるかもしれません。
でも、強迫のかたのほうがすっきりと症状は消えるのです。
治療やカウンセリングに通い続けることもできる。

ですから対人恐怖のかたでも、「視線」とか「赤面」とか、ひとつのことに集中しているかたのほうが楽になるのは早いようです。
たいへんなのは、「友達ができない」とか「雑談のなかに入れない」とか訴えるかたがたです。

たいへんな要因はたくさんありますが、ひとつには人に対して批判的で、なかなか相手を信頼できない、というところ。
つまり、カウンセリングや治療が続かないことが多い。
相手を信頼して、通い続けるということがむずかしいのです。

これに関して、ひとつ興味深く思うことがあります。
神経質のかたの自助・学習グループの「生活の発見会」のなかには、強迫神経症のグループや不安神経症のグループはありますが、たくさんいるはずの「対人恐怖」のグループができない。
当たり前ではないかと言われる人がいるかもしれませんが、特徴的です。

また対応する側も判断を誤ることがあります。
これは森田療法での対応に関してですが、妙な言い方をすれば、相手の訴えの切迫感に押されて、つい「対人恐怖」をなんとかしようとしてしまう。
森田療法的アプローチとしては(あるいは個人でなんとかしようと思っているかたにとっても)これは違うということはご理解いただけると思います。

大事なのは対人恐怖をなくすことではない。
それを持ちながら、自分のやりたいことをやっていくことです。

森田療法では「欲望」に目を向けると言いますが、症状真っ最中のかたは、そこから脱することが「欲望」だと思っている。

そして対人恐怖の方に「症状がなくなったら、何をしたいですか?」と尋ねると、「人と仲良くして、皆の輪のなかに入りたい」とおっしゃいます。
当然のことですが、では何のために人と仲良くしたいの?というところはわからないかたが多い。

実は森田療法的な欲望探しは、非常にむずかしい側面があるのです。
輪郭がぼんやりとした欲求を、はっきりとさせていくのが、森田療法的なアプローチなのですが、対人恐怖のかたの欲求は、なかなか地に足がつかない。

人のなかで活躍したい、皆の人気者になりたい、華やかな存在でいたい。
具体的な社会的役割や仕事、勉学というほうに気持ちが向かないことが多いのです。

端的に言いましょう。森田療法の基本中の基本です。
仕事や学問ができていれば、対人恐怖があってもいいのです。

こういうことを考えると、必ず思い出すかたがいます。
以前、高良武久先生の森田療法施設として下落合にあった高良興生院に、丸山氏という作業療法士さんがいました。
私は取材などで時々しか行きませんでしたが、丸山氏は元対人恐怖と聞きました。(多分そうだと思います)
彼は、入院生の作業指導をしているのですが、無駄口をきかない、愛想はない。
とても静かな、どちらかというと、目立たない人です。
でも、自分の仕事をきっちりするというところで、存在感がありました。
(私は偉い人と言われる人より、こういう目立たないところで光っている人のほうが好きです)
「対人恐怖」の治り方としては理想的ではないかとさえ思ってしまいました。

でも、ここまでになるのはなかなかむずかしい。(高良興生院での指導はさすがだと思います)

私も、セラピストとして神経症のかたたちが、カウンセリングに通い続けてくれるように、もっと楽な世界観を持ってもらえるように、精進したいと思います。

対人恐怖については、まだまだ書きたいこともありますので、またそのうちに。


バラ2

セルフケア

仕事のことですが、7月からセラピールームの休業日を日曜日と月曜日にします。(今までは日曜日と火曜日)

実は先月、ふと「一泊で旅行にでも行きたい」と思いつきました。
正確に言えば、奈良に行きたかったのです。
ちょうど良い季節だし。

ところがスケジュールノートを見てみると、二連休とれるところがどこにもない。
飛び石で休みにしているのだから当然なのですが。

そして考えてみると、連休がとれないと不都合なことが多々あります。
休みの日にイベントやウォーキングに参加しようと思っても、次の日の体調を心配してしまって思い切って参加できない、ということがあります。

私は自営業なのだから、会社員ほどハードではないはずなのに、身体に関することには心配性です。

休みの日でも、「やらなければならないこと」がたくさんあって、掃除に洗濯に雑用の片付けに・・・動き回ってしまいます。
休日の終わりには「なんのための休みだったのか」とふと考えることはあります。

遊ぶことが二の次になる。
つまり精神的な部分でのセルフケアができないということなのかもしれません。
身体的なセルフケアはずいぶん熱心にやっているのですが。

で、遊ぶための時間をとることは、私の場合、自分の決断だけですむわけです。

けれど会社勤務のかたなどは、ほとんどの時間を仕事にとられてしまって、自分の身体を休ませることもむずかしい場合があるかもしれません。
あるいは、好んで企業に身を投じているかたもいらっしゃるかもしれません。

本当は、どこでも有給休暇というのがあって、休む権利は保障されているはずなのですけれど、皆さん休暇をとりませんね。
周囲がとっていないから、自分だけとるわけにはいかないという心理でしょうか。

こういう場合、神経質のかたは「これは変だ」と敏感に感じとるので、比較的自分の身を守ることができます。
けれど、うつ的な気質のかたは、あまり問題を感じることなく、周囲の状況に過剰に適応するので、命を削ることになります。
セルフケアなど、思いつくこともない人が多い。

自分は企業のために生きているわけではないという簡単なことが実感できない。
会社のために必死に生きていると、時間が飛ぶように過ぎます。
歳をとり、定年退職したときに、いったい自分は何をしていたのかと我に返ることもあるでしょう。(気づかない人がほとんどかもしれませんが)
飲み会の記憶だけが鮮やかに残っていたりして(笑)。

飲み会だけが「遊び」だというかたも多いでしょう。
確かに人との交流があるのですから、一人で飲むよりずっといい。
ただ飲みすぎたりするのも、セルフケアという点では問題です。

そう考えてみると、セルフケアとか遊ぶとかいうことは、日本人にとって結構難題なのかもしれません。

自分に時間があったら、いったい何をしたいのでしょうね。
何をしているのが、一番楽しい時間なのでしょう。

休みの日には、そんなことを考えてみて、思いつくことから始めてみるのもいいでしょう。
つまらなかったら、やめればいいのですから。

さて私は連休を確保して、司馬遼太郎の「街道をゆく」など読みながら、旅にでることを考えてみることにしましょう。



あじさい2

見えるもの、見えないもの

先日、読書していたら面白い話に出会いました。養老孟司氏の対談集の言葉です。

「昔は英米人には肩こりはないって思われていた。『肩こり』っていう言葉がないから、肩はこらない。けれど概念を導入した途端に彼らも肩こるわけですよ。で、マッサージが流行ったりして(笑)。つまり(人間は)意識の中にないものは存在しないって思い込んでいるんです」
「ある心的な傾向を持つと、見えないんですよ。(中略)脳というシステムはあらかじめある立場を取っちゃう。そういう立場を取っちゃうと、当然見えるものも見えなくなるんです」

たとえば輪廻転生を当然のこととして信じる仏教国では、なぜか生まれ変わりの体験談が非常に多い。キリスト教圏では、聖母マリアが出現する頻度が高いなどのことは、これに関連するだろうと言っています。

なるほどと面白く読みました。

これに関連しているかもしれませんが、常々不思議に思っていたことは、精神療法の世界でもそのときに流行の障害というものがあり、それが移り変わるのです。

たとえば、3,40年くらい前から「解離性同一性障害(多重人格障害)」という診断を受ける人が非常に増えてきました。
これ自体は、日本でも1920年頃、中村古峡が「二重人格の女」という本を書いており、以前から稀にですがあったことです。
ところが、多重人格を扱った本がベストセラーになったり、映画ができたりすると、爆発的に人数が増えました。

そのブーム(?)が下火になると、今度は「境界性人格障害」の人が話題となり、増えてきました。
精神療法の世界では、その理解のしかた、対処法などの本が続々出されました。ところが、現在では、あまり話題になりません。

そして現在増えているのが「発達障害」の人たちです。ものすごい数の人たちが、発達障害と診断されているようです。
この「発達障害」も、今までなかったわけではありません。
いたけれど、昔は名前がなかったので、こういう人たちは認識されなかったのです。

不謹慎ながら、次にはどんな障害が流行するのだろうと思ってしまいます。
今話題のトランプ大統領は、「自己愛性人格障害」だなどと言われていますが、次はこのあたりでしょうか。
「ためこみ症」でしょうか。

人の見る目が変わり、困難をもっている人たちが「発見」され、対処のしかたが考えられるというのは、それはそれでいいことだと思います。
つまり困難をもっている側も、対処する医療機関や心理相談の人たちも、その概念を知ることによって「見える」ようになるのですね。

しかし、この人はこの障害だと特定することによって、他の部分は見えなくなるという場合も多いでしょう。

「発達障害」だけでなく、日常的な例で言えば、「この子はボーっとしている」と認識してしまうと、いくら俊敏な部分があっても、その部分は見えなくなってしまう。

他人を見る時には、見えていない部分もあるという認識があれば、早急な断定で人を決めつけることは控えるようになるかもしれません。

それにしても、最初にあげた養老孟司氏の言葉は、人間の脳の限界を表していて興味深いことです。
そもそも、人間にはすべてが見えているわけではなく、見えていないもののほうが多いのでしょうね。

そんなことを考えると、未知の領域に対して謙虚な気持ちを覚えるとともに、もしかしたら、まだこれからいろいろなものが見えるかもしれないと、ちょっとワクワクします。

あ、お化けとかは見たくないですけれどね。


あしかが3

みんな未熟

以前、何人かでおしゃべりしていたとき、なぜか「今までで一番恥ずかしいこと」というテーマになってしまい、披露しあって笑ったことがあります。

けれど、そういう時に笑える体験というのは、「法事のときに正座をしていて、足の感覚がなくなって立てなかった」体験とか、何かを言い間違って恥ずかしい思いをした体験とかです。

本当に恥ずかしかったことは人には言えないし、笑ったりもできない。
当たり前のことですが、心のなかに隠しているものです。

対人恐怖的な人などは、他人は皆、成熟していて立派であるという観念を持ちやすい。
自分だけが恥ずかしい存在みたいに思うのですね。

でもね、皆、かつては今より未熟だったのです。
ずっと聖人君子として生きている人などいるわけがないのです。

私などもこの歳になって、過去を振り返ると、自分はなんて社会的な常識がなく、未熟で人を傷つけたり、ムッとされたりしていたことか、と思います。
今だからわかるけれど、そのときにはわからなかった。

けれど、それは決して無駄な体験ではなかったと思います。
それによって、少しは学ぶことができたと思うし、一番大事なことは、そんな未熟な私でも受け入れてくれた人たちが、たくさんいたということです。
もちろん傷つけて去っていってしまった人もいます。
それは、当たり前のことで、誰だってそういう人が何人かはいるでしょう。

けれど、そこまで偏狭で、厳しくない人もいるのです。
そうやって許してくれた人たちが、心を開ける友人になっていくのだと思います。

自分が自分に厳しいと、そんなに心が広い人たちがいるということも信じられないけれど、そういう人は多いのです。

なぜなら、「人間は皆、未熟」ということが当たり前のことだから。

「成熟した人間になってから人と付き合おう」「完成した人格になろう」「いい人になろう」とか思っている人がいるような気がします。
そうでなければ、人から受け入れてもらえないと思っているから。

でもそんなことを目ざしていると、他の人の未熟さが目について毎日イライラしてしまうでしょう。
人間は皆未熟で、今でも未熟。それでいいのだと思います。
自分の未熟さを自覚しているのであれば。

成熟した人格者になるのが人生の目的なのでしょうか?
宗教的な修行などで、それを目指している人もいるかもしれません。
でも、たいていの宗教の趣旨は、「こんな未熟な自分でも神(仏)は、受け入れてくれる」ということを実感することではないかと思います。

完成された人間になること、人格者になることはそれほど大切なことでしょうか?

それよりも、この人生で、本当に自分のやりたいことができたのか、未熟な自分でありながら人と親しみ合うことができたのかどうか、そういうことのほうが大切なように、私は思うのです。



ポピー2

相手の身になって考える


「相手の身になって考える」つまり「相手の立場を推し量り、その人のために考える」ということは、結構難しいことですね。

セラピスト、カウンセラーという仕事も、日々その訓練であるわけです。

日常生活のなかでも、相手が善意で言ってくれることだけれど、「それは少しむずかしいなぁ」とか「思いやりがないなぁ」と感じてしまうこともあります。
こういう行き違いは、日常茶飯事かもしれません。
こういうときに「自己主張」が必要になってくるのでしょう。

それでお互い意志の疎通ができれば、一件落着なのですが。

卑近な例ですが、私は胃腸が弱いし小食です。おまけに乳糖不耐症があるし、「食べたら次の日に絶対具合が悪くなるもの」がたくさんあります。

こういう人間が「出されたものは必ず全部食べるのが当然」という「かくあるべし」をもっているかたと出会うと、地獄です。
コース料理に招待されてしまった場合などは、まさに窮地。

いくら「少なくして」と頼んでおいても、最初の二、三品でもうお腹がいっぱい。
残すと、給仕のかたに「?」という顔をされたり、他の人に「美味しくなかった?」と聞かれたり・・・。
若い時には、相手に「残さず食べなきゃ」と説教されたこともあります。
こういう胃腸が丈夫なかたには、胃腸が弱い人の気持ちは到底わからない。

一般的に、体力がある人は健康でない人のことがなかなか理解できないようです。
体力が尽きてしまうと、「根性がない」と思われる・・。

カウンセリングのなかでお話を伺っていても、そういうことで辛い思いをなさっているかたがたくさんいらっしゃるようです。

毎日必死で働いて、土日くらいはゆっくり寝たいと思っているのに、休みの日でも家族が「早く起きなさい。何をグダグダしているの」と、寝かせてくれない。
外で働くのがどれだけたいへんで、どれだけ疲れるか、察することができない家族なのですね。
ひどいケースですが、「人間は一日○時間眠れたら大丈夫なのだ」と言って、自然な欲求はとりあってもらえないなどということもあるようです。

給食を少しでも残すと、食べ終わるまで席を離れられなかったり。(今はそういうことは少なくなっているようですが、昔はよくあったことです)

部活でどんなに体力がない子も、一律にハードトレーニングをさせられたり。

飲み会で先輩から「飲め、飲め」と強要されたり。

一時代前の日本人は「精神論」がすごく好きでした。
精神力さえあれば、たいていのことは乗り越えられるものだーーという考え方ですね。
非科学的です。

精神論というのは「かくあるべし」です。
人それぞれの個性とか、特性とかをまったく無視して、「こうでなくてはならない」と決めつけてそれを実行しようとする。
それを他人にも押し付ける。

「かくあるべし」を他人に押し付けているときには、その人は「相手はまったく違うことを感じているかもしれない」「相手の身になって考えるとどうだろう」ということを、失念しているに相違ありません。

学校や職場などでは、なかなかNOというのは難しいことです。
でも、そんな「かくあるべし」に出会ってしまったら、おずおずでも「自分はそうできないのだけれど」と言ってみることも大事かもしれません。

それはもしかしたら相手の人のためになるかもしれない。
「自分と他人は感じ方が違う。自分にとって当たり前のことが、他人の当たり前ではない」ということ。
相手がそういうことを学習できるチャンスになる可能性もあります。

でも、一番困るのは、自分が自分に「かくあるべし」を押し付けてしまうことですね。
自分の本当の体力・能力を認めると、「かくあるべし」がはずれて、少し自分に優しくなれるかもしれません。


あしかが2

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR