FC2ブログ

往生する

「往生する」とは、なんとも古臭い言葉ですが、森田療法の用語です。

森田療法というのは、人間の心の微妙な状態を扱っていることが多いので、観念だけではなかなか把握できないことがあります。

私は一昨年、不整脈があると診断され、時々感じる息苦しさもそのせいでしょう、と医師に言われたことがあります。
ただ、服薬するほどのものではないということ。
軽い症状だったのですね。

ただ、そういうふうに言われた後、ある日、自分の息苦しさがとても気になったことがありました。
「嫌だな、息苦しい」と思っていると、どんどん息苦しさが増してきます。
そのとき、ふと思ったのです。
「不整脈があるんだったら、この息苦しさとは一生つきあっていかないといけないんだな。仕方ない」
そのとき、不思議なことにその息苦しさは瞬時に消えたのです。

とあるかたが、メールで同じ体験を語ってくれました。
このかたは「うつ的」になる症状がおありなのですが、こんなふうに言われています。

「うつな時に『自分を見つめないようにしよう』と努力すればするほど辛くなるので、『好きなだけ自分を見つめていいし、どこまで辛くなるか見てみよう』と思うようにしたら、急に『辛さ』がしぼむという体験をしました。『なんだこれ』と思いました・・・」
(ご本人の了解をとって掲載しています)

これは、森田療法で言う「往生」であり、「正受不受」の体験です。
「あるがまま」の体験でもあるでしょう。

このままの自分で(症状があるままで)生きるしかない、と心から納得することです。

「正受不受」という意味は、「正しく受ければ、受けないことになる」ということです。
つまり「苦しい、辛い」ことを、ただそのまま苦しむ、仕方ないと覚悟する。
そうすると、その苦しさは以前のようなものではなくなる(あるいは消える)ということです。

言葉で解説するとどんどん本来の体験から遠くなる気がしてもどかしいのですが、神経症というのは、特定の「不快感」から必死で逃げよう、それを無くそうとしたことから起こってきます。

そうすると精神交互作用が起こり、不快感はますます鋭く感じられるというからくりです。

その不快感から逃げない、感じたままでいようというのが「往生する」「正受」の状態です。

けれどこう説明すると、「そうやったら、症状が消えるのか、ではやってみよう」という方がいるでしょう。
それでは症状は消えません。

そこに「症状や不快感を消すためにやろう」という気持ちが少しでも入っていると、それは往生ではない。

心の底から「もう仕方ない、共存しよう」と覚悟したとき、この心境が体験できるのです。
本当に森田療法って心の微妙なところを語っているのですね。

空と海

脳もDNAも変化する

前回のブログで、日本人の脳にはセロトニンが少ないなど、遺伝的な要素を書いたところ、がっかりなさったかたもいたようです。
これだけの情報で終わるというのも無責任なので、いろいろな書物からの寄せ集めですが、脳内物質や遺伝子の変化について、書いてみます。

前回書いたように、日本人には幸福ホルモンと言われるセロトニンの分泌量が少ない。
けれど、セロトニンを日常的に増やす方法は、ネットで検索すればいくらでも出てきます。

セロトニンを増やす方法として、こんなものがあげられています。
*太陽の光を浴びる。一日15分から30分でいい。
*十分な睡眠をとる。
*適度な運動をする。特にリズミカルなものがいい。(ウォーキング、ランニング、ダンスなど)
*セロトニンの材料となるたんぱく質をとる。

また遺伝子自体の働きも、変化させることが可能という話もあります。

私たちの身体には約60兆個の細胞があり、その一つ一つに同じ遺伝情報(ゲノム)が含まれている。
細胞の遺伝子(DNA)に含まれる遺伝情報は30億個。全細胞は皆同じ遺伝情報を持っているのだそうです。
そして人には約2万個の遺伝子があります。

ところが身体の細胞ごとに、その役割は違ってきます。
同じ遺伝子を持っていながら、筋肉の細胞と髪の細胞とでははまったく違う働きをしている。
その違いは、細胞の中の遺伝子がオンになったりオフになったりすることで生まれてくるようになっているのだそうです。
人体というのはこういう複雑な設計図で動いているのですね。
すごいことです。

で、もっとすごいのは、この遺伝子のオン・オフを操作することで病気を治すという技術がもう実用化されつつあるということです。
すでに「遺伝子組み換え技術」は実用化されているのですが、遺伝子自体を変えることなくこのオン・オフを切り換えることで病気を治すのだそうです。
つまり例をあげれば、オフになっている「癌抑制遺伝子」をオンにすることで、癌の悪化を食い止めたりするということです。

このオン・オフを調節する人体のしくみをエピゲノムと言い、この技術はエピゲノム編集と言われます。
ここまでのことを解明し実際に応用できるまでにした人間の知力もたいしたものです。
言ってみればこれも、人間の持っている遺伝子のおかげですけれどね。
(このエピゲノム編集の詳細は「Newton 2018年8月号」に掲載されています)

さてその人がもともと持って生まれた遺伝子のオン・オフの情報は、実はその人が生きていく環境、栄養状態、ストレスなどによって変わってくるのだそうです。
そうです。遺伝子も変化するのです。

そういう要素で遺伝子が変化するのであれば、眠っていた良い遺伝子を、オンにして目覚めさせることも可能。
そんな趣旨の本を書いているのが、遺伝学者・村上和雄氏です。
「生命の暗号」などの本で有名ですね。
人間は、本来の可能性のほんの一部しか使っていないそうです。
村上氏が提唱する眠っている良い遺伝子をオンにする方法は、基本、ポジティブシンキングのようですが、それは著書をお読みになってみてください。

けれど、環境、栄養、ストレスでオン・オフが変化するのなら、良い環境、十分な栄養、ストレスを減らすことが良い変化を呼ぶのだと推測されます。

また村上氏は、これだけの壮大で精緻な生命体の構造を目の当たりにすると、何か「サムシング・グレート」のような存在を考えざるを得ないと言っています。
この「サムシング・グレート」は、宗教で言う「神」であり、森田療法で言う「自然」なのかもしれません。

興味にまかせて書きましたが、まだまだ世の中には知って面白いことがたくさんあります。
巣ごもりの期間は、知的興味を充たす時間としても使えそう。

それにしてもこれほどの知力を持った人間が、なぜコロナウィルスに、ここまで手こずっているんでしょう!


夏

T・H氏撮影


注・この記事は鬱病や神経症の治癒について書いたものではありません。

脳と天災

令和2年7月豪雨災害に遭われたかた、お見舞い申し上げます。
まだまだ雨が降り続いている様子、お気をつけてお過ごしください。

タイトルの「天災」は、「天才」の誤字ではありません。
天災と脳とは関係があるかもしれないという話です。

新しく設けられた公認心理士試験のための講習会を受けた時、講師の精神科医のかたが、人体のなかで「脳」は未だに「暗黒大陸」だということをおっしゃいました。

つまり、人体の他の部分のことはかなり解明されているし、それにともなって病気の治療法も進歩しているが、人間の「脳」の機能は解明が難しく、脳に起因する病気もなかなか治療がむずかしい、ということでした。

だからでしょうか、「脳」科学に関する読み物はたくさん出版されています。
未知の領域、脳のことをもっと知りたいという気持ちがあるのでしょうね。

そのなかで興味を惹かれたのが、日本人の脳の特質の話。
これは中野信子氏の著書で知りました。ごく易しい脳科学のトリビアを書いた本です。
(「脳はどこまでコントロールできるか」ベスト新書)

この本のなかに出てくる話。
人が新鮮な刺激を好むかどうかは、ドーパミン受容体のタイプ4(DRD4)に関係しているのだそうです。この受容体の配列の繰り返し回数が多いと新しいもの好きになります。日本人ではこの繰り返しタイプが2回~4回の人が圧倒的に多いのですが、欧米人は7回の人が多い。つまり日本人は、おだやかな現状維持の生活を好む人が多く、欧米人は失敗しても新しいものを求めて挑戦する人が多い。これは、このDRD4の特質のせいではないかということです。

そしてまた、日本人はセロトニントランスポーターの数が少ないタイプが65%、多いタイプが3%ですが、米国の人は少ないタイプが19%、多いタイプが32%いるそうです。
セロトニンは幸福ホルモンと言われています。日本人はセロトニン不足の人が多いことになります。
よく、日本人は電車のなかでものすごく暗い顔をしていると言われますが、なんとなく納得です。

なぜ日本人の脳がこういう特質を持つようになったかのか。
日本という国土には地震や台風、水害や噴火などの自然災害が多く、いつも最悪の事態に備えて緊張していなくてはならない。そういう歴史に脳が適応しているのではないかという仮説があります。

そして確かに、前人未到の地に分け入って開拓を続けなくてはならなかった米国人は、チャレンジが好きでポジティブな脳の人が生き残ったと言えます。
つまり、その環境に適応的な心身の人が生き残っていって、その民族特有の体質・気質(脳の特徴)が獲得されるということなのでしょう。

自分がいつも不安だったり、臆病だったりするのは、このような脳の特質のせいなのかもしれません。
そうだとしたらなんだか損ですね! 
誰だって自然にポジティブに考えられる脳のほうがいいに決まっています。

けれどそういう楽観的な脳だと、きっとこの災害列島では生き残れないのでしょう。
そういう特質はそれなりの働きがあり、メリットもあるのです。
臆病な人のほうが長生きという研究結果をどこかで目にしたことがあります。
当然ですね。
コロナが流行ったら必死でマスクをしますもの。

けれどこういう特質も環境によって変化することが可能。
脳には可塑性があり、人間の遺伝情報がどのように発現するかも、環境に左右されるそうです。
まだまだ脳やDNAにはわからないことが多く、好奇心をかきたてられますね。


「今、ここ」を生きる

考えてみると、私たちの意識はいつも「過去の経験」や「未来の予測」に満ちているような気がします。

たった今、目の前の仕事をしながらも、心はすぐにどこかに飛んでいってしまう。
特に、自分の自由になる時間だと空想、予想、反省、心配、不安などが頭のなかを行ったり来たりします。

先日、少しの時間でも「今、ここ」だけにフォーカスしてみようと思い立ちました。
まず玄関から出て、駅に向かう。
木々の下を歩いていると、緑の葉が生い茂っています。
新緑の頃から比べると、ずいぶん緑の色が濃くなったのだなぁと感じます。
樹の上から鳥たちの声も聞こえてきます。
あの鳴き声は雀じゃなさそう。

するとどこからか、おいしそうな匂いがしてくる。
なんだかこの匂いは、昔々、学校の調理室から漂ってきた給食の匂いに似ている・・・。

前方から小さな子たちを連れた保母さんが歩いてくる。
道をあけながら、このコロナの時代に子どもを預かる人たちも大変だと考える。

すると信号。
あ、あの人は赤なのに渡った・・・。
それにしても自粛の頃に比べると、道を歩く人の数は格段に増えている様子。
もうそろそろ駅だ、スイカ(果物ではない)を用意しなくては。

「今、ここ」にフォーカスすると、意識はさらさらと流れていきます。
どこかにひっかかったら、すぐにまた目の前のことに意識を戻す。

ともすると私たちは、哲学しながら日常生活を送っていたりします。
あるいは何事にも価値批判しながら、道を歩いていたりする。
「あれもけしからん、これもけしからん、自分もけしからん」

ただ駅までの道を歩いているのに、いやな気持、重たい気持になることすらある。

ただ、「今、ここ」に目を向けているだけなら、意識は流れ、あとには何も残りません。

リフレッシュしたいときには、こんなふうに「今、ここ」の時間を持つのもいいかもしれない。
これは、森田療法の技法のひとつでもあり、今流行のマインドフルネスの方法でもあるのですね。

あじさいT.H氏撮影

トニ・モリスン

ずっと「読書ブログ」を書きたいと思っていました。
けれどブログを別個に作って書くほど、このところの読書量は多くはなく、かえって面倒かもしれないと逡巡して、結局ここに書くことにします。

以前はもっと映画のことや本のこと、アートのことを書いていたのですが、最近は森田療法お勉強ブログのようになってしまい、何か不完全燃焼感がありました。

まぁ、私のブログなので何を書いても私の自由。

昨今の米国の状況を見て、トニ・モリスンのことを書きたくなりました。

以前私は、短編よりも、長くてテーマが重い小説を好んで読んでいました。
たとえばドストエフスキーなどです。
けれど最近どうもドストエフスキーが「観念的」に思えてきて、本は全部手放してしまいました。

偏愛しているのはフォークナー。
そのフォークナーの味わいと、ドストエフスキーの重さを兼ね備えた小説に出会えたと思ったのが、トニ・モリスン(Toni・Morrison,1931-2019)の「ビラヴド(Beloved、1988)」です。

トニ・モリスンは黒人女性として初めてノーベル文学賞を受けた作家です。

この小説の舞台になっているのは、19世紀半ばの米国。
逃亡奴隷セスは、地下鉄道(黒人の自由州への逃亡を助ける組織)を頼って子どもたちを連れて逃げます。
しかし途中で追手が迫り、セスは思い余って2歳になるわが子を殺してしまいます。
この子が自分と同じ奴隷になるのならばむしろ・・と、思いつめた結果です。

セスはこの子を葬り、墓碑銘に「ビラヴド(愛されし者)」と刻みます。
娘と二人、そして元のプランテーションで一緒だったポール・Dと暮らしているセスのもとに若い女性が現れます。
彼女は「ビラヴド」と名乗り、セスはこの女性は自分が殺めた幼児の幽霊とさとります。
ビラヴドは、セスの愛を独占しようとセスを支配し、セスもまた罪悪感からビラヴドに易々と仕えるようになるのです。
それはまるで、セスがビラヴドの奴隷になったかのような状況でした。

そんな何か寓話的な雰囲気のなかで物語が展開するのですが、何よりもすごいのが、ここに出てくる過去の奴隷たちの描写です。
奴隷たちにはもちろん人権などない。
人間として扱われない。
奴隷は簡単に殺され、その家族は所有者の都合でばらばらに売られてしまう。
気の弱い人なら途中で本を置きたくなるような描写が続きます。

そしてこれが、現在の米国人に大きなトラウマとして残る「奴隷制」の現実だったのです。
モリスンは白人も黒人も、等しく目を背けてきた過去を描きます。
このきつい過去の描写を読者に受け止めてもらうには、小説全体の寓話的な味付けが必要だったのかもしれません。
モリスンの文章には観念的なところもなく、何かの思想を喧伝するようなところももちろんありません。
しかし読了したときの衝撃、確かにノーベル賞級です。

19世紀のこととはいえ、現在の米国の暴動の背景には、このような歴史がある。
そしてまた、アフリカ系米国人にとって今でも差別は存在する。
ビリー・ホリディの歌う「奇妙な果実」のような状況がまた起こっているようです。

彼女は昨年亡くなってしまいましたが、今一度トニ・モリスンを手に取る時期かなと、「ソロモンの歌」を読み始めました。





プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR