FC2ブログ

脳もDNAも変化する

前回のブログで、日本人の脳にはセロトニンが少ないなど、遺伝的な要素を書いたところ、がっかりなさったかたもいたようです。
これだけの情報で終わるというのも無責任なので、いろいろな書物からの寄せ集めですが、脳内物質や遺伝子の変化について、書いてみます。

前回書いたように、日本人には幸福ホルモンと言われるセロトニンの分泌量が少ない。
けれど、セロトニンを日常的に増やす方法は、ネットで検索すればいくらでも出てきます。

セロトニンを増やす方法として、こんなものがあげられています。
*太陽の光を浴びる。一日15分から30分でいい。
*十分な睡眠をとる。
*適度な運動をする。特にリズミカルなものがいい。(ウォーキング、ランニング、ダンスなど)
*セロトニンの材料となるたんぱく質をとる。

また遺伝子自体の働きも、変化させることが可能という話もあります。

私たちの身体には約60兆個の細胞があり、その一つ一つに同じ遺伝情報(ゲノム)が含まれている。
細胞の遺伝子(DNA)に含まれる遺伝情報は30億個。全細胞は皆同じ遺伝情報を持っているのだそうです。
そして人には約2万個の遺伝子があります。

ところが身体の細胞ごとに、その役割は違ってきます。
同じ遺伝子を持っていながら、筋肉の細胞と髪の細胞とでははまったく違う働きをしている。
その違いは、細胞の中の遺伝子がオンになったりオフになったりすることで生まれてくるようになっているのだそうです。
人体というのはこういう複雑な設計図で動いているのですね。
すごいことです。

で、もっとすごいのは、この遺伝子のオン・オフを操作することで病気を治すという技術がもう実用化されつつあるということです。
すでに「遺伝子組み換え技術」は実用化されているのですが、遺伝子自体を変えることなくこのオン・オフを切り換えることで病気を治すのだそうです。
つまり例をあげれば、オフになっている「癌抑制遺伝子」をオンにすることで、癌の悪化を食い止めたりするということです。

このオン・オフを調節する人体のしくみをエピゲノムと言い、この技術はエピゲノム編集と言われます。
ここまでのことを解明し実際に応用できるまでにした人間の知力もたいしたものです。
言ってみればこれも、人間の持っている遺伝子のおかげですけれどね。
(このエピゲノム編集の詳細は「Newton 2018年8月号」に掲載されています)

さてその人がもともと持って生まれた遺伝子のオン・オフの情報は、実はその人が生きていく環境、栄養状態、ストレスなどによって変わってくるのだそうです。
そうです。遺伝子も変化するのです。

そういう要素で遺伝子が変化するのであれば、眠っていた良い遺伝子を、オンにして目覚めさせることも可能。
そんな趣旨の本を書いているのが、遺伝学者・村上和雄氏です。
「生命の暗号」などの本で有名ですね。
人間は、本来の可能性のほんの一部しか使っていないそうです。
村上氏が提唱する眠っている良い遺伝子をオンにする方法は、基本、ポジティブシンキングのようですが、それは著書をお読みになってみてください。

けれど、環境、栄養、ストレスでオン・オフが変化するのなら、良い環境、十分な栄養、ストレスを減らすことが良い変化を呼ぶのだと推測されます。

また村上氏は、これだけの壮大で精緻な生命体の構造を目の当たりにすると、何か「サムシング・グレート」のような存在を考えざるを得ないと言っています。
この「サムシング・グレート」は、宗教で言う「神」であり、森田療法で言う「自然」なのかもしれません。

興味にまかせて書きましたが、まだまだ世の中には知って面白いことがたくさんあります。
巣ごもりの期間は、知的興味を充たす時間としても使えそう。

それにしてもこれほどの知力を持った人間が、なぜコロナウィルスに、ここまで手こずっているんでしょう!


夏

T・H氏撮影


注・この記事は鬱病や神経症の治癒について書いたものではありません。

脳と天災

令和2年7月豪雨災害に遭われたかた、お見舞い申し上げます。
まだまだ雨が降り続いている様子、お気をつけてお過ごしください。

タイトルの「天災」は、「天才」の誤字ではありません。
天災と脳とは関係があるかもしれないという話です。

新しく設けられた公認心理士試験のための講習会を受けた時、講師の精神科医のかたが、人体のなかで「脳」は未だに「暗黒大陸」だということをおっしゃいました。

つまり、人体の他の部分のことはかなり解明されているし、それにともなって病気の治療法も進歩しているが、人間の「脳」の機能は解明が難しく、脳に起因する病気もなかなか治療がむずかしい、ということでした。

だからでしょうか、「脳」科学に関する読み物はたくさん出版されています。
未知の領域、脳のことをもっと知りたいという気持ちがあるのでしょうね。

そのなかで興味を惹かれたのが、日本人の脳の特質の話。
これは中野信子氏の著書で知りました。ごく易しい脳科学のトリビアを書いた本です。
(「脳はどこまでコントロールできるか」ベスト新書)

この本のなかに出てくる話。
人が新鮮な刺激を好むかどうかは、ドーパミン受容体のタイプ4(DRD4)に関係しているのだそうです。この受容体の配列の繰り返し回数が多いと新しいもの好きになります。日本人ではこの繰り返しタイプが2回~4回の人が圧倒的に多いのですが、欧米人は7回の人が多い。つまり日本人は、おだやかな現状維持の生活を好む人が多く、欧米人は失敗しても新しいものを求めて挑戦する人が多い。これは、このDRD4の特質のせいではないかということです。

そしてまた、日本人はセロトニントランスポーターの数が少ないタイプが65%、多いタイプが3%ですが、米国の人は少ないタイプが19%、多いタイプが32%いるそうです。
セロトニンは幸福ホルモンと言われています。日本人はセロトニン不足の人が多いことになります。
よく、日本人は電車のなかでものすごく暗い顔をしていると言われますが、なんとなく納得です。

なぜ日本人の脳がこういう特質を持つようになったかのか。
日本という国土には地震や台風、水害や噴火などの自然災害が多く、いつも最悪の事態に備えて緊張していなくてはならない。そういう歴史に脳が適応しているのではないかという仮説があります。

そして確かに、前人未到の地に分け入って開拓を続けなくてはならなかった米国人は、チャレンジが好きでポジティブな脳の人が生き残ったと言えます。
つまり、その環境に適応的な心身の人が生き残っていって、その民族特有の体質・気質(脳の特徴)が獲得されるということなのでしょう。

自分がいつも不安だったり、臆病だったりするのは、このような脳の特質のせいなのかもしれません。
そうだとしたらなんだか損ですね! 
誰だって自然にポジティブに考えられる脳のほうがいいに決まっています。

けれどそういう楽観的な脳だと、きっとこの災害列島では生き残れないのでしょう。
そういう特質はそれなりの働きがあり、メリットもあるのです。
臆病な人のほうが長生きという研究結果をどこかで目にしたことがあります。
当然ですね。
コロナが流行ったら必死でマスクをしますもの。

けれどこういう特質も環境によって変化することが可能。
脳には可塑性があり、人間の遺伝情報がどのように発現するかも、環境に左右されるそうです。
まだまだ脳やDNAにはわからないことが多く、好奇心をかきたてられますね。


なぜ人は不安に惹きつけられるのか

不穏なニュースばかりのこの頃、社会全体が鬱っぽくなっているようです。
しかし休校になってから、今まで人の気配のなかった公園のそこここに、子どもたちの小さな集団が見られるようになってきました。
外遊びなどしていなかった子どもたちにとっては、良い経験かもしれません。

コロナに関しては、自分にできる精一杯の防御をして終息を待つしかありません。

こんなふうに不安な対象が出てくると(コロナに限らず症状などでも)なぜか私たちは、その対象に惹きつけられるようにネット検索をしたり、本を買ったり、それに関する情報を集めるようになります。

そうすると当然のことながら、その不安は拡大していきます。
まだ自分の身に起こってもいないことがリアルに、起こったかのように感じられたりします。
そして不思議なことに、ネット検索をし続けた結果、安心材料を見つけるという事は少ないようです。
たとえあったとしてもそこには目が行かず、悪い結果になったことばかり記憶に残り、どんどん不安は高まっていきます。
精神交互作用ですね。

それにしても、なぜ人は不安材料にばかり惹きつけられるのでしょう。
これは人が持って生まれた防衛本能なのでしょう。
不安は自分の身を守るために存在する。
なくしてはならないものです。

けれどそれが日常生活を侵食するようでは本末転倒

不安に惹きつけられているなと思ったら、まずはスマホやPCを閉じて、仕事や家事に戻ったほうがいいようです。

不安に惹きつけられるのと対照的に、私たちは明るいものごとに目を向けるのは苦手なようです。
以前、グループのアイスブレイクに「良かった探し」というゲームをしたことがあります。
その日、あるいは最近体験した「良かったこと、うれしかったこと」を探して発表しあうというものです。
いつも不安を訴えてばかりのかたでも、たくさんの「良かった」体験をしているものです。

不安には自然に惹きつけられるのですが、良かったことに目をとめるのは、意外にエネルギーが必要です。

さて、このコロナの時代に良かったことを探すのは実にむずかしい。
実際に大変なことばかりだし、ニュースも暗いものばかり。

でも、今日ネットで、ノーベル賞受賞の科学者が、「コロナのパンデミックはそれほど長引かない。国にもよるが、もうすぐ鎮静化する(大体の要約)」と言っている記事を見つけました。
https://www.gizmodo.jp/2020/03/the-end-of-pandemic.html

実際、中国はもうおさまりかけています。
韓国もそろそろ。
(ただし検査数を絞って、軽症者を野放しにしている日本はどうなるかわかりませんが)

やはりニュースも不安を煽ると、皆の目が惹きつけられるから大げさなタイトルをつけるのでしょう。
たまにはこういう希望のある意見をもっと流してほしいですね。

とにかく、皆さま、お気をつけてお過ごしください。
HT桜2T.H氏撮影



肩の力を抜いて


暮れに、斎藤学先生のレクチャーを聴きました。
(斎藤先生のことは皆さまご存知と思いますが、依存症、児童虐待、ACの治療の日本での先駆者です)
大学院やカウンセリングで、先生にはずいぶんお世話になりました。

久しぶりにレクチャーを聞いていて、気づかされることが多く、肩の荷がおりた気がしました。

ずっと以前、初めて斎藤先生の講演を聞いたときには、本当にびっくりしました。
内容ではないのです・・・。
その話し方です。

お話は、テーマがどこに行ってしまったかわからないほど、あちこちにそれて行きます。
結局何を言っていたのかわからない時もあります。
基本、ご自身が好きな話題を、好きなように話しているように見えます。

なぜ私がびっくりしたかというと、私はその頃、生活の発見会の事務局にいて、その気風にすっかり染まっていたからです。
とにかく皆さん「○○でなければいけない」「こうしなくてはダメ」という価値観のかたがた。発表をなさるときも分秒刻みに計算して、原稿を読み上げるようなスタイル。

催し物の運営なども分秒刻み。
一つの手落ちもあってはならない、という圧迫感、緊張感がいつもありました。

発見会の外で斎藤先生のような講話を聴いたとき、「これでもいいんだ」という感慨とともに、自分自身がいかにそういう集団的「かくあるべし」「こうでなければならない」のなかでガチガチになっていたのかが明瞭に自覚できたのです。

ひるがえって、このところの自分のやっていることを見ると、どうも肩に力が入りすぎているような気がします。

「ふんわり」「ゆっくり」という感触からは、遠のいていたようです。

ブログにしても「役に立つことを書かなければならない!」的な気負いがこのところ目立っていました。
本当は、自分の読書について、もっと軽い話題についてなども書きたいのに、書くと長々と力が入ってしまっています。

肩の力を抜いて、あまり役に立たないかもしれないけれど、私が書きたいことを書く。
もっと短くても、頻繁に書く、などのことを目指してみようかと思う年初です。

今年もよろしくお願いいたします。


正月

写真、T.H様提供

心配性の自分が苦しい

悩み事と心配事。
この二つははっきりと区別できるわけでもありませんが、あえて区別してみましょう。
悩み事は現実に目の前で起こっていること。
心配事は、ほんの少しの兆候をつかまえて、将来とても大きな不幸が起こるのではないかと空想することと言えるかもしれません。

相談にいらっしゃるかたで「心配性の自分が苦しい」と話されるかたはとても多い。

心配することは、確かに苦しいことです。
私も心配性なところがあるから、この苦しさはよくわかります。

心配しているときには、まだ現実的にそこまで悪いことが起こっているわけではないのですが、心配のタネになることがあって、それをもとに自分のなかで空想がどんどん膨らんでいくのです。

この空想が悪い方向に膨らむことが、実に苦しい。
なぜなら、空想というものは、無限に大きくなれる。どんなことでも考えられるからです。
悲観的な考え方をする人は、悲観のほうにどんどん空想を発展させていきます。

ずっと昔、癌恐怖という神経症のかたの話をきいたことがあります。
自分の身体のどこかに癌があると信じ込み、医者巡りをし、どうしても癌が見つからず(つまり現実に癌はないのですが)怖くて怖くてヘトヘトになってしまった。
でも医者巡りをやめられないのです。
ところが、何年かして、そのかたが本当に癌になった。
そうしたら、心境がまったく変化したのです。
癌恐怖と、本当の癌では、怖さが全然違う。

実際の癌は、治療するしかない。
そうすると、思考も行動も現実的になります。
必死なので、変な空想の入り込む余地がない。
転移や再発が心配なら検査をすれば、結果が現実的に目の前に提示される。
そしてまた行動を選び、実際生活のなかで治療・養生をするしかないのです。

これから何か悪いことが起きるのではないかと心配しているときの恐怖は、幽霊が出るのではないかと怯えているような恐怖です。
いくらでもふくらんでいく恐怖ですね。

まぁ、でも怖いものは怖いのでしかたがない。
こんなときは、セラピストに「ご心配なんですね」などと下手に共感されるより、太っ腹な友人に「なに馬鹿なこと考えてるの!」などと、喝を入れてもらったほうが楽になるかもしれません。

大切なのは、現実にはまだ何も起こっていないということ。
幽霊を自分で呼び出すような真似をするより、「目の前のこと」と「今」にフォーカスしていればいい。

そしてまた、今現在自分が持っているものにもフォーカスする。

生きている限り、私たちは、実はたくさんのものを持っています。
「子どもが不登校になった。将来ひきこもりになるかもしれない」などと心配するより、「少なくとも今は、親子ともども健康で生きている」・・・と考える。

「少なくとも~できている」「少なくとも~はある」と意識的に考えてみるのもいいかもしれません。
「足りないもの」は無限にあって、それは私たちを脅かすけれど、持っているものを数えることは私たちを落ち着いた気持ちにさせます。

そしてまた、心配事について、そんなことが起こっても自分には対処できるはずだ(あるいは心配している対象の人は対処できるはずだ)と、考えてみることもいいかもしれません。
先ほどあげた「癌恐怖」の人の例のように、空想の怖さは現実の怖さとまったく質が違い、ほとんどの場合、現実の困難に対処しているときには、どこからか力が湧いてきて、幽霊に怯えているような怖さはないはずだからです。

イルミラクア

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR