FC2ブログ

回復と「純な心」

これから掲載する文章は、ある方(女性)からいただいた手紙の一節です。ご本人の許可を得て掲載しております。

このかたは、「生活の発見会」に所属なさっています。文章のなかに個人名が出てきますが、多分出しても大丈夫だろうと思うのでそのままにします。
私の名前も出てきますが、せっかく書いてくださったので、そのままにしております。

「私は森田を知って18年。でも回復したのはここ3年のことです。約15年はやってもやっても神経症から抜け出ることができず、このトンネルは一体どこまで続くのだろうかと、半ば絶望する日々でした。
私が回復したのは、「感情を大切に」「純な心で感じていい」ということを学びだしてからです。
それまでは「感情」「心」は放っておいて、やるべきことを果たしていくことだと、心をおざなりにし、行動へと注意を向けていました。それが森田療法だと教えられてきました。
とある機会があり、私は「生き生き森田ワークショップ」で使われている「初一念ノート」という方法を知りました。(注・その日感じたことを小さなノートに書きつける)私はやってみたいと思い、我流でしたが、それまで脇に置き続けてきた「私の気持ち」というものを、とにかく思うままに書く、書いては捨て、書いては捨てということを始めました。
どんなことも書きました。書きながら泣けてくる時もありました。怒りで鉛筆を折ったこともあります。とにかく書いても書いても、私のなかから次々といろいろな感情が出てきてとまらないのです。でも、ずっと心に溜めてきたものだったので、それらが不快というより、外に出してやれて、そのことで軽くなったこともたくさんありました。一体私はどれだけ自分の心をおざなりにしてきたんだろうと思う日々でした。
私が心を取り戻したきっかけをくれたのは「初一念ノート」でした。私には「行動森田」より「純な心」「感情を大切に」という考え方の方がしっくりし、何より心が納得していました。
そして3年前、稲垣朱郎さんの体験談を聞いたときに、とても大きな気づきがあり、その後、めきめきと回復することができました。15年わからなかった森田が一瞬にしてわかったというと大げさですが、でも本当にそんな感じでした。
森田先生に直接指導を受けたかたがたが亡くなったあと、森田療法の「言葉にならない部分」より、わかりやすい行動の部分ばかりが進んでしまったのかもしれません。でもその流れにいち早く気づき、警鐘を鳴らしてくださったのが、岩田真理さんだと思います。片輪走行になりかけていた森田療法に「感情」という大切な流れを取り戻してくださった。
私自身、そのおかげで長年の神経症から回復し、今、こんなに元気になることができました。本当に感謝しています。これからは「純な心」で感じ、私にできることを精一杯やっていこうと思っています」

引用させていただき、感謝です。

私が森田療法のなかの「純な心」、つまり「感情を大切にする」部分を強調し始めてから、様々なかたから、いろいろな反応をいただきました。

「純な心なんて、特別なものじゃない。ただの感情じゃないか」(注・その通りでもあるのですが)
「強迫神経症の治癒には、純な心はあまり関係がない」(注・強迫のかたは、感情を心の奥深くに埋め込んでいるので、むずかしく感じられるのです)
そしてこのかたと同じように、今まで行動ばかりで苦しかったけれど、自然な感情を認めることで、はじめて楽になったとおっしゃるかたがたくさん出てきてくださいました。

もちろん「純な心」ばかりが森田ではありません。
行動することも、自分の事実や客観的な事実に気づいていくことも大切。

ただ、森田療法において、「感情」はかなり大きな位置を占めていると思うのです。
なぜなら神経症のかたは、自分の「感情」をこわがっているから。

だから、感情を「流そう」とし(コントロールし)、感情から逃げようとするのです。
それが症状を悪化させます。
そしてそれが症状の原因です。

森田療法はそういう非常に微妙な心の動きを扱う治療法であり、考え方です。
ただ感情を無視して行動だけをすすめていくことは、行動自体が感情からの逃避法になってしまうことがあるのです。

そういう繊細な部分、心の機微を重視した部分を無視して、それが「森田療法」だと思っている人が多い。
そして、このかたのように長い間苦しんだり、あるいは「森田療法なんてこんなものか」と、嫌気がさして去って行ったりしたかたが、どれだけたくさんいるのだろうと思います。

非常に残念なことです。

繊細で微妙な本当の森田療法を、できるだけたくさんのかたに理解してほしい。
でも、自分の力も体力もまったく足りない。(理解も足りないかもしれない)
どうしたらいいのかなぁと、ふと考える今日この頃です。


スカイツリー相談室の窓から

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR