FC2ブログ

欲望と欲求

ずっと昔のことです。
生活の発見会を興した長谷川洋三先生の言葉を伝え聞きました。
森田療法でいう「欲望」は「欲求」という日本語よりも、もっと生々しい「欲望」なのだと、おっしゃったそうです。

私などもそうですが、現代では「欲望」というと、少し薄汚さが伴うような気がして、つい「欲求」という言葉を使ってしまいます。
欲求というと、いくらかマイルドで理性的な感じがします。

この頃になって、長谷川先生がなぜ「欲望」という言葉を強調なさったか理解できる気がしてきました。

私たちは時として自分の本心をごまかし、本当の感情を無視します。
社会生活を営んでいくうえで、それは当然のことかもしれません。

しかし言葉や態度に出さなくても「本心」や「本当の感情(純なこころ)」は自分のなかにあるはず。
それはあっていいし、人に言う必要もないのですが、その存在さえも自分で無視してしまうと、いろいろな心のトラブルが起きてきます。

感情についてのことはいつも書いているので、今回は「欲望」のことについて。

自分のなかの根源的な(だからこそドロドロしたものと感じられる)欲望をなかったことにして、きれいな「欲求」にまとめてしまい、それを自分で信じ込んでしまう。
しかし本心をごまかしているのですから、そこから自己洞察が進まないことになる。
努力しても不全感が残るということにもなりがちなのです。

例をあげれば、本当の欲望は「偉くなりたい、人の上に立ちたい」という場合、そんな欲望は恥ずかしいと思って自分をごまかし、「私は人の役に立ちたいのだ」と思い、それを自分も信じ込む。

ところが仕事の現場で、確かに人の役に立っているのに、いつも下働きのような気がして不全感を感じる。
そんな不全感は、本当の欲望に気付くサインなのです。
本当に「人の役に立ちたい」のなら、そこに充足感があるはず。

しかし欲望も変化しますので、自分がしている仕事にだんだん充足感を覚え、生きがいを感じるというのもあり得ることです。
それならそれでいいのです。

そしてまた「偉くなりたい」という欲望のままに努力して、地位役職を得て、その時に「こんなはずではなかった」と思うこともある。
それでもいいのです。

ただ、自分の本心を無視し、今現在の自分が欲しているものを取り違えると、なぜだかエネルギーが湧いてこないものなのです。
逆に言えば、本当にやりたいことをやっているとき、それがどんなに人から見てつまらないことであろうと、私たちは生き生きとするのです。

そんなとき、私たちは「自分はこれがやりたかったんだ」と身体で実感することになります。

経験から、欲望が発見できるのかもしれません。

けれどとりあえず、自分の奥底にある「欲望」から目をそらさないこと。
そこへ向かう実践と努力のエネルギーが、私たちを「悩み」から切り離し、その経験のなかから、私たちは学び、変化していくのです。

難しい言い方かもしれませんが、欲望の達成が森田療法の目指すところではなく、そこに向かうことによって自分のエネルギーを賦活するのが森田療法なのです。



もも


T.H氏撮影

努力ができない、続けられない

時々、神経質のかたから「努力ができない」「物事を続けられない」というぼやきを聞くことがあります。
ちょっと不思議な気がします。
神経質って地道に粘り強く努力する人たちじゃなかったの?

しかし、思い当たることもあります。
たとえば時々日記指導をすることがあります。
ここで、神経質のかたと他の性格のかたとは、少し傾向が分かれます。
神経質のかたでも、続けることができる熱心なかたもいらっしゃいますが、最初で挫折してしまうかたが、結構多いようです。
他の性格のかたは、ずっとずっと粘り強く続けるかたが多い。

けれど、何事も続けられないのかというと、少し違う。
集談会など、500回を数えるほど毎月、何年も続いているのは、神経質の集団ぐらいではないでしょうか。

これは一体何なんでしょう?
面白い傾向と思って折に触れ、考えていました。

前回のブログに書いたように、神経質のかたは何事も「やらなければならない」に変換してしまう傾向がある。
たとえば「今度英語の勉強を始めよう」と思い、最初はワクワクしながら机に向かってみたり、参考書を買ったりします。
ところが、そのうちそれが「しなければならないこと」に変換されて、苦痛になってくるのです。

ただ淡々とこなしていくというより、「あぁ、またやらなければならない。嫌だ」という感じになってくるのです。
やり始めてしまえば、それはそれで面白いと感じるのですが、手をつける前の「いやな感じ」「面倒臭さ」に過敏で、それに非常にとらわれるようです。

そのため、意外と三日坊主の人が多い。
ところがその対極に、粘り強い人もいるのです。
どこに差があるのでしょう?

この頃気づいたのは、その「やること」を「習慣」にしてしまえば、神経質の人はずっと続けることができる。
結果的に「粘り強い人」になるのです。

神経症にあれだけ長いこと悩むのですから、粘り強くないはずがない。

いやだと感じているその「やるべきこと」を生活のなかに組み込んでしまえばいいのです。
食後に食器を洗うのと同じように、毎晩決まった時間にお風呂に入るのと同じように、そのやりたいことを生活の流れのなかに組み込んでしまう。
そうすると、妙な言い方ですが「変化を嫌う」ということが良い方向に働いて、淡々と持続することができるのです。

ですから会合を毎月開催していくということも、スケジュールのなかに組み込まれてしまえば、少しのイヤさはあっても、「当然やること」に変化しているので、続いていくのです。

毎日必ずこの時間にはこれをやる。
それがあたりまえの習慣になったら、省略することのほうに気持ちの悪さを感じるようになる。

神経質者がなかなか持続できなかったり、対照的に信じられないほど粘り強かったりするのは、こんな微妙な面があるのですね。

今年のブログはこれで最後です。
私ももう少しブログを習慣化しないといけませんね。

コロナに悩まされた一年でしたが、来年は良い年になるといいですね!

イルミ

神経質あるあるーー「かくあるべし」変換

森田療法は誤解されやすいと、よく言われます。
森田療法を誤解したまま嫌いになる人の話も聞きます。

確かに森田療法は誤解されやすいと、私も思います。
カウンセリングの過程でも、最初の「まず身体を動かしましょう」的なところを森田療法の全体と思ったまま中断してしまう人もいて、なかなか「感情」に対する癒しや平等観までたどり着かない。(これには自己洞察が伴うことも必要なので、むずかしいですね)
森田カウンセリングの難しさを感じるところです。

誤解されやすい要素のひとつに、森田療法の考えを「かくあるべし」でとらえてしまいがちな人が多いからということもできます。

森田正馬は自分の治療法をあまり理論的に語りませんでした。
それに比べると、海外の新しい認知行動療法などは、実に微に入り細にわたり理論を言葉にし、マニュアル化しています。

森田全集第5巻を読むと、しかし森田自身は極力、理論化(理屈に偏る)ことを避けているように読み取れます。
それは、彼が「神経質性格」の特徴を熟知していたからだと思われます。

神経質は「言葉」「観念」が先行する人たちです。
神経症の人が、必ず「治るにはどうしたらいいんですか?」と最初に問うのも、きっと「一番早くて近い道(マニュアルや公式)」がどこかにあるはずで、それに従っていけば治るはずだという考え方があるからでしょう。

この場合、自分の事実を真摯に見つめて、人生を再構築していこうなどという考えがないことが多い。

ですから、何か自分に納得できる言葉が見つかると「森田では~~すべきなんだ」と解釈して、それをひとつのポリシーのようにして遵守する。
それを仮に「かくあるべし」変換と呼んでみましょう。

もともと「かくあるべし」に悩まされて症状に至ったはずなのに、森田療法を学んで新たな「かくあるべし」が積み重なっていくという事態になります。
ルールを守るとか、決まったことに従うというのは得意なので、「苦しくても行動しなくてはならない」「とにかく努力しなくてはならない」「欲望を見つけなくてはならない」という「かくあるべし」に従って、どんどん苦しくなっていく。

これを森田正馬は「教条」と言いました。
この教条化を防ぐために、彼は比喩や具体例を多用して、真髄を伝えようとしたのです。

「~~しなければならない」というのは、森田療法ではありません。

大事なのは、行動してみたときに生まれる自分のなかの生き生きした感情、新しい発見、自分の心が動いていくこと。
それはマニュアルのように「こうしたら、こうなる」というものではありません。
予期せず、自然に自分のなかに生まれてくるもの。
意図して生みだすものでもありません。

「こうしなくてはならない」という形だけを追うのではなく、いいかげんでもいいから試してみて、内側に湧いてくるものに気づく。

森田療法はもっと自由なものであるはず。

森田を学んでいるかたは、自分のなかの「かくあるべし変換」がないかどうか、一度洗い直してみるのもいいかもしれません。

パンダツリー

パンダツリー、上野松坂屋

クセは生かす

前回は、直らないクセの話をしました。

しかし直らないクセは直らないままでいい。
ただそのままで現実に適応していけばよい。
それが森田療法の考え方です。

たとえば、私は締め切りが近づかないと本気モードにならないと言いました。
それでも、締め切りには間に合うように必死になります。
もちろん余裕を持ってものごとにとりかかるのがベターなのはわかっています。
しかしそれをこれから変えようとするのは、至難の業。

締め切りがあるとダッシュするという、その特性を生かせばいいわけです。

原稿とは別の例で言うと、私は本が好きなので、ついついたくさん本を買い込んで、結果的に「積読(つんどく)」で終わってしまうことが多い。
そのとき面白そうと思っても、なかなか読み切らない。

それでこの頃は図書館を利用することにしました。
どう利用するかというと、何か書評欄やネット情報、読書ブログで面白そうな本を知ったら、とりあえず図書館にあるかどうか調べて、あれば予約しておく。
そういう評判の本だと、たいていたくさんの人が予約しています。
それでもかまわず予約しておく。

図書館から借りる本は2週間という期限がついています。
その期限通りに返すためには、積んどくわけにはいかない。
長い時間待ってせっかくまわってきた本なのですから、読まないともったいない。

それで、一生懸命読みます。
読んだ時点で、この本は手元に置いて何度でも読みたいと思えば、買えばいい。

図書館で予約待ちをしていれば、手元に来る頃にはすでにベストセラ―ではなくなります。
でも、私の場合、別に仕事に使うわけでもないし、それで充分。
期限までには読むという自分の性格を利用すれば、たくさんの本が読めます。

では衝動的に買ってしまって、もはや積読状態になっている本はどうしたらいいか?
いつ読むかわからないのだったら、ブックオフに売る覚悟をすればいい。
「今度の日曜にブックオフに持っていこう」と思えば、「どんな本でどうして買おうと思ったか」と少しもったいない気がして、頁をめくる。
とりかかれば、やはり面白いと、読み始めることになるでしょう。

もっとベターな解決策は、本は買ったらすぐ読む、ということでしょうね。
自分は買った本を積んどく傾向があると自覚すれば、「すぐ読むしかない」と思えます。
「いつでも読める」と油断するから、いつまでも読まない。

他のことでもそうです。
「いつでもできる」と思うと、真剣にとりかかることができない。
「今しかない」と思えば、何事も身を入れて実行することができます。
だから私の場合は「締め切りが近いと本気モードになる」という特性を生かして、いろいろなところに締め切りを設ければいいのです。
自分だけの締め切りではなく、できれば社会的な約束事が入るようにすると効き目は大きくなります。

自分のクセを嘆いて理想に近づけようとするのではなく、それが実生活にがマイナスにならないように考える。
そのうえで、それを活かすことができるかどうかを考える。
「症状」もそうです。
それは、そのままでいるしかない。
ただ、そのままでいかに(症状という邪魔がありながら)実生活をやりくりしていくかを考えればいい。

そうすると、そのクセや症状は、いつか「困ったもの」ではなくなってくるのです。

紅葉2020

T.H氏撮影

雑事が私を救う


「下手の考え休むに似たり」ということわざがあります。
意味は皆さまご存知と思いますが、いくら考えてもいいアイデアや案が浮かんでこないなら時間の無駄、ということです。

時間があれば時々ボーっとしてしまうのは、人間の常。
私なども、合間の時間に漠然といろいろなことを考えたり、ついネット検索をしたりして気がつくとずっと座ったままということが多々あります。

あとで思い出しても何を考えていたのかよくわからない。
強迫観念に悩んでいるかた、心配性のかたも、同じような時間が多いことと思います。
この場合、不安に感じていることがループ状に頭のなかを回っている。
新しい解決策を思いつくなどということは、殆どないと思います。

そんな時は、自分のまわり、部屋の様子を見ても何も感じない。
けれど、ちょっと立ち上がって、自分の机を見る。部屋にあるものを見る。
するとだんだんと見えてくるものがあると思います。

「なぜこんなものがここに置いてあるのだろう? 最後に使ったのは一か月くらい前だからもうしまってもいいはず」
「考えてみると、この並び方はおかしい。よく使うものを手前に置いたほうがいいのに」
「見ていなかったけれど、こんなに埃が・・・」
「これはもう捨てていい」

見えてきたものに、すぐ対処する。
こういう仕事は「雑事」と言われます。
軽く見られがちです。本筋の仕事さえちゃんとできていればいいと思われがちです。

しかし森田正馬の入院療法での作業は「雑事」を中心に構成されていたことを思い出してください。
「雑事」が私たちを救ってくれることがある。

「雑事」は現実、思考は実態のない蜃気楼。
むしろ雑事をしている時に、思考は現実と結びついて、いいアイデアが出ることもあるのです。

もちろん、ボーッと考えたり、心配してはいけないということではない。
考えながらでいいのです。
そのまま、埃を払い、ものを動かし、工夫していればいい。

ところが強迫的思考をするかたの特徴として、雑事がたまっていることに気づいたとしても、そこにまた別の思考が侵入してくる。
「めんどうくさい。明日でいいか」
「これをする前に、計画をたてたほうが効率的」
「こんなことより、大事なことがある」

果てしなくいろいろな思考がめぐって、身体は少しも動かない。
何も疲れ果てるまで雑事をしたほうがいいと言っているわけでもないのに、
それを「する」ことを考えただけでまた思考が重くなるという特徴があるようです。

「雑事」が私たちを救う、ということを実感するのは、実際に取りかかってみた時です。
頭で理解したときではありません。

と書きながら、これを読んだ人のなかに実際に雑事に手をつける人は何人いるだろうと、ちょっと悲観的になってしまうのです。

あき
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR