歩く「映画」

もちろん映画が歩くわけではありません。
歩くことをテーマにした映画を、このところ続けて見たので。

今はウォーキングに最適の季節なのですが、なかなか出かけるチャンスがなく、ジムのトレッドミルで我慢しています。
せめて、歩くことに関する映画を見ようと、二本見てみました。

ひとつは「星の旅人たち」(原題・The Way)で、歩く場所はスペインの巡礼の道、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう800キロの道です。
もうひとつは「わたしに会うまでの1600キロ」(原題・Wild)。舞台はアメリカ西海岸をメキシコからカナダまで縦断するパシフィック・クレスト・トレイルです。

どちらも淡々と道を歩く映画なので、ストーリー性があったり劇的だったりするわけではありません。

二つの映画に共通するのは、自分の大切な人をなくして、それをきっかけに歩き始めるということです。

「星の旅人たち」では、眼科医をしている男性が、ある日息子の訃報を受け取る。
世界を放浪していた息子は、スペイン巡礼を始めようとした矢先、ピレネー山脈で遭難してしまったという。
息子の遺体を引き取りに行った彼は、息子のバックパックを背負い、遺灰を持ち、自ら巡礼の旅に出る・・というストーリー。

「わたしに出会うまでの1600キロ」は、母をなくした主人公が、しばし自堕落な生活をしていたが、恋人にも去られたのをきっかけに、女性一人でパシフィック・クレスト・トレイルに挑戦する、というストーリーです。

「星の旅人たち」の主人公は、息子の遺灰をまきながら道をたどりますが、徐々に道で出会った人々と心を通わせるようになり、そこに亡き息子の面影を見て、気持ちは癒され、心が開かれていくのです。

「わたしに出会う~」のほうの旅は、もっと過酷です。距離は2倍の1600キロ。
巡礼のように宿があるわけではなく、女性には重いテント一式を背負い、野宿をし、危険な目にあいながらとうとう目的を達成します。
彼女は歩きながら、母の記憶をたどります。
母はDVの夫から二人の子を連れて逃げ、貧しい暮らしをしながらも、向上心と明るさを失わない人でしたが、若くして亡くなります。
彼女は、道中に誰かと出会うということはなく、ひたすら自然のなかで自然と対峙します。
道を歩き切ったとき、彼女を癒したのは、独力で歩きとおした自分の「力」だったのかもしれません。

巡礼の道や、自然のなかの道をたどるルートが、どの国にもあるということは、きっと道を歩く、歩きとおすということに何らかの意味を見出す人が多いからでしょう。

確かに「歩き切った」ときには、自分の力、後押ししてくれた自然の力を身体ごと受け止めるような、かけがえのない感覚を覚えます。

歩いているときには、風景ともゆっくりと向き合えて、「自然」を身近に感じることもできます(時にはこわいこともあるでしょうが)。

うつの時には、疲れない程度に「歩く」ことが推奨されたりもします。
悩んでいるときには、自然の中で歩いてみると、少し気持ちが変わるかもしれません。

平凡な行為でありながら、「歩く」ことのなかには、何か人を変える力があるのでしょうね。

紅葉の美しい季節、できるだけ外に出てみようかと思います。


道

「ずっとやりたかったことを、やりなさい」

本日は本の紹介。

11月の末に日本森田療法学会があり、発表も終わって、気持ちに余裕が出たので、そういえばこんな本があったなぁと、とりだしてみました。

ついでに学会についてひとこと。
先日、心理学とは何の関係もない友人に「頼まれてもいないのに、なぜ学会発表なんてするの?」と尋ねられました。
発表してもお金にもならないし、準備には時間はかかるし、論文を発表する義務もないし、確かに「なぜ?」と思われてもしかたないですね。

でも、今のような仕事をしている限り、自分で何か能動的に考えたり資料を調べてまとめたりしていかないと、やっていることがマンネリ化していくのですね。
研修会なども、受動的なので、ノートをとっても生かせなかったりすることが多い。

どんな稚拙なものでも、自分で考えて、まとめて、発表するという行為のなかに、今までの自分のやりかたや認識を新たにするチャンスがあるものなのです。
それに、「やり遂げた感」というのは、すごく励みになるものなのです。
結果はどうであろうと。

でもね、いつまでもそんなことばかりでは・・と思う部分もあります。

この本「ずっとやりたかったことを、やりなさい」は、決して新しい本ではないのですが、自分の生活が少しマンネリ化しているな、と思う方にお勧めです。

毎日の生活のなかに埋もれている自分の「創造性」を掘り起こす方法が、懇切丁寧に書いてあります。

これが実に具体的な方法論なのです。
毎朝、モーニングページという自分だけのノートを書く、アーティストデートという楽しいものや美しいものを見、自分を楽しませる時間を持つ・・・
そうやって、規則や「かくあるべし」に縛られた脳を解き放って、自分のなかの創造性を目覚めさせる方法です。

私なども、いつも論理脳ばかり使っていて、少しのゆとりにも罪悪感を持ってしまうというワーカホリックです。

昔、この本を読んで、「なるほど~」と思っていながら、この頃、またもや仕事にまい進している。
もうリタイアを考えてもいい年なのに、何をしているんでしょう・・・そう思うときもあります。

つまり遊ぶのが苦手。
遊ぶと言っても、読書とか音楽鑑賞とか、すごく受動的。
能動的な趣味があまりないのですね。

ですからこの本をゆっくり読み返して、ちゃんと実践してみようかと思っています。
なかなか良い言葉も書いてあります。

「『自分を貴重品のように扱えば、自分は強くなる』。そう絵の具かクレヨンで好きなように書き、日々、目に入るところに貼っておこう。この言葉はおまじないになる。私たちは自分につらくあたることが自分を鍛えると考えがちだが、私たちが強くなるためには、自分自身を大切にすることが肝心なのだ」

実は論理脳だけで考えているより、こうやって感受性を活発化したほうが、アイデアも自由に浮かんでくると思います。

若い頃はあんなこと、こんなことがやりたかったなぁ・・などと思い出し、試してみるということもいいですね。

私もしばらく手をつけていなかったあれをやってみようかな・・・・。
そう、自分が何を試そうとしているかは、人には言わないほうがいいそうです。



続けていくこと/ストーンズを聴きながら

前回は終わらせることについて書きましたが、今回は「続けていくこと」。

「期限を決める」のもひとつの方法ですが、エネルギーがあり、必要があるならば続けていくことも大切なことです。

そう考えたのは、3月にローリンング・ストーンズがキューバで公演したというニュースを見たから。
今頃の若い人はあまり知らないかもしれませんが、彼らは結成54年。
ミック・ジャガーもキース・リチャーズもともに72歳。

72歳のロックンローラーですよ!
私も若い時からファンですが、まさか今まで公演しているとは想像もしなかった。

キースとミックの二人は、「幼稚園の砂場」で出会ったそうです。だからバンドよりも昔からのつきあい。
そして他の三人とバンドを結成し、今まで演奏し続けてきたわけです。
 
その間、バンドは実に波乱に富んだ道のりをたどっています。
もちろんたくさんのヒット曲を出し、熱病に浮かされたようなファンたちに囲まれ、ドラッグ疑惑、数々のスキャンダル、メンバーの急死、刑務所に入れられたり、コンサート会場で殺人事件が起こったり、今の日本の芸能人だったらたったひとつでもう引退を余儀なくされるような騒動を巻き起こしてきました。

メンバーだって、仲が良かったわけではなく、ミックとキースは度々喧嘩して別行動したり、でも結局は仲直りしたりを繰り返しているし、お互い悪口を言い合っている。

しかしこの二人の関係性がなかったら、ストーンズは今まで続いていなかっただろうなと思います。

私はもちろん、ストーンズの曲も好きですが(元気が出るので)、すごいなぁと思うのは、どんなに世間に叩かれても、たとえ司法や国家に叩かれても、全然めげないところです。
それで結局世間も彼らを認めてしまう。
いや、認めざるを得ない実力があるというか・・・。

あるいは、グループでいるから、めげないのかもしれませんね。

どうも放っておくと「真面目」一辺倒になりがちな私にとっては(笑)、時々ストーンズを聞くと、肩の力が抜けます。
 
彼らが70代らしいシワを刻んで、それでも楽しそうに演奏したり、踊ったりしている姿をみると、若さや美形や幼さだけが偏重される昨今の風潮が、ばからしくなります。

人生がうまくいかなくても、心配事があっても、アディクションがあっても、別にいいじゃない。好きなことができているなら!
まぁ、そんなふうにつぶやきたくなるのです。

でもやはり、54年もバンドやれるなんて、きっとこの人たち真面目なんだろうなぁと、頭の片隅で思うのですけれどね。




「人生はおかしなものさ。歳をとるのもいや、早死にもいやなんだ。導かれるままに進むだけ。人は墓に入るまで成長し続けるのさ。成長しきることはないんだ」  キース・リチャーズ

エジプトの王妃展

上野の東京国立博物館に「クレオパトラとエジプトの王妃展」を見に行ってきました。
よく上野の美術館に有名な絵画がきますが、どうも混んでいるという先入観があり、あまり出かけようという気になりません。

でもエジプトのものだと、何が何でも出かけてしまう。
エジプト好きなんです。

ちょうどフロイトの「モーセと一神教」を読み直していたこともありますし、いつもながらエジプトの考古学的な美術品を眺めてまわるのは楽しいことでした。

「モーセと一神教」はフロイトの最後の作品。
ユダヤ人と彼らから発祥した一神教というものの起源を考察した集団心理学的な作品です。
自身の理論を一民族の歴史にあてはめて考えたものです。

考古学的には「トンデモ理論」と言われているようですが、歴史を舞台にした創作として読むと面白い。

エジプト史のなかに、一人特異な王がいて(イクナートン、紀元前1353年頃即位)
彼は突然エジプト中の信仰をアテン神の一神教へと改革してしまうのです。その改革は周囲の強い反対にあい、その子ツタンカーメンは、多神教へと改宗します。

フロイトは、モーセがこのイクナートンの頃のエジプトの有力者であり、彼がエジプトにいたユダヤ人(の原型となる民族)を率いてエジプトを脱出し、彼らにイクナートンの一神教を与え、民族としての形を与えたと言います。

(ここからがフロイト的ですが)ところが、ユダヤ人はモーセを殺してしまう。この原父殺しの記憶が、民族の長い歴史を経たあと忘れ去られ、そしてまた回帰したときには、モーセは神々しい存在になり、彼の与えた一神教への強烈な信仰となる・・・というようなことです。(抑圧されたものの回帰)

まだまだ内容的にはいろいろと言及したいことはありますが、概略ですので、ここまでにします。

こういう作品を読むと、フロイトは、文学者的な資質の人だったのではないかなと思います。
歴史が好きで、すべてを(個人の内面も)「歴史」というスケールから俯瞰していくのですね。

森田正馬とはここが大きな違いです。
森田もまた集団心理学的な考察をいくつもしています。
たとえば「土佐の犬神憑き」の研究、「関東大震災における流言誹語」の研究などはその類のものですね。

でも森田はすべて「事実」がベース。

もちろん、それは科学の基本ではありますが、深く掘り下げるという感じはなく散文的です。
その背景にある歴史的視点、差別構造などには、あまり言及していません。

もちろんそんなことは言えない時代でもありました。
「関東大震災」の論文などは検閲で当時は殆ど陽の目を見ていませんから。

さて、「エジプトの王妃展」の話をしていたんでしたっけ。

会場がとても広く、疲れたので友人と会場内の椅子に座り、「私アメ持ってる」と取り出していると、突然「お客さま! お客さま!」の声。
目の前に会場警備の女性が立っています。

「ここではアメは食べないでください」
「えっ?! なぜ?」
「万が一、むせたり咳をしたりして・・・作品が・・・」

展示品からは遠く離れているのに・・・。
もちろん彼女が後ろを向いた隙に口に放り込みましたが。

とにかくなんとも警備が厳重で、ここかしこで「お客さま! お客さま!」の声。
「水は飲まないでください」
「傘は持ち込み禁止です」
まぁ、世界各国から貴重な展示品を集めているのですから、理解できないでもないですけれどね。

人をコントロールする職業の人にとって、一番やっかいなのは、相手が自発的に動くことなんでしょう。

そのうち「お客さま! 歩かないでください。転ぶと作品がこわれます!」
「お客さま! 息をしないでください。作品が劣化します!」なんて言われたりして・・(笑)
あ、これは落語の聞きすぎですね。

とにかく見応えのある「エジプト展」でした。   クレオパトラとエジプトの王妃展


GWでも働いていた人たち

本日はつまらぬよもやま話。

先日、英会話教室のインストラクターの青年と雑談していました。

彼は母親香川県、父親LAの人で、日本の廃屋に興味があるという。
おじいさんの家が、とても風格のある日本建築だったとか。

英会話教室で先生などしている人たちって、なんとなく茫洋とした夢を持っている人が多いですね。

その点、神経質的な人はかなり現実的で、とんでもない夢想はしないタイプに見えます。
だから英会話教室で話をするのは、私にとって気分転換にもなります。

彼は日本の古い建築にも興味があるけれど、それだけでなく各地にたくさんある空き家を安く買って投資もしたいと思っていたという話。

それで地方の空き家の値段を見せてもらったら、本当に驚くほど安い!
住居費がこんなに安かったら、どれだけ豊かに暮らせるでしょう。

私「安くていいけれど、こんなところに住んだら絶対不便でしょう」
彼「全然大丈夫。買い物に行く必要なんかない。全部ネットで注文して持ってきてもらえばいいんだから」

その発想は私にはなかった!

私「でも、クロネコヤマトは、山奥でも来るんだろうか?」
彼「絶対来る。だってそれが仕事なんだから」

それで思い出した。
大昔、私の勤めていた「生活の発見会」で足柄山のなかの藁葺の農家を一軒借りて、そこを神経質の人たちの合宿の場にしていました。

その時代はまだ宅急便の黎明期。

でも宅急便の業者は、私たちが頼んだ荷物を、麓から40分くらいかかる合宿所まで車で運んできてくれたっけ。
(たったひとつの荷物のために!)

一体、宅急便ってどの範囲まで荷物を届けてくれるんでしょう。

私「では、アメリカの宅急便ってどうなの? 日本と比べ物にならないくらい広いでしょう?」
彼「FedExは、どこでも行く。たとえ砂漠のなかの一軒家でも。でもピザ屋は街なかしかいかないけれどね」

考えてみれば、郵便はどこにでも届くんだから、荷物が届いてもおかしくはない。
もしかしたらこれは、都市部以外の人には常識的なことなんでしょうか。
こんなことで驚いているのは私だけかもしれない。

宅配業者って、短い期間にものすごいネットワークを作り上げたんですね。
AMAZONだって、あっという間に配送してくれるし。

便利な時代に住んでいると思うとともに、その便利さを担っている宅配業者の人のことを考えてしまいました。

GWの間、郵便局は休みだったけれど、宅配の人たちは配達をしていましたね。

きっとアメリカでも、たったひとつの荷物のために砂漠のなかまで・・・・
考えると気が遠くなりそう。

自分ができないだけに、そういう仕事の人を尊敬してしまいます。

あ、ちなみに、私には山のなかの一軒家に住むなんて絶対に無理ですから、荷物の心配などないのですけれどね。


         山の家

毎回使用している写真についてひとこと。これは「足成」というフリーの写真サイトからお借りしています。
私はこんなにきれいな写真は撮れない。たまにいかにもスマホというのがあれば、それは私の撮ったものです。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR