災害に思う

福岡の水害で被害にあわれたかたがたへ、心よりお見舞い申し上げます。

たまにしかつけないテレビのスイッチを入れると、ニュースで避難所にいるかたがたの映像。
今まで何回、こういう映像を見たかなと思います。

東日本大震災のとき、熊本地震のとき、そして時折の水害や台風のとき、それから今回の福岡県での大水害。

一瞬にして家財のすべてを失うという悲運にみまわれたかたが大勢いらっしゃいます。
安定したものと思っていた自分の生活が、すべて流れていってしまうという恐ろしさ。
明日も人生がずっと続くと思っていたのに、それが突然途切れてしまう無念さ。

他人事ではなく、日本に住んでいる限り、明日は我が身であるのかもしれません。
あるいは、この地球に住んでいる限り、と言い換えたほうがいいのかもしれませんが。

人間の活動のせいなのか、あるいは地球という生命体の必然の過程なのか、地震の多さ、天候の異変が、最近加速してきているような気がします。
地球自体が人間の生存に適さなくなってきているのに、おかまいなく戦争で殺し合ったり、核兵器で武装したりする一部の指導者の無責任さ。
自分さえよければあとの人はどうでもいいという思想なのでしょうか。

どこまでが人間のせいで、どこまでが自然の異変なのかはわかりませんが、人間の営みが自然の異変に加担しているのは否めないでしょう。
自然の敵は人間なのでしょうね。

さて、この時期にちょうど昔林業をやっていたかたのお話を伺う機会がありました。

そのかたは、もう林業はやめているのですが、その事情を話してくださいました。

昔は、山から立派なひのきを2本切り出して売れば、子どもを大学に行かせられるぐらいのものになったそうです。
ところが、安い輸入木材のせいで、だんだん木材の値段が下落し、林業では食べていけなくなってきた。

そして、人手不足、資金不足で山の手入れができなくなってきた。
山林はほとんど放ったらかしにせざるを得ないということなのだそうです。

間伐という、生かすべき樹を残して、他は適宜伐採し、森林を健康なものにするということをしていないと、土壌が弱くなり、水害などのときには樹木が根こそぎとれてしまうとおっしゃっていました。

特に以前よく植林された、杉、ヒノキなどは根が浅くて、大雨のときにはそれが土とともに流れてしまう。
そのかたは、「このままでいくと、日本の山は全部崩れてしまう」とおっしゃっていました。

そのお話が今回の福岡の水害にあてはまるかはわかりません。
そのかたは東北のかたなので。

東北に行くと、山々の樹木の豊富さに圧倒され、なんだか安心感を覚えたものですが、それでもリスクがあるのですね。

植林が悪いわけではなく、自然林だってそういう事態は起こるという説もあります。
それだけ、この頃の気象が異常だということなのだそうです。

かといって山を全部コンクリで固めてしまったところには住みたくない。

これだけ変化がある豊かな自然に恵まれているということは、一方でいろいろな気象の変化によって災害にみまわれる可能性が高いということなのでしょうか。

災害の前に人間は無力。

結局のところ、私たちができることは、与えられている時間を精一杯生きることでしかないのでしょうね。


tree

桜と花粉症

次のブログを書く頃には桜は満開だろうと思っていましたが、今年は遅いようですね。
東京では、近所の桜もまだ3分咲きくらいでしょうか。

しかし、毎年この季節になると桜が咲くというのは、ある意味素敵なことです。
こういう季節の自然な変化、草や木や天候の移り変わりがまだまだ保たれているということですから。

そのうち草花や虫たちも、見当違いの季節に咲いたり鳴いたりし始めるかもしれません。
季節の移り変わり自体が変化して行く可能性だってありますね。

まぁ、とにかく人間は傍若無人に地球を踏みにじっていますから。

自然は、こうやってきちんと四季が移り変わる。
地球規模で見たらあまりに広大で、人間のやることなど、ほんの少しの傷ですむだろうという甘い考えで、今まで人間はいろいろなことをやってきたんでしょう。

確かに自然の能力、人間が自然につける傷に対しての回復力はすごいものがありますね。
言い方は違うけれど、まさに自然治癒力。
けれど、きっとそれも限界というものがあると思う。

その自然の耐性(と表現していいのか)の限界も、そろそろ近いのかもしれないと感じるときもあります。

異常気象もそうだけれど、大気自体も、昔とまったく違っています。
PM2.5や排気ガス、黄砂、それに花粉!

早春の土の匂いとか、もうどこにもなくて、ただ花や植物だけが季節を教えてくれるようです。

でもいつの頃からか、花見の季節ということ、必ず「花粉症」の苦しさがくっついてくるようになってしまいました。

これもひとつの公害ですけれど、誰も責任をとってくれていないような気がする。
ただ製薬会社とマスク製造業の人が儲かる仕組みができただけ。
これだけ広範な健康被害が出ていても、誰も怒らないのは、誰に対して怒ったらいいのかわからないからですね。

どうして自然に手を加えるのを躊躇しないのでしょうね、人間は。
生態系に以前はなかったものを加えたりして・・。
すべて浅知恵なんですよね。

自然の仕組みのほうが遥かに遥かに、うまくできているし、人間が論理だけで考えても遠く及ばないものです。

人間の知性が自然のことをすべて考えつくせるとしたら、地球を再生することだってできるはずです。
実は、異常気象だって、今のところはどうにもできない。

多分、人間が自分たちの知性に盤石の信頼を置いてしまったときから、今の自然破壊が始まったのでしょう。

今回のブログはただの不満ブログになりかかっております。
自分の花粉症があまりにきついので、怒っているだけかも。

そう、とにかく私たちは「自然の大きさ」にもう少し信頼感を置き、敬意を払ってもよかったのでしょうね。

共生しつつの開発なんて、虫のいいことかもしれませんが。

とにかく桜がいつも同じ季節に咲く自然環境がずっと保たれますように。
東京オリンピックなどというお祭り騒ぎで、自然破壊がより進むことがありませんように。



さくら

幸せなひとりぼっち

このところ「無縁社会」とか、社会的な人との関わりについて、考えることが多くなってきました。家族を持たず単身化する人たちが日本ではどんどん増え続けているそうです。

家族を持たない人が増え続けると同時に、日本では家族を持たないことがイコール社会との関わりを持たないことになってしまう傾向があるようです。
その原因としては、日本はOECD加盟国(つまり工業化された国)のなかで、「家族以外と交流を持たない人が多い」「社会活動への参加数が非常に少ない」「無償の社会活動、ボランティア活動への参加が非常に少ない」のだそうです。(宮本みち子放送大学教授の記事より)

それで家族がおらず、仕事がなかったりすると、もう「無縁の単身者」になってしまう。

そんなことを考えているとき、友人から「気分転換にこんな本も面白いよ」と教えてもらったのが、たかのてるこさんの旅行記。(「ガンジス川でバタフライ」等)
このかたの本は軽く読めるのですが、そこでびっくりしたのが、彼女の人とのふれあい方。
世界各国で、文字通り相手の懐に入ってしまう。そして相手も、快く彼女を自分たちの家庭に迎え入れる。

これはなんだろう?
彼女の人柄なのか、あるいは相手の懐の広さなのか。
都市化されていない世界の片隅では、貧しいけれど、まだ人がこんなにも愛情に溢れていて温かいのだろうか。
現代日本とのギャップを、また考えてしまいました。

そしてたまたま、あるかたから二本の映画のことを教えてもらいました。
スェーデン映画「幸せなひとりぼっち」と、英国映画「ミス・シェパードをお手本に」です。二つとも単身高齢者がテーマ。

「ミス・シェパード」のほうは、見に行くことはできませんでしたが、「幸せなひとりぼっち」を見てきました。

とある団地(同じ家が立ち並ぶ区域)に住むオーヴェというおじいさんは(と言ってもまだ59歳)ある日突然43年勤めた会社をクビになります。
二年前に妻を亡くしているオーヴェは、妻のあとを追おうとしますが、隣に越してきたパルヴァネというイラン人の女性の家族がなにかとうるさくて、おちおち自殺もできない。
オーヴェは、秩序好きで、団地の管理が気になる口うるさい老人。
それまでは近所からも煙たがられていたのですが、パルヴァネはそんな彼をおかまいなく、家族の世話に巻き込んでしまう。
怒りながらつきあっていたオーヴェも、だんだんと近所の人たちに心を開いてゆく・・というストーリーです。

ストーリーだけ読むと、定石通りだし、何が面白いの? と言われそうですが、これがオーヴェの過去や奥さんとの恋愛の話なども織り交ぜ、結構引き込まれるのです。

この映画の宣伝文句を見ると「スェーデンで5人に1人が見た」とか「米国で公開された外国映画で動員一位」とうたってあります。

これだけの人たちが、この映画に魅力を感じるということは、私が今「日本の問題」として考えている「人ととの関わりの薄さ」というものは、もしかしたら先進国(と言われる国々)のなかで、皆が薄々感じていることなのかもしれない。
そんなふうにも思いました。

この映画にはひとつキーポイントがあります。
それはパルヴァネがイランからの難民であること。(ムスリムではないようです)

彼女が持ち込んできた人と人との距離感は、きっと団地にいた人たちのものとは違うはずです。
人との距離がすごく近いし、無遠慮でおせっかい。
これは私の乏しい経験から推測するイスラム圏の人たちの特徴です。

そういう人でなければ、気難しいオーヴェとは関われない。
これは、異文化とのふれあいが隠れたテーマでもある映画なのですね。

たかのてるこさんの本がこれだけのベストセラーになったり、このような映画が人気になったり・・・行きつくところまで行ってしまった先進国は、自分たちがとうに失ってしまった温かさや家族の愛情を、異文化のなかに求めているのかもしれません。

本当に、私たちは何を失ってしまったのでしょうね。





新しい年

明けましておめでとうございます。

まだ休み気分が残っているので、あまりむずかしいことは書きません。
自分のなかにある、なんでも「有意義」でなければならないという思考は、なるべく追放したいと思っているので。
でも、いつもそうなってしまう。
悪い癖です。

今年は「ヒマ」「ゆとり」を追及したいなどと、できもしないことを思う新年。
でも、ヒマやゆとりがこわいから、ワーカホリックになっているわけですから、むずかしいです。

ところでお正月の雰囲気が薄れているお正月に思いました。
季節の行事って、人間にとってとても大切なことなのだということ。

実はカウンセリングをしていて、いろいろなかたにお会いするのですが、とある小さな宗教(宗派と言ったほうがいい)では、日本の季節の行事にはいっさい参加しない、行わないというところがあるようなのです。

別に宗教差別をする気はないのですが、それって子供の発育に影響がないかしらと思ってしまったことがあります。

子どもの頃は季節を身体で感じるようなところがあります。
(本当は大人になっても感じているのですが、どうも大人は身体の不調として感じることが多いようです)

成長しているプロセスのなかで感じた季節感は、記憶のなかで何か大事な役目を果たしているような気がします。
「五感の発達を支える」という難しい言葉で言ってもいいかもしれません。

季節の行事はその感覚のガイドみたいな役割を果たしている。

「お正月の松飾りと空気の澄んだ冷たさ」とか「ひな祭りの頃の土の匂い」「お彼岸の墓参りのときに見た彼岸花」とか・・・。
そういうものは、決して無駄なものではなく、そんな経験と感覚のなかで子供の心は成長していくような気がします。

大都市以外では、これは自然なことなのかもしれません。
でも東京のようなところでは、なかなか感じられない。

ウォーキングを始めてわかったのですが、東京では土や樹が(特に土が)圧倒的に少ない。
公園があっても、子どもはいない。犬しか遊んでいない。

勉強や与えられたゲームやテレビ以外にも、いろいろな世界を感じながらーーつまり五感を鍛えながら成長してほしいと思うのですが、この頃の子はどうなのでしょう?

季節は商業主義に汚され(あれも季節感の一種かもしれませんが)、人はスマホのとりこになって、狭い世界に生きるようになってしまった。(でもそれが「広い世界」と錯覚している向きもある)
未来が心配。


せめて今年はもっと「ゆとり」の時間を持って、五感を楽しんで生活することができればいいなと思います。

今年もよろしくお願いします。


正月

名誉欲

森田正馬は、こんなことを言っています。
「僕は長になりたくない。政治家や成金なども、むしろ軽蔑している (中略)しかし自分がちょっと自覚が足りないと、実際には、自分が長になりたくないのに、なりたいような気がする。それは自分の思想の間違いから起こることである」(森田全集5巻)
こんな趣旨のことを、自分の例をまじえながら言っています。

また別のところでは「名誉欲は下等な野心である」とまで言っています。(全集4巻)
欲望に対しては肯定的な森田にしては、珍しい発言です。

つまり、人間だから誰でも「長」のつく役職や名誉は得たい。
けれど、その仕事がしたいからその役職を得たいのかというと、そうでもないこともある。
ただその名前だけがほしくて、実はその役職にともなう仕事はしたくないということもあり得るわけです。
森田正馬が問いかけているのは、あなたは本当は何がしたいのか、ということです。

なぜこんな話を持ち出したかと言うと、トランプ氏のニュースを見ていたから。

どこかの新聞が以前書いていたのですが、トランプ氏は今まで、どんなことをしてもほしいものを獲得してきた。
だから、自分のキャリアの最終目標として大統領という名誉ある「肩書き」がほしいだけなのではないか、ということでした。

なんとなくそんな気がします。
だから、アメリカ合衆国の大統領という重い荷物を背負う覚悟はないのかもしれない。

そんなことを、英会話教師の米国人女性に言ったら、「ヒラリーだってそうなのよ。彼女はスピーチのなかで、米国で初めての女性大統領になってレジェンドを作る、って何回も言うの。結局自分がレジェンドになりたいだけみたいでいやな感じがしたわ」ということ。
でもクリントン氏は少なくとも政治経験はありますからね。

しかし米国では、大統領は宣誓してからは絶対に憲法に違反する言動はしてはいけないそうなので、彼も今までのような差別的な発言はできないし、してしまったらきっと相当大変なことになるのでしょう。
彼は多分1年ぐらいしかもたないという人も多いですね。

ただ、問題なのはそこではないかもしれません。

身のまわりのグループ、組織をご覧になるとわかるかもしれませんが、集団というのは、そのリーダーの色に染まるものなのです。
どんな人がリーダーかで、その組織の雰囲気は変わってくる。

もちろん同調しない人もいます。
でもリーダーのありかたは、微妙にその組織に反映されるのです。

もう米国では、いろいろな事件が起こっているようです。

どれもが、差別的ないじめだったり、問題になったトランプ氏の差別的発言をなぞったような事件ですね。
たとえトランプ政権が短命に終わっても、このようなリーダーが出たことによって、社会の混乱は増すでしょう。

犠牲になる人もたくさん出てくるのではないでしょうか。

そもそも世界の情勢はどう変わるのか、不安になってしまいますね。


ライト

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR