イギリスへ行ってきました

しばらくブログをご無沙汰してしまいました。

実はイギリスへ行ってきました。
エクセター大学で開催された「国際森田療法学会」に参加するのが目的です。

私はイギリスは初めてです。

でも考えてみれば、英文学には昔から親しんできました。
シェイクスピア、ウィリアム・ブレイク、コナン・ドイル、アガサ・クリスティ、ジョセフ・コンラッド、ブロンテ姉妹・・・漱石を通してのロンドンの風景。

それにイギリスの音楽にも。
もちろんビートルズ、ローリング・ストーンズ、アデルそれにマイク・オールドフィールド。

私としてはマイク・オールドフィールドにアディクションしていると言ってもいいほどなので、イギリスの空気のなかで彼の音楽が聞きたい・・などと思っていました。

イギリスの田園風景を目にしたときには、この風景、この空気感があの音楽を生んだのね・・・と感慨ひとしお。

いや、学会の話でした。
国際森田療法学会は三年に一度開催されます。
私が出席したのは、9年前のカナダと、6年前のオーストリア。
3年前のモスクワは出席しませんでした。

今回はデボンシャーのエクセター大学内での開催。大学の夏休みを利用しての開催です。

学会の地、エクセターに行く前には、ロンドン見学もしました。

ロンドン見物はざっとでしたが、EU離脱で変化しているのかどうか、やたら観光客が多かった。
ポンドが安くなっているからでしょう。

どうも今思い起こしてみると、イギリスでは動物たちにたくさん出会った印象があります。

道には騎馬警官。
公園には鳥たち、リスたち、リースを離れて遊んでいる犬たち。
大学の構内には、カモメ、鳩、野ウサギ。
高速道路から見る景色のなかに人はおらず、牛、羊、馬たちがのんびりと草をはんでいます。

きっとベストシーズンだったのでしょうね。
冬になると、まったく様変わりするのかもしれません。

バッキンガムやロンドン塔の写真では、観光絵葉書みたいになるので、下にロンドンで出会った動物たちを。
(稚拙なスマホ写真ですが)

学会のことは次回書きます。

ケンジントンパレスの鳥たち 
ケンジントン・ガーデンでは、鳥と人間が共存

ロンドン馬 バスの前に悠々と騎馬警官

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR