FC2ブログ

「かくあるべし」で疲労困憊

ご相談にいらっしゃるかたのお話を聞いていると、時々、「そこまできちんとやらなくてもいいのになぁ」と感じることがあります。

特に家事をまかされている主婦のかたに、そんな感じを持ちます。
家事には終わりも基準もありませんから、やろうと思えばいくらでもていねいにできるものです。

それに神経質的な「かくあるべし」が加わると、「必ず~しなくてはならない」「主婦としてこれははずせない」という感じで、誰も頼んでいないのに、自分の頭のなかで考えたパーフェクトな家事スケジュールをこなしてしまう。
そうすると、自分のなかで「やった!」という感じがして気持ちよい部分もあるのかもしれません。

ところがそれをやり続けると、母親がこれだけやってくれるものという観念が、家族の「当たり前」になり、母親に当然のことのように頼るようになる。
家事はますます大変になる。
疲労困憊してしまいます。

若いうちならいいのですが、歳をとると、限界がやってきます。
夫は定年退職できても、妻の家事には定年がありません。
かえって、夫の食事を三食用意しなくてはならなくて、悲鳴をあげるということが起きてきます。

「こうしなければならない」という完全主義は、ただ苦行のように達成を目指すだけのものではなく、そのなかに「達成できたときのスッキリ感、充実感」をねらう気持ちがあります。

「やった!」という快感ですね。

しかし、他の人の家事のことだと「そこまでやらなくても」と思えるのに、自分を振り返ると、私にもそういう完全主義があって、それは仕事に対して発揮されます。
しかし家事にはまったく発揮できないので、きっとこれは各々の価値観のあるところに出てくるのでしょうね。

自分では「かくあるべし」だと思っていない。
むしろ「これくらいやるのは当たり前でしょ」ぐらいに思っている。
ところが、あとになって自分の仕事を振り返ってみると、「あそこまで時間かけてこの程度?」と思うことが多いのです。

そんなふうに一生懸命になるのは、あるいは安心したいのかもしれません。
誰からも批判されたくない、などという「不可能」を目指している部分もあるかと思います。

でも、批判されようが、他人からどう言われようが、私は私。
今、この時点でできることはこの程度でしかない。
妥当な批判は受けるし、不当な批判は無視すればいいだけです。

森田の言葉のなかには「完全欲はますます発揮したほうがいい」という趣旨のものがあります。

ただ、これは自分の気分をすっきりさせるための完全欲や、現実を無視した完全欲ではありません。

あくまでも「現実にそった」「自分の実際の能力にそった」完全欲であって、理想の状態をつくるためのものではありません。

今、「やらなければならない」と思っていることは、現実の世界で本当に必要なことでしょうか?
自分の気分や他人の視線を気にした「かくあるべし」ではないでしょうか?

一度、自分の仕事ぶりを振り返ってみることが、もっと「自分を大切にした生き方」へと通じていくかもしれません。

ひまわり

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

対等な関係

それはあります。
スケジュール通りに動かないと気持ち悪いんです。
森田療法は素晴らしいんですが、
わたしはACで、反応ばかりしてしまうから、
言いっぱなし聞きっぱなしのミーティングが合っています。
アドバイスもないから、上下関係もなく、対等な関係が合うんです。
偉そうな人間に、腹立つこともないから、非常に癒されるんだと思います。
引っ越してから、近くに合うミーティングをやっと探せたから、
とてもよかったです。
深入りもするつもりはなく、仲良くもなりたいわけでもなく、
境界線ひきつつ、
かるーく仲間と繋がるつもりです。
人間関係は面倒だから、一人でいたいきもするんですが、孤立もよくないですからね。
たまに癒されにいこうかなと思います。
最優先は育児ですけどね。
今は夏休みで、娘と毎日いろいろ遊びにいきますが、
娘とは性格もあうから、
毎日楽しんでいます。
二学期からはまた忙しくなりそうだから、
大変そうですが、
頑張りたいです。

Re: 対等な関係

ひろみ様 コメントありがとうございます。確かにスケジュールをたててしまうと、どうしてもその通りにしたい感じが出てきますね。でも「遊ぶ」ことができているのですね。豊かな時間をお過ごしのことと思います。安心できるグループも見つかり、よかったですね。

完全欲について

こんにちは。
今日は、また、暑いですね。^_^;

 今回のコメントで、完全欲について「これは自分の気分をすっきりさせるための完全欲や、現実を無視した完全欲ではありません。
あくまでも「現実にそった」「自分の実際の能力にそった」完全欲であって、理想の状態をつくるためのものではありません。」を、読みまして、自分の強迫症状に当てはまる部分が、あると、思いました。

 昨日の事です。私は、銀行で、預金利息の計算内訳を質問していました。時間が、掛かると言われて、水曜日に最初質問して、間一日空けて、昨日、回答もらいました。
「手計算は、普段しませんし、他のお客様もいますし、時間が、すごく掛かるので、今後はこちらのメモは、捨てずに参照して下さい。」と言われました。「もう一件は、計算が複利で複雑で、私の力不足で、出来てない」のでとの事で、「自分では、分からないので、聞きました。もう一件は、合っていれば、良いです。」と伝えました。

 私は、他者から「合ってるよ、大丈夫だよ」と安心が、欲しいんですね。「中々、聞く人はいない」と言う現実。機械が出すので、窓口の人も、直ぐに計算出来ないんですよね。(出来る人もいるとは、思いますが。。)
 私は、お礼を伝えて、後悔はしてないですけど、申し訳ない気持ちになりました。計算式は分かったので、今後のチェックは、出来ます。
 平日、フルタイムで働いてる方や、気にしない方、時間に余裕のない方は、きっと、聞きたいとも思わないですよね。時間掛かるし、疲れますし。。

 私は、回復に、何年もかかっていて、恥ずかしいですが、時々、この様に、開示する事によって、世間の事実が、分かってくるので、チャンスがある時は、皆さんに迷惑かけないように、書いたり、話していきたいと思います。

Re: 完全欲について

みかん様 コメントありがとうございます。暑いですね! ご自身の体験をこうやって書いてみると、自分のことが客観的に見られるようになって、現実感が増してきますよね。特に強迫のかたは、「普通の人はどうやっているのか」を(比べるのではなく)参考にすると事実がわかってくる部分があるようです。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR