FC2ブログ

フィジカル

先日、高尾山に登ってきました。
このところ、ウォーキングを以前より少し熱心にやっているので、その延長線上で。

もちろん、往路はケーブルカーに乗りませんでした。
かなり息があがったけれど、そこは無理せずに休み休み歩いて、頂上まで行きつきました。
標高599メートル、登れたのは少し自信になったかな。
登山をする人にとっては、たいしたことのない高さなのかもしれませんが。

現に、私よりずっと高齢とお見受けするかたたちが、談笑しながら登っていました。
私は息するのもやっとで、とてもそんな余裕はありません。

ちょうど大風の吹く前で、まだ紅葉が見られたのが幸いでした。

        T

ふと思い出して、森田先生が高尾山に登った記事が形外会のなかにあったなと探してみたらありました。
水谷啓二氏が記録している形外会有志・高尾山登山の記録。
昭和7年10月のことです。森田が亡くなる6年前ですね。

森田先生は前日に喘息の発作を起こしたとのこと。
身体が弱いのに、よくつきあうなぁと思います。

びっくりしたのは、その頃に高尾山にはもうケーブルカーがあったこと!
で、森田先生は(他の人も)ケーブルカーに乗って終点の茶屋で休み、他の人たちはそこから頂上まで歩いています。

これも形外会の人たちに対するサービス精神の表れなのでしょう。
道々、植物の名前を尋ねたり、会員の態度をちょっと批評したり、彼はこんな時間も無駄にしないのですね。
(つまり自分が同行したことを無駄にしていない。同行した会員のことを考えているのでしょう)

この頃思うのですが、森田療法は「心身同一論」なのに、どうも私などは、座して学ぶことに偏りがちです。
昔からフィジカル系が苦手だからですね。

悩んでいるかたのなかにも、ただ家の中にいて悶々としているかたが時にいらっしゃいます。
外はこわいからということもあるのでしょう。

森田が座してグループ療法をするだけでなく、会の後に踊ってみせたり、ピクニックをしたり旅行したのは、ただ頭のなかでグルグルしているだけの悩める人たちを、外へと引き出すためだったのだと思います。

実際、ちょっと決心して、身体を動かして大掃除にとりかかったり、外へ出たりすれば、確実に気持ちは変わります。
(もちろん気持ちを変えるためにするのではないのですよ。ここがむずかしいところ。)

これからますます寒くなって、動きたくない季節になりますが、私もなるべく外に出て、冬の景色や、街のイルミネーションなど見てまわろうかと思っています。


           カボス 
もうすぐ冬至。これは柚子ではなくカボス。                 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔は、集談会で、机をよせて、盆踊りをしたり季節のいい時は野外学習もありました。思い出せば、とらわれ最中だったのに、楽しかったな。

みてみよう。高尾山登山の記録。

ありがとうございます。

No title

コメント記入が長くかかるとパッと消えちゃいますね(^^ゞ
不審者ですからね(^O^)

Re: No title

匿名様 コメント消えるんですか? でもグループでも不思議と勉強したことは記憶になく、遊んだことは記憶に残るものですね。遊びは大切。

時には、体を動かす

ブログへの投稿が、月に3回程度というのが気に入りました。
内容も「心の世界」、「森田療法」など興味のある分野です。
迷惑でなければ、興味のある内容には、コメントします。
私も森田理論は、集談会で座して学ぶことに偏りがちです。
しかし、最近は練功教室(医療保健体操)に通って体を動かすようになりました。体を動かすと血のめぐりと気の動きがよくなりエネルギーが蓄えられる気がします。
そうすると私の場合は、少し落ち着いてものを見ることができるようになったと感じます。
このあたりについては、少しやってみてはどうですかとしかいえません。いろいろなことをやってみて感じるしかないと思います。

Re: 時には、体を動かす

SUGIさん コメントをありがとうございます。時々ブログを見に来ていただければ幸いです。確かに身体を動かすと、エネルギーを使うのではなく蓄えられる気がしますね。座って考えていると、エネルギーが逃げていく感じ。これは「感覚」でしかないのですが。今後ともよろしく。

No title

岩田様、写真の紅葉、美しいですね。まさに色とりどり。
空のブルーも葉と葉の間から見えて色がひとつ増えて美しいです。
会などで学ぶ時は、だいたい座して学びます。
けれど、学ぶ会場に到着するまでは動きです。
会館には色々な趣味の会や、勉強会などで人の出入りが、ものすごい時があります。駐車できなかった時は、ああ、残念と思いつつ別のところを探します。会場室内に入った時はヤレヤレです。結構な運動です。
動いて学ぼうと思ってはいません。   雑談すみません(*^_^*)


高尾山

「遊びをせんとや生まれけん?」だった?
遊びをもっとしようと決めたのに実行していません。
岩田さんの高尾山登山を読んで、思い出しました。
私は去年の春に同級会で登りました。
森田先生が登られた道を、それとは知らずに歩いたようです。
紅葉の頃もいいですね。柚子だと決めた柑橘類はカボスでした。今年は庭の柚子は大豊作です。
よっこのひとりごと。

Re: No title

匿名様 そうですね。勉強しに会場に行くまでは「動き」なんですよね。それも大事なことかもしれません。誰かに会いにいく。寒いし面倒だったりしても、会ってみると気持ちが変わるのがうれしいですね。

Re: 高尾山

よっこ様 「遊びをせんとや生まれけむ」という古歌、今になるまで有名だということは、きっと共感する人が多いからでしょう。大人になるといつの間にか遊ぶことに後ろめたさを感じたり、遊ぶことが一人ゲームやお酒に変質してしまうのですね。なぜ遊ぶことがこんなに難しくなってしまったのでしょうね。

No title

そうですね。多少重い気持ちも行く道途中で晴れてくる時あるし、
家を出る時から楽しみな時もあるし、どこに行くにも、そうですね。
でも、そうなろう とか、思って動いていない…

すっかり太ってしまいました(。>A<。)
特に下腹がすごくて、以前のスカートや、パンツは入らなくなりました。
ロングブーツもファスナーがしまらなくなり…∑(OωO; )

代謝が悪くなったり、お酒を飲む習慣も原因かも?
せめて、ラジオ体操でも始めます!

確かにちょっと外に出ると気持ちも動きますよね( ^o^)
それにしてもデパートの気温設定、もっと低めにして欲しいです(-ω-;) 皆、コート着てるし…
外出ついでに寄ったら、暑すぎてランチだけで疲れて、帰宅中です~

バーゲンも年内からするのが定着しましたね。 せわしないです。
脈絡ないコメントになりました(^o^)

Re: タイトルなし

しをんさん 少なくとも今日はデパートに出かけたのですね。せわしないけれど、家でじっとしているより、気持ちは動きますよね。ラジオ体操もいいですね。動こうと思えばいろいろなチャンスはあるものです。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR