FC2ブログ

自然な自分でいること

いつでも自然な自分でいられたら本当に楽です。

でもどれが「自然な自分」でどれが「自然でない自分」なんでしょう?

たとえば、「~らしく」振る舞うということをしているとき、私たちは自然な自分ではありません。

部長に昇進した。だから部長らしく振る舞わなくてはならない。
教師だから、教師らしく振る舞おう。
母親になった。だから母親らしくきちんとしよう・・・。

時としてこういうふうに考えて振る舞い、それがうまくいかないような気がして、人はうつ状態になったり、落ち込んだりするようです。

「~らしく」振る舞うことって、本当に必要なのでしょうか。

たとえば接客業の人たち。

確かに街で買い物をすれば、大抵の場合、店員さんたちは笑顔で接してくれます。
でも時々、これって本当に笑っているのかな、と思うこともあります。
そんなに一生懸命笑わなくてもいいのに・・と思うこともあります。

それが自然な笑顔なのか、自然じゃない笑顔なのか、わかってしまう場合もあります。
今の時代、「おもてなし」とか言って、接客業の人たちはそういうマナーの練習を徹底されているようです。

確かにプロだから、相手に不快感を与えるのはいけないことだけれど、そんなに不自然なほどおもてなししなくても、もっと自然でいてくれたほうが親しみやすい感じもします。

「~らしく」している時、私たちは他者の目にそれらしく映ることを願っているわけです。

それはひとつの演技であり、つまりいつでも何かの役割を演じることになる。
そういう人生は苦しそうです。

そんなにがんばらなくても、そのままの自分でいていいのだと私は思います。

そのままの自分でいて、その状況や環境に入っていれば、自然に私たちはその役割に合った態度になるのでしょう。

つまり、がんばってそれらしい演技をする必要などない。
意識しなくても、がんばらなくても、自然な自分がその状況にふさわしい行動をとるのだろうと思います。

自然な自分を信じていい。

その自分を、自分が「みっともない」とか「おとなしそうでいやだ」とか感じても、不自然に演技をするより、自然なままでその場にいるほうが、他の人にはずっと親しみやすいのです。

相手もそんな自然なあなたを見て、「とても人間的だ」と思いホッとするのです。

役割や、なりたい自分を目指して別の自分になりきろうとすることをやめ、いつも自然な自分でいること。

これほど楽なことはありません。


              びん玉
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自然な自分、よく分かりません(^^;
一昨日異動先の行事があってニコニコし過ぎて疲れました。
疲れないのが自然な自分でしょうか?
けれども疲れないのは、愛想がない自分で、これから一緒に働く方達との懇親会の席では境遇に従順ではないのでしょうか?
新しい環境に入る時に自然な自分になる、というのは難しいですね。
自然な自分が分かってないから尚更です。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。自然な自分でも疲れるときは疲れますよ。自然な自分はなろうとしてなるものではないわけで・・・。このことについては、次のブログで書きますね。

No title

自然な自分て、自然になってるんですか ね。笑
知らない間に…

Re: No title

お久しぶりです。そうなんですよね~。こちらはもう桜が満開に近いです。いい季節ですね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR