FC2ブログ

落語を楽しむ

カウンセリングでユーモアを使うのはむずかしいことです。

悩みのあるかたを前にして下手なユーモアを言うと、相手によっては地雷を踏んでしまうことがあります。

傷ついている自尊心をますます傷つける下手なユーモアなんて、言わないほうがまし。

けれど、自分のことを冗談にすることができるようになると、これはもう悩みと距離がとれたことですから、余裕が出てきたということですね。

余裕って、大切です。

どこかに遊びがないと、人間、生きている感覚が鈍ってきます。

春になり、私も少し余裕が出てきたので、前から聞きたかった落語のCDを図書館から借りてきて聞いています。

落語はたまに聞きかじるだけで、よく知らないので、友人に「誰が面白い?」と聞いてみました。

それで桂文珍を聞いています。

落語好きなかたは、各々一家言あって、「いや、あれは邪道だ」とか「あのしゃべりは下品だ」とか、好みはかなり別れるようです。

でも、私は面白ければいい。

期待に違わず、桂文珍、面白かったです。
この人は老人のことを語らせるとすごくうまいですね。

友人は「老婆の休日」を薦めてくれましたが、ちょっとえげつないので、下に「老楽風呂」を。

ちなみに落語もYOU TUBE で見られるんですね。
残念ながら絵が動かないのが多いですが、仕草を想像しながら聞くのもいい。

この「老楽風呂」、いいですね。

この季節にふさわしい。
春風駘蕩。

たまにはボーっとしなはれ。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

拍手 オモシロカッタ!!!!!なんでしたかな…あ、落語おもしろかった。

Re: No title

そう、落語というのは、ガチガチの価値観をひっくり返してくれるものなんですね!たまにはボーっと聞くのもいいです。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR