FC2ブログ

肩の力を抜いて


暮れに、斎藤学先生のレクチャーを聴きました。
(斎藤先生のことは皆さまご存知と思いますが、依存症、児童虐待、ACの治療の日本での先駆者です)
大学院やカウンセリングで、先生にはずいぶんお世話になりました。

久しぶりにレクチャーを聞いていて、気づかされることが多く、肩の荷がおりた気がしました。

ずっと以前、初めて斎藤先生の講演を聞いたときには、本当にびっくりしました。
内容ではないのです・・・。
その話し方です。

お話は、テーマがどこに行ってしまったかわからないほど、あちこちにそれて行きます。
結局何を言っていたのかわからない時もあります。
基本、ご自身が好きな話題を、好きなように話しているように見えます。

なぜ私がびっくりしたかというと、私はその頃、生活の発見会の事務局にいて、その気風にすっかり染まっていたからです。
とにかく皆さん「○○でなければいけない」「こうしなくてはダメ」という価値観のかたがた。発表をなさるときも分秒刻みに計算して、原稿を読み上げるようなスタイル。

催し物の運営なども分秒刻み。
一つの手落ちもあってはならない、という圧迫感、緊張感がいつもありました。

発見会の外で斎藤先生のような講話を聴いたとき、「これでもいいんだ」という感慨とともに、自分自身がいかにそういう集団的「かくあるべし」「こうでなければならない」のなかでガチガチになっていたのかが明瞭に自覚できたのです。

ひるがえって、このところの自分のやっていることを見ると、どうも肩に力が入りすぎているような気がします。

「ふんわり」「ゆっくり」という感触からは、遠のいていたようです。

ブログにしても「役に立つことを書かなければならない!」的な気負いがこのところ目立っていました。
本当は、自分の読書について、もっと軽い話題についてなども書きたいのに、書くと長々と力が入ってしまっています。

肩の力を抜いて、あまり役に立たないかもしれないけれど、私が書きたいことを書く。
もっと短くても、頻繁に書く、などのことを目指してみようかと思う年初です。

今年もよろしくお願いいたします。


正月

写真、T.H様提供

心配性の自分が苦しい

悩み事と心配事。
この二つははっきりと区別できるわけでもありませんが、あえて区別してみましょう。
悩み事は現実に目の前で起こっていること。
心配事は、ほんの少しの兆候をつかまえて、将来とても大きな不幸が起こるのではないかと空想することと言えるかもしれません。

相談にいらっしゃるかたで「心配性の自分が苦しい」と話されるかたはとても多い。

心配することは、確かに苦しいことです。
私も心配性なところがあるから、この苦しさはよくわかります。

心配しているときには、まだ現実的にそこまで悪いことが起こっているわけではないのですが、心配のタネになることがあって、それをもとに自分のなかで空想がどんどん膨らんでいくのです。

この空想が悪い方向に膨らむことが、実に苦しい。
なぜなら、空想というものは、無限に大きくなれる。どんなことでも考えられるからです。
悲観的な考え方をする人は、悲観のほうにどんどん空想を発展させていきます。

ずっと昔、癌恐怖という神経症のかたの話をきいたことがあります。
自分の身体のどこかに癌があると信じ込み、医者巡りをし、どうしても癌が見つからず(つまり現実に癌はないのですが)怖くて怖くてヘトヘトになってしまった。
でも医者巡りをやめられないのです。
ところが、何年かして、そのかたが本当に癌になった。
そうしたら、心境がまったく変化したのです。
癌恐怖と、本当の癌では、怖さが全然違う。

実際の癌は、治療するしかない。
そうすると、思考も行動も現実的になります。
必死なので、変な空想の入り込む余地がない。
転移や再発が心配なら検査をすれば、結果が現実的に目の前に提示される。
そしてまた行動を選び、実際生活のなかで治療・養生をするしかないのです。

これから何か悪いことが起きるのではないかと心配しているときの恐怖は、幽霊が出るのではないかと怯えているような恐怖です。
いくらでもふくらんでいく恐怖ですね。

まぁ、でも怖いものは怖いのでしかたがない。
こんなときは、セラピストに「ご心配なんですね」などと下手に共感されるより、太っ腹な友人に「なに馬鹿なこと考えてるの!」などと、喝を入れてもらったほうが楽になるかもしれません。

大切なのは、現実にはまだ何も起こっていないということ。
幽霊を自分で呼び出すような真似をするより、「目の前のこと」と「今」にフォーカスしていればいい。

そしてまた、今現在自分が持っているものにもフォーカスする。

生きている限り、私たちは、実はたくさんのものを持っています。
「子どもが不登校になった。将来ひきこもりになるかもしれない」などと心配するより、「少なくとも今は、親子ともども健康で生きている」・・・と考える。

「少なくとも~できている」「少なくとも~はある」と意識的に考えてみるのもいいかもしれません。
「足りないもの」は無限にあって、それは私たちを脅かすけれど、持っているものを数えることは私たちを落ち着いた気持ちにさせます。

そしてまた、心配事について、そんなことが起こっても自分には対処できるはずだ(あるいは心配している対象の人は対処できるはずだ)と、考えてみることもいいかもしれません。
先ほどあげた「癌恐怖」の人の例のように、空想の怖さは現実の怖さとまったく質が違い、ほとんどの場合、現実の困難に対処しているときには、どこからか力が湧いてきて、幽霊に怯えているような怖さはないはずだからです。

イルミラクア

小さなダイヤを受け取る

常々、物事を悲観的な方向にだけとらえる人たちがいるのを、なぜだろうと疑問に思っていました。
その考え方が苦しみの原因になっていることが多いからです。

そして、先日あるかたから「メレダイヤ集め」のお話を聞いて、これは悲観的な人には参考になることかなと思ったのです。

「メレダイヤ集め」は,故遠藤優子先生の言葉です。引用してみます。

「私はよくグループのなかで『メレダイヤ集め』を課題にします。メレダイヤとは、ごく小粒のダイヤのことで、周囲との関係で、些細なことでも自分の心がホッと暖かく感じた瞬間を、きちんと受け止めて語る練習をしていきます。メレダイヤを50粒も集めたら、とても豪華な指輪になります。それが自己愛の指輪であり、『この世界もなかなかいいものだ。自分はこの世界に受け入れられている存在なのだ』という自己像と世界観なのです」
(ASK選書14「苦しさの一番奥にあるのは『見捨てられ不安』だった」ASKヒューマンケア)

悲観的な見方をしてしまう根源は、この「メレダイヤ」を受け取れないことにあるのかもしれません。

この文章は「人間関係」のことについて書いてありますが、これは日常のひとつひとつのことにあてはめて考えることができます。

「今日はお天気がよくて空がきれいだった」
「ランチで入ったお店が美味しかった」
「結構仕事がはかどった」

メレダイヤのような小さな喜びは毎日の生活に散りばめられています。
その喜びは、ふっと湧き上がってきます。
しかし悲観的な人は、その喜びを次に浮かんでくる第二念で打ち消してしまう。

特に自分に関連してくることだと、その傾向は顕著です。

「ほめられたけれど、あまり期待されるのもなぁ・・・」
「誕生日プレゼントもらったけど、お返しがちょっと面倒」
「電車で席を譲ってもらったけれど、周りの目が気になる」

このときの気持ちをよく見てみると、最初に必ず小さな「うれしさ」があるはずです。
ほめられたり、プレゼントをされてもうれしくないのは、よほどのあまのじゃく。

この最初のうれしさが「純なこころ」です。
それをつかまえる。
そしてしっかり受け止める。

プレゼントのお返しを気にするなど、そのあとに起こりそうなことを考えるのは、もっと先でいい。

メレダイヤのような「純なこころ」を受け取れず、いつも第二念、第三念が湧き起こってくるのは、その人の心に「かくあるべし」があるからでしょう。
「こうでなくてはならない」「普通こうだろう」「きっとこんなことが起こるだろう」などという決めつけが、必ず「うれしさ」のあとに来るので、その人の思考は幸福な気持ちを打ち消し続けていることになります。

「今、ここ」の小さく輝く「純なこころ」をしっかり受け取る。
それを続けられたら、周囲の人に対する見方や、自分の環境に対する見方は少しずつ変わっていくのではないでしょうか。
実際には、私たちはたくさんの「喜び」に囲まれているはず。

たとえ困難な状況にあっても、たった今の小さな「喜び」を見つけて味わうことについては、何の差し障りもないでしょう。

香嵐渓

常識と非常識と「かくあるべし」


最近、カウンセリングの仕事とは関係がないところで起きたことで悩まされています。
ある人に常識では考えられないような裏切り行為をされました。
このことについて、あまり詳しく話せませんが、相手は多分自己愛性人格障害のかたと思います。

こういう人は、平気で嘘をつく。
自分の目的達成のためには、相手を平然と利用する。どんな手も使う。

つまり私たちの「常識」の範囲外のことをするのです。
だから「常識的」な人は、まさかという思いで虚をつかれて唖然とするばかり。

たいていの人は、こういう経験をしたことがあるのではないでしょうか。
自分は「真面目」にやっているのに、常識はずれのことをされ、出し抜かれて怒ったことはありませんか?

ところがこういう自己愛性人格障害的な人は、良心的な人たちが絶対使わない手段で、(だからこそ)結構上へと昇っていくのですね。
世界の指導者って、このごろそういう人が多いような気がする・・・。
勧善懲悪とは、まったく関係ない世界が事実としてあるのです。

普段カウンセリングに来るかたがたは、真面目に悩んでいるのですから、こういう人に比べたらまるで聖人君子です。

他人の心情や常識を踏みにじっていくような人には絶対になりたくない。
そんなことをするくらいなら、出世などしなくてもいいし、お金持ちになどならなくていい―と思っている感じです。

そして常識的なことについて、非常に敏感です。
言葉を変えると、「固い」とも言える。
「変な人」と思われたくないので、一生懸命常識的であろうとするのです。

それはそれで安全な道でもあります。

しかし上記のような常識をまったく無視する人は例外ですが、一般的な「常識」というものは、どちらかといえば相対的なものです。
時と場合によって変わってくることもあるし、その人の価値観によってそれぞれだったりします。

神経質の人は「かくあるべし」が強いので「これは常識だろう」と思うことが、かなりきっちりしていて、いろいろなことに「ルール違反!」と感じることが多いのかもしれません。

よくおっしゃるのは、「電車のなかで他人にイライラしてしまって仕方ない」「他の人がルール違反をしていると思うと怒りを抑えられない」などということ。
自分を厳しく律しているだけに、他人が違うことをすると「なぜ? 違うじゃない!」とイライラするのです。

「かくあるべし」が多くて、自他に厳しいと、ショックを受けることも多いし、毎日がきついかもしれません。

ちょうどいい柔らかさ、「いい加減さ」というのも、なかなか難しいものだなぁと思うのです。


秋桜

不在・無言・無視というコントロール

長らくブログをご無沙汰してしまいました。
ただ単に、気持ちがあっちこっち行ってしまって、ブログに向かえなかっただけですが、心配して問い合わせてくださる人もいて、ありがたいことです。

別に病気だったわけでもありませんし、ブログのネタが尽きたわけでもありません。
ただ、時間が空くとその時間にやらなくてはならないことがあり、ブログを書けませんでした。

さて、このところ自分の周囲に起こっていることや、クライエントさんのお話を聞いていると、「不在、無言、無視」ということを攻撃やコントロールの武器にしてくる人がいて、そんなことをされて苦しんでいる人がいるんだと、あらためて認識しました。

きちんと人と向かい合うことが苦手な人は、こういう方法を使うようです。

以前にもブログに書きましたが、子どもが自分の気に入らないことをすると口をきかなくなり、無視する親がいます。
恋人やつれあいなどでも同じです。
自分の気に入らないことをされると「ふん」という感じで無視する。
すると、されたほうは「自分が何か悪いことをしたのか?」と思って、いろいろとわが身を省みて、しなくてもいい反省をします。
機嫌をとったりします。

これは、無視による一種のコントロールです。
相手に罪悪感を抱かせて支配するわけです。

こういうことをされて育った子は、自己肯定感が低くなります。
いつも自分のどこかが悪いと思って育つのです。

不在によるコントロールということもあり得るのだと、この頃気づきました。

人間とは不思議なもので、毎日会っている相手より、たまにしか会えない相手のほうに恋心を感じるようです。
いつでも家にいるつれあいより、不倫相手のほうに夢中になる、などのことです。
たまにしか会えないと、不在の期間に、相手を理想化するということが起こり、相手が素晴らしい人間のように思えてくる。
その人が別に自分に何もしてくれない人でも、会うのが待ち遠しくてたまらないという感覚が起きるものです。

不在によって美しくなり、他人の心に棲みつくことができるわけです。

その点、毎日家にいるつれあいは不利です。
だらしなく昼寝している姿やドジなところを見られるのですから、「恋愛状態」はすぐ醒めます。
「恋愛状態」というのは、多分に幻想を含んだものですから、ずっと恋愛していたい人は会う回数を制限したほうがいいのかもしれません(笑)。
そしてたまにLINEで「会えないけれど、愛してるよ」なんてささやけば、夢多い若い子などにとってはもう完璧な恋人になれます。
もちろん、現実的な人には通じない手ですが。

そうです。つまりこういうややこしい手を使ってくる人には、こちらが現実的になることです。
(現実のなかで)この人は私に何をしてくれただろう?と考えてみる。
一緒に何をしただろうか? そういう現実的な手ごたえを大事にする。

無視してくる人に対しては、自分が悪いわけではない、相手が卑劣な手を使っているだけだと理解することです。

そして、こういう形の攻撃やコントロールがあり得るということを知っておくのも大事なことです。
対人関係で、いわれのない罪悪感に悩まされることが少なくなるかもしれません。


あじさい

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR