FC2ブログ

過去や養育環境をどう考えるか

さて、なぜ私は長々と漱石のことを書いてきたのでしょうか。

漱石は、日本を代表する優れた作家でありながら、自身の養育環境と過去とを(自分ではそれとは自覚せず)背負っていた人でした。

決して漱石自身の性格が悪いから、あんな病的状態に苦しんだわけではなかったのです。


その頃の精神医学は、育ってきた環境がその人にどんな影響を及ぼすかについて、あまり考察することはありませんでした。

しかし、最近では、幼児期あるいは育つ過程で体験した環境が、その人の心身にどのような影響を及ぼすか、研究が進みつつあります。

けれどそういう動きを面白くなく思う人もいるようです。

「トラウマなどあり得ない」とか「過去のことを考えてもどうしようもない」とか書いてある本があるようです。

それぞれの論拠はあるのでしょうが、なぜこんなに頑なに否定するのか、不思議な気がします。

あるいは養育環境や親のことを、問題としてとりあげるのは、多くの人に何か抵抗を感じさせることなのかもしれません。


「なんでも親のせいにして」と言う人もいます。

こういう人は、不可抗力だった幼児期の影響の責任まで、本人が背負わなければならないと思っているのでしょうか。

あるいは、自分自身が不遇ななかで泣き言を言わず、努力し葛藤してきた人は、そうやって養育環境のことを言う人を見ると、「自分は我慢してきたのに・・・」と嫌悪感を覚えるのかもしれません。

また、養育環境や過去の出来事の影響を受けていると認めることは、自分が病的な人間と定義されるようで、恐ろしく感じる人もいるのかもしれません。


過去に起こったことは変えられないことなので、現在のことを見ていきましょうという考えもあります。
これは正解です。

「現在のことを見ていく」というのは、精神療法の基本だと思います。
そして、現在が充実して、その人自身の生命力が発現されれば、過去からの影響は小さくなっていくでしょう。

「過去の事実を変えることはできない」
しかし、過去の事実に起因する感情、たとえば罪責感やいわれのない不安感、他人に対する不信感、これは過去のものではありません。

現在の感情の事実です。

あるいは、育ってきた環境に起因する人間関係や行動のパターン。
これも現在のものです。

たとえば、父親が暴君で、幼児期から常に恐れて生活してきた人は、年上の男性が苦手になるかもしれません。

そんなとき、「これはただの過去からのパターンだ」と自覚するだけで人間関係が変化することもあるのです。

人間というのは、過去も現在もひっくるめて、全体であり、一人の人間です。

いたずらに「過去のトラウマや両親に対する思いは脇に置いておきましょう」などと言われれば、過去の悲しみや怒りを自分のなかで否定していくことになります。

当然のことながら、感情を自分のなかで押し殺せば、それは不健全な形で現れてくることになるでしょう。

感情はそのまま、感じているしかない。

そして時には目をそむけることなく、辛いけれどそのときの自分や家族の状況を考えてみる。

そうすると、自分のことだけでなく、その当時の家族の心や、自分の立ち位置も見えてくる。

過去を見ることのなかから発見できることだってあるのです。


日本でも、AC(養育環境のなかできちんとした子供時代を送れなかった人たち/病名ではありません)という概念が紹介され、児童虐待やDVということが認知されるようになり、救われた人がたくさんいると思います。

それは、犠牲者を「自分の責任」という重荷から解き放ち、自分主体の人生を取り戻す契機になった流れなのだと思います。

         イルミネーション
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR