FC2ブログ

少しだけ新しいことを

先日は、高知行のことを長々と述べましたが、実は高知へ行く前は気が進まなかったのです。
西日本での洪水のあとだったこともあり、それに加えて猛暑。
ひとつには、熱中症がこわかったというのもあります。

でも行ってみれば、なんのことはない。とても楽しい二日間を過ごせました。

この頃、こういうことが増えてきました。
何かいつもと違うことをする前は気持ちがのらない。
きっと不安と面倒くささを感じてしまうのでしょうね。

反面、日常的なやり慣れたことだと、別になんということなくできます。
あたりまえのことかもしれませんが。

けれど、世の中には次々に新しいことに手を出してみたり、いろいろなところへ行ってみたりしないといられない活動的な人もいます。

反対に、毎日毎週毎月、同じことを繰り返して、穏やかに暮らしている人もいます。
それが幸せと感じるのなら、それでいいのでしょう。

ただ、毎日同じような暮らしをしながら、自分のなかに何か物足りなさを感じる。
本当はもっと広い世界に出ていきたいと思っている。
そんな場合もあります。

そういう欲求がある人ほど、「穏やかに」暮らすことはむずかしくなります。
「本当はやりたいのにできない」という思いはストレスです。

そんなストレスを解消するために、決まりきったこと、でもなんとなく気持ちよいことに逃げたりします。
アディクションとまで言えないレベルでも、お酒を飲む、ギャンブルをする、ゲームをする、テレビを見続ける、つい甘いものを食べてしまう。
そんな癖があるかたもいるでしょう。

昔と違って生活は便利になっている。
休みが増えて時間もありあまっている。
そんな私たちは「退屈」というものをどうしていいかわからない。

けれど一歩踏み出すには躊躇する。
なぜなのでしょう。
きっと踏み出した後のことが心配。あるいは自信がないということも言えるでしょうね。

高知行きをためらった私は「体力に自信がなかった」からです。
同じように、自分の対人関係能力に自信がなかったり、人から変に見られるのではないかと心配だったりで、一歩を踏み出せない人もいるでしょう。

かといって、考えてみると、人生は一回きり。
まだ若い人にとっては、若い時期は一度だけ。

もったいないことです。

新しいことにチャレンジしないで、同じことを繰り返していれば、安全ですし、自尊心も傷つかない。

ただ、やってみると意外に簡単だったという場合が多いのではないでしょうか?
かえって新鮮な楽しさを感じたり・・。
はじめから大きなチャレンジを考えなければいいのです。

私も生活が惰性にならないように、時々、気を取り直して新しいことをしてみます。
たいしたことではありません。
ネットで調べて初めてのカフェやお店に行ってみる。
行き慣れた街のいつもとは違う地区を歩いてみる。
久しぶりの友人に声をかけてみる。

毎日同じことをしていると、頭のなかも同じループになってしまうような気がします。
時には、ほんの少しの新しい刺激を経験する。
そのことで、持ち前の好奇心が刺激され、もっといろいろなことがしたくなるかもしれません。

鎌倉にて

一番大事なもの

西日本の豪雨被害に遭われたかた、お見舞い申し上げます。
雨でこれだけたくさんのかたの命が奪われるとは、想像もできなかったことです。

どこかのニュースで地図を出していましたが、日本は全土、大小の川が網目のように流れているのですね。
水の国なのだと、改めて認識しました。

「日本沈没」という言葉がリアルに迫ってきます。

被害に遭われたかたがたも、きっと直前まで自分の家のまわりが洪水になるなんて思ってもみなかったことでしょう。
当たり前の平和な生活をしていたら、突然家を奪われる、命を奪われる。
災害とは、なんとも過酷なものです。

この異常気象、地震多発の現代では、誰もがいつなんどき、どんなことに巻き込まれるかわからない。

「一番大切なもの、それは時間」
とある心理療法家の言葉として伝え聞きました。
確かに、これだけは何をどうしても取り返しがつかない。

「いつやるの? 今でしょ!」という言葉が流行語になったのも、これに共鳴する人がたくさんいたからでしょう。

時間とは命です。動き、流れているから命がある。

ところが、なぜか私たちは、自分の時間はこの先ずっとこのまま続くだろうと、暗黙のうちに思っているようです。
「明日やればいいか」という言い訳は、私もよく自分に使ってしまいます。

「そのうち、お金ができたらやろう」とかも、人がよく言うことです。
どうも時間よりお金が大事と思う方がたくさんいるようです。
いくらお金をため込んでも、命がなかったらどうにもならない。
お金はそこまで大事なものでもないのです。

お金を使いたくないからじっとしている、というのも何か「人生」に対する考え方として本末転倒のような気がします。
じっとしているうちに、周りのものごとはどんどん変化して、チャンスは逃げていってしまう。

一瞬一瞬を大切に生きること。
未来の幸せを願うのではなく、今の幸せをめざすこと。

やりたいことがあれば、今すぐに始めること。
たとえそれがあまり良い結果に終わらなくとも、それは「経験」として残ります。
なんの経験も持てない、のっぺらぼうな時間を過ごすよりずっといい。

明日は何があるかもわからない、たった一度きりの時間。
繰り返されることは絶対にない時間。

「わからない未来」を不安に思うのではなく、「今、ここ」にしっかりと根付くこと。
「今、ここ」にしっかりと目を向けること。
そして踏み出してみること。

流れている時間に並走する生き方をしたいと、思ってみたりするのです。


長谷寺

 鎌倉 長谷寺

100%の自分

自分のなかに違和感を抱える感覚ってありますね。
私も若い頃あったような気がします。

なんだか「本当の自分」で生きていない感覚。
そんな感じを持っているかたは、意外とたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
もちろん、そんな感覚を持ったことのない人もいるとは思います。

人と明るくしゃべっているけれど、そういう自分がなんだか不自然で疲れる。
あるいは逆に、こんなに黙り込んでいるけれど、本当の自分はそうじゃないのに、と思う人。
周りの人に立派だと言われるけれど、実は自分はそうではないと思う人。
なんだかいつも不完全燃焼している、何をやってもむなしいと感じる人。

きっとそういう人はたくさんいて、でも、どうしたらいいかわからない。
解消できるかと思って、仕事に邁進したりする。
とにかく行動してみて、何か起こるかもしれないと期待するけれど、結局変わらない。

お酒を飲んでみると、明るく、大胆になれるようで、これが本当の自分かもしれないと思ってみたりする。
あるいは、ギャンブルをしていると、生きている実感のようなものが得られる気がする。
だからのめりこんでしまったりする。
次々恋愛を繰り返し、その高揚感で生きている気がする。

自分に違和感を覚えるのには、様々な原因があります。
養育環境で、無邪気な自分を認めてもらえなかったとか、期待される役割が大きくてその型にはまろうと努力しすぎてしまったとか。
本来の自分でいることが許されなかったとか。
あるいは、自分に対する自分の理想があまりに過大だとか。

なんだか別の自分が心のどこかにいるような感じ。
自分自身が囲いのなかにいるような感じ。

ここから解放されるのは絶望的と思う時期があると思います。

でも大丈夫です。
私は解放されましたから。

もちろんそれを一言では語れません。
ただ、多分その方法は、自分の「違和感」をどうにかすることではないようです。
むしろ、自分のなかの違和感も、困った性格も、依存的なところも、全部ひっくるめて100%の自分をひとまず見るところから始まるような気がします。

困った自分やどんよりした自分、いつも不全感を抱えている自分を、そこだけ治し、自分のなかから排除するという考え方では、永遠に広い世界にたどりつけない。

そしてまた、不完全でどんよりした憂鬱な自分を、自分自身の心の底から抱えることができるとき、不思議なことにその違和感は消えていくのです。

それがいわゆる「逆説」であり、森田療法で言う「あるがまま」の体験なのです。


ききょう2

森田療法を学び直したいかた歓迎します お茶の水セラピールーム

「ヒマ」があるということ

ゴールデンウィークです。お天気もいいようです。
大型連休になる職場もあれば、職種によってはまったく関係なく休日も出勤というところもあるでしょう。

それでも街はいつもよりのんびりした感じだし、繁華街はにぎやかです。

こんなふうにたっぷりと自分の時間がとれるときの感じかたは、きっと人それぞれでしょう。
「やった! 何をしようかな。旅行に行こうか、やりたかったことをしようか」と思う人が大半でしょうが、時間があればあるほど、悩みが深くなる人もいます。

「どうしよう。何もすることがない。誰かに声をかけたいけれど、皆遊びの予定で忙しそうだ」
こんなふうに感じる人は、長い休みの間になんとなく「虚しさ」や「孤独感」を感じてしまいがちです。

ついでに言えば、時折感じる虚しさとか孤独とかは、特別視して騒ぐ必要はまったくないと私は思います。
誰でも、ふとした時に感じることだし、たいていの場合は時間がたてば消えたり、また湧いてきたりするものです。

さて、こんなふうに虚しさを感じると、人はいろいろなことに逃げます。
お酒とかギャンブルとか、一時的に気を紛らわしてくれるものに手をつけます。

常時、同じことで気を紛らわせていると、それはもう「依存症」ということになります。
できれば、健康や財産に傷がつかないもので気を紛らわせたほうがいいでしょうね。

神経症の人も、ヒマになると、症状が悪化する場合があります。
特に頭の中でグルグルと強迫的な思考をする人は、ヒマであればあるほど自己否定感や、落ち込みがひどくなります。

余裕があると悩みが深刻になるわけです。

余談ですが、昔、「経済状況が悪化すると、神経症が少なくなる」という言葉を聞いたことがあります。
つまり、生活するのに必死で、自分のことなどかまっていられなくなるからという理由らしいです。
(これは「神経症」の人だけの話でしょうね。「うつ」の人は、働きすぎて「うつ」になる場合が多いので、逆に休むのが薬になります)

とにかく自己卑下、自己否定感の強い人、また不安の強い人にとっては、ヒマな時期はどんどん悩みが深くなってしまうという危険な時期です。

ヒマでやることがなくても、空想して楽しんだり、本を読んだり、映画を見たりという受動的なことをしているだけでもいいわけですが、なぜ悩むのかと言えば、つまり思考が自分のほうに向いているか、外に向いているかの違いなのですね。

ずばり言えば、神経症真っ最中の人は「自分のことばかり考えている人」なんですね。
そしてヒマな時は、それができる余裕があるわけです。

周りに視線を移せば、面白そうなこと、興味をひくことがたくさんあるはず。

せっかくのヒマな時間、いつもと違うことをやってみる良いチャンスととらえて実行してみると、何かが変化するかもしれません。


つつじ

不安や心配でお悩みのかた、ご相談ください お茶の水セラピールーム

プカプカ人生

いろいろなかたのお話を聞いていると、時々「なるほど」と、気づかされることがあります。

本日はそのなかのひとつ。
ブログに書くことは、ご本人了解済みです。

Aさんは(女性で主婦)小さい頃喘息で、夏休みの間は毎日、海での水泳教室に通わされました。
彼女は、「家庭環境が不安定だったし、父が煙草を吸うので、そのストレスで喘息になったのでは」とおっしゃっていました。

その水泳教室は、私の常識では考えられないすごいもので、海での遠泳のときなどは、18キロの距離を泳ぐのだそうです。
そして泳ぎながら、栄養補給におにぎりを食べたりしたのだそうです。

現在、Aさんは不安神経症ですが、パニックになっているときは、海の底で酸素ボンベをはずされるようなイメージだそうです。
「泳ぎをやめると沈む」という感覚にずっとつきまとわれています。

ところがその話をAさんが、夫にしたところ、Aさんの夫は「海なんて、プカプカ浮いとけばいいじゃない」と言われたのです。
夫にとっては、海は楽しいところなのです。

Aさんが、妊娠時、ひどいつわりで寝ていなくてはならなかったとき、彼女は「自分が何もできない。役に立たなくなった」と泣くほどでしたが、夫は「寝てていいんだから、自分なら『やった!』と思うけど」と言うのです。

面白いですよね、この考え方の違い。

それでは、Aさんの夫のほうは気楽に生きているかというと、職場では要職にあって、きちんとこなしていらっしゃるそうです。

悩みのなかにある人は、なんだか自分で自分に負荷をかけているようなところがあるんですね。
他の人が、優先順位をつけて、大切なところだけ手際よく片付けているのに、自分は100%を求めて、わざわざ仕事を難しくしているような感じ。
本当はそんなこと、必要ないのに。

わざわざ負荷をかけているので、疲れるし、そのものごと(仕事、家事、勉強)にとりかかるのがおっくうになる。
仕事にとりかかれば、「もっと、もっと」とやりすぎる。
時間もかかるし、精神的にも重くなる。

仕事を終わった後の反省も重くなる。

100%やらないと、何か大変なことが起こりそうな気がするけれど、でも実際はそうでもない。

「こうしなくては本当ではない」「こういう態度でいるべきだ」というような観念に支配されているだけなのですね。
それと、「十分やってすっきりしたい」という気分本位。

海の中、プカプカ浮いていてもいいようなところで、一生懸命足掻いている感じでしょうか?

能力もエネルギーもあるのですから、自分に負荷をかけるところばかりに使わずに、外側のものごとに向けていけば、かなりのことが達成できそうです。

煮詰まってしまったときに、この「海でプカプカ浮いている」イメージが、気持ちを楽にしてくれるのではないでしょうか?


八重桜

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR