FC2ブログ

「個」であることと「同じ」であること

先日、猛暑の日に、日傘をさしている男性とすれ違いました。
正確には、さしていたのは雨傘でしたが。

私はつねづね、どうして男性は日傘をささないのかと思っていましたので、「やるじゃない」と感じました。

だって、連日のこの猛暑。
日傘をさしていると、少しは暑さを避けることはできます。
男性は帽子を身につけているかたも多いですが、帽子は面積も狭いし、むれますよね。

女性がさしているのだから、男性がさしてもいいではないかと思いますが、男性はどんなに暑い日でも日傘をさしている人は一人もいません。
なぜなのでしょう?

皆がささないから?

笑われるかもしれないから?

男性たるもの直射日光などに怯えてはならないから?

男性用の日傘が販売されていないから?

傘を持ち歩くのが面倒だから?

私にはよくわかりませんが、別に社会的なルール違反になるわけでもなし、暑かったらさせばいいのではと思いますが、これだけ誰もさしていないということは、よほど抵抗があるのでしょうね。

これは別に日本だけのことではなく、どんな社会にもあるのでしょう。
たとえば、アメリカなどでは、日本でおなじみのマスクをしている人などは見かけないようです。

こういうことを見てもわかるように、自分のいる社会で誰もやっていないことというのは、たとえそれが何のルール違反でもなく、何の迷惑にもならないことでも、実行するのはむずかしい。

「変な人」と思われたくないのでしょう。
それも自然なことだとは思いますが。

たとえ、日差しがきつくても、皆と同じでいるという安心感。
いつもと同じことをしているという安心感。

唐突ですが、こういうとき、森田正馬だったらどうしただろう、と考えてしまいます。
間違いなく日傘が涼しかったらさしますよね。

乳母車に乗っている写真でも、傘をさしていました。

本当に「個」(孤)であることを恐れない人だったのですね。

たとえそれが「奇行」と言われようと、合理的な理由があれば実行する。

ところが神経症の人たちは、「個」でありたいと願いながら、「皆の一員でありたい」とも願い、その葛藤に引き裂かれている人です。

森田正馬という人は、「個」でありながら「皆の一員」でもいられるということを示したかったのでしょうか。

それは深読みで、ただ便利だから、自分がそうしたいから、していたのでしょうか。

彼の行動は治療という文脈からも読み解くことができるし、日本の近代という文脈から読むこともできる。
もちろん日本の文化、社会という文脈からも見ることができる。

そんな難しいことを考えずとも、彼という存在が私たちにつきつけてくるものは、結構大きいのではないかと、このところ思うのです。


          傘
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR