FC2ブログ

人生の主人公になろう(神経症篇)

禅語に「随所に主となる」(ずいしょにしゅとなる)という言葉があります。

きちんと全文を書くと「随所に主となれば、立処(りっしょ)皆真なり」。

意味は「その場になりきって主体的に行動すれば、いついかなるところでも真実を把握でき、自在の働きができる」というようなことだそうです。

森田博士も時々引用していましたね。

神経症のさなかにいるかたは、恐怖のためか、不安のためか、まったく主体性がなくなってしまう場合があります。

よく、神経症の人は「依存的」と言われますが、その時期はそういう状態なのでしょうね。

たとえば強迫神経症などの場合は、他人を巻き込むことが多いようです。

自分の安心のために家族に代わりに確認してもらったり、自分の強迫行為で家族に多大な負担をかけているのに、そのことから目をそむけたりします。

不安神経症などの場合、自分が信頼出来る人と一緒なら電車に乗れるとか、いろいろなところについていってもらったりします。

対人恐怖の人も、身体症状の人も、自分の症状で頭がいっぱいで、自分ができないところは他人にまかせっぱなし、あるいは放りっぱなしということもあります。

そんなとき、神経症の人たちは、人生の主人公になるのを避けているわけです。

なんとか「脇役」に徹し、嵐が去るまでものかげに隠れていようという感じでしょうか。

自分が今たいへんなんだから、責任の重いことはしたくないのかもしれません。


ちょっと手厳しいことを言えば、こんなときの神経症の人は、本当に「気がきかない」人たちです。

指示待ち人間。
森田博士は「お使い根性」と言いました。

そういう時期、症状が楽になってから、何かをしましょうというのではなく、「主体的に」なってしまえば、むしろ症状が消えていくのです。

「随所に主となる」

これは、大舞台で主人公になるということではないのです。

「随所」ですから。
いついかなるときも・・・です。

たとえば、森田博士は入院している人たちのハタキの音を聞いただけで、その人が良くなっているのか、まだまだなのか見分けたと言います。

リズミカルに一定の間隔で聞こえてくるハタキの音は、「まだまだ」の人。
なぜならその人は、ただの「仕事」として家具をはたいているので、リズムが一定なのです。

ずいぶん良くなった人のハタキの音は一定ではない。
その人は、義務的な「仕事」としてやっているわけではなく、家具の埃を見たり、障子紙を破らないように気をつけたりしているから、音が変化するのです。

これが「随所に主となる」態度なのですね。

たとえ言いつけられた仕事でも、自分が従業員であっても、主体的に仕事をすることはできるのです。

どんなつまらないと思える仕事でも、面白くすることはできるのです。

それは、自分次第。
自分の工夫次第です。

症状が治るまではと目をつぶっていたこと、放り投げていたことに、もう一度主体的に取り組んでみる。
それこそが、症状を忘れる近道。

本当は「主人公」になりたいあなた。

その道は意外に簡単なところにあるようです。


なるべく意識して人生の主人公でいましょうよ、自分の人生なんですから。


          砂時計
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

依存できなかったから神経質症になったのではないのですね。?

Re: No title

コメントありがとうございます。主観的には「依存できなかった」から症状が出たという感じがなさっているんですね? なるほど。依存という言葉はここでは曖昧でしたが、依存を「主体性の放棄」と考えると、神経症の人は自分の気になる部分について、完全に主体性放棄もできず、主体性をもって生きることもできず、その葛藤が症状なのかもしれないです。また考えてみますね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR