一番大事なもの

西日本の豪雨被害に遭われたかた、お見舞い申し上げます。
雨でこれだけたくさんのかたの命が奪われるとは、想像もできなかったことです。

どこかのニュースで地図を出していましたが、日本は全土、大小の川が網目のように流れているのですね。
水の国なのだと、改めて認識しました。

「日本沈没」という言葉がリアルに迫ってきます。

被害に遭われたかたがたも、きっと直前まで自分の家のまわりが洪水になるなんて思ってもみなかったことでしょう。
当たり前の平和な生活をしていたら、突然家を奪われる、命を奪われる。
災害とは、なんとも過酷なものです。

この異常気象、地震多発の現代では、誰もがいつなんどき、どんなことに巻き込まれるかわからない。

「一番大切なもの、それは時間」
とある心理療法家の言葉として伝え聞きました。
確かに、これだけは何をどうしても取り返しがつかない。

「いつやるの? 今でしょ!」という言葉が流行語になったのも、これに共鳴する人がたくさんいたからでしょう。

時間とは命です。動き、流れているから命がある。

ところが、なぜか私たちは、自分の時間はこの先ずっとこのまま続くだろうと、暗黙のうちに思っているようです。
「明日やればいいか」という言い訳は、私もよく自分に使ってしまいます。

「そのうち、お金ができたらやろう」とかも、人がよく言うことです。
どうも時間よりお金が大事と思う方がたくさんいるようです。
いくらお金をため込んでも、命がなかったらどうにもならない。
お金はそこまで大事なものでもないのです。

お金を使いたくないからじっとしている、というのも何か「人生」に対する考え方として本末転倒のような気がします。
じっとしているうちに、周りのものごとはどんどん変化して、チャンスは逃げていってしまう。

一瞬一瞬を大切に生きること。
未来の幸せを願うのではなく、今の幸せをめざすこと。

やりたいことがあれば、今すぐに始めること。
たとえそれがあまり良い結果に終わらなくとも、それは「経験」として残ります。
なんの経験も持てない、のっぺらぼうな時間を過ごすよりずっといい。

明日は何があるかもわからない、たった一度きりの時間。
繰り返されることは絶対にない時間。

「わからない未来」を不安に思うのではなく、「今、ここ」にしっかりと根付くこと。
「今、ここ」にしっかりと目を向けること。
そして踏み出してみること。

流れている時間に並走する生き方をしたいと、思ってみたりするのです。


長谷寺

 鎌倉 長谷寺

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わからない未来に不安を思いながらも今を一生懸命生きているのです。
今しか生きられません。ヘリクツすみません。
歳をとってきたのでしょう。ごめんなさい。

会の者です。苦しみ抱えて人が来られます。
苦しみながら、今を生きているから、ここに(会)来られたのです。
今を生きて という人もいますが、この人こそ今を一生懸命生きている人ではないのでしょうか。

意味違いで言っているのだとわかります。
でも言わせて下さい。ありがとうございます。

最後になりました。暑中お見舞い申し上げます。

Re: No title

とくめい様 コメントありがとうございます。苦しんでいるかたも、もちろん今を生きているのですよね。よくわかります。暑い毎日、お気をつけてお過ごしください。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR