FC2ブログ

障がい者差別解消法に思う

またしてもしばらくブログから離れてしまいました。
でも、離れている間に社会では面白い出来事がありました。

参議院議員として重度障がいをお持ちのかた二人が選出されました。
なかなかよい発想ですね。
国民のなかには、いろいろな人がいて、様々な障がいや生きづらさを抱えている人がいる。
そういう人たちの代表が国会に行って意見を述べる機会ができたのは当然の流れと言っていいことです。
(そのうち、ひきこもりの代表も行けばいいと思う)

もうひとつ面白いと思えるのは(私が勝手に面白いと思っているだけなのですが)彼らが発言するときに、障がいに関わるヤジを飛ばしたら、国会議員としてレッドカードだと思うので、国会が、ある種リトマス試験紙的な場になるとも思うのです。

さて、無知な政治家が「国会の改修にあんなにお金を使うなんて」という発言をしていたようですが、これもレッドカードです。

日本には、「障がい者差別解消法」という法律があり、「合理的配慮」ということがうたわれています。
「合理的配慮」とは、ひらたく言えば、「障がいのある人が社会的障壁の除去を必要としているとき、それが過度な負担でない限り、障壁をなくす個別の対応や支援をする」ということです。

そして「公的機関、行政機関」の場合、これは「義務」なのですね。
一般の企業などの場合は、今のところ「努力義務」です。

ですから、国会は当然のことながら、彼らのための改修をすることが義務なのです。

最近の勉強(汗)で感じたことは、結構日本の法律は整備されている(あるいは整備されつつある)のだということです。
政治家がちゃんと把握しているかどうかは知りませんが。

法律のことには疎かった私・・・。
当たり前のことかもしれませんが、法体系のなかで、もっとも優先されるのは「憲法」。
次が「条約」。次が国内法。

この「障がい者差別解消法」も、国連の「障がい者権利条約」に2007年に日本が署名してから整備されました。
その他にも社会的に弱い立場の人たちの権利を擁護する法律はたくさんあります。
DVの被害者(男性も女性も)を保護する「配偶者暴力防止法」とか、「児童虐待等の防止に関する法律」などです。

知っているというのは、大切なことです。
法律で保護されているということ、助けてくれる行政機関や相談機関があるということ、それを伝えていくのも、知っている人の義務なのかなと思います。

誰だって、いつなんどき障がい者になるかわからない。
いつなんどき、弱い立場になるかわからない。
人間なんてそんなもの。
だから「共助」ということが社会には必要なんですよね。

しんじ湖

ひきこもりと不寛容社会


川崎殺傷事件にはじまる「ひきこもり」と呼称される人たち関連の事件が起き、当ルームにいらっしゃるクライエントさんにも波紋が広がっています。

「私もひきこもりではないかしら?」
「世間の人からそういう目で見られるのではないでしょうか?」
「私もそうなってしまうのでは?」

こういうのは典型的な神経症の人たちの反応です。全然そういう事実もないのに心配するという傾向ですね。
そういう心配はまったく無用な場合が多いのにです。

しかし、もっと深刻なのは、本当にそういう呼称に当てはまってしまう人たちと、その家族のかたがたです。
でもね、これってそんなに「特殊」な問題ではないと思います。
今回の事件が特殊なだけです。

私は昔「一家に一人ひきこもり」の時代だと友人に言ったことがあります。
今は社会生活をしているけれど、以前は学校に行けなかった、社会に出られなかった人はたくさんいると思います。
そういう人を含めて「一家に一人」。
以前はそうだったけれど、今は学校に行っている、会社に行っているという人は多いです。
いつかは自立することだってあるという希望的側面もメディアは伝えてほしいですね。

現代ではなく、昔だってそういう人はいたと思います。
漱石の小説の主人公たちだって、「高等遊民」などと言っているけれど、似たような感じだし。
いっそ「ひきこもり」などというレッテル貼りはやめて「高等遊民」というネーミングにすればいいのではないでしょうか。
そして堂々と遊ぶのです!

しかし、そういう悩みを持つクライエントさんのお話を聞いてつくづく思うのは、働こうと思って入社試験を受けると、時にはかなり屈辱的な目にあうらしいということです。

「この(空白の)一年間は何していたの?」
「なぜこの学校を中退したの?」
「前の会社はなぜやめたの?」

まるで悪い事でもしたかのように根掘り葉掘り訊かれるという話です。
そのあげく不採用になったりしたら、踏んだり蹴ったりです。

ますます自尊感情は低くなり、「私は社会に通用しないのだ」「結局どこに行ってもダメだ」という妙な確信ができあがってしまう。
出ようにも出られない状態になります。

学校に始まって、減点主義の社会が彼らを追い詰めているのだと思います。
この減点主義は、結局、学校や企業の利益のためでしょう。
欠点ばかりに目を向け、それを撲滅しようとする不寛容な社会です。
一元論的に見れば、欠点の裏には美質があるはず。

それを育てようとする人があまりいない。
家庭まで減点主義になってしまったら、気持ちのやり場はどこにもなくなる。
結果、生き延びるのは学歴社会的能力に恵まれた、適応力のある人だけになります。
それ以外の人だって、世の中にはたくさんいます。

今回の一連の騒動で危惧するのは、家にいること自体が「恥」であり「落ちこぼれ」であるというレッテル貼りが進んでいくことです。
それがますます状況を悪化させるでしょう。

大事なのは「一家に一人ひきこもり」の時代と考えて、本人も家族もそれを隠さないことです。
支援している公共の窓口、本人たちのグループもたくさんあります。
そういうところとつながれば、自分たちが一人ではないということがわかります。
それこそが、大きな一歩になるはずです。

6月のバラ

同調社会と主張社会

先日、お花見の後に雅叙園でお茶をしたと書きました。
雅叙園というのはホテルで、結婚式やいろいろなセレモニーのためのホールがあります。

ティールームはオープンスペースで広々としていて、庭の景色も見え、行きかう人々も見え、上階へとつながる長く大きなエスカレーターも見渡せます。
ちょうどその日は、何か所かの会社の入社式があったようです。

皆がざわざわしているのでふと目をやると、そのエスカレーターから下のホールへ行くのでしょうか、新入社員たちが上から降りてくるところでした。
幅の広いエスカレーターにきちんと二列にびっしりと並んで、スーツ姿の青年たちが上から次々と流れてきます。
それがなんと、全員同じような紺色のスーツを着て(リクルートスーツというのでしょうか)地味なネクタイを着け、前を見つめる緊張感溢れるポーズまでまったくそっくりなのです。

こんな風景をコマーシャルで見たことがあるような気がします。同じ顔の同じ姿勢の人間が増殖していく・・・
あるいははるか昔にCMで流行った「ジャパニーズ・サラリーマン♪」というような歌が流れてくるような。

その風景を見て、ティールームのそこここから小さな笑い声があがっていました。
でも青年たちは行進するようにホールに吸い込まれていきます。女性たちもまったく同じ紺のスーツを着ています。

実に日本的な風景だなと思いながら、でももし自分がその一員だったら、違う色のスーツを着る勇気はあるかしらと考えたりもしました。
(まぁ、私は衣服に関してはまったく粗忽者ですから、うっかりドレスコードをはずすということはあり得るかもしれませんが)

あまりに印象的だったので、先日の英会話レッスンで米国人の先生にそのことを話しました。
彼女も日本に来たばかりのときには、高校生たちが皆同じ服を着ているのにものすごくびっくりしたとは言っていました。

きっと意見の言い方にも同じような傾向があるに相違ないという話になり、日本人は、自分の意見を主張し、相手の意向と違うことを言うとき、相手の機嫌を損ねるのではないかと心配になる傾向があるようだという話になりました。

彼女は、日本のホームドラマなどを見ていると、登場人物たちが肝心のことを言うのを避けて沈黙しているように思えて、思わず
「Say it ! Say it ! (言っちゃえ!)」と突っ込みたくなるのだそうな。
米国のホームドラマなどではよく、「あとできちんと話し合おう」と親や夫婦が言っていますね。
忖度がないかわり、言葉が万能の社会です。

当然のことながら、米国では意見を言わないということは「そこにいない」ということと等しくなるらしいのです。

日本ではあまり目立つと風当たりが強くなりそうで、自分の意見が言えるような立場になるまでじっと待つ・・みたいな感じでしょうか。
しかし米国では、何が何でも「stand outする」(目立つ)のが至上の価値。
だから彼女は「私なら好きな色のスーツを着て出席するかもしれない」と言いました。

しかしまた、こんなことも付け加えました。
「でもね、いつもいつもstand out していなければならないのってホントに疲れるのよ」

確かに米国は実力主義の社会で、学歴社会(実は日本よりもっと学歴社会)。
能力は皆違うのですから、たくさんの(いわゆる)負け組が出て当然です。

どちらの文化も一長一短があります。

けれど以前もこのブログで言ったことですが、この日本の同調社会で「自己表現したい」という欲求は抑圧されているわけです。

強い同調志向を持ちながら、同時に強い自己表現欲求を持っている人たちは、その矛盾葛藤のなかで対人恐怖にならざるを得ないのかなと思ったりするのです。

夏紅葉


ひとこと:「主張社会」というのは、私が便宜的に使った造語です。

災害ばかり

今、猛烈な台風が接近中。
異常な暑さや豪雨や地震、そして猛烈な台風。

古代の人たちは、災害や飢饉が続くと地上の何らかの不正に対して天が怒っていると考えたとか。
何しろ、災害の原因も何もわからない時代ですからね。
それで権力者が失脚するということもあったようです。

もしかしたら、嘘ばかりの今の政治家たちに天が怒っている?
ま、でも割を食っているのは普通の人たちで、政治家は宴会しているんだから、違いますよね。

しかし、世界規模の異常気象は、確実に人災でしょう。
これだけ自然環境をいじりまわし、破壊しつくして、自分たちが楽しているのだから、そのツケがまわってきているんでしょう。
たとえば、チェルノブイリの地下や、福島第一原発の地下深くで何が起こっているのか、私たちにはわからない。

地球のダメージはかなりひどく、もう人が住める環境でいるのがむずかしくなっているのかもしれません。

暴風雨の音を聞いていると、悲観的になってしまいますが、それでも次の世代のために、私たちに何ができるかを考えないといけないんですね。

私はこの頃、ペットボトル飲料を新しく買うことはやめました。
飲み物を持って歩くときには、水筒を使ったり、以前のペットボトルに詰めたり・・・
何しろ、海が捨てられたペットボトルだらけで、魚もプラスチックを食べていると知って、何とか自分だけでもあまり消費しないようにしたいと思ったのです。

けれど、家で使う水を買うときには大きなペットボトルに入ったものを買わなくてはならない。
再処理が追いつかないと聞いていますし、代替のものとしては、高い浄水器などを買わないといけないのですね。
一人の力ではむずかしいことです。

スーパーの袋もなるべくもらわないようにしていますし、「マイ箸」を使うようにしています。
でもやはり便利だからもらってしまうときもある。

歳がわかってしまいますが、私の小さい頃は、皆、自分の買い物かごを持って買い物をしたものです。
もっと昔の映画なんかを見ると、お豆腐を買うのに、自分の入れ物をもって買いに行っていましたよね。
エコです。

ひとりひとりが、ほんの少しの不便を我慢してできることはないのかなぁと、台風の最中に考えたりしています。

彼岸花

「夜明け前—呉秀三と無名の精神障害者の100年」(映画)

今回、友人からの情報で、上映期間中に間に合うようにと急いでこの映画を見に行きました。これは、精神医学者・呉秀三(くれ・しゅうぞう)の業績についての映画です。

呉秀三(1865~1932)は、東京帝国大学医学大学教授(現在の東京大学医学部)。
森田療法をよくご存じのかたにはなじみのある名前でしょう。

森田正馬は呉秀三に師事したのです。そして、森田正馬の神経質治療の独創性を認めたのも、この呉秀三でした。

呉は、日本の精神医学の基礎を築いたと言われています。森田だけでなく、精神医学の分野で多くの後進を育成しました。

そして何よりも大きな功績は、彼が当時の精神病者を拘束具から解き放ち、その待遇改善に尽力したということです。
そのために彼が調査し、その結果を発表した報告が「精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察」(1918)です。当時は、行政の許可を得れば、精神病者を自宅監置することができたのです。呉はしかし、治療も受けられずに自宅の座敷牢に劣悪な条件で閉じ込められている病者の実態を明らかにし、当時の「精神病者監護法」を批判しました。
 
ヨーロッパでは既にこの100年も前にピネルが、精神病者を鎖から解放していました。

呉は、この報告書で有名な言葉を書いています。
「我が国十何万の精神病者は実にこの病を受けたる不幸のほかに、この国に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」

この映画は、呉のこの報告の意味と内容、彼の行った改革についてを、何人かの研究者が語っています。そして彼が留学したウィーン大学まで撮影に行き、彼の足跡を追います。

現代でも精神を病んだ子を自宅に閉じ込め、衰弱死に追いやったという事件が起きています。また、呉秀三が拘束具をはずしたはずなのに、精神病院での拘束死ということも起こっています。
そういう時代への問題提起として、この報告が書かれてちょうど100年という節目にこの映画が作られたのです。

重い内容ではありますが、見ることができるかたにはお勧めいたします。(東京渋谷のアップリンクにて上映中)

個人的な思い出になりますが、私はこの呉秀三の「私宅監置」の報告書をずいぶん若い頃に、故・長谷川洋三先生から見せていただきました。そのときはあまりの凄惨な内容にショックを受けたものです。
 
そして最近、森田正馬の「根岸病院看護法」の冊子が森田療法学会で話題になることもあります。
これは精神病者に対する看護人の心得として森田が書いたものです。
病者に対する虐待や不当な扱いを防ぐためでしょう。
森田正馬は根岸病院で、初めての試みとして患者をまじえて運動会をしたりもしています。

森田が恩師・呉の精神病者に対する人道的態度から、大きな影響を受けていたことが如実にわかります。
そして府立巣鴨病院(現・都立松沢病院)で呉が行った作業療法なども、あるいは森田入院療法のヒントになったのかもしれません。


プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR