FC2ブログ

クセは生かす

前回は、直らないクセの話をしました。

しかし直らないクセは直らないままでいい。
ただそのままで現実に適応していけばよい。
それが森田療法の考え方です。

たとえば、私は締め切りが近づかないと本気モードにならないと言いました。
それでも、締め切りには間に合うように必死になります。
もちろん余裕を持ってものごとにとりかかるのがベターなのはわかっています。
しかしそれをこれから変えようとするのは、至難の業。

締め切りがあるとダッシュするという、その特性を生かせばいいわけです。

原稿とは別の例で言うと、私は本が好きなので、ついついたくさん本を買い込んで、結果的に「積読(つんどく)」で終わってしまうことが多い。
そのとき面白そうと思っても、なかなか読み切らない。

それでこの頃は図書館を利用することにしました。
どう利用するかというと、何か書評欄やネット情報、読書ブログで面白そうな本を知ったら、とりあえず図書館にあるかどうか調べて、あれば予約しておく。
そういう評判の本だと、たいていたくさんの人が予約しています。
それでもかまわず予約しておく。

図書館から借りる本は2週間という期限がついています。
その期限通りに返すためには、積んどくわけにはいかない。
長い時間待ってせっかくまわってきた本なのですから、読まないともったいない。

それで、一生懸命読みます。
読んだ時点で、この本は手元に置いて何度でも読みたいと思えば、買えばいい。

図書館で予約待ちをしていれば、手元に来る頃にはすでにベストセラ―ではなくなります。
でも、私の場合、別に仕事に使うわけでもないし、それで充分。
期限までには読むという自分の性格を利用すれば、たくさんの本が読めます。

では衝動的に買ってしまって、もはや積読状態になっている本はどうしたらいいか?
いつ読むかわからないのだったら、ブックオフに売る覚悟をすればいい。
「今度の日曜にブックオフに持っていこう」と思えば、「どんな本でどうして買おうと思ったか」と少しもったいない気がして、頁をめくる。
とりかかれば、やはり面白いと、読み始めることになるでしょう。

もっとベターな解決策は、本は買ったらすぐ読む、ということでしょうね。
自分は買った本を積んどく傾向があると自覚すれば、「すぐ読むしかない」と思えます。
「いつでも読める」と油断するから、いつまでも読まない。

他のことでもそうです。
「いつでもできる」と思うと、真剣にとりかかることができない。
「今しかない」と思えば、何事も身を入れて実行することができます。
だから私の場合は「締め切りが近いと本気モードになる」という特性を生かして、いろいろなところに締め切りを設ければいいのです。
自分だけの締め切りではなく、できれば社会的な約束事が入るようにすると効き目は大きくなります。

自分のクセを嘆いて理想に近づけようとするのではなく、それが実生活にがマイナスにならないように考える。
そのうえで、それを活かすことができるかどうかを考える。
「症状」もそうです。
それは、そのままでいるしかない。
ただ、そのままでいかに(症状という邪魔がありながら)実生活をやりくりしていくかを考えればいい。

そうすると、そのクセや症状は、いつか「困ったもの」ではなくなってくるのです。

紅葉2020

T.H氏撮影

どうにも直らないクセ

ブログを書こうと思いながら、原稿の締め切りがあり、どうもこちらにエネルギーが向きませんでした。

自分の仕事のしかたを見ていると、昔からずっと続いているパターンというか、クセのようなものがあります。

原稿を依頼され(短いものでしたが)、でもずっと完成しない。
期間は十分あるのだから、さっさと書いて出してしまえばいいのに、なぜかギリギリまで完成しない。
結局、原稿を相手に送るのは締め切りのちょうどその日。
これは、昔から続いている私のクセです。

それでは原稿を提出するまでの時間、他のことで有効に時間を使っているかというと、そうでもない。
何か別の楽しいことをしていても、頭の片隅に「しなければならないこと」がひっかかっている。
そこに曇り空があるようで、すっきりしないのです。

さすがに同じことを繰り返しているわけなので、少しは工夫をするようにもなってきて、「不完全でもいいから」と、ポツリポツリと言葉を書いてみる。
タイトルをつけてみる。
書き進めてみる。
しかし締め切り直前にならないと「モード」が切り替わらないのです。

「モード」とは「本気モード」です。
結局、直前になるとギアチェンジするかのように集中力が増し、一気呵成に書き上げて提出ということになります。

これは神経質性格の問題ではなさそうです。
同じ神経質でも、締め切りが設定されると、早々に作品を仕上げてしまうという、うらやましいかたもいらっしゃいます。

そんなことは私には無理なことと、諦められるのですが、問題は短期集中力では達成不可能な大きい仕事、数日では不可能な長編や講演などの場合です。

そんなときは、まずは資料を集める、引用できそうな語句を集めてみるということを、この頃は始めました。
つまりどうも、「書く」と決めたときから頭のなかではすでに書いているようなのです。
それを形にするまでの時間が異様に長い。

「それならいいじゃないか」「これは当たり前のことじゃないか」と言われそうです。

つまり私が何を悩んでいるかというと、次の二つですね。
*仕上げるまでの気持ちのひっかかりが不愉快。早く仕上げてすっきり楽しみたい。
*結果的に「仕事が遅い」。その間、他のことに取り組めない。

上は気分の問題。不愉快なものは不愉快。仕方がない。
下は事実。変えたければ工夫するしかない。あるいは変えるのが不可能なら自分の事実を認めるしかない。

これを森田療法的な模範解答で言えば、「自分を追い込む=境遇の選択」ということなのでしょう。
そしてまた、悩むのは、私の欲求があるからということ。
完全欲があるのですね。

こうやって自分の心を見ると、カウンセリングにいらっしゃる「着手恐怖」「なかなか前に進めない」かたの心理の理解も進みます。

それにしても「いつまでこんなこと考えてるんだ。人生の締め切りが近づいているのに」という声も聞こえてきそうです(笑)。

湯島近辺

湯島近辺

自殺と「うつ」とアルコールと

今日は少し重い話題です。

コロナ禍のなかで、意外な人たちの自殺が相次いで報じられて、動揺なさっているかたも多いのではないでしょうか。
まだまだお若いかたがたが、なんともったいないことでしょう。

もしかしたらこれは氷山の一角で、実はもっと多くのかたが自ら命を絶っているのかもしれないと心配にもなります。

コロナの社会状況も背景にあることは無視できないと思います。
何しろいつこの不自由な状況が終わるのか先が見えない。
景気は悪くなるし、仕事はなくなる。
人と人との関係も遠くなってきたし、会ってもどこか疑心暗鬼。
世界中で流行しているので、逃げ場もない。
今まで楽しみにしていたことも、できないことになってしまったし、できたとしてもリスクを伴う。

先の見通しがまったく立たないということは、閉塞感という言葉そのものです。
この状況では、どの方向に進んだらいいのかまったくわかりません。
そんな中で「うつ病」「うつ状態」になっているかたも多いことと思います。

死にたいという欲望は、「うつ」のときに生まれてきます。
しかし人としてこれだけはしてはいけないと、皆必死に踏みとどまるのだと思います。

家族や友人を自殺で失うということほど、残された人にとってきついことはありません。
「もしかしたら救えたのではないか」と、罪悪感を抱えたままずっと生きることになります。

さて、「うつ」と自殺も関係がありますが、アルコールと自殺も強い関係があります。
人はうつ的になると、気分をあげるために飲酒します。
アルコールが気持ちを緩め、現在の苦しみを忘れさせてくれるからです。
あるいは睡眠薬がわりにアルコールを飲む人もいます。

けれど実は、アルコールを飲むよりも、信頼できる医師に処方してもらう抗不安薬や抗うつ剤、睡眠導入剤のほうがよほど安全なのです。
受診してきちんと処方してもらい、治ったら(医師の指導の下に)薬をやめればいい。

アルコールを気分高揚のために飲み続けていると、依存症になる危険が増し、またうつ状態になる場合もあります。
それだけでなく、アルコールを飲み続けていると癌になる確率がふえ、脳細胞が死んで痴呆になり、長い期間飲み続けていると、性格が偏狭になってきます。
感情の抑制がきかなくなり、激高しやすくなったり、嫉妬妄想が出てきたりします。

そしてうつ状態を和らげようと飲んでいる場合、お酒の影響下で衝動性が増して、突然自殺してしまうという悲劇が起こります。

ですから「うつ的」になったときには、むしろお酒をやめて、精神科・心療内科に相談してお薬を処方してもらい、ゆっくりと休むほうがいいのです。(重篤なら入院という選択もありだと思います)
うつ的なときには、すべてが悪い方向に行くような錯覚が生まれてきます。
けれどあとで考えてみると、現実はそれほど悪い方向に行っていないことのほうが多い。

何よりも「うつ病」は、必ず治るのです。
それがこの病気の自然の経過です。

うつ病を経験した人のこんな言葉があります。
「患者には永遠に続くように感じられても、実際には、嵐と同じようにうつ病の勢いも必ず衰えるときがくる」(ウィリアム・スタイロン)

かなり苦しいけれど待っていれば、苦しみが嘘だったように気持ちが晴れ晴れする時がくるのです。

同じように、このコロナ禍も、やがては過去の話になることでしょう。
これまで培ってきた人類の能力と叡智に期待したいと思います。
あるいは自然の経過でウィルス自体が消滅に向かうかもしれません。

苦しい時期が永遠に続くはずはない。
今は見えていないだけですが、この世界には美しいことや楽しいことが溢れているはず。
明けない夜はないのです。

あき2

雑事が私を救う


「下手の考え休むに似たり」ということわざがあります。
意味は皆さまご存知と思いますが、いくら考えてもいいアイデアや案が浮かんでこないなら時間の無駄、ということです。

時間があれば時々ボーっとしてしまうのは、人間の常。
私なども、合間の時間に漠然といろいろなことを考えたり、ついネット検索をしたりして気がつくとずっと座ったままということが多々あります。

あとで思い出しても何を考えていたのかよくわからない。
強迫観念に悩んでいるかた、心配性のかたも、同じような時間が多いことと思います。
この場合、不安に感じていることがループ状に頭のなかを回っている。
新しい解決策を思いつくなどということは、殆どないと思います。

そんな時は、自分のまわり、部屋の様子を見ても何も感じない。
けれど、ちょっと立ち上がって、自分の机を見る。部屋にあるものを見る。
するとだんだんと見えてくるものがあると思います。

「なぜこんなものがここに置いてあるのだろう? 最後に使ったのは一か月くらい前だからもうしまってもいいはず」
「考えてみると、この並び方はおかしい。よく使うものを手前に置いたほうがいいのに」
「見ていなかったけれど、こんなに埃が・・・」
「これはもう捨てていい」

見えてきたものに、すぐ対処する。
こういう仕事は「雑事」と言われます。
軽く見られがちです。本筋の仕事さえちゃんとできていればいいと思われがちです。

しかし森田正馬の入院療法での作業は「雑事」を中心に構成されていたことを思い出してください。
「雑事」が私たちを救ってくれることがある。

「雑事」は現実、思考は実態のない蜃気楼。
むしろ雑事をしている時に、思考は現実と結びついて、いいアイデアが出ることもあるのです。

もちろん、ボーッと考えたり、心配してはいけないということではない。
考えながらでいいのです。
そのまま、埃を払い、ものを動かし、工夫していればいい。

ところが強迫的思考をするかたの特徴として、雑事がたまっていることに気づいたとしても、そこにまた別の思考が侵入してくる。
「めんどうくさい。明日でいいか」
「これをする前に、計画をたてたほうが効率的」
「こんなことより、大事なことがある」

果てしなくいろいろな思考がめぐって、身体は少しも動かない。
何も疲れ果てるまで雑事をしたほうがいいと言っているわけでもないのに、
それを「する」ことを考えただけでまた思考が重くなるという特徴があるようです。

「雑事」が私たちを救う、ということを実感するのは、実際に取りかかってみた時です。
頭で理解したときではありません。

と書きながら、これを読んだ人のなかに実際に雑事に手をつける人は何人いるだろうと、ちょっと悲観的になってしまうのです。

あき

感覚を磨く


画家の篠田桃紅さんというかたをご存知でしょうか?
彼女は墨絵作家で、現在107歳。まだ作品を描いていらっしゃるとか・・。

そのかたの本のなかにこんな言葉がありました。
「感覚は、自分で磨かないと得られません。絵画を鑑賞するときには、解説は忘れて、絵画が発しているオーラそのものを、自分の感覚の一切で包み込み、受け止めるようにします。このようにして、感覚は、自分で磨けば磨くほど、そのものの真価を深く理解できるようになります。(中略)虫が知らせる、虫が好かない、という表現がありますが、虫というのは感覚。自分のなかに虫がいて、それが非常に感覚的に優れていたから、虫にたとえた言い方をしていました。世の中の風潮は、頭で学習することが主体で、自分の感覚を磨く、ということはなおざりにされています。たいへん惜しいことです」(「103歳になってわかったことー―ー人生は一人でも面白い」篠田桃紅)

私も、知らず知らずのうちに、論理と言葉に頼ってしまう傾向があると自覚しています。

論理と言葉に偏ってくると、目に見えるもの、聞こえること、味わうもの・・・なんでも言葉にしてしまう。
そうすると、その言葉ですくいとれない部分のものは、置き去りにされたままになってしまう。
つまり全体を感じ取れていないということです。

けれどあわただしい時間のなかで、つい言葉で全部をつかんだような気になる。
それで急いで前に進んでしまう。
その言葉の粗さに気づいていない。
そんなことが現代ではたくさん起こっているような気がします。

精神療法家のなかには、相手を一目見ただけで、その人のなかの「どこが」病んでいるのかわかってしまうと言う達人もいます。
経験のなかで、感性が最高度に磨かれ、知識とむすびついた直観が働くのでしょう。
そういうことは、実際にあると思います。

私たちが「言葉」や「論理」に頼ってしまいがちなのは、どこかで「感覚」を怖がっているのかもしれません。
何かを感じることによって、心にダメージを受ける体験をしてしまうと、感じることが怖くなり、感じること自体に門戸を閉ざしてしまう。
そして、言葉や論理で武装するのです。

けれど、すべての感覚が自分を傷つけるわけではない。

むしろ、私たちを癒してくれる感覚もたくさんあります。
美しい音楽や絵画。アロマの香り、美味しい料理、ペットの手触り。
そんなものを、ただ心地よく味わう。

「目的」とか「目標」とか「努力」とか、そんなものから少し離れて、自分の感性を解放できたら、今まで気づかなかったものが見えてくるかもしれない。

コロナで社会の動きがスローになっている今だからこそ、味わえるものがあるような気もします。

blue

T.H氏撮影
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR