FC2ブログ

視野狭窄と無所住心

またまたブログの間隔が空いてしまいました。

皆様もそうだと思うのですが、今は年度末。
確定申告なども重なり、お忙しい時期だと思います。

私も何やかやと本業以外で忙しく、どうもそういう時期には目の前のこと以外のことは考えられなくなります。
こういうのを「視野狭窄」というのだなと感じました。

しかし「視野狭窄」になるのは、忙しいときだけではありません。
神経症(不安障害)真っ最中のかたは、視野狭窄になっています。
依存症のかたも、依存しているもの以外のことには目が向かなくなります。
うつ状態のときにも、悩み以外の広い世界のことは目に入りません。

つまり自分の見ている対象の外に広がる世界に気づきにくくなっています。

極端なことを言えば、春が来ようが、桜が咲こうが、そんなことは意識の外になってしまいます。
自分の悩みだけ、自分の症状だけ、自分の依存している対象だけが視界にある状態。

なるほど、こんなときのために森田療法の「無所住心」という言葉があるのだなと思いました。

森田療法の作業的な部分を見ると、何か「目の前のことに集中しろ」と言われているような感じがします。
ところがそうではないのです。

「無所住心」というのは、過集中、視野狭窄を避けるための言葉でしょう。

もちろんこれは禅の言葉ですが、森田自身は武術家でもあったので、たとえに武術の例を出しています。

不安定でいることで、四方八方に注意が行きわたる。
たとえば、スポーツをしているとき、チームプレーなどでは特にそうですが、各々の持ち場の選手は、自分のことにだけ集中しているわけにはいかない。
どこからボールがくるかわからないし、自分のチームのメンバーがどういう状態でいるかも把握しなくてはならない。
安心してボーッと立っているわけにはいかないのです。
いつでも心を四方八方に働かせなくてはならない。

それが「無所住心」の状態です。

実は実生活も、そんなものです。
自分のことばかり考えて、他のことをお留守にしていたら、周囲のいろいろなことを見逃したり、感じなかったりします。

人生がひとつのことだけをめぐって展開され、他の広い社会の動きや、本当の自分の立場なども認識できない。
無駄な時間が過ぎてゆきます。

そんなとき、私たちの心は、住処を一つに決めて、そこに安住して動こうとしない状態。
きっと、それ以外の場所はこわいという気持ちもあるのかなと思います。

心はどこにも住まない。
心はどこにも住処を定めず、自由自在に動いて流れていく。

なかなかいい言葉です。


春の樹

未来のことはわからない

前回のブログを書いたときに補足を書こうと思っていたのですが、何かと忙しく、今になってしまいました。

前回、いやなこともそのままに・・・などと書きましたが、それを読んで「なんだ、森田療法をやっても気持ちはすっきりしないんだな」と、やる気がそがれてしまったかたもいるかもしれません。

「症状はそのままに」「いやな気持はそのままに」と言葉で書くと、あたかも本当に「そのまま」でしかいられないと思われるかもしれません。

けれど、言葉では「そのまま」なのですが、実は、これを実践してみると予想しなかった変化が起きるのです。
いやな気分も症状も、以前のままではなくなります。

これが、森田療法の逆説と言われる部分です。
むずかしいのは「それなら、これをやっているといい気持ちになるんだな」と、そこを目指すと、また症状や気分をはかる態度になり、いつまでも同じままです。

ただ、先のことはわからないけれど、今の現実に生きるという態度で毎日を生きていくしかない。
そうすると、自ずから変化が表れるのです。

「未来のことはわからない」というのは事実。
それでも、いろいろな予測をして心配するというのは、誰にでもあることです。
未来を予測するというのも、もちろん、人間にとって大切な能力です。

心配だから災害に備えて準備をするとか、締め切り近くになるとあわててしまうから、今、やっておこうということは、当たり前のことです。

でも時には、この未来予測が自分の心の微細な動きにまで及び、心配するかたもいます。
「今これをやると、きっと将来後悔したり、心配したり、思い煩うことになるに違いない。だったら、やらないでおこう」
こういう心配は、自分の良心がとがめることに手を出さないということになって、役に立つ部分かもしれません。
けれど、心配の対象によっては、積極的行動を妨げることもあります。

強迫的な方の場合、こんなふうに考えることもあります。
「これをやらないと、ずっと強迫的に思い煩うに違いない。だから今やってしまおう(強迫行為など)」

未来の自分の心境まで心配して、今をコントロールしようとする態度です。
そのかたの心のなかでは、疑問もなく、ごく当たり前のことになっている場合もあります。
そしてこの心のなかのやりくりがまた、症状を強化していきます。

自分の心がどう流れていくかは、測り知れないこと。
そこはもう「まかせるしかない」という世界です。

つまり、そこは「わからない」部分。
だからわからないままにしておく。
そして自分の心は大丈夫だと、すこしだけ信じてみる。

それが「まかせる」ということなのだと思います。


住友ビル2019

新宿・住友ビル

人生観が変わる

森田正馬は、「人生観が変わったから治る」ということを言っています。

確かに、森田療法で症状を克服しようとするときに、この「人生観が変わる」ということは必須なのだなぁと、このところ実感しています。

あわせて、「森田療法は感情に対する療法」ということも、やはり実感しています。

神経症の克服がなかなかはかどらないかたは、このあたりにネックがあるようです。

つまり頭のなかのイメージとして、症状はすっきりなくなって、毎日の気分は爽快になるというようなことを望んでいらっしゃる。
それで、なかなか変化が起こらない。

私たちが人間であるからには、毎日気分が爽快などということはあり得ないのです。
あたかもそんなことが起こるようなふれこみの、心理療法や自己啓発セミナーがあります。
そういうことを言われると、毎日元気で楽しい気分で生きることが本当にできると思ってしまう。
他の人たちは、皆そうやって元気に生きていて、自分だけこんなに悩みがいっぱいの人生を送っていると思えば、そこから脱する道があると思うのも当然です。

けれど程度の差はあれ、人間であるからには、皆、時には不快感を抱え、悩みや心配事を抱えて生きているのです。

私だって家事や仕事のなかで「面倒くさい」「やりたくない」と思うことも多いです。それだけでなく、面倒くさい仕事になると、なかなか手をつけない、はかどらない自分にも毎度うんざりします。
そんなときには、とりかかるまでに緊張感さえ覚えることもあります。

でも人間だったら当たり前のことと、自分では思っています。

長い間症状に悩む人というのは、そういうちょっとの不快な感情も「症状」だと思い、それが消えないからまだ私は治っていないと思い込むのです。

生きていくということは、そういう不快感とともに、それでも自分のやりたいことを何とかやっていくこと。
それが森田療法で言う、価値観の変化ではないでしょうか。
つまり症状や不快感を取り去ろうとする他の治療法とは、人間の心に対する見方が違うのです。

現実の中で、自分が生き生きしてきたら、その不快感は重くなくなってくる。
不快感にあまりに注意を向けて、それを取り去ろうとするから、不快感が重くなるのです。
現実がしっかり見えてきたら、不快感は、自分の現実の一部、当たり前のこととして受け取れるようになってくるのです。

それは「気分本位」から「ものごと本位」という価値観の転換です。

そしてこの価値観の変化こそ、自分の気分、感情に対する思い込みから、私たちを解放し、今までと違う生き方をさせてくれるのです。



お皿

今という貴重な時間


今まで森田正馬の生き方を書いたり、読んだりしていて、実感としてわかったことがあります。

森田正馬は、人生で何度も何度も危篤状態になりました。
本当に身体が弱かった人のようです。
おまけにその頃の医療も薬品も今ほど発達していません。

彼がかかった病気は、腸チフス、脚気、結核、腸炎、肺炎・・・とにかくいろいろな病気で「もうあぶない」と言われることも三、四回経験しています。

彼の強烈な生きることへの欲求、時間への執着、自分の人生を形として残すことへのこだわりは、この「危篤」状態を何度も経験したためでもあったのでしょう。
病弱なのに、いくつも仕事を掛け持ちして、なおかつ入院療法を行い、原稿を書きました。

自分の「死」を目前にする経験は、その人の人生観そのものを変化させます。
それを繰り返し体験したのですから、それが彼の思想に色濃く影響を与えたのだと思います。

若い頃は、自分には時間が無限にあるような気がします。
悩んでいても、まだまだこれから挽回できると、心の奥底では思っていたりします。
あるいは「死」というものがまだ漠然としているからこそ、簡単に「死」を考えたりします。

「今」という時間の貴重さは、その時間が限りあるものだと実感できたときに、やっとしっかり理解できるものかもしれません。

年齢を重ねてくると、当然のことながら自分の持ち時間の限界がわかってきます。
そうすると、心境も変化してきます。

自分について言えば、何か参加したいことがあったときに、以前ならためらって「次のときにするか・・」と消極的になったものです。
でも、今は「もう次はないかもしれない」と思いますから、簡単に決断して参加できます。

私には完全主義があって、小説なども読み始めたら読み終えないと気持ちがすっきりしないところがありました。
この頃は、時間がもったいなくて、「つまらない」と感じたらそこでやめます。
買って積んでおいた本も、「これはもう読まないな」と思ったらすぐ売ってしまいます。

ものを捨てるのも簡単になりました。
諦めも早くなりました。

その分、余分なものではなく、本当に自分が楽しめるもの、自分がどうしてもやりたい仕事に集中できているように思います。

これをもう少し若い頃からできていたら、消極的なせいでやらなかったことはもっと少なくなったし、時間の使い方も違ったかもしれません。

しかし、考えてみれば、いくら若くても自分の時間が有限であることに変わりはありません。
ただ、実感として感じられないだけなのですね。

旧い年と新しい年の境目。
時間にはっきりと区切りがつくこの時に、今という時間の貴重さを感じてみるのもいいかもしれません。

皆様、良いお年を!


正月イルミ

森田療法とキリスト教(あるかたの体験)

先日、自分の文章について、このブログでご紹介しました。
2回前のブログ「自分を欺くことと自分を知ること」です。

そのブログをお読みいただいたかたから、とても大きな気づきと転回があったと、メールをいただきました。

そのかたはキリスト教を信仰なさっていて、キリスト教の教義のなかにある「かくあるべし」風のところにひっかかっていらっしゃったようです。

お聞きすると、何か「あるがまま体験」に近いようでした。

お知らせくださったので、私からお願いして、そのかたの了解を得て、ブログへのリンクを貼り付けます。
下のタイトルをクリックしてください。

話相手は枕

キリスト教の信仰をお持ちのかたも多いと思います。
このブログが考え方のヒントになるかもしれませんね。

もうすぐ、クリスマス、お正月・・・ハッピーと感じるかたも多いかもしれませんが、逆に心が沈むというかたも多いようです。

来年は10連休もあるとか。
その時間をどう使うか、どう楽しむか、どう遊ぶか。

そんなふうに考えられるといいんですけれど。



ツインツリー

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR