親という役割

親との問題、子の悩みでご相談にいらっしゃるかたはたくさんいます。

世界で一番近い人間関係。
それでいて、子が順調に成長するならば、どこかで遠くなっていくべき人間関係。
それはある意味、世界で一番難しい人間関係かもしれません。

よく言われていることですが、日本では(あるいは東アジア圏かもしれません)、親と子の関係が密な割には、夫と妻の関係がそれほど密ではない。
そのあたりから、子の自立に問題が出てくるのだとも言われます。

夫婦関係が破たんしているのだったら、さっさと離婚するとか、シングルになったらすぐに次の相手を探すとかしていたら(そしてそれが社会通念上、あたりまえのことであったなら)あるいは「ひきこもり」の問題も、もっと少なくなっているのかもしれません。

子が親を断念することで、自立できるからです。
もちろん、そういう社会では、子どもの側に出てくる問題がないわけでもなく、また違ったものになるのでしょう。

とにかく、現代の日本社会では、子どもの問題で悩んでいない家庭、悩んだことのない家庭のほうが少ないかもしれません。

父親がいなかったり、いても家庭のことは母にまかせっきりだったりする場合、母は子のことがあるいは自分の責任ではないかと悩み、ますます子への関心を深めていきます。

「存在しない父」の責任も大きいのですが。

ごく当たり前のことですが、生まれてきた子は全面的に親の保護下にあります。
きちんとケアしないと、生きていることすら危うくなる。
そのときには、親は懸命に子を保護しサポートします。

親という役割の難しさは、子が成長するにつれ、そのサポートの手を少しずつ緩めて相手の能力にまかせる必要があることです。

相手が頼りないといつまでもサポートしてしまう。
そうすると、相手も都合よくこちらに寄りかかる。
そういうことも起こってきます。

人間は関係性で変わる生き物なのです。

しかし一般論でこう言っても、それはしょせん「他人」の言うことで、本人たちの身になって考えると、そこにはいろいろ複雑なものがあります。

子への情愛とか、経済的な問題、子の資質、それまでの親子の歴史、また親自身の家族歴なども複雑にからみあっています。
(そしてもちろん、子に障害や病気があった場合、サポートが必要になってきます)

「そうは言われても・・・」とおっしゃるかたが多いと思います。
言葉だけ言われてあてはめられても、「でも・・」と感じる方が多いはず。

そういう複雑微妙なところもあるのは当然なことです。

ただ、踏まえておかなくてはならない大原則は「他人は変えられない」ということ。
当たり前のことですが、相手をなんとかしようと奔走している親御さんが多いような気がします。

しかし自分は変わることができる。
そして自分が変わると、関係性が変わる。
関係性が変わると何かが変わる。

時間がかかることですが、そんなことを気持ちのなかにとめて行動していくことで、変化していくことができる。
実際、そうやって家族関係が変化したかたはたくさんいらっしゃいます。

自分がコントロールできないものは手放し、コントロールできるものに注力する。
それはどんな場合でも、大切な考え方ですね。



色紙2

書をたしなむかたの作品。言葉は鈴木秀子シスターのものです。「子どもを変えようとするかわりに、親が自分自身に気づくほうが、ずっと大きな実りにつながっていきます。そして親であるあなたは、いまそれができるのです」

親子の問題でお悩みのかた、ぜひご相談ください。お茶の水セラピールーム

「野の医者は笑う」(東畑開人著)

面白い本を読みました。
なぜこの本を手にとったのか、経緯を自分のなかで失念してしまいましたが、多分著者の東畑開人さんの論文を学会誌か何かで読んで、興味がありメモしておいたのだと思います。

心理学の本だろうと思って手にとり、あまりの面白さ(読みやすさ)に、何時間かで読み切ってしまいました。
内容は私の予想とは全く違うものでしたが。

著者は臨床心理士。
沖縄の病院で仕事をしていましたが、ふとしたことから近代医学の枠の外で治療している「怪しい治療者」に興味を持ちます。
特に沖縄は「ユタ」の伝統もあり、どうやら「怪しい治療者」がふんだんにいるところのようです。

著者は、これらの「怪しい治療者」を「野の医者」と呼び、そういう人たちがどうやって人を癒すのかを探るためにフィールドワークを始めます。
具体的には、トヨタ財団の研究助成を受け、自分自身で野の医者の治療を受けてまわるのです。
医療人類学という分野だそうです。

ここでひとつ、現代の医療と心理療法の制度的説明を。

「人を癒す」というとき、そのトップにいるのは「医者」です。
これは「業務独占」の資格で、医者以外の人が医療行為をすると法律で罰せられます。
だから整体師とか鍼灸師などは「治る」という言葉を注意深く使用します。

さて心理療法の世界では、この行為は業務独占ではありません。はっきり言えば誰がやってもよいのです。
一応、「臨床心理士」とか「産業カウンセラー」という名称がありますが、これは「名称独占」の資格で、資格のない人がその名前を名乗ってはいけないというだけのものです。
現在、国家資格として「公認心理師」が設けられつつありますが、これも「名称独占」ですので、他の人が心理療法をやってはいけないということはありません。
ただ、こういう名前をもっている人は、それなりの研修を受けて資格試験に受かっているよ、というだけのことです。

さてそれ以外の「野の医者」と著者が呼ぶ人たちの層が、心理療法の周辺に広がっています。
たとえば、自己啓発、オーラソーマ、占い、フラワーレメディ、スピリチュアル・ヒーリング等々・・。いろいろなものがどんどん生まれているという状況です。

著者が探っていくのは、こういう人たちがどうやって人を癒すのか、そしてこういう癒しの方法がどんなふうに生まれてくるのか?
もうひとつ著者が心に思っているのは、臨床心理士もまた「野の医者」の一種なのではないかという疑問。

ともすれば学会から「邪道」とも呼ばれかねないこの研究をひやひやしながら進めている著者の様子、その合間に自身の就職活動をする様子とがユーモアあふれる文体で語られます。
この文体は、ずっと昔読んだ北杜夫の「ドクトルマンボウ」シリーズに匹敵するような、優れたものだと思います。
ユーモアって、本当にむずかしいものなのです。

さて内容は各自で楽しんでいただくとして、著者が発見したことは、「野の医者」たちは、ほとんどが「傷ついた治療者(Wounded Healer)」(これはユングの命名)であるということ。
つまり自分自身が悩み、それを乗り越える過程でヒーラーになっていく。
人を癒すことで、自分が癒される。
そうやって広大な「癒し」のフィールドが広がっていく。

そしてもうひとつ著者が気づくことは、この遠因として「沖縄の貧しさ」(経済的な)があるのではないかということです。

そして自身の立ち位置の確認があります。
臨床心理学は「学問」であり、自らを疑うという視点を持つことによって、自らの行っていることを考え抜く。
それが「学問」というものの性質と著者は言うのです。

あまりに固い壁のような境界を作るということは、中にいる人の脆弱性を表します。
「あれは邪道だ」ということを声高に言う人は、もろい自分を守っているのかもしれない。

しかし著者は果敢に「わけのわからない」世界に踏み込み、臨床心理学を逆照射するところまで思索します。
そこには関わる人たちに対する温かい視線があり、それが読者をホッとさせます。

読後、ふと考えてしまいました。
現代精神療法の第一人者と言われている神田橋條治先生の最近の治療、あれって「野の医者」の治療ではないのだろうか?

境界というのものは、本当はわからないものなのです。


 誠信書房なのに、この装丁!

無力感

いろいろなことで困難な状況にいるかたが、そのことを相談にいらっしゃいます。

職場、家庭などで周囲の人から圧迫されている。
周囲のおしつけてくるタスクや状況がひどい。

こういうことでお悩みのかたが多いように思います。

そのかたに、「では、その困った状況について周りのかたに言ってみたことはあるのですか?」とか「思っていることを相手に表現したことはありますか?」というと、「ない」というかたが多い。

「あの人には言っても無駄です」
「かえってもっとひどいことになります」
「会社の相談室に言ってもきっと無駄でしょうね」
「誰も自分の言うことなどきいてくれないと思います」

そんなふうにおっしゃいます。

「そんなこわいことをするなら、むしろ現状維持のほうがマシ」ということなのでしょう。

そういう言葉から感じられるのは、強い「無力感」です。

こういう「無力感」を抱きながら生活していらっしゃるかたは多いような気がします。

こういうふうに生きていると、その方の周りの現実は動かない。
何か突然ラッキーな出来事や変化があって、苦しい状況が打開できることもあるでしょう。
でもそれはたまたまであって、自分がしたことではない。

突然大きな話になりますが、日本人ってこういう無力感をもって生活している人が多いように思います。
昔から「見ざる、聞かざる、言わざる」のような伝統的な考え方もありますし。
逆に積極的に見たり、聞いたり、言ったりすると「攻撃」ととられるような雰囲気もまだあるのかもしれません。

だからこそ、長時間労働や有給休暇がとりにくいことなど、皆おかしいと思いながら「誰かがなんとかしてくれるだろう」的にやり過ごしてしまうのかもしれません。
それでブラックな労働環境は一向に改善されない。
「自分がなんとかしよう」ではなく「国がなんとかしてくれるだろう」という姿勢なのでしょうか。

そこにあるのは「我慢」です。
あるいは「あきらめ」かもしれません。

そして我慢して身体をすり減らして働いていく。
あるいは、誰かのやることがおかしいと思いながら、じっと耐えていくと、自分の奥に「怒り」が生まれてきます。

その「怒り」が自分に向くと「うつ」ということになります。
怒りを外に出す人は、自分よりあきらかに弱い人に八つ当たりします。

根本的な解決にはほど遠い。

そんな状況でいるより「逃げる」ほうがベターですが、それもまたできない人が多い。

たとえば幼少期から「ダメ、ダメ」ばかり言われてきて、自分の欲求をきいてもらえないと、こういう無力感を抱きやすいのかもしれません。
(逆に言えば、自分の言うことをなんでも聞いてもらえたという人は「万能感」を持つようになるのでしょう)
あるいは周囲の環境があまりに困難だったため、自分から欲求を出すことをあきらめる場合もあるでしょう。

自分がそんな袋小路に行きあたっていると気づいたときには、簡単なことから表現してみる。
自分の欲求を、ほんの少しでも言ってみる。

結果がどうなるかはわかりません。
(結果は自分のコントロールの範囲ではありませんから)
でも、結果がどうであろうと、「言えた」ということは大きな一歩です。

それは自分のなかに眠っていた「欲求」を確認するチャンスでもある。
ほんの少しでも「表現」することで、自分と外界との壁に風が通るかもしれません。


秋の花1

やらなくてはならないこと

実は長年「やろうかなぁ」と迷っていたジム通いを始めました。
今までも何回か、いろいろなジムに入会し通いましたが、たいていは途中で飽きて挫折し、そのままになってしまいました。

昔からスポーツは苦手です。
「身体を動かすことは、自分には向いていないのだ」と思っていました。

中高時代、一回テニス部に入っていましたが、相手に球拾いばかりさせるのが苦痛でやめました。
けれど、そのとき一週間のテニス合宿というのを経験して、自分の身体が一週間でかなり変化したのを実感しました。

さて、ジムに入会して通ってみると、これが面白い。
いろいろなプログラムも面白いけれど、やはり自分の身体が運動後に変化するということが気持ちいい。
少しずつ体温も上がってきているようです(元来、低体温)。
この年齢でも、身体は変化するものなのですね。

友人からも「あなた、運動好きだっけ??」と、疑問視されています。
多分自分は勝ち負けがつくようなスポーツは嫌いだけれど、こういうトレーニング系は好きだったんだわと、自分を納得させていました。

ところが、またこのところ億劫になってきました。

なぜかなと、考えてみました。

つまり一生懸命ジムに通っていたときというのは、「もっとたいへんな仕事」を抱えていたときなのです。

それがだんだん片付いてくると、ジムに行くのが億劫になりました。

つまりジムに行くのが、仕事より楽なときには、ジムに行くのが楽しかった。
そういう精神的負担が軽くなると、ジムに行くのが負担になる。
もうひとつ、新しいことは面白いけれど、それがだんだん新鮮でなくなると惹かれなくなる。

そういうことなのですね。

そこで「楽でないことでもしっかりやらなくては」「継続しなくては」などと思わずに、価値判断せずに、その心の事実を見る。

人間の心とはそういうものなのでしょうね。
楽な方へ、面白いものの方へと流れていく。

初めは面白くても、それが自分の中で「やらなくてはならないこと」に変化した途端にイヤになる。

何が楽で、何がきついかなどということは、その時その時で相対的なものです。
非常にきつい時間のかかる仕事が出てきたときには、いつものルーティンワークなどは楽なものに感じられて、ついそっちに集中してしまう。
しかし心のなかには、その「やらなくてはならないこと」が居座っていて、不快な「やり残し感」がある。

これがひどくなると、「着手恐怖」という神経症になります。
一番大事な「やらなくてはならないこと」にどうしても手がつけられない。
いろいろな理由もあるでしょうが、自分の本当の力を見たくないという要素は大きいでしょうね。

もちろん、そういうことの解決策も森田療法のなかにはあります。

簡単なところでは、まず目の前にその「やらなくてはならないこと」に必要な道具をそろえる。
書類を出す。PC画面を開く。時間をはかる。

今まで言ってきたように「外側のものごとを使う」のです。

そして森田の言う「丸木橋のたとえ」のように、対岸の美しい景色に行きつくというイメージを使う。
方法はいろいろあります。

決して、「億劫だ」という自分の気持ちを変えようとしないのです。

まぁ、私の場合は、いつでもジムに出発できるようにジム用バッグを整えておくというのが、第一歩でしょうか。

*ジム通いがアディクションになるかた、自傷行為になるかたもいます。この記事はジム通いをお勧めするものではありません。


さるすべり

強迫神経症について その3

さて、また続きです。

強迫神経症のかたが自分のぐるぐる思考から抜け出し、外へと踏み出すためには、外側のものごとを利用するということを書きました。

実例をひとつあげてみます。

「その1」でとりあげた不潔恐怖のかたの例です。

「不潔恐怖の場合は他の行動に移る前に綺麗な手でないと触ったものまでが汚れてしまうと考えて他の行動になかなか移れないのです」

よく考えてみれば、これは不潔恐怖だけの問題ではないようです。
対人恐怖にしても、不安神経症タイプの人にしても、「次に自分がこう踏み出すと、こういうことが起こるだろう」と予測して心配で、行動ができないということはあり得ます。

強迫タイプのかたは、強迫神経症だけ特別に苦しいと思いがちですが、それは「強迫行為」という、一見派手な、正常な生活から浮き上がったような症状があるからでしょう。
「どうしてもこれをとらなければ」「とればすっきりするだろう」という「治癒に対する強い執着」が出てくるのです。

ですから、外側のものごとを使うというのは、どの症状のかたにも応用できることです。

「きれいな手でないと・・・」と考えるのは、別にかまいません。
私だって、手が汚いと感じられる時には、洗ってから次の行動に移ります。当たり前の感覚です。
問題はその「手が汚い」感覚をすっきりさせることに長時間を使うことですね。
(これを「気分本位」の行動と言います。実際は不安を振り払おうとしている行動です)

ではこんなときに「外側のものごとを使う」とはどういうことか?
まずは「時間」。そのていねいに手を洗うという行動にどれだけ時間がかかったか計ってみる。
時間を縮めようとするのではないですよ。ただ計るだけでいい。
強迫行為がどれだけ自分の「人生の時間」を浪費させているか、ちょっと頭の隅にとめておく。
もちろん、水とかボディーソープとかの無駄使いにも気づいておく。

もっと外側のことにも踏み出しましょう。
仕事やおつきあいで、他の人と約束し、その約束を守る、ということです。

約束を反故にしない。時間を守る。できればその出かける用事の内容にまで気を配り、事前準備をしておく。

こういうときに、「人によく思われたい」とか「いい人に思われたい」「変な人と思われたくない」という自分の傾向を活用しましょう。
実際、家の外では強迫行為をしないという人は圧倒的に多いですね。

つまり我慢できるのです。
そして皆、頭のどこかでこの「強迫行為」は、不毛で無駄な行動だということに気づいている。
強迫行為をしなくても、社会的には行動できるのですから。
しかし、ただただ不安に圧倒されて「わかっていてもやめられない」という声も聞こえてくる気もします。

とにかく、外側へ、社会へ、他人との関わりへと足を踏み出す。
そのなかで、「きちんと仕事ができた」「約束を守れた」という手ごたえが出てくる。
自分の家のなかでも、強迫行為を治すこと以外のものごとに興味を持つ。
それについて、もう少し調べてみる。
そうすると元来、好奇心が旺盛なタイプですから、興味はいろいろ広がってくるはずです。
そうしたら、それに手をつけてみる。

そんな行動の連続が、強迫神経症から自分を引き離して、やがてはそんなことを忘れるようにしてくれるのです。

でも、その先が肝心です。
強迫行為や観念が以前ほど気にならなくなったり、生活に差しさわりがなくなったりすることは、ある意味、スタートラインに立ったということ。

今度はそういう症状を起こしていた自分の傾向に気づいたり、自分を苦しめていた「かくあるべし」に気づいたり、そのために周囲の環境が見えていなかったこと、人生の時間や資源を無駄にしてきたことが、目の前にたちはだかってきます。

それが神経症に苦しんだ人たちにとっての、本当のスタートラインなのだと思います。

森田療法の真価は、症状をとることだけではない。
そこから先の人生までもカバーしている、応用範囲の広い思想でもあるのです。


夏の花2

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR