FC2ブログ

先の見えない毎日ですが

引き続きコロナ禍です。

手を洗い、うがいをし、外出したら電車のつり革につかまらず、マスクをし、換気をし、ドアノブなどはアルコール消毒する。これだけやっていて、それでもコロナにかかるのならば、その時は運命とあきらめましょう。

都市圏に住んでいる人間としては、この人の多さは不安要因です。

神経質のかたがたは、さぞや不安だろうと思い、お話をお聞きするのですが、意外にあまり不安に思っていないかたが多いようです。
ただ、自分の健康が不安という症状をお持ちの場合、コロナへの不安は強烈なようです。
他の症状のかたは、そこまで心配していない印象。

コロナが強烈に不安でしかたがないかたは、コロナニュースを見るのを一日一回にするなどしたほうがいいようです。
こんなにニュースがコロナばかりだと、ただただ不安をあおられるだけになってしまいます。

私は、日本人特有の「人に迷惑をかけるのではないか恐怖」があるので、無症状でかかっていて相手にうつしてしまうこわさを感じます。
ですので、現在はマスクをしてカウンセリングをさせていただいております。

さてある意味、明日はどうなるかわからない毎日ですが、そんな時に森田正馬のこんな言葉を思います。
彼は、非常に身体が弱く、何回も死にかけて、絶えず病気と闘う身でした。

「その目的物が、明日失われようが、百年の後に滅びようが、それは問うところではない。ただその現在に執着するのが、人間の本性である。これが事実である。善いも悪いも他にしかたがない。私はいつ死ぬかわからないか弱い体で、しかもたえず読書し、いろいろのことを見聞して、自分の知識欲を充たし、欲張り貯えている。もし一朝にして死んでも、少しも残念はない。ただ生きている現在を欲張っているのである」

そう、私たちは皆(特にこんな病気が流行っている世の中では)明日にはどうなるかわからない身です。

けれど、明日はどうなろうと、私たちには「今、ここ」がある。
病気の恐怖におびえるのはしかたがないけれど、でも「今日」という時間を使って、やりたいこと、できることに力を注いでいく。

森田正馬の生き方は、いつも私たちの目を明るい方向に向けてくれるようです。

sakura

写真 T.H氏

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR