FC2ブログ

無理せず動く

8月末から先日まで、いろいろなところへ旅していました。

まずは、中国蕪湖市で開催された国際森田療法学会へ。
今回、発表はしませんでしたが、中国での森田療法が盛んなことと、ホテルなどのスケールの大きさにびっくり。

9月末には、岡山市での生活の発見会瀬戸内研修会へ。
なつかしい方々にお会いできました。
このときの私の話はそのうち、原稿化する予定です。

そして先週は、浜松市での日本森田療法学会に参加してきました。

かなりタイトなスケジュールでしたが、なんとか乗り切りました。

昔から、無理はしないようにしています。
自分の身体のほうも、オーバーワークだとすぐ感知できるようになっていて、風邪をひいたり、お腹をこわしたりします。
それで、すぐ休養をとります。
そのためか、この歳でも、あまり大きな病気は見つかっていません。

今年もタイトなスケジュールを見越して、中国でも浜松でも、学会発表はやめておきました。
何か発表したりするという予定があると、寝ても覚めてもそっちのほうに気持ちが行ってしまうので、気持ちだけでくたびれます。

そういう自分の傾向を知っているので、ブレーキを踏めるようになってきました。

時々思うのですが、神経質傾向のかたで、行動できるようになってくると、欲望が目覚め、無理をなさるかたがいらっしゃるような気がします。

不安タイプ(パニック発作のかたも)は、もともと行動ができるので、発症の前にかなりの行動をして自分の身体に負荷をかけ、それが不安発作の原因になっているかたが殆どです。
こういうかたに「行動」を促しても悪化するだけです。
この場合、不安発作はむしろ「休め」という身体からの警告ですから、それに素直に従って休まなくてはならない。

それぞれの神経症タイプによって、身体への向き合いかたが違うように思います。

どんなタイプでも、「思考」が優先するのが特徴ですから、身体より頭が「こうしなくてはならない」と思う事のほうが先にくるようです。

「かくあるべし」と「欲望」で突っ走るタイプと、「不快感」を重視してなるべく行動しないタイプのかたがいるような気がします。

身体の本当の声を聴くことができるようになるには、どんなところが自分の実際の身体能力かを見極めること。

「こうしなくてはならない」「こうしたい」と思って行動している自分がいるのは当然。
ただ、その経験の持続のなかで、自分の現実を振り返ってみる。

無理だと思っていたことができた。そういう体験も大切。
欲望のままにやってみたけれど、身体はヘトヘト。そういう体験にも気づく。

そのような体験のなかで、自分には無限の能力も無限の体力もないことがわかるでしょう。
そうしたら、あとは、どうしたら自分の現実の体力と折り合いをつけていくのか、自分の現実の能力でできることは何なのか考える。

身体の事実、能力の事実を見ることは、神経質の人には結構むずかしいことです。

とにかく、無理せず、でもなんとか動く。
そんなふうに毎日を過ごせたらと思っています。


中国

中国蕪湖市のお寺で

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR