FC2ブログ

「変えない」ことの意味

前回のブログで、「認知の歪み」もそのまま・・・ということを言いました。

これはご本人の状態にもよります。
別に神経症の症状のようなものは持ち合わせていないかたでしたら、「ああ、そうだったのか」とすぐ納得されて、日常生活がスムーズになってゆくのかもしれません。

しかし、長い間自分の症状や感情をいじりまわしてきた人にとっては、ことはそう簡単にはいきません。

つまり「いじる=コントロールする」ことが常態になってしまっていると、「認知の歪み」と聞いただけですぐ「それを直そう、変えよう」とする気持ちに入ってしまう。

神経症的な人たちは、自分に気持ちよくない感情や思考が湧いてきたときにすぐ「いかん、いかん」と打ち消そうとする癖があります。
ちょっと友人に怒りを感じると、そのこと自体がいやでなんとかしようとする。
(「いい人」でいたい、ということもあるのかもしれません)

怒りは態度に表さないという選択肢もあるし、必要と思えば表現してもいい。
感情はどうあれ、行動の選択はできるのです。

とにかく、そんなこんなでいつも頭のなかがとても忙しい。

それが悩みになり、日常生活がおろそかになっていくのです。

ですから、「認知の歪み」のような気付きがあったとき「あぁ、そうか」と知識としてもっているだけでいい。
直そうとすれば、それがまた「悩み」になっていきます。

もちろん心理学的な知識としてもっていることはいいことだし、気づくヒントになります。

それでは、何もしなくていいのかと言われそうです。

森田療法の「あるがまま」が誤解されるところですね。

「あるがまま」とはただ「変えられないもの(思考の癖、感情)をコントロールしようとしない。変えられるもの(行動、態度)は変えていく」というだけのことです。

そして忘れてはならないことは、「あるがまま」とは固定的な状態を指すのではないということ。

私たちは、つねに変化のなかにいます。
時間は流れています。
私たち自身の感情も生理的なものも時々刻々変化します。
私たちをめぐる人的環境、社会的環境も変化流動しています。

同じ瞬間など、二度とこない。

「あるがまま」とはそれを含めての「あるがまま」です。

言ってみれば「神経症的」な状態とは、「ちょっと待って、私の心の準備ができたら実生活を始めるから」みたいな感じかもしれません。

そのまま(自分では不十分な自分と思うまま)実生活におそるおそる乗り出すことで、変化は訪れるのです。

そして目の前のことに工夫しながら、欲望を生かし始める。
経験したことのなかから学ぶ。
頭のなかで予想したり、考えたりしていたことと「現実」とはどれほど違うかを学ぶ。

そういう行動のなかに、小手先の修正ではなく、あなたを根本的に変えていく何かがあるのです。

思い切って「経験」のほうに乗り出してみることで、もしかしたら予測もつかないほどダイナミックな展開が、あなたの人生に訪れるかもしれません。



夕日

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

三連休

最終日です
土曜日に通院しました
病院を変えた方がいいかもと思いました

昨日洗濯しました
見積りのメールを読み、返信しました

時間が足りません
ネット&TV、特にネットは時間経つのが速いですね(>_<)

それだけ

汚部屋は手付かず、いや、ひどくなったかも

秋用の布団&服は絶対出さなくては…
億劫で出来る気がしません
床の物をどけ、脚立を引っ張り出し…

ワーっ(>_<) ぱにっく
時間足りない(>_<)

ノドの調子が悪くてキツい(>_<)
咳まで復活(>_<)

シンドい
横になりたい…

追加です

2回目の編集をしようとしたら、初めのコメントしか出てこないので

会社では、痛勤してフルタイム働いて、帰りにスーパー寄ったり出来るのに

家では…
1つの事に時間がかかるし…
何なんでしょうね
なまけ、もあるのかな…
逃げ、もあるのかな…

止まらなくなりそうです

Re: 追加です

何回もコメントありがとうございます。会社にいるときと家にいるときとは違いますよね。むしろそれが普通。家にいるときもテキパキとスピーディに働けるなんてことは、ほとんどないです。だって家はリラックスできるところだから。特に一人でいるときは「選択の自由」がありますし、気も緩みます。その自由を楽しんでますか? 「怠け」とか「逃げ」とかの抽象的な言葉は気分を滅入らせるだけ。必要になったときは、ギリギリでもできるのでは?
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR