FC2ブログ

人生の主人公になろう(共依存篇)


昔とある方が、「あなたのモットーは?」というインタビューに答えて、「自分のために生きること」と言っていたことがあります。

その頃は、私はまだ共依存性が高い人間だったので、「?」という感覚がありました。
けれど、この言葉に刺激される自分もいたのです。

なぜ「?」と感じたかというと、私は共依存とはまた別に、クリスチャン・スクールで毎日聖書を読みながら育ったこともあり、「人のために尽くす」みたいな筋金入りモットーがあったのです。

もちろん、モットーがあるからと言って、本当に人に尽くしていたかは疑問ですが。

しかし、よく考えてみれば、「人に尽くす」ということは、「自分を犠牲にする」ということとイコールではありません。

自分を生かしながら人に尽くすことだってできるわけです。

どうもそのあたりがゴチャゴチャしてくるのが「共依存」的な人間です。


どう考えても、若い頃私は「他人中心」に生きてきたとしか言えません。

他人の感情を読み、相手が不機嫌か上機嫌がが、その日の私の気分になります。
相手の欲求を過度に尊重するので、自分の欲求がわからない。

自分を取り巻く環境を良くすることや、そのために働くことが「人の生きる道」だと思って、一生懸命やる。

そうすると、仕事などでは評価されるので、また調子づく。
自分の時間を犠牲にしたり、健康を犠牲にしてもやり続ける。

「うつ」になりやすい人にも共通するところがありますね。

それでも私は、自分の趣味興味のところに確固としたものがあったので、幸いにして完全に自分を失うことはありませんでした。


そしてあるとき、森田療法の「純なこころ」の深さに気づいて、やっと「あぁ、自分のために生きていいんだ」と腑に落ちたのです。

それはある意味「もっと自分の欲求を大切にしていいんだ」ということです。

そして、周りをよく見てみると、なんと皆、結構わがままに生きているではありませんか。

価値判断は別にして、しっかりと自分を守っている人が多い感じがしました。


自分の人生の主人公になる。
それは何もヒーロー的な画期的な人生を生きるということではなく、日々を自分の感覚や感情を大切にして生きるということです。

共依存的な人は、極端に我慢強い人が多い。
だから、端的に言えば、生理的なものまで我慢してしまう場合だってある。

飛行機内で、緊急の場合には、まずお母さんが酸素をつけてから子どもに装着しましょうという、インフォメーションがありますが、それと同じです。

自分が助からなければ、他人を助けることなどできない。


そんなことを頭に置いて生きていきたいと思う毎日です。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR