fc2ブログ

今年もお世話になりました

あっという間に今年最後の日になりました。

今年はコロナ明けのせいか、何かいろいろ気ぜわしく過ごした気がします。
直接ご来室なさるかたも増えました。
学会なども、今までオンラインだったのが、以前通りの皆が集まる開催形式に戻ったり・・。
外出して人と会うことも増えました。

今年はカナダ・バンクーバーで国際森田療法学会が開催されました。
残念ながらバンクーバーまでは行けませんでしたが、オンラインで参加、発表させていただきました。
そうやって森田療法を考える機会を与えられ、今年森田について個人的に、改めて強く感じたことがあります。
当たり前と言われるかもしれませんが、森田療法って徹底的に「事実」に基づいているんですね。

「事実」と言っても、非常にベタな事実です。
「私は身長〇センチで、人前で固くなる」という例を森田はあげています。
自分としてはこんなに背が低いのは心細い、だからせめてもう少し背が高いと思いたい。
あるいはこんなに気が小さいと認めるのは浮かぶ瀬がないので、せめて朗らかにふるまえば、いいのかもしれないと思う。(全集5-600頁より意訳)

つまりここでいう「事実」とは、自分ではどうすることもできないもの。
自分ではコントロール不可能なものなのです。

コントロール不可能なものは、そのまま認めるしかない。
しかし、人間として限られた範囲ですが、コントロール可能なものがある。
それは「動き」「行動」です。
だから人間はそこに注力していくしかない。

たとえば、「前向きな行動をしていれば、気持ちも前向きになりますよ!」と言うのも、厳密に言えば、違いますよね。
前向きな行動はできるけれど、それで気持ちが前向きになるとは限らない。
よく読むと、森田はそんなことは言っていない。
どんな結果になるかわからないけれど、私たちにできるのは、行動していくことだけ。
それを森田は「努力即幸福」という言葉で表しました。
結果はどうなるかわからないけれど、目標に向かって努力していくことが、私たちのできることであり、その努力のなかにこそ生きている感覚がある。

試験には落ちるかもしれない。(これは自分のコントロールの範囲外)
しかし合格しようと一生懸命努力したことは、自分の人生に残るのです。

「自然に服従し、境遇に柔順なれ」もそういうことかもしれません。
自分のコントロールできないものについてはそのままに、自分の周囲の状況には臨機応変に対応していく。

ここで重要なのは、何がコントロール可能で、何が不可能かということです。
そこを見極めることが大事。
(何もかもコントロール不可能だから、すべてあきらめる、ということではありませんよ!)

これはちょうど、AA(アルコホーリクス・アノニマス)で唱えられる「平安の祈り」と同じです。

「神様、私にお与えください
自分に変えられないものを、受け容れる落ち着きを
変えられるものは、変えてゆく勇気を
そして、二つのものを見分ける賢さを」


今年もありがとうございました!

5322


雑司ヶ谷・鬼子母神境内

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR