決断は後悔をともなう

10日のピアセミナーを終え、若干気が緩んでいます。
セミナーでは、たくさんのかたがたに来ていただき、ありがとうございました。

このセミナーでは、「東洋的一元論と森田療法」そして、森田療法のなかにある逆説的要素について、お話ししました。

単なる治療法としての森田療法というより、そのもっと深いところにあるもの、言ってみれば究極の森田療法みたいなところを話しましたが、理解がむずかしかったかもしれません。
もっとも頭で理解する世界ではないので、「森田療法にはこんな境地があるんだよ」ということを提示しただけですが・・。

さて、話題を変えましょう。

ちょうどそのセミナーの質問の時間に「選択と決断」についてお尋ねになったかたがいました。

以前にも少し決断について書きました。

自分の意志での決断を迫られる場面は、人生で何度もあります。

受験、就職、転職、結婚、離婚 等々。
どうしていいかわからずに迷い、悩み、悶々とするかたも多いと思います。

ここでひとつ押さえておくべきことは、「後悔のない決断はない」ということです。

決断に過剰に悩む人は、もしかしたら「最上の、非の打ちどころのない、リスクのない」結果を求めているのかもしれません。

ところが、どちらを考えてもリスクはいっぱいある。
リスクの少ない方をと考えても、そもそも何かを変えるための決断であれば、必ずリスクを伴うものです。

そのリスクばかり恐れると「行くも地獄、とどまるも地獄」のような心境に陥りがちです。

そんな心境になってしまうのは、もしかしたら「全部がほしい」からなのかもしれません。

こちらを選べば何かを得られるけれど、失うものもある。あちらを選んでも同じ。
つまり、決断はしたいけれど何も失いたくないのです。

「最良の決断」のようなものがどこかにあると思っている。

わかりやすく単純に言えば、結婚だってそうです。
いいことばかりではありません。
独立した大人として、責任を持ち、二人で生活を営んでいく。
一人でいるより、プライバシーがなく、我慢することも多くなります。

では結婚しないという決断はどうでしょう?
自由ですし、自分のお金は全部自分で使えます。束縛もない。
けれど、孤独感もつきまとう。
老後の自分はどうなるのだろうと不安になる。

どっちの決断でもリスクはあります。
決断に迷う人は、責任をとって大人として我慢するのもイヤ、でも時折感じる孤独もイヤ、将来の孤独死などのことも考えてこわい。

何かを選び、決断をするとき、別にどれをとってもいいのです。
ただ、選んだ結果のリスクをしっかり自分で引き受けさえすればいいのです。

そのリスクを負うのがいやで、何かもっとよい道があるのではないか、それを探し続け、迷い続けて、結局人生が停滞する。
停滞しているその「時間」が一番もったいない気がします。


法隆寺1

法隆寺

今年もよろしくお願いします

新しい年になりました。
今年もよろしくお願いします。

戦争もなく大災害もない、平和な年であってほしいですね。

年の初めに何か目標を立てたかたもいらっしゃると思います。
「もう、そんなことしても無駄・・・」と目標を立てることに消極的なかたは、ぜひまた試してみていただきたいものです。

「どうせ三日坊主」と思っても、三日間だけでもやってみたという経験が残ります。
まったく何も試さず、いつもと同じ毎日を過ごすよりいいとは思いませんか。

年間目標を早々にギブアップしても、次は月間目標にすればいい。
いくらでも方法はあるし、まったくなにも試さないよりずっといい。

せっかく年の区切りがあるのですから、利用しない手はありません。

できなかったことを悔やむより、手をつけたことを大事に思う方が前向きですね。

そうそう、先日「間違った決断は、最後まで下されない決断に優る」という言葉に出会いました(ブライアン・トレーシー)。

多分この意味は、失敗してもその経験は残る。でも、何もしないでそのままでいれば、その人の人生は停滞したまま・・・ということなのでしょう。

こういう言葉に出会うと、精神の拮抗作用で、「でもその決断で危険にさらされたら?」なんて反対のことを考えてしまいます。
けれど、日常の生活や仕事などでは、決断しなければ何も変わらず、惰性の毎日や惰性の仕事になる。

ひたすら平穏無事なことや、変化のないことだけを願う傾向の人には耳の痛い言葉かもしれません。

人生には決断も必要。

さぁ、今年はどんな目標を立て、どんな決断をしましょうか?


日の出

心の中の誰か

クリスマスです。

この頃は「クリぼっち」などという言葉が流行り、一人でいることが何かみじめなことのように言われます。

特に若い人たちには、刺さる言葉なのかもしれません。

でも、一人でいることと「孤独」とは、違うような気がします。
人間であれば、誰でも一人になる時間はあるし、それが全くない人のほうがこわいと思います。

人間には心の中に誰かを棲ませる能力というものがあり、自分のイメージの中に誰かがいれば、そこまで寂しいことはない。

よく映画や小説に、今そばにはいない誰かのためにがんばるというストーリーが出てきます。

そんなふうに、逆境のとき、気持ちが落ち込んだときに、自分を信頼してくれる誰かを思って癒されるということもあるでしょう。

それはたとえば、もう亡くなってしまった人であるかもしれません。
遠いところにいる誰かかもしれません。
昔自分を信頼して、励ましてくれた教師かもしれない。
もしかしたら、身近な人ではなく、自分の尊敬するアーティストということもあるでしょう。
信じている宗教の神かもしれません。

どんな存在でも、心のなかに自分を信頼してくれる(であろう)誰かを棲まわせることは、私たちを内側から強くしてくれます。

それは、誰かを「愛する」ということの、ひとつの形なのだと思います。


クリスマスツリー
 
恵比寿ガーデンプレイス

カサンドラ症候群

 「カサンドラ症候群」
目新しい言葉です。
これは、「発達障害」についての認識が広がるにつれ、注目されてきた発達障害(特にアスペルガー症候群)のパートナーが陥る精神的な悩みのことを指しています。

その状態を表すもので、病名ではありません。
比較的新しい概念ですから医療機関に行って、「私はカサンドラです」と言ってもまだまだわかってもらえないことが多いと思います。

しかし「思い当たる」というかたが、いらっしゃるかもしれません。

パートナーに対して「この人はどこか、気持ちが通じない。ただの頑固というだけじゃない・・・」という感じですね。
アスペルガーの人の特徴として

・人の気持ちがわからない。
・一緒に出掛けても一人で歩いていってしまう。
・笑いのツボが違いすぎる。
・一方的に自分の関心事を話す。
・自分の考えが絶対に正しいと信じ、他の意見を全否定する。
・チームプレーができない。
等々・・・(「パートナーがアスペルガーかな?と思ったあなたへ」より抜粋)

アスペルガーのパートナーと長年連れ添っていると、DV被害者と同じような精神状態になると言われています。
(このような悩みは、職場でアスペルガーの上司や部下を持ったときも同じでしょう)

・自尊心の低下、混乱した感覚。
・怒り、罪悪感、不安、無気力感。
・身体的症状、免疫力の低下。
(上記パンフより抜粋)

アスペルガー症候群は脳の機能障害ですので、こちらが努力して相手が変わってくれるわけではありません。
かといって、アスペルガーの人が受診しても、現在では専門機関も少なく、障害は病気のように治せるものでもありません。

そんなとき、どうしたらいいか?

前回のブログで「関係性」について、書きましたが、「相手が変わらないのであれば、自分が変わる」ということでしょう。

カサンドラの場合は、まず相手の特性を理解し、そして自分の特性を理解することも大切かもしれません。

なんとかして相手をコントロールしたくて、無力感に陥っていないか。
唯々諾々と相手に従ってしまっていないか。

その人の成育歴によって、対応のしかたもまちまちです。
そういう自分を理解する。

そして自分の人生で、自分自身がどう生きたいのかを考える。
パートナーに合わせた人生ではなく、自分が主体の人生を考える。

そして大切なのは同じ悩みを抱えた人と出会うことでしょう。

このような悩みは特殊なもので、今のところたくさんの人と共有できるものでもありません。

同じ悩みを持つ人のグループを見つけて話あうことで「自分だけではなかった」と失いつつあった自尊心を回復できるかもしれません。
同じ悩みを持つ仲間のために、もっと何かしたいと思うかもしれません。

自分の毎日の鬱々とした気持ちが、なぜなのか、それが解明できると、これからどうしたらいいのかもわかってきます。

そういう意味で、アスペルガーについての知見が深まったことも、その周辺に起こってくる問題が発見されたことも、大きな前進だと思います。


カサンドラ カサンドラのかたに向けた小冊子。
当ルームでもお買い求めいただけます。(280円)

カサンドラのかたのためのグループ
 Asperger-Around http://asperger-around.blog.jp/

「野の医者は笑う」(東畑開人著)

面白い本を読みました。
なぜこの本を手にとったのか、経緯を自分のなかで失念してしまいましたが、多分著者の東畑開人さんの論文を学会誌か何かで読んで、興味がありメモしておいたのだと思います。

心理学の本だろうと思って手にとり、あまりの面白さ(読みやすさ)に、何時間かで読み切ってしまいました。
内容は私の予想とは全く違うものでしたが。

著者は臨床心理士。
沖縄の病院で仕事をしていましたが、ふとしたことから近代医学の枠の外で治療している「怪しい治療者」に興味を持ちます。
特に沖縄は「ユタ」の伝統もあり、どうやら「怪しい治療者」がふんだんにいるところのようです。

著者は、これらの「怪しい治療者」を「野の医者」と呼び、そういう人たちがどうやって人を癒すのかを探るためにフィールドワークを始めます。
具体的には、トヨタ財団の研究助成を受け、自分自身で野の医者の治療を受けてまわるのです。
医療人類学という分野だそうです。

ここでひとつ、現代の医療と心理療法の制度的説明を。

「人を癒す」というとき、そのトップにいるのは「医者」です。
これは「業務独占」の資格で、医者以外の人が医療行為をすると法律で罰せられます。
だから整体師とか鍼灸師などは「治る」という言葉を注意深く使用します。

さて心理療法の世界では、この行為は業務独占ではありません。はっきり言えば誰がやってもよいのです。
一応、「臨床心理士」とか「産業カウンセラー」という名称がありますが、これは「名称独占」の資格で、資格のない人がその名前を名乗ってはいけないというだけのものです。
現在、国家資格として「公認心理師」が設けられつつありますが、これも「名称独占」ですので、他の人が心理療法をやってはいけないということはありません。
ただ、こういう名前をもっている人は、それなりの研修を受けて資格試験に受かっているよ、というだけのことです。

さてそれ以外の「野の医者」と著者が呼ぶ人たちの層が、心理療法の周辺に広がっています。
たとえば、自己啓発、オーラソーマ、占い、フラワーレメディ、スピリチュアル・ヒーリング等々・・。いろいろなものがどんどん生まれているという状況です。

著者が探っていくのは、こういう人たちがどうやって人を癒すのか、そしてこういう癒しの方法がどんなふうに生まれてくるのか?
もうひとつ著者が心に思っているのは、臨床心理士もまた「野の医者」の一種なのではないかという疑問。

ともすれば学会から「邪道」とも呼ばれかねないこの研究をひやひやしながら進めている著者の様子、その合間に自身の就職活動をする様子とがユーモアあふれる文体で語られます。
この文体は、ずっと昔読んだ北杜夫の「ドクトルマンボウ」シリーズに匹敵するような、優れたものだと思います。
ユーモアって、本当にむずかしいものなのです。

さて内容は各自で楽しんでいただくとして、著者が発見したことは、「野の医者」たちは、ほとんどが「傷ついた治療者(Wounded Healer)」(これはユングの命名)であるということ。
つまり自分自身が悩み、それを乗り越える過程でヒーラーになっていく。
人を癒すことで、自分が癒される。
そうやって広大な「癒し」のフィールドが広がっていく。

そしてもうひとつ著者が気づくことは、この遠因として「沖縄の貧しさ」(経済的な)があるのではないかということです。

そして自身の立ち位置の確認があります。
臨床心理学は「学問」であり、自らを疑うという視点を持つことによって、自らの行っていることを考え抜く。
それが「学問」というものの性質と著者は言うのです。

あまりに固い壁のような境界を作るということは、中にいる人の脆弱性を表します。
「あれは邪道だ」ということを声高に言う人は、もろい自分を守っているのかもしれない。

しかし著者は果敢に「わけのわからない」世界に踏み込み、臨床心理学を逆照射するところまで思索します。
そこには関わる人たちに対する温かい視線があり、それが読者をホッとさせます。

読後、ふと考えてしまいました。
現代精神療法の第一人者と言われている神田橋條治先生の最近の治療、あれって「野の医者」の治療ではないのだろうか?

境界というのものは、本当はわからないものなのです。


 誠信書房なのに、この装丁!
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR