FC2ブログ

無理せず動く

8月末から先日まで、いろいろなところへ旅していました。

まずは、中国蕪湖市で開催された国際森田療法学会へ。
今回、発表はしませんでしたが、中国での森田療法が盛んなことと、ホテルなどのスケールの大きさにびっくり。

9月末には、岡山市での生活の発見会瀬戸内研修会へ。
なつかしい方々にお会いできました。
このときの私の話はそのうち、原稿化する予定です。

そして先週は、浜松市での日本森田療法学会に参加してきました。

かなりタイトなスケジュールでしたが、なんとか乗り切りました。

昔から、無理はしないようにしています。
自分の身体のほうも、オーバーワークだとすぐ感知できるようになっていて、風邪をひいたり、お腹をこわしたりします。
それで、すぐ休養をとります。
そのためか、この歳でも、あまり大きな病気は見つかっていません。

今年もタイトなスケジュールを見越して、中国でも浜松でも、学会発表はやめておきました。
何か発表したりするという予定があると、寝ても覚めてもそっちのほうに気持ちが行ってしまうので、気持ちだけでくたびれます。

そういう自分の傾向を知っているので、ブレーキを踏めるようになってきました。

時々思うのですが、神経質傾向のかたで、行動できるようになってくると、欲望が目覚め、無理をなさるかたがいらっしゃるような気がします。

不安タイプ(パニック発作のかたも)は、もともと行動ができるので、発症の前にかなりの行動をして自分の身体に負荷をかけ、それが不安発作の原因になっているかたが殆どです。
こういうかたに「行動」を促しても悪化するだけです。
この場合、不安発作はむしろ「休め」という身体からの警告ですから、それに素直に従って休まなくてはならない。

それぞれの神経症タイプによって、身体への向き合いかたが違うように思います。

どんなタイプでも、「思考」が優先するのが特徴ですから、身体より頭が「こうしなくてはならない」と思う事のほうが先にくるようです。

「かくあるべし」と「欲望」で突っ走るタイプと、「不快感」を重視してなるべく行動しないタイプのかたがいるような気がします。

身体の本当の声を聴くことができるようになるには、どんなところが自分の実際の身体能力かを見極めること。

「こうしなくてはならない」「こうしたい」と思って行動している自分がいるのは当然。
ただ、その経験の持続のなかで、自分の現実を振り返ってみる。

無理だと思っていたことができた。そういう体験も大切。
欲望のままにやってみたけれど、身体はヘトヘト。そういう体験にも気づく。

そのような体験のなかで、自分には無限の能力も無限の体力もないことがわかるでしょう。
そうしたら、あとは、どうしたら自分の現実の体力と折り合いをつけていくのか、自分の現実の能力でできることは何なのか考える。

身体の事実、能力の事実を見ることは、神経質の人には結構むずかしいことです。

とにかく、無理せず、でもなんとか動く。
そんなふうに毎日を過ごせたらと思っています。


中国

中国蕪湖市のお寺で

個展のお知らせ

もちろん、私の個展ではありません。

なぜなのでしょうか。
私のところにつながる方には、最近、画家のかた、デザイナーのかた、イラストレーターのかたがとても多い。

私が心ひそかに、絵を描きたいなぁ、でも落ち着いて描く時間がないなぁ・・・などと思っているからでしょうか?

今回も、そんなかたをご紹介。
アニマル・イラストレーターのかたです。

元気になられて、久々の個展。
いろいろなしかけがあるということで、それも楽しみです。
ご興味のあるかたは、ぜひどうぞ。

第15回渡辺ゆう イラスト展 「めがねわんこ」
10月4日(金)~7日(月)11:00~18:00
銀座 石川画廊

めがねわんこ

リンク

常識と非常識と「かくあるべし」


最近、カウンセリングの仕事とは関係がないところで起きたことで悩まされています。
ある人に常識では考えられないような裏切り行為をされました。
このことについて、あまり詳しく話せませんが、相手は多分自己愛性人格障害のかたと思います。

こういう人は、平気で嘘をつく。
自分の目的達成のためには、相手を平然と利用する。どんな手も使う。

つまり私たちの「常識」の範囲外のことをするのです。
だから「常識的」な人は、まさかという思いで虚をつかれて唖然とするばかり。

たいていの人は、こういう経験をしたことがあるのではないでしょうか。
自分は「真面目」にやっているのに、常識はずれのことをされ、出し抜かれて怒ったことはありませんか?

ところがこういう自己愛性人格障害的な人は、良心的な人たちが絶対使わない手段で、(だからこそ)結構上へと昇っていくのですね。
世界の指導者って、このごろそういう人が多いような気がする・・・。
勧善懲悪とは、まったく関係ない世界が事実としてあるのです。

普段カウンセリングに来るかたがたは、真面目に悩んでいるのですから、こういう人に比べたらまるで聖人君子です。

他人の心情や常識を踏みにじっていくような人には絶対になりたくない。
そんなことをするくらいなら、出世などしなくてもいいし、お金持ちになどならなくていい―と思っている感じです。

そして常識的なことについて、非常に敏感です。
言葉を変えると、「固い」とも言える。
「変な人」と思われたくないので、一生懸命常識的であろうとするのです。

それはそれで安全な道でもあります。

しかし上記のような常識をまったく無視する人は例外ですが、一般的な「常識」というものは、どちらかといえば相対的なものです。
時と場合によって変わってくることもあるし、その人の価値観によってそれぞれだったりします。

神経質の人は「かくあるべし」が強いので「これは常識だろう」と思うことが、かなりきっちりしていて、いろいろなことに「ルール違反!」と感じることが多いのかもしれません。

よくおっしゃるのは、「電車のなかで他人にイライラしてしまって仕方ない」「他の人がルール違反をしていると思うと怒りを抑えられない」などということ。
自分を厳しく律しているだけに、他人が違うことをすると「なぜ? 違うじゃない!」とイライラするのです。

「かくあるべし」が多くて、自他に厳しいと、ショックを受けることも多いし、毎日がきついかもしれません。

ちょうどいい柔らかさ、「いい加減さ」というのも、なかなか難しいものだなぁと思うのです。


秋桜

回復と「純な心」

これから掲載する文章は、ある方(女性)からいただいた手紙の一節です。ご本人の許可を得て掲載しております。

このかたは、「生活の発見会」に所属なさっています。文章のなかに個人名が出てきますが、多分出しても大丈夫だろうと思うのでそのままにします。
私の名前も出てきますが、せっかく書いてくださったので、そのままにしております。

「私は森田を知って18年。でも回復したのはここ3年のことです。約15年はやってもやっても神経症から抜け出ることができず、このトンネルは一体どこまで続くのだろうかと、半ば絶望する日々でした。
私が回復したのは、「感情を大切に」「純な心で感じていい」ということを学びだしてからです。
それまでは「感情」「心」は放っておいて、やるべきことを果たしていくことだと、心をおざなりにし、行動へと注意を向けていました。それが森田療法だと教えられてきました。
とある機会があり、私は「生き生き森田ワークショップ」で使われている「初一念ノート」という方法を知りました。(注・その日感じたことを小さなノートに書きつける)私はやってみたいと思い、我流でしたが、それまで脇に置き続けてきた「私の気持ち」というものを、とにかく思うままに書く、書いては捨て、書いては捨てということを始めました。
どんなことも書きました。書きながら泣けてくる時もありました。怒りで鉛筆を折ったこともあります。とにかく書いても書いても、私のなかから次々といろいろな感情が出てきてとまらないのです。でも、ずっと心に溜めてきたものだったので、それらが不快というより、外に出してやれて、そのことで軽くなったこともたくさんありました。一体私はどれだけ自分の心をおざなりにしてきたんだろうと思う日々でした。
私が心を取り戻したきっかけをくれたのは「初一念ノート」でした。私には「行動森田」より「純な心」「感情を大切に」という考え方の方がしっくりし、何より心が納得していました。
そして3年前、稲垣朱郎さんの体験談を聞いたときに、とても大きな気づきがあり、その後、めきめきと回復することができました。15年わからなかった森田が一瞬にしてわかったというと大げさですが、でも本当にそんな感じでした。
森田先生に直接指導を受けたかたがたが亡くなったあと、森田療法の「言葉にならない部分」より、わかりやすい行動の部分ばかりが進んでしまったのかもしれません。でもその流れにいち早く気づき、警鐘を鳴らしてくださったのが、岩田真理さんだと思います。片輪走行になりかけていた森田療法に「感情」という大切な流れを取り戻してくださった。
私自身、そのおかげで長年の神経症から回復し、今、こんなに元気になることができました。本当に感謝しています。これからは「純な心」で感じ、私にできることを精一杯やっていこうと思っています」

引用させていただき、感謝です。

私が森田療法のなかの「純な心」、つまり「感情を大切にする」部分を強調し始めてから、様々なかたから、いろいろな反応をいただきました。

「純な心なんて、特別なものじゃない。ただの感情じゃないか」(注・その通りでもあるのですが)
「強迫神経症の治癒には、純な心はあまり関係がない」(注・強迫のかたは、感情を心の奥深くに埋め込んでいるので、むずかしく感じられるのです)
そしてこのかたと同じように、今まで行動ばかりで苦しかったけれど、自然な感情を認めることで、はじめて楽になったとおっしゃるかたがたくさん出てきてくださいました。

もちろん「純な心」ばかりが森田ではありません。
行動することも、自分の事実や客観的な事実に気づいていくことも大切。

ただ、森田療法において、「感情」はかなり大きな位置を占めていると思うのです。
なぜなら神経症のかたは、自分の「感情」をこわがっているから。

だから、感情を「流そう」とし(コントロールし)、感情から逃げようとするのです。
それが症状を悪化させます。
そしてそれが症状の原因です。

森田療法はそういう非常に微妙な心の動きを扱う治療法であり、考え方です。
ただ感情を無視して行動だけをすすめていくことは、行動自体が感情からの逃避法になってしまうことがあるのです。

そういう繊細な部分、心の機微を重視した部分を無視して、それが「森田療法」だと思っている人が多い。
そして、このかたのように長い間苦しんだり、あるいは「森田療法なんてこんなものか」と、嫌気がさして去って行ったりしたかたが、どれだけたくさんいるのだろうと思います。

非常に残念なことです。

繊細で微妙な本当の森田療法を、できるだけたくさんのかたに理解してほしい。
でも、自分の力も体力もまったく足りない。(理解も足りないかもしれない)
どうしたらいいのかなぁと、ふと考える今日この頃です。


スカイツリー相談室の窓から

障がい者差別解消法に思う

またしてもしばらくブログから離れてしまいました。
でも、離れている間に社会では面白い出来事がありました。

参議院議員として重度障がいをお持ちのかた二人が選出されました。
なかなかよい発想ですね。
国民のなかには、いろいろな人がいて、様々な障がいや生きづらさを抱えている人がいる。
そういう人たちの代表が国会に行って意見を述べる機会ができたのは当然の流れと言っていいことです。
(そのうち、ひきこもりの代表も行けばいいと思う)

もうひとつ面白いと思えるのは(私が勝手に面白いと思っているだけなのですが)彼らが発言するときに、障がいに関わるヤジを飛ばしたら、国会議員としてレッドカードだと思うので、国会が、ある種リトマス試験紙的な場になるとも思うのです。

さて、無知な政治家が「国会の改修にあんなにお金を使うなんて」という発言をしていたようですが、これもレッドカードです。

日本には、「障がい者差別解消法」という法律があり、「合理的配慮」ということがうたわれています。
「合理的配慮」とは、ひらたく言えば、「障がいのある人が社会的障壁の除去を必要としているとき、それが過度な負担でない限り、障壁をなくす個別の対応や支援をする」ということです。

そして「公的機関、行政機関」の場合、これは「義務」なのですね。
一般の企業などの場合は、今のところ「努力義務」です。

ですから、国会は当然のことながら、彼らのための改修をすることが義務なのです。

最近の勉強(汗)で感じたことは、結構日本の法律は整備されている(あるいは整備されつつある)のだということです。
政治家がちゃんと把握しているかどうかは知りませんが。

法律のことには疎かった私・・・。
当たり前のことかもしれませんが、法体系のなかで、もっとも優先されるのは「憲法」。
次が「条約」。次が国内法。

この「障がい者差別解消法」も、国連の「障がい者権利条約」に2007年に日本が署名してから整備されました。
その他にも社会的に弱い立場の人たちの権利を擁護する法律はたくさんあります。
DVの被害者(男性も女性も)を保護する「配偶者暴力防止法」とか、「児童虐待等の防止に関する法律」などです。

知っているというのは、大切なことです。
法律で保護されているということ、助けてくれる行政機関や相談機関があるということ、それを伝えていくのも、知っている人の義務なのかなと思います。

誰だって、いつなんどき障がい者になるかわからない。
いつなんどき、弱い立場になるかわからない。
人間なんてそんなもの。
だから「共助」ということが社会には必要なんですよね。

しんじ湖
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR