fc2ブログ

「森田教」にならないために

今年はお正月から暗いニュースばかりでした。
能登地震で被害に遭われたかた、今も避難中のかたがたにお見舞い申し上げます。
私にできることは義援金寄付ぐらいなのですが、寒い中電気も水もなく不自由な生活をなさっているかたがたがまだ多いとか。一刻も早くインフラ回復してほしいですね。

さて気を取り直して、ずっと書こうと思っていた少し刺激的なテーマを書いていこうかと思います。

私の今までの体験では、森田療法は、治療者の間でも悩んでいる人の間でも、なんとなく敬遠される雰囲気があるようです。
日本人は海外の治療法のほうが好き。
あるいは森田療法は名前からして古臭そうでなんだか胡散臭い。
そういうことも原因としてあるでしょう。

しかしもうひとつ、忌憚なく言わせてもらえば、森田療法をとりまく一部の人たちの雰囲気に、若干の違和感があるという意見もあるのです。
傾倒しすぎというか、「森田教」を信仰しているような雰囲気があってイヤだという感想も聞きます。

確かに、森田療法は精神療法であって宗教ではないのに、何か宗教的な匂いがしてしまう。
なぜなのでしょう。

たとえばこんなことがあります。
あるかたは、森田療法を学んだクリスチャンなのですが、キリスト教についてのブログを書くときに「これは森田療法の考え方と一見異なるかもしれませんが・・」などという一言を入れます。
けれど、森田療法は宗教ではないのですから、各々のかたの信仰とはまったく別物です。

あるいはこういう例もあります。
森田療法を実践なさっているかたに、たとえば「マインドフルネスの実践も役に立ちますよ」といっても、殆んど興味を示さない。
他の考え方、精神療法、人生論、ハウツーものにもあまり興味が持てない人が多い。
意識的ではありませんが、どこか森田療法を学んだら、それでこれからの生き方すべてをカバーできるような考えを持ってしまうようです。

繰り返しますが、森田療法はただの精神療法です。
それもオリジナルは「不安障害」に特化した療法です。
森田博士自身は弟子がヒステリー(今の転換性障害、解離性障害)に森田療法を応用しようとしたときに、それを許可しませんでした。
そして彼は言っています。
「私にはごく限られたことしかできません」
もちろん現在では、いろいろな症状に森田療法の応用がされています。
ただ森田自身は、自分の治療法の応用範囲を厳しく限定していたのです。
科学者の態度です。

これだけ古い治療法が現代にまで活用されているのは、この療法が(推論でなく)人間の心の事実に基づいた(つまり科学的な)方法だからです。
そしてまた、森田博士が生まれた時代は、明治政府が近代化という名のもとに日本の土俗的なものを薙ぎ払っていた時代です。「前へ前へ」の時代です。
そういう時代背景の限界も考えて学ぶ必要があります。

生き方・考え方の基盤は森田で学べます。
しかし当然のことながら、人生の問題がすべて森田で解決できると思うのは錯覚でしょう。

不安障害が落ち着いたら、今まで自分のことばかりにかまけて学んでこなかった人間関係の機微、コミュニケーションのしかた、成功哲学、ライフハック本など何にでも手を出して学べばいい。
哲学、アート、芸術、旅行などの体験で自分の幅を広げていくことも楽しいことです。
そうすれば、自分の豊かさにもつながり、周りから見ても魅力的な人間になっていくと思います。

森田博士はこんなことも言っています。
「自分の苦痛を客観的に取り扱うようになればよい、歌、文章、心理研究、皆それである」
「この主観を離れ、先生を思わなくなった時、真の健康なる独立心ができる」
(注:「根岸症例」の前半、森田博士が根岸青年に言った言葉)
(森田正馬全集第一巻「神経質及神経衰弱症の療法」416頁)

5240

礫川後楽園

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR