FC2ブログ

過去や養育環境をどう考えるか

さて、なぜ私は長々と漱石のことを書いてきたのでしょうか。

漱石は、日本を代表する優れた作家でありながら、自身の養育環境と過去とを(自分ではそれとは自覚せず)背負っていた人でした。

決して漱石自身の性格が悪いから、あんな病的状態に苦しんだわけではなかったのです。


その頃の精神医学は、育ってきた環境がその人にどんな影響を及ぼすかについて、あまり考察することはありませんでした。

しかし、最近では、幼児期あるいは育つ過程で体験した環境が、その人の心身にどのような影響を及ぼすか、研究が進みつつあります。

けれどそういう動きを面白くなく思う人もいるようです。

「トラウマなどあり得ない」とか「過去のことを考えてもどうしようもない」とか書いてある本があるようです。

それぞれの論拠はあるのでしょうが、なぜこんなに頑なに否定するのか、不思議な気がします。

あるいは養育環境や親のことを、問題としてとりあげるのは、多くの人に何か抵抗を感じさせることなのかもしれません。


「なんでも親のせいにして」と言う人もいます。

こういう人は、不可抗力だった幼児期の影響の責任まで、本人が背負わなければならないと思っているのでしょうか。

あるいは、自分自身が不遇ななかで泣き言を言わず、努力し葛藤してきた人は、そうやって養育環境のことを言う人を見ると、「自分は我慢してきたのに・・・」と嫌悪感を覚えるのかもしれません。

また、養育環境や過去の出来事の影響を受けていると認めることは、自分が病的な人間と定義されるようで、恐ろしく感じる人もいるのかもしれません。


過去に起こったことは変えられないことなので、現在のことを見ていきましょうという考えもあります。
これは正解です。

「現在のことを見ていく」というのは、精神療法の基本だと思います。
そして、現在が充実して、その人自身の生命力が発現されれば、過去からの影響は小さくなっていくでしょう。

「過去の事実を変えることはできない」
しかし、過去の事実に起因する感情、たとえば罪責感やいわれのない不安感、他人に対する不信感、これは過去のものではありません。

現在の感情の事実です。

あるいは、育ってきた環境に起因する人間関係や行動のパターン。
これも現在のものです。

たとえば、父親が暴君で、幼児期から常に恐れて生活してきた人は、年上の男性が苦手になるかもしれません。

そんなとき、「これはただの過去からのパターンだ」と自覚するだけで人間関係が変化することもあるのです。

人間というのは、過去も現在もひっくるめて、全体であり、一人の人間です。

いたずらに「過去のトラウマや両親に対する思いは脇に置いておきましょう」などと言われれば、過去の悲しみや怒りを自分のなかで否定していくことになります。

当然のことながら、感情を自分のなかで押し殺せば、それは不健全な形で現れてくることになるでしょう。

感情はそのまま、感じているしかない。

そして時には目をそむけることなく、辛いけれどそのときの自分や家族の状況を考えてみる。

そうすると、自分のことだけでなく、その当時の家族の心や、自分の立ち位置も見えてくる。

過去を見ることのなかから発見できることだってあるのです。


日本でも、AC(養育環境のなかできちんとした子供時代を送れなかった人たち/病名ではありません)という概念が紹介され、児童虐待やDVということが認知されるようになり、救われた人がたくさんいると思います。

それは、犠牲者を「自分の責任」という重荷から解き放ち、自分主体の人生を取り戻す契機になった流れなのだと思います。

         イルミネーション
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

初めてコメント書かせていただきます。
私は森田療法で対人が楽になりました。
私も過去を考えますと、アダルトチルドレンかと何度も思い、悩みました。
今回の記事、読ませていただき、よく森田で言われる過去は問わない、との矛盾を感じ、質問させていただきました。
森田で言う過去は問わない、と今回の記事の内容の違い、ニュアンスの違いなのかもしれませんが、教えていただけると幸いです。
特に神経質の性質はとらわれやすいので、過去にとらわれ、性格にとらわれてしまい身動きがとれなくなっている方も周りにいますので、よろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。短い返事で説明できるかどうか・・・。まずは、この記事は森田療法のことを書いたものではありませんし、神経質者のことだけ書いたものではありません。押さえておかなくてはならないのは「森田療法は神経質症のための治療法」だということ。他の悩みのかたに応用するためには、要素を注意深く取捨選択して適用しなくてはなりません。
過去のトラウマに悩んでいる人にそのまま適用はできません。
神経質の方がACや過去にとらわれるということは、具体的に聞かないとわかりませんが、ACを病名と勘違いして、「疾病恐怖」的になっているかたがいるということでしょうか。
「森田療法は過去を問わない」の言葉は森田先生が言っているのですか?
森田の養育環境の扱い方としては全集5巻の74頁あたりが参考になると思います。森田は過去の事実(親に可愛がられなかった)は、事実としてごまかさず認めるということを言っています。ただあまり過去のことを言うと、神経質はそこに責任転嫁をしがちだというようなことも言っています。
森田は養育環境のことも言っていますが、上記のような理由であまり前面に出さなかったのだと思います。
ただ、ブログ読んでいただくとわかると思いますが、私は(過去に起因する)現在の感情、パターンを扱うという趣旨です。

お返事ありがとうございます。
言葉足らずですみませんでした。
私は森田の自助グループに通っていますが、神経質の方にはかなり親との関係に悩まれた方もたくさんいて、神経質とACをどうしても分けて考えることができず、この辺りで悩まれ、とらわれた、またはとらわれている方が存在しましたので質問させていただきました。
私自身、親からの虐待があり育ち、神経質になり一時期ACにとらわれた過去がありました。
この辺りは、やはり難しいのでしょうね。

Re: タイトルなし

全然難しくはないのですが、このコメント欄で説明するのは難しいですね。ACで神経質の人いますよ。負のレッテルととらえるからとらわれるんですか?
ACという概念とその理論は、そういう人たちが楽になるためのものです。それに森田理論も神経質が楽になるためのものです。ふたつ勉強したら最強じゃないですか? でも最終的には森田の「あるがまま」「純なこころ」は、どんなかたの人生も楽にします。漠然と悩まず具体的に自分の心を観察することをお勧めします。
こちらのACグループにいらっしゃれればいいですね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR