FC2ブログ

不安の正体

不安は、私たちが生活していくなかで必ず湧き上がってくるもの。
特に不安を感じやすい神経質のかたがたにはつきものですね。
この不安感や心配がなければ、どんなにか人生が楽だろうと思っているかたは多いでしょう。

「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」という森田正馬の言葉があります。
「不安」を表現した言葉です。
つまり、暗い道を歩いていて道端でなにか動くものがあり、心臓がとまるほどの恐怖を感じる。でもよく見るとススキだった・・ということです。

不安にもそういう部分があります。

不安には空想がつきもの。
何かが心配になると、自分の頭のなかでそれをめぐる様々な空想が展開されます。

誰かが癌で亡くなったとか、闘病中とかいう情報があると、「もしかしたら自分も・・」という疑いが芽生える。
そうすると、もう自分が病気になったような空想が発展していく。

もし自分のどこかに癌があったらどうしよう。
自覚症状がない場合が多いようだし、身体のあそこかもしれない、ここかもしれない。
空想はどんどん悲観的な方向に大きくなっていき、死ぬかもしれないとこわくてたまらない。

そうなると、こわくて検診にもいけなかったり、病院で検査してもらっても「もしかしたら誤診かもしれない」とまだ不安でたまらない。
病院巡りをしたりします。

こういう人が(癌恐怖といいます)、ひとたび本当に癌だと診断されると、どんなことが起こるでしょう?
実は、癌になったことは辛いけれど、あの「不安」な状態よりずっとマシという方が多いのです。

なぜなら、「不安」は「幽霊」のようなもの。
変幻自在で、いくらでも大きくなっていく。
そういうときは、不安にもて遊ばれている感じです。
ところが、具体的に病気を宣告されると、自分の対応のしかたがわかるのです。

不安が「具体化」されて、自分が何をすればよいかわかる。
つまり死はこわいけれど、当面自分がすることは闘病です。
もちろん不安がまったく消えるわけではないけれど、それは漠然としたものから具体的なものへと変化するのです。

もちろん、皆が重病になればいいという話ではありません。

不安は、私たちの日常生活のなかで、折にふれ湧き上がってくるもの。
当たり前のものなのです。

ただ、その不安と闘ってしまうと、幽霊と格闘しているようなもの。
相手はどんどん大きくなります。
それが神経症という状態です。

この不安から逃げようとすると、上記の例で言えば「病院巡り」になり、悪あがきになるわけです。
強迫行為というのは、皆、このようなものです。

不安は不安、自分の生活にはつきものと覚悟して、自分の現実の生活から逃げないこと。
ていねいに毎日の生活をし、仕事をしていくと、自分は何がしたかったのか、どうしてそれが不安だったのか理解できてくる。
なによりも、毎日の生活が面白くなってくる。

決して不安がなくなるわけではない。
でも、幽霊のように恐ろしかったものが、ススキだとわかり、現実の具体的な物事に向かって進んでいけるようになるのです。


スパニッシュ

   クライエントさんからお送りいただいたバラの写真  スパニッシュビューティ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人格障害・精神疾患に対する不安と森田

香菜子です、いつも勉強させて頂いています。仰るとおり、不安はとめどなく発生するものですよね。介護問題や人間関係問題のストレスで心身のゆとりがなくなって、人格障害・パーソナリティ障害や精神疾患になりやすいかもしれない、そういえば最近は頑固で強情な性格で周りに八つ当たりしているような気がする、それは自分が境界性人格障害や自己愛性人格障害のような人格障害・パーソナリティ障害や精神疾患になっているからなのかしら、と走馬灯のように妄想が頭を駆け巡るんです。森田先生の森田療法の精神でリラックスしなくてはいけないとわかってはいるのに。香菜子

Re: 人格障害・精神疾患に対する不安と森田

香菜子様 コメントありがとうございます。自分が何か精神病や人格障害ではないかと恐怖するのは、神経質の人にはありがちなことですね。これも一種の病気恐怖。確かに自分が何か病的なことになっているのではないかと思うのは怖いですね。怖くない人はいないと思います。無理にリラックスしようとするとますます怖くなるかも。まずは病気のことを調べたり、ネットなどで検索するのだけでもやめてみましょう。

あるがままの森田

香菜子です。岩田さん、アドバイスありがとうございます。アドバイスのとおり、精神疾患・人格障害が不安だからと言って、本やインターネットで精神疾患・人格障害について調べるのは控えようと思います。さらに不安になりますもの。森田先生の森田療法の基本を大事にしようと思います 基本はあるがままでよね、森田 香菜子

Re: あるがままの森田

香菜子さま お返事ありがとうございます。ネットで調べて安心材料を見つけようとすることを「はからい」と言います。「あるがまま」と一口に言っても、森田療法は奥が深いので、ぜひ引き続き実践なさってください。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR