FC2ブログ

少しだけ新しいことを

先日は、高知行のことを長々と述べましたが、実は高知へ行く前は気が進まなかったのです。
西日本での洪水のあとだったこともあり、それに加えて猛暑。
ひとつには、熱中症がこわかったというのもあります。

でも行ってみれば、なんのことはない。とても楽しい二日間を過ごせました。

この頃、こういうことが増えてきました。
何かいつもと違うことをする前は気持ちがのらない。
きっと不安と面倒くささを感じてしまうのでしょうね。

反面、日常的なやり慣れたことだと、別になんということなくできます。
あたりまえのことかもしれませんが。

けれど、世の中には次々に新しいことに手を出してみたり、いろいろなところへ行ってみたりしないといられない活動的な人もいます。

反対に、毎日毎週毎月、同じことを繰り返して、穏やかに暮らしている人もいます。
それが幸せと感じるのなら、それでいいのでしょう。

ただ、毎日同じような暮らしをしながら、自分のなかに何か物足りなさを感じる。
本当はもっと広い世界に出ていきたいと思っている。
そんな場合もあります。

そういう欲求がある人ほど、「穏やかに」暮らすことはむずかしくなります。
「本当はやりたいのにできない」という思いはストレスです。

そんなストレスを解消するために、決まりきったこと、でもなんとなく気持ちよいことに逃げたりします。
アディクションとまで言えないレベルでも、お酒を飲む、ギャンブルをする、ゲームをする、テレビを見続ける、つい甘いものを食べてしまう。
そんな癖があるかたもいるでしょう。

昔と違って生活は便利になっている。
休みが増えて時間もありあまっている。
そんな私たちは「退屈」というものをどうしていいかわからない。

けれど一歩踏み出すには躊躇する。
なぜなのでしょう。
きっと踏み出した後のことが心配。あるいは自信がないということも言えるでしょうね。

高知行きをためらった私は「体力に自信がなかった」からです。
同じように、自分の対人関係能力に自信がなかったり、人から変に見られるのではないかと心配だったりで、一歩を踏み出せない人もいるでしょう。

かといって、考えてみると、人生は一回きり。
まだ若い人にとっては、若い時期は一度だけ。

もったいないことです。

新しいことにチャレンジしないで、同じことを繰り返していれば、安全ですし、自尊心も傷つかない。

ただ、やってみると意外に簡単だったという場合が多いのではないでしょうか?
かえって新鮮な楽しさを感じたり・・。
はじめから大きなチャレンジを考えなければいいのです。

私も生活が惰性にならないように、時々、気を取り直して新しいことをしてみます。
たいしたことではありません。
ネットで調べて初めてのカフェやお店に行ってみる。
行き慣れた街のいつもとは違う地区を歩いてみる。
久しぶりの友人に声をかけてみる。

毎日同じことをしていると、頭のなかも同じループになってしまうような気がします。
時には、ほんの少しの新しい刺激を経験する。
そのことで、持ち前の好奇心が刺激され、もっといろいろなことがしたくなるかもしれません。

鎌倉にて

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「一番苦しいのは何もすることがないことだった」先日見ていたテレビで、定年後の生活について70歳くらいの男性が言っていました。定年前は、やっと楽ができると思っていたのにーと。でも、彼は手に技術を持っていて、家電品の修理ができる。そんなエンジニアを集めて会社を立ち上げた人がいるとテレビでドキュメントしていました。70歳代でもまだまだ働ける人はいくらでもいる時代。なんだか、希望のもてる番組でした。
私も、いくつになっても自分の足で歩き、丁寧に仕事がしたいと思っていました。でも、最近、体を壊してしまい、検査の数値は悪くなるばかり。何の因果かと理由を探したり、良いというものに飛びついたりしていましたが、なかなかです。でも、私は今ここは
立っているし、仕事にも行っている。大好きなへたくそなバレエもしている。治療方針も常に自分で決断しなくてはならない。なんだか、訳が分からなくなるときも沢山です。
今日、発見誌の岩田さんの手記を読みました。会を立ち上げた時の思いを受け継いでいきたいと思います。
そういえば、最近新しいことをしていませんでした。何か見えてくるかもしれませんね。やってみます。いつもありがとうございます。

一番苦労した人間が一番幸せになれる

分かります。旅行なんて気が進みません。
できればいきたくもないです。
結婚してから三回は引っ越しをしたんですが、
去年の引っ越しが一番きつかったです。
同じことの繰り返しが大好きなのに、すべてが変わりましたから。
すべてが0からでした。
いまだに慣れません。
病気もよくはなりません。
ただ娘は本当に素晴らしいから、
娘や旦那の出世には希望はもてます。
結婚してからもものすごい苦労しましたが、
去年の引っ越しはいまだにまだ精神的にきてますね。
でもおかげで回復はないけど、
楽はしてないから、ギリギリ全体性で、闘えてますね。
同じ場所で同じことばかりしていたら、
楽だから回復するのかもしれないけど、
ぼけて障害者になりそうだし、
全体性でない場所で一番になっても、
無益ですから、
厳しい場所で、ギリギリ全体性で闘えている喜びを感じようと思います。
聞いていただきありがとうございます。
岩田さんはとても優しいかたですね。
旅行お疲れ様でした。これからも頑張ってください!

新しいこと

ワークではお世話になりました。本来の自分を半分ぐらい出せて楽しかったです♪もっと出せればいいのにストップさせてしまう自分がいます。新しい事は月1回サイコドラマに行き始めました。王女様の役とかやって来ました♪あとは滑舌を良くするために「あめんぼの歌」をやってます。1ヶ月でやっと暗記できました♪たまに何もしないでのんびりしていればいいのにって思うんですけど何もない日が続くと余計調子が悪いです。何か止めようかとも思うんですけどできなくなる日は必ず来るのでそれまでは色々やってようかなって思ってます♪

広がり過ぎて

あれもこれもしてみたい人です。
そしていろいろ手を出してどれも大成していません。絞ればなるとの保証もありませんが。体力も人生の時間も有限という事実にちょっと気づき始めつつありますが、まだまだという気持ちとせめぎ合う今日この頃です。

ワークではお世話になりました。
しみじみ、ほのぼの、そんな言葉を伴って思い出されます。

Re: No title

Chaki様 コメントありがとうございます。お身体をこわされたのですか? きついことですね。でも、まだまだお仕事もなさっているとのこと、確かに、いくつになっても自分の足で歩きたいですね。どうぞご無理のないよう、新しいことにチャレンジしてみてください。

Re: 一番苦労した人間が一番幸せになれる

ひろみ様 コメントありがとうございます。確かに、全部がすっかり変わってしまうというのもストレスですね。最初からやり直しですものね。回復はなくとも、現状に対処していければそれでいいのかもしれません。ご健闘をお祈りしております。

Re: 新しいこと

ひまわり様 ワークではこちらもお世話になりました。あれで半分ですか!まだまだエネルギーが余っていらっしゃるのですね。サイコドラマに挑戦なさっているとのこと。女王様の役なんて、気持ちよかったでしょう?いろいろ手を出すことが性に合っていらっしゃるのかもしれませんね。

Re: 広がり過ぎて

みき様 ワークではお世話様でした。「しみじみ、ほのぼの」ですか! そんな感じの思い出が一緒に作れてよかったです。いろいろ手を出すのもいいですよね。大成なんて言わずに、その時間をじっくり味わうだけでもいいのかも。「有限」という言葉は私にも迫ってきています。

9月

ワークではお世話になりました♪

9月にスイスに行くのですが、12日から18日までスイス、19日から21日まで仕事、22日にピアセミナー、23日に練馬集談会、24日に名古屋でアケローさんの講話を聴いて25日からまた仕事・・というのを計画しています。

スイスは高山病が心配ですが、どんな景色が楽しめるのか、本場のチーズフォンデュに白ワインをあわせたらおいしいだろうなとかワクワクも大きいです。

でも体力が心配・・。

No title

みなさん、すご~い!!

Re: 9月

ともさん ワークではお世話様でした。9月はすごいスケジュールですね。スイス、素敵そうです。でも確かに体力もだんだんなくなっていくことだし、きっとそのうち取捨選択せざるを得なくなるのでしょうね。なにごとも「無理に」でなく「自然に」そうなっていくようです。

Re: No title

とくめい様 そうですね。私も皆さんのエネルギーに圧倒されます。神経質の人たちが、本当は自分の内に豊富なエネルギーを持っているということ、納得できますね。

No title

納得できます。

私も、よくここまできたもんだと思います。

No title

上記の続き。

たくさんの人にいただきました。
物や、親切、言葉、数々のものをいただきながら
支えられてきました。

これからも、どううぞよろしくお願いします と
東西南北に心むけて。。。

初めまして

 初めて、書き込みします。
以前から、時々、読んでいました。
ACの会に、一度参加しました。
私は、対人や強迫の悩みがあります。

 特に強迫症状については、私は、「下らない事、ばかばかしい…」とは、思えず、反対に徹底的に調べて、納得しないと、前に進めないとこがあります。(進めないと言うより、無意識に、進まないのかもしれません。)
 苦しくて、思考もおかしくなるくらいに、調べても、止める事が出来なくて。
内容が、お金に関すること、市役所とかに聞きにいかないと分からない、専門的な事等で、質問を沢山してしまいます。やればやるほど、質問が湧いてきます。知らない事、間違えられる事が、不安・恐怖で、知らないと自分だけが、損をすると思ってしまいます。その根源が、何なのか…分からずにいます。

 それでも、何とか、終わらせて、また、月日が経ち、同じ問題が出てくると、今度は、やるまでにものすごく時間が、かかってしまい、先生のおっしゃる「着手不安」です。
 凄く、億劫で、期限がないので、また、調べたりする、不快な苦しみを味わうのかと…、思うと、嫌で、先延ばししてしまいます。
 放っとおくことは、出来ないので、いつかは、やるのですが、まだまだ、バランスが悪く、「ほどほど」「ここまで」の線引きが、中々出来ず、今に至っております。発見会歴も長く、カウンセリングや色々な方法を、やってきました。酷い時に比べれば、良くはなってきました。
 やっと、強迫の症状は、根源は分からないのですが、「将来に対する不安からの防衛反応」と、何となく分かってきたという状態です。(森田療法では、原因探しは不要と言われておりますが。。)

 限りある人生なので、ほどほどにして、何かやりたいことや、楽しいことに、目を向けたいです。。

 初めてなのに、長々と、申し訳ありません。読んでいただいて、
ありがとうございます。

Re: 初めまして

みかん様 初めまして。コメントありがとうございます。一度、お目にかかったことがあるのですね。強迫症状で大変な思いをなさったご様子。本当に苦しいですね。まずは楽しいことをしてしまうというのも、ひとつの方法ですよ。これからもブログをご愛読いただければと思います。

おはようございます

 お返事ありがとうございます。
…何かやりたいこと、好きな事、それが中々見つからないのですが、(他の人からも、同じような事を、聞いたりします。)少しでも、興味あること、小さな事、何でも良いんですよね…。
 並行しながらでも、何か、やることで、強迫に費やす時間や労力が、減ると良いなと思います。「減らすため」と思うと、また、そこにとらわれちゃうんで、気を付けながら。(強迫症状は、0にはならないと、覚悟しています。)

 これからも、ブログ、読ませて頂きます。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR