弱力性と強力性

強力性とか弱力性などと書くと洗剤のことみたいですが・・・。

よく神経症(不安障害)になる人の性格特徴を言うとき、「強力性と弱力性」という表現を使うことがあります。
こういう矛盾したものが性格の中に同居しているので、それでその葛藤で悩みが深くなるのだと言われます。
(もちろん他にも特徴的な性格の要素はたくさんありますが)

具体的に言うと、神経症になるかたは、強烈な負け嫌いです。
つまり人より上に行きたい、人より優れていたい、もっといいものを手に入れたい、という心情があるかたです。

それ自体は、生きるエネルギーになるわけですから、あっても邪魔にはならない。
強弱の差はあれ、たいていの人が持っているものです。
けれど神経症になる人はそれが強い。

ところが、そのような「強力性」とともに、「弱力性」と言われるものもあわせ持っている。
その弱力性とは、ひとくちに言えば「気の小ささ」「小心さ」です。

強力性があるわけですから、自分のなかに潜むこの「小心さ」は、できれば見たくない。
小心さを自覚するだけで、負けたような気になってしまいます。

たとえば、誰よりも立派にプレゼンをしたいという強烈な欲求がありながら、そのプレゼンでの失態を死ぬほど恐れている自分もいる。
失態を恐れるというよりも、その失態から自分の気の小ささを垣間見られてしまうのが、死ぬほどいやなのです。

字を書くとき手が震えるのがいや(書痙といいます)で、人前で字が書けないという人も、手が震えるのが他の理由(たとえば筋肉が疲れているとか)なら自分を許せるのです。
けれど、手が震えるのを人に見られて「気が小さいなぁ」と心を見透かされるのがいやなのです。

たとえば、そこまで負け嫌いでない人は、「あぁ、自分は気が小さいなぁ」で終わってしまうでしょう。
でも、それをどうしても認めたくない。
その性格をなんとか直そうとする、あるいは隠そうとする。

自分の性格の事実を、違うものにしようとするわけですから、どうしても日常の言動が不自然になります。

少しぐらい強がったり見栄を張ったりすることは、誰にでもあります。
けれど、あえて一つのことに集中してそれを隠そうとするのですから、毎日がとても不自由になります。

上の例で言えば、人前でのプレゼンで緊張しないように努力する。あるいは、人前で字を書くとき震えないようにと思う。

自分の「強力性」と「弱力性」がそこでバトルを繰り広げているのです。

自分は気が小さいのだ。
こういう時は緊張するのだ。
そう認めてしまえば楽なのですが、それを認めるのが悔しい。

その悔しさもわかります。
でも、まったく小心さのない人などいないし、負け嫌いでない人もなかなかいない。

ただ程度の差だけなのです。

自分はそれほど特別小心なわけではない。
ごく普通の人なのです。(普通と言われるのはイヤかもしれませんが)

そんな自分の性格を、知っておくことで、すこしずつ自分の「ありのまま」でいられる方向へ進めるかもしれません。


あじさい

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR