戦前と戦後

20年以上前のことですが、とある知り合いのかたの話。
私よりずっと年長の男性でした。

そのかたは、国会中継があるときは、必ずラジオでそれを聞いていました。
その理由は、「日本が戦前の状態に逆戻りしないように、皆が政治家のやることを知っていないといけないんだ」ということでした。

そのかたは先の大戦のときに、兵士として中国に行き、生還したかたのようでした。

彼のお孫さんの小学校入学式のときでした。
日の丸の掲揚の時も国歌斉唱のときも、彼は起立しなかったそうです。

彼にとってその国家も国旗も「現在の日本」のものとして認められなかったのでしょう。
それは軍国主義の象徴そのもので、今の民主主義の日本にはふさわしくない、と彼は思ったのでしょう。
それが彼の「国を愛する」姿勢だったのです。

私はこの頃、オリンピックやサッカーで国旗が掲揚されるとき、若い人たちが純粋に感動して泣いている姿を見ると、複雑な思いがします。
彼らにとっては、国旗・国歌はもう何の雑念もなく「国を愛する」ためのシンボルなのですね。
戦争を思い出させるものではない。

日本人は、こういうことに象徴される世代間の心理的な断絶の解決を怠ってきたのではないでしょうか。

そのかたは、結局、中国で何を経験したかをひとことも語ることなく、逝かれました。

被害者は声高に語ることができる。
しかし、加害者は語れない。

自分が戦争中に何をしたかなんて、記憶にとどめておきたくもないでしょう。
彼らにとって、戦後は苦しい時間だったと思います。

しかし加害者が語らなかった、記録が残らなかったからといって「事実」は消えない。

最近日本には、「否認」の病が流行り始めていたようです。
「否認」とは、「あったことをなかったことにしてしまう」という心理的な防衛機制。

ありのままに物事を見ると、自分が不安で苦痛なので、そういう心の動きが出てくるのです。

日本は大戦中にそんなに悪いことはしなかったと思えば、心は安らかですから。
それに、若い世代はあまり大戦中のことを教わっていないようです。
あまつさえ、それを「美化」しているんじゃないかという動きさえ見られます。

しかし今回の安保法案をめぐる人々の動きは、「戦後」を考え直す契機になったと思います。

「法案」のことだけでなく、たくさんの人たちが、このごろの日本はおかしい、戦前に戻りつつあるのでは・・・という危惧を抱いていることがわかりました。
心強いことです。

それだけたくさんの人が不安をもっている法案を、十分な説明もせず、審議もさせず通してしまうなんて、このやりかたも戦前を思わせますね。
きっと背後にはお金がからんでいるのでしょう。


とにかく、日本は現代史のなかで「戦前」と「戦後」という二つの時代を比較することができる。

それは独裁と民主主義の二つの時代を経験したということであり、戦争と平和を体験したということです。

そうであれば、私たちは、「戦前」の状態をもっと考察してもいいのかもしれません。
そんな時代をもたらしてしまった社会心理や集団心理、どうやって国民が洗脳されていったか。
どうして他民族をそれほど侮蔑できたのか。

そんなことを理解していけば、今の時代とどこが似ていてどこが似ていないのか、理解できて対処できるかもしれません。

もちろんそれは日本人だけの問題ではなく、普遍的なものもあると思いますが。

戦前のそのような部分を(事実を)しっかり見ることを、日本人は怠ってきたのではないのか。

そしてそれが「戦前」的な状態を回帰させる一因でもあるのではと思います。


彼岸花  
     濁流に捨て来し燃ゆる曼珠沙華  赤きを何の生贄とせむ (寺山修司)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近、日本とドイツの比較文化のようなものに関心があります。ドイツは否定しようのないくらい戦争で各国へ迷惑をかけたため、常に加害者としての責任を意識してきたのではないかと思います。だから社会を改革してきた。自分達の社会が成り立つように努力してきたのではないかと思います。それで今欧州の経済を支えている。また、倫理や理念と現実を一致させる努力をしている。例えば倫理委員会というものがエネルギーについての組織にはあるそうです。こういう姿勢が各国に評価されるのだと思います。大人が子供に堂々と正論が言える社会作りをしていると思います。かたや日本は自分達を加害者としての面から見ていない。その一因には原爆があるかもしれません。自分達の国が成り立たなくなった時、各国へ迷惑をかけるかもしれない。また、再び戦争に向かうかもしれない。身近な社会がそういったことに直結していると思っていないのではないか。また、日本人の特性から長いものにはまかれろで、正論が言えないような社会を自分達自ら作っているのではないかと思います。それを各国はどう評価するのか。本当にこの国がどうなっていくのか心配です。ドイツ人と日本人は似ていると昔は言われていたけれど私はそうは思いません

Re: タイトルなし

「一日本人」さん コメントをありがとうございます。私も本当にこの国がどうなっていくのか心配です。なぜ同じ過ちの方向に行くのでしょうね。差別的な言論や好戦的な気分がまかり通ったり、何か戦前と変わっていないんじゃないかという感覚がします。
ドイツがどんなふうにナチスのしたことを克服したのか興味があります。今回の難民問題だって、びっくりするほど懐が深いですよね。

確かに難民への対応でも他国と比較できると思います。それぞれの国で対応は分かれました。ドイツが経済的に成り立っているのは、ただ社会を責任を持って改革してきた結果だけでなく、そういった対応など国民が各国から信用されているからだと思います。国が成り立つのは経済的に成り立つことだけでは無理だと思います。信用されないと。以前ドイツのATMの話を雑誌で読みましたが、あるATMでは行列が並ぶそうです。それはコストの点からその地域でその台数となっているとのこと。日本ならすぐクレームでしょう。サービスを考えろと。でもそれで採算がとれないなら。信頼できるのはどちらでしょうか。ドイツはたぶん我慢できる国だと思います。戦争責任の意識も強く働いていると思います。以前本屋で日本はドイツと比べて天国のような国だというようなタイトルの本を見かけましたが、もしそれが日本を評価する本ならば、僕は間違いだと思います。残念ながら中身は読んでません。今まで国が国がと言ってきましたが、本当は国民一人ひとりがやはり意識から格段に差があると思います。

Re: タイトルなし

再度のコメントありがとうございます。私はドイツのことはよく知らなかったのですが、もっとリアルなドイツを知って、比較文化的に見てみるとわかることが多いかもしれませんね。国民一人一人の自覚・・・そのあたりは耳が痛いところですよね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR