FC2ブログ

子どもの人間関係のコツ?

先日、電車のなかで、向かいの席に男の子に本を読ませているお母さんがいました。
子どもが本の中の字を「これ、なんて読むの?」とお母さんに聞いています。
多分、小学校一年か二年ぐらいの子でしょうか。

で、本の表紙が見えて、それでびっくり!
デカデカと「人間関係」という字が・・・。

子どもの本としては予期しないタイトルだったので、その親子に目がクギ付けになりました。
つまりどうもそれは、子どものための対人関係マニュアルの本らしいのです。

子どものためにそんな本が出ているんですね!
私が世の中から遅れているのでしょうか。

それで家に帰って早速Amazonで検索してみました。
それらしき本が見つかりました。
タイトルは「12歳までに身につけたい人間関係のコツ」。

かなりのベストセラーになっているようです。

考えてみれば、(私の世代は)学校で「人間関係」についてなんて教わっていません。
もしかしたら他の世代もそうかもしれません。
ただ抽象的に「人に親切にしましょう」とか「助けの要る人には優しく」とか、そんな感じではなかったでしょうか。

ちなみに言えば、学校って本当に社会で必要なことは、あまり教えてくれなかったような・・。
(今は違っていたらごめんなさい)

家事のやり方は習うけれど、家計をどう切り盛りしていくかとか、お金の使い方とか、世の中にはお金に関して詐欺めいたことがはびこっているとか、そういうことは習わなかった。
海外では株の運用のしかたとか、教わる国もあるそうですね。

人前で発表はさせられるけれど、どうしたら他の人にアピールするかとか、話のポイントの置き方とか、発声とかの練習もなかったような・・・。
アメリカではここらあたりは、かなり徹底的に教わるようです。

しかし、「人間関係」・・・・

ふと、小学生が「傾聴」しているイメージが浮かんできてしまいました。
相手の様子をじっと見て「そう、そうだったんだねぇ」とうなづくイメージ(笑)。
子どもらしくない!

しかし、子どもの頃から人間関係のコツを教わると人生が少し違った方向に行ったかもしれない。
「小さい時に教わりたかった」という人もいるかもしれません。
あるいは、あまりに早い頃にそんなことを教わると、表面的な社交ばかりうまい人間になってしまうかもしれない。

よく子供向けの学習サイトなどを見ると、昔学習していたことが、すごくわかりやすく理解できることがありますが、大人にとってもそんな効果があるかもしれません。

もしかしたらこのお母さんは、自分が学校でいじめにあったから、子どもには人間関係のコツを身につけさせて、それを回避したいのかもしれない。
不登校にならないようにさせたいのかもしれません。

その親子を見ながら、もう頭のなかにはいろいろなことが湧いてきました。
やがてその親子は降りていきましたが・・。

とにかく本を読まないうえでの感想なので、ご了承ください。
以下がその本です。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

少し目の調子が悪くて、投稿していませんでした。お久しぶりです。私の娘たちはもう社会人と大学生になりました。今思うと、子育てで苦労したことは、私が娘たちに苦労させないように先回りして、あれこれやっていたことだったように感じています。
あの時、彼女たちは自分で苦しんで、考えて、自分で決めていれば本人たちも納得できた。その方がずっとよかった。
人間関係も自分自身が喧嘩したり、傷ついたり、やましい思いをしたり、話をしたり、、、、その経験の積み重ねで学ぶもののような気もします。本を読むだけでは、理論しか入ってこない。私も本を直接読んでいませんから、そこに
「HOW TOは載せておくけど
そのままの君たちでいいんだよ。大丈夫。」
なーんて書いてあったらいいなあと勝手に思っています。

Re: No title

Chaki 様 コメントありがとうございます。体験の積み重ねで学習することも大切ですね。あまり先回りしすぎるのも確かに、本人の納得がないまま頭だけになりがちです。ただ、少しのヒントがもらえると「そうか!」と前に進めることもあります。かねあいですね。

友達幻想

こんにちは。
このブログを読んで、テレビで紹介していた『友達幻想』という本を思い出しました。
それは友達付き合いが苦手な娘のために、父親が書いた本だそうです。
その中で、「今の学校は限界を教えてくれない」ということを言っていました。
「誰とでもなかよく」「頑張ればなんとかなる」「あきらめたらいけない」そういう教育の中で娘さんは苦しんでいたというのです。
現実は、「苦手な人も必ず何割かはいる。」「そういう人と上手くやっていく事はあきらめた方がいい」「表面上だけ挨拶しておけばいい。」
あきらめることも必要。人には限界がある。
そういう娘さんへのメッセージなのだそうです。
いろいろ考えさせられました。

お笑い芸人で、作家の又吉直樹さんが紹介していました。
読んでいませんが、ブログを読んで思い出しました。

人間関係について教えてくれるような親ではなかったんで、こういう本があると、助かりますね。ただ現実は、様々に人間関係にもまれ、正解は失敗しながら自分で培い編み出してくいくしかないようにも思いますが、
森田療法は勿論ですが、ACやアドラーや認知行動療法など、勉強中ですから、
視野が広がりよかったです。
またACなど含め、自助グループもあらゆる場所にいきました。
親からは一切なにも教えてもらわなかったけど、様々な仲間にあい、様々なことを教えていただき、今は、小学校で、娘の友達関係にアドバイスできたり、
また小学校の保護者との関係も、境界線ひきながら、最低限の目的は果たせてるなあと思います。たくさん苦労を経験し、適当にこなして対処方法が自然に身に付いてきました。

Re: 友達幻想

六花さん コメントありがとうございます。「友達幻想」という本も面白そうですね。確かに今の学校は「きれいごと」しか教えないのですよね、きっと。それは一種の「精神論」なのでしょうね。精神論でなんでも解決できるという思考は、人間を混乱させます。具体的に、現実的に・・・大切なことですね。


Re: タイトルなし

ひろみ様 たくさん勉強なさっているのですね。それは無駄にはなりませんよね。親は言葉では人間関係を教えてくれないけれど、親の態度を見て、子どもは学ぶのでしょうね。そんなものを修正しながら、言葉でも学び、経験でも学びながら、人は対人関係を習得していくのでしょう。引っ込んでいたら学べないものも、絶対にありますね。

家庭環境は影響しますね

お返事ありがとうございます。
母親は対人恐怖でほぼひきこもり、
家事や育児を放棄していました、
また継父はアル中気味でしたね。
ACでのグループ関係は本当に命を救われたと思います。
神経質なだけじゃないことに子供ができて発見したのは本当に大きかったです。
きちんとした普通の両親だったら全然違ってたんだろうなーと思います。
ですから、娘は本当に幸せな子だなあと思います。わたしは育児に命かけていますし、ACの自覚もありますからね。
度々申し訳ございません。
これからも頑張ってください。
応援しています。

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR