FC2ブログ

北のまほろば

先般、夏休みをとって青森に旅行しました。

「北のまほろば」(「街道をゆく41」 司馬遼太郎)をバッグに入れていきました。
これは「街道をゆく」シリーズのなかでも、青森の旅をとりあげて書いた巻。
(ちなみにこの本は1995年刊行で、まだ3・11が起こっていなかった頃に書かれています)

「まほろば」とは、「住みやすい場所」「素晴らしい場所」という意味です。
東北がなぜ「まほろば」なのか?

縄文時代、東北は、今よりもっと豊かで住みやすい国ではなかったか・・というのが司馬遼太郎の仮説です。

確かに近年、亀が岡遺跡、三内丸山遺跡、砂沢遺跡など縄文時代の遺跡がたくさん発見されています。

北海道、青森、秋田、岩手に遺跡群、ストーンサークルなどが広がっているところを見ると、やはりこのあたりは食料も豊富で、住みやすく、人が集まった土地だったに違いありません。

「山や野に木ノ実がゆたかで、三方の海では魚介がとれる。走獣も多く、また季節になると、川を食べ物のほうから、身をよじるようにして――サケ・マスのことだが――やってくる。そんな土地は、地球上にざらにはない」(司馬遼太郎)

しかし、私たちが教科書で習う東北の歴史的イメージは、冷害に悩まされ、何度も飢饉に襲われた地方、子供を間引きしたり、娘が身を売ったりという悲劇のあった地方ということです。

この食料が豊富なはずの地域で、なぜそんなことが起こるのか。

それは藩政によるのだと、この本は言います。

中世までは、東北は北海道・擦文文化との交易で栄え、「まほろば」だったのではないか。
豊臣時代、藩というものが成立してから状況が変わってきた。
藩は収入を「米」に頼り、「米」は当時の通貨でもあるので、自分たちの威信はその石高にかかっていた。

だから藩主は、東北には向かない稲作を無理やり農民に義務付け、他の作物の割合を少なくし、そのために、冷害の被害を受けると、東北中のひとたちが飢えることになった・・・。

なるほど、そういうことだったんですね。
教科書で通り一遍に習っただけではわからないことです。

たしかに今回の旅行でも、東北の自然の豊かさを感じることができました。
食べ物がおいしいとか、それだけの豊かさではなく、自然の豊穣さです。

まだ日本にこれだけの緑があったんだ・・・という安心感みたいなものも覚えました。
とにかく圧倒的な緑。

奥入瀬、十和田湖、白神山地をめぐり、五能線で海岸を眺めているうちに、もう日常のことはすっかり忘れていました。
「癒される」というのは今や手垢のついた言葉ですが、でもそんな感触。

けれど十和田湖の周辺で現実に引き戻されました。

軒並み閉館した旅館、ホテルばかり。
さながらゴーストタウン。

東北大震災後、青森の観光地はそれほど被害を受けなかったとはいえ、皆が東北観光を自粛し、結局、ホテル・旅館の倒産となってしまったわけです。
大震災の影響はこんなふうに波及していたのですね。

でもこれだけの美しく豊かな自然にあふれた東北は、その資源によって再生してほしいものです。

まだまだ復興ボランティアも必要かもしれないけれど、東北観光に行くことも、温泉に行くことも、復興の一助になるのでしょう。

またぜひ、でかけてみたいと思います。

                             奥入瀬 奥入瀬
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

よい休暇だったようですね

岩田さま

 おかえりなさい。
 しっかりお休みになれたようで、良かったです。

 私も、五能線に憧れていて、乗ってみたいです。
 
 一昨年、スキーで会津磐梯に行った時も、地元の皆様から歓迎してもらいました。
 20年近く前に訪れた時は、八幡平や奥入瀬は、観光で賑わっていましたが、今は、風評被害で大変なんですね。
 観光で行くだけでも、地元のお役に立てるんですよね。

 また、ちなみに、ドライブでよく行く三浦半島には、まほろばマインズという宿泊施設がありますが、この「まほろば」からとっているんでしょうね。一つ納得できました。

 

Re: よい休暇だったようですね

ありがとうございます。東北では本当にいい時間を過ごせました。五能線は素敵でしたよ。今度は不老不死温泉などにも行きたいですね。スキーはしないので、私はもっぱら温泉やウオーキングです。もう再訪したくなっております。

私も以前東北に行き、五能線にも乗りました
自然がただただ美しかったのが記憶に残っています

会社しかり、国もマイナンバーとやらを導入し、ただでさえ生きづらい私にとって、ますます管理されているという感じで息苦しいです。

画一的にしようとするのはやはり、無力があるのでしょうね

おおらかなどこかに住めば、元気になれるような気もします
夢物語ですが…

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。管理されているようで、息苦しさを感じられているんですね。たまには自然の中に出て、リフレッシュされると、少し楽な感じになるかもしれませんね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR