fc2ブログ

金銭へのとらわれ(症状)

前のブログでも少し触れましたが、強迫神経症のかたのなかに「金銭へのとらわれ」とでもいうべき症状を持っているかたがいるように思います。
もちろん全員ではありませんが。

ただ、強迫神経症のかたの金銭に対する態度というのは特徴的なようで、中井久夫先生などは「強迫神経症の人は、お金を払うことに怒りを感じている」と書いています。
また別の精神科医のかたは、強迫神経症の人は、ものすごく吝嗇かと思えば、突然浪費し始めたりするとも言っています。

どうも、強迫神経症と金銭との関わりは、何か目をひくことのようです。

しかし、この不景気で物価高の時代、誰しもが金銭に過敏にならざるを得ません。
節約法のYouTube動画とか、それだけでかなりのアクセス数があるようです。

では、そういう節約と「金銭へのとらわれ」とは、どう違うのでしょうか?

確かに金銭にとらわれている人は、お金の使い方に非常に敏感です。また「損得勘定」も発達していますので、頭のなかで瞬時に計算しているようなところがあります。
スーパーに行くと、値引き商品にとびつくとか、割引という言葉に惹きつけられるとか、とにかく「お金を使わないこと」に熱心です。
(値引きという言葉には、私も惹かれますが)
それだけお金を使わなければ、貯金もたくさんあって豊かなはずなのですが、不思議なことに「豊かな」印象がない。

やはりこれは「症状」ではないかと思うのです。

というのは、お金という一点のみにとらわれて、生活全般への視線がない。
たとえば、長期的なことを考えて今の自分に投資するとか、あるいは景気の動向に注意を払って投資をするとか、そういうことはあまりしていない様子。

節約するなら、調理の材料を計画的に買って作り置きするとか、家事のしかたを工夫して無駄なものを買わないように家を片付けるとか、仕事を効率化して余った時間に勉強して自己投資するなどしてもいいはず。
将来の自分の健康を考えて、食生活を見直したり、甘いものをやめたり、そういうこともしないようです。
むしろ、家は散らかったままで買い置きを忘れてまた買ってしまったり、いらないものにスペースを占領されて、居心地の良さを奪われていたりします。
自分の人生に対しての長期的な視野がない、生活の質を見る視線がない。

節約というのは、少ないお金で生活しながら、それと並行してどう工夫したら、そのなかで居心地よく過ごせるかを考えていくことではないのでしょうか。
そうすれば、健康にもなれて、医療費を節約することができる。余ったお金で生活を楽しむことができる。
節約とは、ただ粗末なもので我慢することでもなさそうです。

つまり強迫的な「金銭へのとらわれ」というのは、ただ頭のなかの家計簿でお金を足し算、引き算して、目先の金額に一喜一憂しているような感じです。
目の前のお金が減らなければそれでいい。
そして実は、金銭にこだわらざるを得ない自分がイヤでたまらない。
でも不安だから、吝嗇にならざるを得ないという心境なのです。

逆のことを言えば、少ないお金しかなくとも、生活のなかで工夫しながら、そのなかで生活を楽しむべく、精いっぱいのことをしていくーーそんなことができるようになれば、金銭への不安(症状)など、やがて忘れてしまうのではないでしょうか。

5192
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR