FC2ブログ

一日ひとつ新しいことを

安心・安全を過度に求める傾向にある人たちは、同じことを習慣的に繰り返すことになりがちです。
行動がパタ-ン化してしまうのですね。

そうしておけば、ひとまず安心だからです。

精神分析家であり、森田療法家でもあった故・近藤章久先生は、論文のなかでこう書いています。
「神経症者にとっては、安全とは何よりも現状(status quo)の維持を意味する。したがって如何にして現状維持を計るかに腐心するのである」

つまり変化に弱い。
こういう人たちにとっては、変化は不安を呼びます。

しかし変化のない毎日は、安心感はありますが、好奇心や前向きな欲求を活性化はしない。
マンネリな刺激のない毎日は、ますます自分特有の不安(神経症)を活性化する余地を作ります。
かといって、挑戦するのもこわい・・・。

そんなときには手始めとして、簡単なことでもいいから、何かひとつ新しいことをしてみることです。

会社の帰りにいつもは通ったことのない道を通ってみる。
そうすると、知らなかったレストランや喫茶店を発見できたり、面白い建物を発見できたりするかもしれない。

買い物もいつものスーパーではなく、違う店に行ってみる。
初めて見る商品があるかもしれないし、値段の比較もできる。

いつもは推理小説ばかり読んでいたのを、たまにはSFを読んでみる。

家事も順番を変えてみたり、作ったことのない料理に挑戦する。
家事をしたことのない人は、試しにやってみる。

そんな繰り返しのなかから、外の世界に向かう好奇心が生まれてくるものです。
少なくとも新鮮な感覚は味わえるでしょう。
やってみないとわからないことです。

さて、私も早速先日試してみました。
私の決まりきった習慣は、図書館に行った帰りに、近くの喫茶店に寄って、借りてきた本をざっと読んでみること。
そして買い物をして家に帰るというパターンでした。

それで新しいことと思って、喫茶店を変えてみることにしました。
図書館から少し離れたところに、巨大ビルが新築され、そこの一階に新しい喫茶店があるようです。

スマホの地図を頼りに(ひどい方向音痴なので)そのビルにたどり着きました。

喫茶店は、セルフサービスですが、適度に広く、外のテラスでもお茶が飲めるようになっています。外のテラスの向こうには、ささやかな木立もあります。

「うん、なかなかいい」と思いながら、その日は古典を読み始めました。

ところが・・・・またしても。
店の奥の席から、何やら男性の声が聞こえてくる。
いや、別に声高に怒鳴ったり、不穏な雰囲気があるわけではないのですが、なんだかやけに力強いのですね。

諄々と「仕事論」みたいなことを誰かに話しているのです。
「つまりな・・・そういうときこそ・・・仕事のしどころ・・」みたいな、言っていることは別にいいのですが、私の気になるところは、聞いている相手の声がひとつも聞こえないということ。

自分の考えをひたすら相手に押し付けているという感じがします。
つまり、これは「説教」ですね。
「説教は攻撃である」と言ったのは精神科医の斉藤学先生。

相手が大人しかったり、何も言えないのを見越して、自分の持論を展開するのは気持ちのいいことでしょう。
相手がその人に心酔している、あるいは話を聞きたがっているならいいのですが・・・
喫茶店を説教の場に使わないでほしい。

ま、話はそれましたが、新しいことを試して、それがどういう結果になるかはわからないということです。
が、少なくとも自分にとって、いつもと違う刺激が得られるのは確かなことです(苦笑)。



お茶

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

説教

こんにちは♪
説教は攻撃なんですね。
母からも主人からも子供からも説教されてた私がこうなるのも無理ありませんね。
息子が説教始めたので「説教は攻撃なんだってよ。」って言ったら
「はい、説教代!」って言って500円くれました。
儲かりました!!!
またいい言葉があったら教えて下さいね♪

Re: 説教

ひまわりさん こんにちは。コメントありがとうございます。「説教」される側は、自分が被害者と思わず「何か自分が悪いことをしたのかもしれない」と思ってしまうのですね。特に小さいときなどはそうなりやすい。「これは攻撃なんだ」とわかってくれば、どう対処したらいいかもわかる。500円ゲットはいいですね!だって相手に快感を与えてあげてるんですものね。

変化を嫌う神経症気質・精神疾患気質

香菜子です。いつも参考にさせて頂いています。私も典型的な変化を嫌う神経症気質・精神疾患気質です。自分勝手で自己中心的に物事のルールや手順を決めてしまい、それに沿って行動しないと不安になってイライラするんです。自分のペースを乱す人がいると、つい傲慢高飛車で非常識な態度をとってしまって相手を不愉快にさせてしまうことがあります。森田先生の森田精神を取り入れて、自分勝手で自己中心的なルールはやめて、新しいことに日々チャレンジしたいです。でも、言うが易し行うが難し、なんですよね、森田。 香菜子

Re: 変化を嫌う神経症気質・精神疾患気質

> 香菜子様 コメントありがとうございます。精神疾患気質という用語はないようですよ。あまり自分のことを決めつけないほうがいいかもしれません。自分のルールを決めて、その通りにいかないとイライラするというのは、完全主義的な人によくあることですね。違うやりかたのアイデアを出してみるだけでも、少し心が楽になるのでは? 新しいやりかた、違うやりかた、それを目指すのがいいかもしれませんね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR