共感と想像力

熊本で大地震。
まさかの九州でした。
地震でたいへんな思いをしているかた、お見舞い申し上げます。

今回は津波と原発事故がなかったので、救援活動が東北の時よりスムーズに行っているようです。
でも熊本は湧き水が良質だっただけに、今は濁ってしまって、水がなくてたいへんなようですね。

それにしてもなぜ川内原発は停止しないのでしょう。
原発恐怖症の私としてはハラハラしてしまいます。

そういえば今日はチェルノブイリ原発の事故から30年だそうです。
あの時は世界が終るかと思いました。
チェルノブイリでの被災は、ものすごいスケールだったようで、消火作業をした人たちがバタバタと亡くなっていったということです。
情報も装備もなかったのですね。

さて、ここからは「もしも・・」というSF的な発想の話になります。

日本の(あるいは世界の)地殻は今かなり揺れ動いているようです。
もし日本で地震が立て続けに起こり、各地の原発で事故が相次いだとしたら・・・日本は放射能に覆われ、人が住めない土地になる。
あるいは相次ぐ地震によって、国が立ちいかなくなる。
そうしたとき、私たちは「難民」になって、よその国に移住しなくてはならなくなりますね。

国にいれば死ぬのですから、必死になります。

ところが、近隣の諸国だって、あまりたくさんの人を受け入れることはできない。
国民から、自分たちの税金を使ってなぜ難民を受け入れる必要がある、という声も出るでしょう。

遠くヨーロッパで起こっていることも、こうやって自分の身に置き換えて想像してみると、もっとリアルに共感を持って見ることができるでしょう。
シリアから決死の覚悟で逃れてくる人のこともわかるし、受け入れ側の人道と現実との葛藤も理解できる。

「想像力」というものは、このように使えば「共感」と結びつきます。

遠くから批判しているだけでは、本当のところは何もわからない。
もちろん想像力を駆使しても、しょせん観念ですから、現実のカケラしかわかりません。

しかし「カケラ」でもいいのではないかと思います。

でもね、いくら想像力を働かせても「共感」まで行きつけない人もいます。

「確かに大変だろう。でも私はそんなことでパニックにはならない」
「どんなに困難でも、自分は人として毅然としているべき」
「あわてず騒がず、国のためにはわが身を捧げるべき」
そんなふうに考える人たちは、「共感」には行きつけません。

深い共感に行きつける人は、自分のなかのどんな感情にもアクセスできる人。
自分の感じる不安や弱さ、パニックやずるさ、そんなものを自分に許せる人のほうが、他者への共感が深いのだと思うのです。


東京防災

「東京防災」は、全都民に配布された防災ハンドブックです。
こういうことになら、都民の税金使っていただいてOKですよ!
誰でも無料でダウンロードできます。右をクリック  東京防災
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

早速、東京防災をスマホのホーム画面に保存しました!

私も原発恐怖症です
福島の影響は依然続いているという話しもあるし…

あとから身体に不調が出ても因果関係が分からないのも恐ろしいですよね

地元では不調が出ている方がいらっしゃるようですし

本当に川内原発止めて欲しいです
電気料金が高くなっても、温暖化が進んでも、原発事故の甚大さよりはマシな気がします

以前、山岸凉子という漫画家が漫画の為に読んだ資料について書いていました

特定の方の莫大な利益の為に、原発はとまらないのだとか…

信憑性は不明ですが、今の状況で止まらないところを見るにつけ、むべなるかなと

想像力、私は妄想力までいってる気がします^_^;

Re: タイトルなし

しをんさん コメントありがとうございます。本当に怖いですよね、原発。よくこんな火山列島にあんなものを置くものだと思います。あまり健康被害が聞こえてこないと、隠されているんじゃないかと疑いたくなります。 ところで山岸涼子って、「日出ずる処の・・」の漫画書いた人ですよね。その人のエッセイ?しをんさんは、いろいろな本を読んでいますよね。私は古典ばかりで・・。また教えてください。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR