FC2ブログ

「夜明け前—呉秀三と無名の精神障害者の100年」(映画)

今回、友人からの情報で、上映期間中に間に合うようにと急いでこの映画を見に行きました。これは、精神医学者・呉秀三(くれ・しゅうぞう)の業績についての映画です。

呉秀三(1865~1932)は、東京帝国大学医学大学教授(現在の東京大学医学部)。
森田療法をよくご存じのかたにはなじみのある名前でしょう。

森田正馬は呉秀三に師事したのです。そして、森田正馬の神経質治療の独創性を認めたのも、この呉秀三でした。

呉は、日本の精神医学の基礎を築いたと言われています。森田だけでなく、精神医学の分野で多くの後進を育成しました。

そして何よりも大きな功績は、彼が当時の精神病者を拘束具から解き放ち、その待遇改善に尽力したということです。
そのために彼が調査し、その結果を発表した報告が「精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察」(1918)です。当時は、行政の許可を得れば、精神病者を自宅監置することができたのです。呉はしかし、治療も受けられずに自宅の座敷牢に劣悪な条件で閉じ込められている病者の実態を明らかにし、当時の「精神病者監護法」を批判しました。
 
ヨーロッパでは既にこの100年も前にピネルが、精神病者を鎖から解放していました。

呉は、この報告書で有名な言葉を書いています。
「我が国十何万の精神病者は実にこの病を受けたる不幸のほかに、この国に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」

この映画は、呉のこの報告の意味と内容、彼の行った改革についてを、何人かの研究者が語っています。そして彼が留学したウィーン大学まで撮影に行き、彼の足跡を追います。

現代でも精神を病んだ子を自宅に閉じ込め、衰弱死に追いやったという事件が起きています。また、呉秀三が拘束具をはずしたはずなのに、精神病院での拘束死ということも起こっています。
そういう時代への問題提起として、この報告が書かれてちょうど100年という節目にこの映画が作られたのです。

重い内容ではありますが、見ることができるかたにはお勧めいたします。(東京渋谷のアップリンクにて上映中)

個人的な思い出になりますが、私はこの呉秀三の「私宅監置」の報告書をずいぶん若い頃に、故・長谷川洋三先生から見せていただきました。そのときはあまりの凄惨な内容にショックを受けたものです。
 
そして最近、森田正馬の「根岸病院看護法」の冊子が森田療法学会で話題になることもあります。
これは精神病者に対する看護人の心得として森田が書いたものです。
病者に対する虐待や不当な扱いを防ぐためでしょう。
森田正馬は根岸病院で、初めての試みとして患者をまじえて運動会をしたりもしています。

森田が恩師・呉の精神病者に対する人道的態度から、大きな影響を受けていたことが如実にわかります。
そして府立巣鴨病院(現・都立松沢病院)で呉が行った作業療法なども、あるいは森田入院療法のヒントになったのかもしれません。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

生きてる辛さ

つい最近テレビでも沖縄の私宅監置の放送をしていました。ただでさえ妄想、幻聴のある人が閉じ込められたらどんなに辛いかは分かります。でも一緒には住めません。業者を頼んで入院させるしかありませんでした。命が大事って言いますけど生きている方が大変とも思うんですよね。5歳の女の子が虐待されて亡くなりましたけど保護されて助かった方が良かったとも思えません。ごめんなさい!私自身、長生きして色々苦しむより早くあの世に行ければとも思うんです。

Re: 生きてる辛さ

ひまわりさん コメントありがとうございます。もしかしたら、家族が責められているような感じがしてしまったのでしょうか? この映画の趣旨はそうではなくて、ヨーロッパの治療共同体などのこともとりあげ、障害者に対する当時の国の姿勢に対して呉秀三の果たした役割を描いているものです。ひまわりさんもお辛いこともたくさんあるのでしょうね。どうぞ一人で苦しまないように。理解してくれる人たちに話してみると重荷が軽くなるかもしれません。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR