野生の生き物

本日は、とりとめのない話を。

私はそれほど、旅行家ではないけれど、旅はいつも心躍るものです。
今まで、いろいろな人や景色や物に出会ってきました。

そのなかで、今でもありありと覚えている情景。

もうはるか昔、宮崎県の都井岬に行ったときのことです。
岬の遊歩道を歩いていたら、向こうからごく普通にゆっくりと馬が歩いてくる。

私は都会で育ったので、日常、犬猫以外の動物と出会ったことはありません。
飼われている動物なら会ったことはありますが、道を歩いていて、向こうから裸馬が歩いてくるなんて、私にとっては想像を越える体験でした。

ショックを受けている私などにおかまいなく、小さな馬は悠々と歩いて、私たち(友人もいたと思う)とすれ違っていきました。

ご存知と思いますが、都井岬は野生の馬がいることで有名です。
でもまさか道を歩いているとは思わなかった。

記憶力のない私が今でも覚えているということは、よほど感動したのでしょう。

そういえば、やはり若い頃カナダへ行ったとき、いろいろ美しい景色は見たけれど、くっきりと覚えているのは、夜を走るバスの窓から、ライトに浮かび上がった鹿の姿が見えたことでした。
カナダに来たんだ・・・という実感がわいてきました。

映画「スタンド・バイ・ミー」でも、少年の1人が森の奥で一頭の鹿に出会って、感動する場面がありました。
あの気持ち、わかります。

奈良の鹿には感動しないのに、不思議です。

カナダでは、遠くからでしたが、バッファローの群れを見ることもできました。これも迫力でした。

かといって、別に動物が好き、動物園が好きというわけでもありません。
ただ、動物園で一度感動したのは、夕刻に園の奥のほうから虎の咆哮が聞こえてきたとき。
地面が振動するような重低音の咆哮は、「さすが」でした。

もちろん密林で聞きたくはない。もしこんな咆哮が聞こえてきたら腰が抜けるほど恐ろしいでしょうね。

こう書いてみると、私はどうもただ「動物と出会う」というだけでなく、飼いならされていない、保護されていない、野生の動物との出会いに感動やショックを受けるようです。

先日のイギリス旅行でも、大学のキャンパスに当たり前のようにリスやウサギがはねているのがうれしかった。

都会の生活はあまりにも自然と離れているけれど、野生の動物と出会ったときに、私たちの遺伝子のなかに太古から潜む野生が呼び起こされるのでしょうか?

野生の動物と出会ったときの感覚は、どう説明しようとしても言葉や論理などを超えています。

あ、もちろん熊や狼はいやですよ。
出合ったときが最後のときになりますものね。



風見

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

蝶々

今日は雪で寒いですね。
旅行は荷物を作るのが面倒だし旅行の前後が忙しいので行く気はありません。
今日のように一人で家の中に閉じこもっているのが1番好きです♪
子供の頃は道路も舗装されてなくて馬を連れたおじさんがいました。
友達と蝶々を追いかけたりあの頃はのんびりして平和だったなって思います。
野良犬がいて追いかけられて怖い思いをしました。
とりとめのない話でした(笑)

Re: 蝶々

ひまわりさん コメントありがとうございます。今日は寒いですね。確かに私もこんな日は引きこもっていたいです。炬燵にあたりながらね。ところでひまわりさんの頃には道に馬を連れた人がいたんですね! 同じくらいの歳と思いますが、私は見たことがなかった。騎馬警官はいましたけれどね。蝶々もめっきり少なくなりました。とりとめのない話で失礼(笑)。

No title

もう、ずっと何年か前の申年に大分県の高崎山の猿と出会いました。
猿のいるところに行ったので当然なのですが、猿は車のボンネットに、たくさん上って出迎えてくれました。
たくさんの猿に囲まれた思い出です。

なんでもない話でスミマセン。(^^ゞ

Re: No title

匿名様 コメントありがとうございます。猿ですか・・。実は猿はなんだか苦手で。何かされそうな気がしません? やはり馬や鹿って放っといてくれそうなのでいいのかもしれません。あら、馬と鹿って。。。。

ウグイスと鳶

春になると朝方、ウグイスがホーホケキョとイチョウの木に止まってかわいく鳴く。少し、舌足らずに鳴くウグイスもいる。このウグイスの鳴き声を寝床で聴いていると何かしあわせな気分になる。
また、暖かくなると鳶が家の近くの電柱の上に止まりに来て、「ピーヒョロロロロ…」とかわいい声で鳴く。
野鳥の世界は、まだ、野生が残っていると思う。

No title

>あら、馬と鹿って。。。

すぐ発想したのは、花札(笑)。
待てよ花札には馬は出てこないと思った。
そうそう、馬と鹿と書いて。。。うふふ。。

Re: ウグイスと鳶

Sugiさん 確かに野鳥の世界というのもありますね。都心では鶯の声や鳶など聴けませんが、カラスの声は聴こえます。実は私はカラスの声を聴くのは好きで(基本的にカラスは好きです)、実にいろいろな声音を使うのを面白く聞いています。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR