fc2ブログ

人間関係は共感から

とあるかたが、こんな話をしてくれました。
近所のかたを何人か誘ってランチをしたときのこと。
彼女が、毎日の食事の支度のことを「もう、かったるくてねぇ」と言ったところ、一人のかたが、「それじゃダメよ。きちんとやらなくちゃ」と答えたそうです。
それを言ったかたは、ご自身が完璧に家事をこなしていると自負しているそうです。
「かったるい」と言った彼女はなんだか力が抜けてしまったそうです。
ランチのアレンジも、お誘いも、場所の予約も、全部彼女がやったのに、結局上から目線のひとことでぶち壊された感じだった様子。

この会話はまるで「あるがままVSかくあるべし」の図式のようです。

またとあるかたが、こんな話をしてくれました。
とある会合で、ご自分の挫折体験の話をする機会がありました。
そういう話をするような場なので、あえて皆の参考になればと思ったそうです。
ところが、その話の後にあるかたが発言しました。
「私もまったく同じような悩みがあり、苦しんだけれど、そこでがんばって仕事をやり遂げました」

挫折体験の話をした人はどう感じたでしょう?
確かに次に発言した人の言葉は「正しい」。
他の場での発言ならいいでしょうが、この流れではどうでしょう?

端的に言うと「あなたはできなかったけれど、私はできた」ということを、挫折体験を話した人の後に言ったわけです。
内容は「正しい」けれど、これはせっかく皆のためにさらけ出した人にとっては、心をくじかれる体験です。

時々、自分の言っていることは「正しい」のだから、受け入れられるべきだ、と思っている人がいます。
確かに、会議やディベートではその態度でいいのかもしれません。
しかしお互いが交流している場では、正しいことを言いあうことは、交流でなく「ケンカ」になる場合があります。

人が他の人の意見を受け入れるためには、その土台に一定の関係性が築かれていなくてはなりません。
ご自身にも覚えがあると思いますが、いくら相手の言葉が「正しく」ても、相手のことが気に食わない場合、受け止めるのはむずかしくなります。
かえって反発したくなることさえあります。

相手と自分とに信頼関係ができていれば、その言葉に少し抵抗があっても、考えてみようかという気持ちになるものです。

人間関係とは、とても微妙なものです。
会話が上手だったらうまくいくわけでもない。

たとえば一緒に作業をしているとき、その人がさりげなく手伝ってくれたなら、「こういう人なんだな」と、その人に対する印象が出来上がります。
最初にあげた会話でも、「かったるい」と言ったときに「そうよね」という共感の言葉がはさまれば、見下された感じにはならないでしょう。

まずは相手に共感することから。
(言葉だけでもいいのです)
相手に好感を持ってもらうためには自分をアピールしなくては、と思っている人がいますが、必ずしもそうとは言えません。

共感はなかなかむずかしいことです。
特に職場の部下とか、身近な家族とか、すごく親しいと思っている人に対して、「正しさ」を吹聴してしまうことがありそうです。

私自身も、時には失敗をしてしまいますが、心にとめておきたいと思っています。

5342

湯島の白梅

安心とって人生無駄にする

「安心とって人生無駄にする」というのは、こちらに来ていらっしゃったある神経質のかたが言った言葉。
なるほど、と思いました。

確かに、時々そういうかたをお見受けします。
とにかく不安で不安でしかたがない。
だから、新しいことにチャレンジするのを最小限にする。
いや、最小限どころか、新しい経験は避けられるだけ避ける。

自分が安全と思うことしかしない。
お金を使うのがこわいので(これは強迫神経症のかたに時々みられる「症状」ですね)お金が要るようなことは、しない。
金銭が「安い、高い」ばかり気になるので、お金があっても欲しいものは「ぜいたく」に思える。
お金がかかると思うと、ブレーキがかかる。
だから、良い体験や、新しい体験に向かえない。

体験が少ないと、ますますいろいろなことがこわくなります。
これも悪循環ですね。

昔はこわくて携帯も持てないというかたもいらっしゃいました。
迷惑メールや詐欺の話を聞いてこわくなったそうです。

神経質タイプのかたは、詐欺などにひっかからないと思うのですが・・、あるいは経験が少ないと詐欺と本物の見分けができにくくなるかもしれません。

人生で大切なのは、「経験」だと思います。
失敗に終わっても経験は経験です。
成功体験しかない人なんて、この世にはいません。
失敗も成功の糧にしている人はいますが。

とにかく私がよく聞くのは、こんな嘆きです。
「若い頃は、不安にかまけていて、婚期を逃してしまった。この年だと相手も限られてしまう」
「結婚相談を利用したほうがよかったけれど、お金がもったいないと思って、普段の生活での出会いを待っていたけれど、むずかしかった」
「若い頃神経症だったし、家族がいたので、何にもチャレンジしなかった。この年になって家族もいなくなり、もう仕事にもつけないし、友人もできない」
「仕事だけはしていたけれど、家と会社の往復で手いっぱいだった」
「本当はやりたいことがあったのだけれど、ためらっているうちに年をとってしまい、もう無理になった」

耳タコでしょうが、人生は一度しかありません。
その年齢でしかできないこともあります。
失敗覚悟で取り組んでみることも、時には必要。

経験や失敗を積み重ねていけば、不安やこわいことは減っていきます。
そして楽しいこともたくさん経験できます。

「安心とって人生無駄にする」ことがないように。
「症状」や「不安」がなくなってから何かにチャレンジしようという「順番思考」はやめましょうね。
これも十分ご存じでしょうが、新しい体験にチャレンジし続けることによって「症状」や「不安」はどうでもよくなるのです。

508

日々のこと

今日は日常のささいなことを・・・。

時々近くのクリーニング店に衣服を出しにいきます。
このお店は、店の方針なのでしょう、非常にチェックが厳しいのです。

「毛玉がありますね。これは、クリーニングではとれませんから」
「ここにシミがあります。これは落ちるかどうかわかりません。シミ抜きをしますか?」
「あ、穴がありますね。ここから広がるかもしれません。お出しになりますか?」
(こんな小さい穴、どうやって見つけた?!)

とにかく私が持ってきた衣服をひっくり返して隅々まで眺め、チェックポイントを見つけ出すのです。
それにこの店員の女性は、なんだかいつも憂鬱な顔をしているのです。
何か見つけるたびにため息をつかんばかり。

もちろん、これはお店の方針で、あとで責任をとらないことを確認しているだけと、頭ではわかっています。
しかし、それを聞いているこちらは、とてもイヤな気持ちになります。
罪悪感さえ覚えてしまいます。

ただでさえ私は、ファッションとかおしゃれとかについては、関心も自信もありません。
これについては、若い頃からいろいろな人に注意されてきました。
「もう少しおしゃれしたら?」「着るものに気をつかったら?」
あまりにも注意されるので、きっと私はあまり良いファッションをしていないのだと確信するようになりました。
「おしゃれとは何か?」という哲学的命題(笑)に悩んだりもしましたが、しょせん関心がないのです。
すぐに忘れてしまいます。
どこかで自分を透明人間みたいに思っているフシがあります。
誰も私のことなんか見ていないに違いないと思っている。

しかし、クリーニング屋でこう何回も注意されると、さすがに衣服に注意が向きます。
以前は毛玉なんて、あまり注意を払わなかったのに、最近、性能の良い電動毛玉取りを買いました。
クリーニングに出す前に、それで一生懸命毛玉を取ります(^^;
それでも、目を皿のようにして衣服をひっくり返され、「毛玉がありますね・・」宣言をされます。
もう、ウール素材を買わないようにしようかとさえ思います。

さて、こういうふうに、会うたびに欠点ばかり言われると、やはりそこに足が向かなくなります。
次の衣服を出すのも、ひきとるのも遅くなり、かといって他のクリーニング屋に行くのは少し遠い。

こういうことって、思い当りますよね?
欠点ばかり指摘されると、それをやりたくなくなる。
なるべく避けるようになる。
自信もなくなる。
学校教育や家庭教育でやられてきたことでしょうか。
あるいは、自分で自分に対して毎日やっていることでしょうか。

でも、もうひとつクリーニング屋について面白い話があります。
ある対人恐怖のかたが、いきつけのクリーニング屋に寄ったとき、店員さんに「良いお洋服ばかりですね」と言われたそうです。
「もう二度とあそこには行かない」と言っていました。
これは対人恐怖者の「見知られる恐怖」です。
わかる人にはわかるでしょう。

接客もなかなかむずかしいものですね。

5157

機嫌よく過ごしたい

このブログを読む皆さまは、多分頻繁に何らかの憂鬱感や心配事、不安に悩んでいるタイプではないでしょうか?
なんとか明るく、機嫌よく過ごしたいというのが切実な願いかもしれません。

何かの機会に、高揚感、楽しさを感じてもそれが長続きせず、すぐに心配事の波に飲み込まれてしまうというかたもいます。

よその人を見ると、不安もなく明るく生きているように見える。
自分はなんと損な気質に生まれついたものか、と嘆くこともあるでしょう。

そしてその憂鬱感を紛らわすためについお酒を飲んでしまったり、無駄な買い物をしてしまったり、甘いものを食べすぎてしまう。
それでますます、事態が悪くなり、結局また暗い気持ちになる。

実はそういうタイプのかたのほうが、世の中には多いのではないかと私は思います。
いつも明るくいられるには、どうも「鈍感力」みたいなものが必要で、そんな力は繊細な人にはまったく無理なものです。
残念ながら繊細に生まれついた人は、ずっと繊細なままです。
ただ、すこしずつ変化することも可能です。

どうしたら可能か、少し考えてみました。

ひとつには経験を積むことです。
敏感すぎる人は、当然、いろいろなことが怖く感じられます。
新しい人に会ったり、新しいことに挑戦したり、初めての場所にいったり、そういうことが全部不安に感じられる。
それでなるべく避けるようになり、必然的に、経験不足になり、そうすると失敗も多くなり、消極的になり、自信がなくなります。
自信がないとますますチャレンジできず、悪循環となります。
怖いけれど、少しでも積極的になり、経験を積むことで自分のなかに安定感が出てきます。
「なんとか対処できるだろう」という楽観性も出てきます。

もうひとつは「今、ここ」に集中することです。
自分のなかの「暗い感じ」「イヤな感じ」「よどんだ感じ」は、(全部とは言いませんが)自分の過去や未来の予測から来ています。
たとえば職場の誰かに嫌なことを言われたとします。
たいていの場合、家に帰ってまで反芻し、「アイツはあんなこと言って、自分のことを馬鹿にしている!」「きっと次はこう言ってくるに違いない、そうしたらどう言ってやろう」とグルグル頭の中で考えます。
浮かんでくるものは仕方ないのですが、自分は今、何をしているのでしょうか?
シャワーを浴びている? だったら洗うことに集中しましょう。
頭の中が他のことであふれていると、「シャンプーもう終わった? これはリンス?」などという簡単なことすら分からなくなります。
「今、ここ」に集中し、現実の中で次に何をしたらよいか考える。
現実が前に進むと、イヤな感じを忘れる時間も多くなります。

もうひとつは、身体を大事にすること。
最近は「運動」が心に与える影響が再発見されています。
イヤな感じに支配されがちな人は、身体を動かす機会が少ない傾向にあるのではないかと思います。
若い方ならランニングとか、ストレッチ、ダンス、高齢者ならウォーキング。
自分にあったものでいい。
私たちは「脳」だけが空中に浮いている存在ではありません。
脳の機能も身体や栄養状態、睡眠時間などに影響されるのです。
健康な身体づくりを目指すことも、私たちの「気分」を大きく向上させます。

そして自分の「やりたいこと」「楽しいこと」に没頭することも、最強のツールですね。
まだいろいろな方法はあると思いますが、続きはまた。
とにかく今年はなるべく機嫌よく過ごしたいものだと思います。

また今年、このブログでは神経質のかたの「性格」について少し深めていこうかと思っています。
そしてもっとACの生きづらさについても書こうと思っています。
今年もよろしくお願いいたします。

5055

「いいね!」の呪縛

ご自身でブログやインスタをやっていらっしゃって、いろいろ発表するけれど、その記事につく「いいね!」や「拍手」の数が気になってしかたない、というかたがいらっしゃいます。

「多かった」「少なかった」と一喜一憂してしまい、いっそアップをやめてしまおうかと嘆く方がいます。

「拍手」や「いいね!」を直接的な「評価」ととらえていらっしゃるのですね。

私自身も、もっと歳が若かったら、そういうことが気になるかもしれません。
けれど、今は「いいね!」を「評価」とはとらえていない。
違う風に読み取っているかもしれません。
もちろん、いただいた「いいね!」をどんなふうに解釈しても、それはこちらの自由ですよね?

私のこのブログを例にとってみれば、このブログは他のブログより「拍手」の数が少ない傾向があります。
読者の数はそれほど多くないかもしれませんし、その割合を計算するなんて面倒なことはしませんが、読者は多分神経質で森田療法に興味のある人が殆どと思います。
だとしたら、拍手が少ないのも納得できます。
だって神経質は皆、結構「厳しい」人たちですよね。
そう簡単に「拍手」などくれないと思います。
だから別に拍手の数が少なくても、私は気になりません。

以前は森田療法以外の、自分のニッチな趣味のことも書いていました。
ところが、あまりに拍手が少ない。
これは、仕方がないことでしたが、差が歴然としていたので、少し気落ちして、他で書くことにしました。
「ランダムマンダラ」は森田療法、精神療法専用ブログになってしまいました。
自分としてはあまり面白くなくなりました。

同じ森田療法、心理関係の記事でも、もちろん「拍手」の数は違います。

一生懸命書いても、意外に「拍手」が少ない時がある。
そんなとき、「そうか、少し難しかったのかな」と解釈します。
興味がなかったのかもしれません。

かといって、拍手めざして記事を書くことはしません。
そのときに思いついた書きたいことを書いています。

さて、私自身が他の記事やYouTubeに「いいね!」するときにはどうするか?
基本、見せてもらった「お礼」の意味で、(忘れなければ)「いいね!」をつけます。
だって、無料で一生懸命工夫して書いたり、撮影したり、解説したりしてくれているんですよ。
最後まで読めなかったり、見られなかったものにはつけません。
大体、そんな感じで、私の「いいね!」はお礼であって「評価」ではないようです。

なぜ長々、こういうことを書いたか?
「いいね!」をただただ「評価」と解釈して落ち込んでいらっしゃるかたに、ちょっと考えていただきたいのです。
多分そういう方は、自分が「いいね!」をつけるときにも、非常に慎重に評価していらっしゃる。
だから他の人もそうだと思っている。

けれど、向こう側にいる「誰か」は、まったく違う意味でつけたりつけなかったりしている。
基準があるわけではないし、相手の自由だから、それはそれでいいわけです。

そんな確かでないものにわずらわされるより、(たとえ「いいね!」がつかなくとも)自分の表現ができた。
その一番大事なところを忘れないでほしいのです。

夜景

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR