FC2ブログ

詩の楽しみ

猛暑です。
熱中症になるのがこわいので、外に出ず、夏休みを夢想してみます。

どこか木陰で、時折涼しい風に吹かれながら、詩などを読み、飽きたら昼寝をし・・・そういうことがしてみたい。

そんなとき、誰の詩集を持っていきたいかと言ったら、私はやはり西脇順三郎(1894―1982)を選びます。

西脇順三郎は、碩学(学問的造詣が深いこと)の人で、ラテン語で文章を書いたり、英語で詩集を出したりしています。
慶応大学名誉教授。ノーベル文学賞候補にもなった人です。

高校時代、(多分教科書に載っていた)この人の詩を読んで、まさにショックと言っていいほど感動しました。

  (覆された宝石)のような朝
  何人(なんびと)か戸口にて誰かとささやく  
  それは神の生誕の日
                   天気/詩集「Ambarvalia」 より


その頃までの私はどちらかと言うと「哲学」のほうに偏った、「意味」を追求する言葉を読んでいたのかもしれません。

そして現在は、強迫神経症のかたがたとお会いしているので、意味を定義する言葉を使用しなくてはなりません。

しかし、詩の言葉は違う。
意味を利用しつつも、言葉と言葉の組み合わせ・衝突を起こして、単独の言葉だけでは表現できないものを表現する・・・ということでしょうか。


   南風は柔らかい女神をもたらした
   青銅をぬらした  噴水をぬらした
   ツバメの羽と黄金の毛をぬらした
   潮をぬらし  砂をぬらし  魚をぬらした
   静かに寺院と風呂場と劇場をぬらした
   この静かな柔らかい女神の行列が
   私の舌をぬらした
                 雨/詩集「Ambarvalia」より


何よりも私が西脇順三郎を好むのは、その詩が「永遠」とか「時間の寂しさ」とかを感じさせてくれるからかもしれません。


ご多聞にもれず、その頃は私も詩を志し、「行間に永遠が見える文章を書きたい」などと、志したのですが、志しというものは果たされないようにできているようです。

けれど、まだ詩を読む楽しみは生きています。


    蒼白なるもの
    セザンの林檎
    蛇の腹
    永劫の時間
    捨てられた楽園に残る
    欠けた皿
                     詩集「旅人かえらず」より


    永遠の
    果てしない野に
    夢みる
    睡蓮よ
    現在に
    めざめるな
    宝石の限りない
    眠りのように
                 宝石の眠り/詩集「宝石の眠り」より



強迫的言語の世界から少し夏休みをとって、余韻を楽しむ、行間を読む世界へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。


    
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR