FC2ブログ

経験として残るもの


先日、とあるかたがご自身の悩みを語っているときに、「10年位前にも同じくらい苦しかったんですが・・・あれ? どんなんだったかな? ちょっと忘れてしまったけれど・・・」とおっしゃっていました。

そう、悩みって忘れるものなんですね。

もちろん、今も同じ悩みを手離さず持ち続けている場合は、当然忘れません。
あるいは、ものすごい衝撃だった体験も忘れられません。これはトラウマと言います。

でもどうやら、神経症的な悩みというのは、忘れるもののようです。いろいろなかたのお話を伺っていると皆そうです。

たとえば、今、不潔恐怖で悩んでいる場合などでも、以前は確認恐怖がひどかったはずだけれど、気が付くともう確認恐怖は忘れてしまった・・・などとおっしゃいます。

昔、人の前で話をするのが恐怖だった。けれど何回も話をする機会が増えて、今はもうその恐怖は思い出せない。
そういうかたもいます。

きっと神経症的な悩みは、自分で頭の中に作り上げているもので、まったく実態のないものだから忘れてしまうのでしょう。
森田療法の「感情の法則」のとおり、どんな感情も時を経れば、流れていってしまうわけです。

ですから私は、悩んでいるかたに「今は悩みにフォーカスするよりも、経験としてあとに残るものにフォーカスしましょう」と言います。

現在、対人恐怖や不潔恐怖や強迫観念があったにしても、それはそれとして、現実的な経験をすることを選択する。

たとえ、スピーチがこわくて、足が震えながらスピーチをしたとしても、将来的に記録として、自分の「事実」として残るのは、あのとき断らずにスピーチしたということです。
足が震えたことなどは、未来の時点では、覚えてもいないことなのです。

もちろん、ここでひとつ注釈をつけますと、今の不安を「症状」として持っているときには、具体的な経験を積んでも、失敗ばかりに目が行きます。

前の例で言えば、スピーチができても、そのときにはできたことには全く目が行かず、足が震えたこと、言葉がうまく出てこなかったことばかりが気になります。

それでもやはり、逃げずに経験を積んでおく。
悩みがありながら、具体的な事実を残していく。

そうすれば、未来のあなたは、足が震えたことやそのときの不安などは全く思い出せず、あのときにはこんなことをしたなぁ、ということだけが記憶に残るのです。

おっくうだったこと、面倒だったこと、緊張したこと、そんなことは皆忘れて、現実的な成果だけが、あなたの人生に残っていくのです。



ume
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログ拝見しました。
仕事上の人間関係で以前失敗したことがあり、それ以後同じような状況になるとまたうまくいかないのではと不安で、そのことが頭から離れなくなるのですが、こういうことも良くなるものでしょうか。

Re: No title

Nさま コメントをありがとうございました。いやな体験にとらわれて、それがよみがえるということは不愉快ですよね。それは森田療法で十分対応可能と思います。それにプラス、その体験をもとに自己洞察を深めるということもできます。いやな体験だけれどもそれを使ってしまおうということですね。人生無駄なことはないですから。

コメントありがとうございます。
嫌なことをきっかけに自己洞察を深めるということもできるんですね。それを聞いて、以前ツィッターで見かけた文を思い出しました。それは、[ドイツで精神力というと、辛いときほどいかにクリエイティブになれるかだ]というような内容でした。

カウンセリング、検討してみたいと思います。ありがとうございました。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR