プカプカ人生

いろいろなかたのお話を聞いていると、時々「なるほど」と、気づかされることがあります。

本日はそのなかのひとつ。
ブログに書くことは、ご本人了解済みです。

Aさんは(女性で主婦)小さい頃喘息で、夏休みの間は毎日、海での水泳教室に通わされました。
彼女は、「家庭環境が不安定だったし、父が煙草を吸うので、そのストレスで喘息になったのでは」とおっしゃっていました。

その水泳教室は、私の常識では考えられないすごいもので、海での遠泳のときなどは、18キロの距離を泳ぐのだそうです。
そして泳ぎながら、栄養補給におにぎりを食べたりしたのだそうです。

現在、Aさんは不安神経症ですが、パニックになっているときは、海の底で酸素ボンベをはずされるようなイメージだそうです。
「泳ぎをやめると沈む」という感覚にずっとつきまとわれています。

ところがその話をAさんが、夫にしたところ、Aさんの夫は「海なんて、プカプカ浮いとけばいいじゃない」と言われたのです。
夫にとっては、海は楽しいところなのです。

Aさんが、妊娠時、ひどいつわりで寝ていなくてはならなかったとき、彼女は「自分が何もできない。役に立たなくなった」と泣くほどでしたが、夫は「寝てていいんだから、自分なら『やった!』と思うけど」と言うのです。

面白いですよね、この考え方の違い。

それでは、Aさんの夫のほうは気楽に生きているかというと、職場では要職にあって、きちんとこなしていらっしゃるそうです。

悩みのなかにある人は、なんだか自分で自分に負荷をかけているようなところがあるんですね。
他の人が、優先順位をつけて、大切なところだけ手際よく片付けているのに、自分は100%を求めて、わざわざ仕事を難しくしているような感じ。
本当はそんなこと、必要ないのに。

わざわざ負荷をかけているので、疲れるし、そのものごと(仕事、家事、勉強)にとりかかるのがおっくうになる。
仕事にとりかかれば、「もっと、もっと」とやりすぎる。
時間もかかるし、精神的にも重くなる。

仕事を終わった後の反省も重くなる。

100%やらないと、何か大変なことが起こりそうな気がするけれど、でも実際はそうでもない。

「こうしなくては本当ではない」「こういう態度でいるべきだ」というような観念に支配されているだけなのですね。
それと、「十分やってすっきりしたい」という気分本位。

海の中、プカプカ浮いていてもいいようなところで、一生懸命足掻いている感じでしょうか?

能力もエネルギーもあるのですから、自分に負荷をかけるところばかりに使わずに、外側のものごとに向けていけば、かなりのことが達成できそうです。

煮詰まってしまったときに、この「海でプカプカ浮いている」イメージが、気持ちを楽にしてくれるのではないでしょうか?


八重桜

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同じような経験がありました。私が最も症状がきつかった時、主人にこんなに苦しいんだと症状を並び立て、「もしあなたが私だったらどうするの?」と詰め寄った時、彼は腕枕でテレビを見ながらたった一言。「我慢する」 びっくりしました。私にはなかった選択肢でした。誰かに治してもらおうとあちこちの医者を巡り、ちっとも自分で治そうなんて考えてもいなかった。今は症状を感じることはありませんが、これからどうやって生きていくか、どうありたいのかを考えるとき、その中にぷかぷか人生も時々滑り込まさなくてはーと思いなおすことができました。いつも有難うございます。

Re: No title

chakiさん いつもコメントありがとうございます。同じ悩みの人同士で話し合うのもいいけれど、まったく違うものの見方をする人の言葉って、ハッとすることがありますよね。あえて自分を追い詰める生き方は、いいところもあるとは思いますが、たまには力を抜くことも大切なのかもしれません。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR