FC2ブログ

サッカーを見ながら集団指向について考える

ワールドカップです。今日は負けてしまったみたいですね。

私は別にサッカーについて詳しいわけでもなく、それほど好きなわけでもなく、日本代表の試合を時々見るくらいの人間ですが、このビルを毎日目の前にしていると、いやでもワールドカップを意識せざるを得ない。

          サッカーミュジアム
サッカーミュジアムのビル全体に日本代表の図柄が・・・

          サッカーミュジアム2

おまけに私のセラピールームは開放型のマンションのなかなので、ドアを開けるとザッケローニの大きな顔が・・・う~ん。


さて、普通のブログはここで終わると思うのですが、サッカーのことを知りもしないのに、余計なことをあーだこーだ言いたがるのが、私の悪癖です。

以前は、日本のチームの試合を見ていると、ゴール前「ここでシュート!」というときに、仲間にパスしちゃうというシーンが時々ありました。
(今はもうそんなことはないでしょうが)

「皆でやろうよ、俺だけじゃなく・・・」みたいな感じだったのでしょうか。

ところが海外のチームには、「えっ、ここで?!」という時に、仲間にまわさず自分でシュートしてしまう場面がある。
「ヒーローは俺!!」という感じです。

面白いですね。

鎖国の長かった島国農耕民族の日本人は、所属集団に調和することが何より大事。
この傾向はDNAに染み付いているのかもしれません。

自分だけ突出してはいけない。皆に変と思われることをしてはいけない。
それをするとなにか恐ろしいことが起こる・・・という潜在的な恐怖。

「出る杭は打たれる」恐怖ですね。

ちなみに英語圏にこういう言葉があるかどうか検索してみたら、以下のことわざが出てきました。
A tall tree catches much wind.

でも「打たれる」という表現よりマイルド。
「出る杭は打たれる」だと、少し頭角を現すと叩き潰されるというニュアンスが感じられます。

この日本的風土の葛藤をもろに体現しているのが対人恐怖の人かもしれません。

本当はもっと自分を表現したい。目立ちたい。
しかしそれをすると、他人からは好かれない(だろう)、失敗した時にサポートされない(だろう)。

自分を表現したい、しかし他人からも好かれたいという二つの欲求の葛藤がそのベースにあるような気がします。


確かに、突出したときに嫉妬されるということは、どの世界でもあることです。

しかし日本の場合、「自分は言いたいことも我慢しているのに、オマエは図々しくもここで発言するのか! 調和を乱して!」みたいな雰囲気が感じ取れます。

黙っているのが無難、目立たなければ安全。そういう社会です。

この集団指向は、利点もあるのかもしれませんが、日本の歴史や社会に様々な弊害を生み出してもいます。

「皆がやっていることを、同じようにやればいい」という自分自身の個としての考えのなさ、倫理観の曖昧さも出てくるでしょう。


さて、では対人恐怖の人はどうしたらいいのか?

私はよく「出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない」と言います。

誰かが一旦突出して、皆が認めてしまうとOKというところがあります。
(これも集団指向なのですけれどね。特に外国から認められたりしたら、もう太鼓判・・・・笑)

だからまずは表現しましょう。

そのためには、皆に好かれる工夫をするよりも実力をつける工夫をすればいい。

対人恐怖的な人は慎重ですから、多分「やりすぎる」ことはしないでしょう。


実力をつけると同時に「自立する」ということも大事です。

私たちは誰もが「社会」のなかに立つ一本の木。
吹いてくる風は自分の身で受けるしかない。

その自覚と覚悟ができさえすればいいのです。


あぁ、サッカーから遠く離れてしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

心の健康セミナーで

『しかし日本の場合、「自分は言いたいことも我慢しているのに、オマエは図々しくもここで発言するのか! 調和を乱して!」みたいな雰囲気が感じ取れます。』

先日、心の健康セミナーでいつもは配られている質問用紙がありませんでした。どうも、その前回に質問用紙をとりまとめて回答するのに講師の先生が難儀されていたので、改善されたようでした。(後からお聞きしたところによると・・)

代わりに「どなたか質問はありませんか」と言われ、図々しくもここで発言する(しかも長々と、くだらないことを・・と感じた)人がいて、「財団は神経質をわかっているはずなのに、対人恐怖の人はこの状況で声はあげられないのに」と発言する人に対しても財団に対しても殺意まで感じていました。

幸い?その日は前回体験発表をしたお礼ということで財団の方や、発言された方と中華料理を終わった後に食べる機会があったので、質問用紙をなくした理由をお聞きし、自分の気持ちも伝えました。(対人恐怖の人たちの気持ちを代弁するんだ!という使命感もありました。)雰囲気は確実に悪くなり、質問した人も気分が悪そうでしたが、ざまぁみろと思っていました。

次回、神戸で行う時は、質問用紙を配る旨回答をいただき、これで対人恐怖の人も質問ができるとほっとしたのですが、ブログを読んで、「あぁ・・典型的な日本人だな・・」と思いましたし、自分って病的な気がしました。

Re: 心の健康セミナーで

ともさん コメントありがとうございます。別に病的ではないですよ。それが日本人の底流にある気分ではないですか?そのときに発言した人に怒りを感じるのも自然です。ただ、対人恐怖を理由に周りを動かすのは、コントロールかも・・そこだけですよね。

ありがとうございました

岩田真理先生の本のおかげで、森田正馬先生の本を読み、
森田先生が大好きになりました。
私も森の一本の木として、風を正受不受しています。

お仕事、お忙しいことと思います。
ご自愛くださいますように…

Re: ありがとうございました

花様 コメントありがとうございます。励みになります。本当に森田正馬博士って、変わっているけれど、愛すべき人ですよね。次は森田先生の記事です!
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR