森田療法における欲望について その2

とうとう今年もクリスマスが近づき、大晦日が近づき、お正月が近づいております。
忙しくはないはずなのに、周囲にあおられるのでしょうか、なぜか用事が増えます。
自分のなかでも、これは大晦日までにスッキリさせたいという気持ちがあるのだと思います。

そんなわけでなかなかブログに手がつけられませんでした。

「欲望」のことです。
前回は、欲望を「かくあるべし」で押しつぶさないということを書きました。

今回は、欲望によって押しつぶされている話。

ときとして、いつまでも悶々と悩み続ける方のなかに、過大な欲望を追い求めている人がいます。

欲望はあっていいもの。
しかし、その目指すところが大きすぎると、かえって自分の足りなさが意識されて苦しむのです。

「理想が高い」という言葉で言い換えることもできますが、「理想」より「欲望」のほうが近い。
理想が変わればいいというものでもなく、何かもっとお腹の底から求めている感じです。

なぜ欲望がそこまで過大になるのか。
多分、その人のどこかに、深い劣等感があるのかもしれません。

防衛機制でいうと、劣等感を「補償」するために、心のなかで大きな理想像を描き、いつかはそうなる自分、皆を見返す自分を欲しているのかもしれません。

それはそれでいい。
しかしこのような過大な欲望が自分を苦しめることがあります。

そういった欲望は、大きすぎるために漠然としている場合が多い。
だから現実の世界では、努力もしているし、いろいろなことを成し遂げてもいるのに、「もっと、もっと」という焦りがいつもある。
実際は多くのことをしているのに、まだまだ劣等感に苦しめられる。

お腹の底から欲している、この「過大な欲望」にどう対処したらいいのでしょう。

まずは、前回のブログで述べたように、これを否定したり抑圧したりしないことです。
欲望は「あっていいもの」ですから。

そして、それを持ちながら、そこに到達するまでの道のりを「具体的に」考えてみる。

イメージしてみると、その道のりのどこかで、ものすごいジャンプが必要になってくるような感じがすると思います。
自分の、欲望達成への道のりが漠然としていることを認識しましょう。

そして、ノートなどを広げて、その達成のために必要なことをひとつひとつ書き出してみる。
必ずや「中間目標」のようなものが出てくるでしょう。
たくさんの通過地点を通らないと、そこまでいけないこともわかるでしょう。

過大な欲望を持つ人は、その「中間目標」すらも達成できない自分を考え、また劣等感へと引きこもってしまうのです。

そんなときには、自分が今まで成し遂げたことも、ひとつひとつ書き出してみましょう。
「こんなこと、くだらない」と思っても、実はたくさんのことをしてきたはずです。

森田療法では「具体的に」ものごとを考えることが大事と言います。

「中間目標」すら達成できないとわかれば、もっと目標を低くする。

時としてそれは、自分の自尊心を傷つけることかもしれませんが、人はそこからしか出発できない。
苦しくても、現在の自分を認める(あるがままの自分を認める)ことによって、何から手をつけたらいいか、わかります。

そうしたらあとは簡単。ただ目の前の身近な目標を辛抱強く達成し続けるだけです。

確かに大きな目標を持ち、野心を持つことは、人を鼓舞します。
しかし時として、それをあまりにリアルに求めすぎるがゆえに、自分が傷つくこともあるのです。


紅葉3


劣等感のお悩み、ご相談ください お茶の水セラピールーム
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まさにこのタイプです。

 つらい幼少時を過ごしたので「絶対に周りのやつらを見返してやるんだ。」と強く思ってきました。対人恐怖ゆえなのか、外交官になって日中友好の懸け橋となろう!と意気込んでいました。
 地方公務員なんてほんの腰掛に過ぎない。今の私は仮の姿だと職場の人にも言っていました。でも、社会人2年目にひどい状況に追い込まれて、今度は逆に「私は給料泥棒として生きていこう」と決めました。私にとって幸いだったのは実際の職場で社会生活を過ごしながら意気込んでいたことだったのだと思います。
 まだやっぱりこころの奥底には見返したい気持ちがありますが、社会人を29年続けてきて、「まあ、こんなもんかな。」と思う自分もいます。

Re: まさにこのタイプです。

ともさん コメントありがとうございます。ともさんの文章を読んで考えました。確かに「見返してやる!」という気持ちもその時期には大切だったんですよね。それは自分を支えてくれることだったかもしれませんし、その方向に努力するということも、自分の力になることだったのでしょう。そして、ともさんのように経験を積んで得心することは、頭で考えるよりはるかに確かな「あるがまま」への道なのかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お礼

Nさま コメントをありがとうございます。「素晴らしい世界の扉が開かれる」体験、そこに到達できたこと、本当に良かったです! 「純なこころ」は、決してむずかしいことではないのですが、頭で理解することと、自分の自然性に身をゆだねることとの隔たりが大きいのでしょうね。そこに到達できると、「そうか、このことだったのか!」と全身で理解できます。一人でも多くのかたにそれを伝えることができるよう、私も精進したいと思います。

森田博士こと森田正馬先生の森田療法

私も神経症気質に悩み続け、森田博士こと森田正馬先生の森田療法に出逢いました。

森田療法自体は決して新しくない。しかし、時代が変わっても人間の本質は変わらない。

だからこそ、森田療法は現代でも効果を発揮しているのでしょう。

私自身、森田療法に救われた面が少なからずあります。

世の中の多くの人に森田療法の存在を知ってほしい、心からそう願っています。

Re: 森田博士こと森田正馬先生の森田療法

森田研究員様 コメントをありがとうございます。お悩みのときに森田療法に出会われたのですね。森田療法は、知れば知るほど奥深さがわかってきます。本当にたくさんのかたが、森田の考え方で道を開いていかれるといいですね。良いお年を!
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR