FC2ブログ

「毒親の正体」

クライエントさんから、その親御さんのお話を伺っていると、時々、「このお母さん(お父さん)は、なぜ子どもに対してこんなに妙なことをするんだろう」と思うことがあります。

当然ながら、子どもであるクライエントさんは混乱し、「もしかしたら自分が悪いのではないか」と思ったりします。
そういうかたたちは、なぜか親のことが心配で家を出られなかったり、親のことが頭にこびりついて次の人間関係に向き合えなかったりします。

親から離れられた人は、それはそれでいいのですが、頭のなかに親とのことが解決もせず残っていたりするものです。

そんなふうに子どもを混乱させる親は「毒親」であると定義することが一般に広がり、認められてきたことで、子どもは「自分が悪いわけではなかった」と安心できるようになってきた、というのが昨今の流れです。

でも「では、なぜ親は自分に対してそのような扱いをしたのだろう?」という疑問は残ったまま、距離はとれるようになっても釈然としないまま、という人も多いのが事実です。

そんな人に答えを提供してくれそうなのが、この本です。

『毒親の正体』水島広子著 (新潮新書)
精神科医の立場から、「毒親」の「精神医学的事情」を説明しています。

この本で特筆すべきは「毒親」が「毒親」になる事情を次の四つのパターンに整理し、そこからその詳細や対処について述べていることです。
(親が)
1 発達障害タイプ(ASDとADHD)
2 不安定な愛着スタイル(不安型と回避型)
3 うつ病などの臨床的疾患(トラウマ関連障害、アルコール依存症)
4 DVなどの環境問題(深刻な嫁姑問題、育児に対する心の準備不足なども)

考えてみればたとえ自立し、結婚で親から離れられたとしても、親に対する疑問は、何らかの形で(たとえば自己肯定感のなさ、人間関係に対する不安)子どもに残っていくものです。
つまり物理的に自立しても、精神的な自立は果たせないままということです。

カウンセリングでも実感するのですが、そういう親も人間であり、それぞれの事情があったのだと心の底から理解・納得することは、子の立場の人が親からの「精神的自立」を果たすために必須のことです。
そこで初めて、親と対等な人間になれるのだと思います。

「心の底から」と書いたのは、この作業を「こうでなければならない」と、頭のなかだけで進めようとしてしまいがちな人もいるからです。
「心の底からの納得」と「知識での納得」とは違います。
そういう方向性がわかっていれば、その時は自ずからやってくるものです。

この本では、順を追って、その理解のプロセスが書かれています。

ご自身の親を「毒親」と思っている人、ご自身が子どもから「毒親」認定されてしまった人、一度手にとってみられると参考になると思います。


 
親子関係で悩んでいるかた、ご相談ください お茶の水セラピールーム
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

みんな病気???

「毒親の正体」買いました。電車の中で少し読んだだけだけど母はASDだったのか?そして不安型の私と回避型の主人、息子も娘も病気。。。何か暗い気持ちになってます。バーセラまでゆっくり読みます。
----------------------------------------
今日は母の付き添いで1日終わりました。まさか母が病気なんて思いもしなかったのですが、何か言われても「病気だからしょうがないか」って思ったらだいぶ楽でした。主人も病気なのに発散せずに大人しいので鬱病にならないか心配です。

Re: みんな病気???

ひまわりさん コメントありがとうございます。本当に病気かどうかはわかりませんが、確かに、相手は「病気」だと思うと、「しかたないかな」という気持ちを持つこともできますね。性格だと思うと憎たらしいけど(笑)。この本には対処のしかたも書いてありますので、最後までお読みになるといいですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 良い言葉だと思います

N様 また非公開のコメントにコメントします。良い言葉だと言っていただいて感謝です。また後日のご報告をお待ちしております。

久しぶりのコメントです。
水島広子先生は、まだ日本では保険診療の対象になっていない対人関係療法をされているんですよね。自己肯定感がもてるようになる療法のようで、興味があります。保険診療が早く認められると良いのですが。
最近読んだ細川てんてんさんとの共著が面白かったです。

症状が良くなった方々から、自己肯定感をもてるようになったからだ、とお聞きすることが多いです。

親が亡くなると、本当の記憶なのか、自分で記憶を捏造しているのか、分からなくなるところもあります。
けれど、自分の根っこを否定せざるを得ないので。特殊な原因と、それを両親ともが否定するetc…ありますが。

この本は未読だったので、読んでみようと思います。

Re: タイトルなし

mew様 コメントありがとうございます。相変わらず読書家ですね。親のことは解決できるときがくると思います。この本はいいですよ。水島広子先生は対人関係療法をなさっていますね。日本では精神療法は健康保険の対象にはなっていません。唯一、医師の指示で認知行動療法をすると(30分)保険適用になるようです。カウンセリングがもっと身近になれば、助かる人がたくさんいるのに、と思います。

No title

最近一緒に暮らしている娘が「自立して一人暮らししたい」と言いました。その夜ずっと考えて、「そうしたいのなら応援するよ。疲れたらいつでもご飯作って待ってるよ」そう答えていました。でも次の日、仕事がキャンセルになって、時間ができると私はあまり親しくない人に電話していました。彼女が電話に出た途端に嗚咽していました。彼女は黙って話を聞いて「寂しいよね」と一言。それだけで救われました。
ご紹介いただいた本、読んでみたい。でも親を憎みたくない。うちはそこまでひどくなかった。あーでも心の底から人間だったと親も自分も許せたらーと気持ちが揺れています。

読み終わりました

ちょうど図書館で予約していた本が届いたところでした。
最初から順番に読んでいくと、とても整理できたように思いました。
父はASDタイプで「人間のクズ」と言われると子どもがどう思うのか想像できない。母は、不安定な愛着スタイルのため私に心理的、精神的虐待を行い、ASDの父との生活のためうつ状態で育児や家事に支障をきたしている中、なんとか18歳になるまで育ててくれた。
私はなんとか高校を卒業した後大阪で自立しましたが、弟のギャンブル依存の穴埋めをさせようと金の無心をしてきた・・。
私なりに父や母の病院代を払ったり必要な時は自分で働いたお金を出したし、弟のギャンブルの穴埋めはしなかったのも良かったと思っています。とうとう弟は生活保護になりましたが、これは弟なりの自立なのだと思います。

Re: No title

chaki様 コメントありがとうございます。ご自身の親がそこまでひどくなかったと思われるなら、わざわざこの本を読まなくてもいいと思います。逆の方向から、自分を「これでいい」と思えたならば、親のことも「まぁ、いいか」と思えるようになるということもあります。それほどひどくないのなら、無理に解決しようとすることはやめる、自然にまかせるというのも、ひとつの手です。

Re: 読み終わりました

とも様 いろいろとたいへんでしたね。でも、自分と周囲とがだんだん俯瞰できてきているような気がします。家族の他のメンバーの事情がわかるのも大事ですが、ともさんの場合、自分もたいへんだったと認めてあげてくださいね。

グリーフワーク

今までは、両親や弟が私に無茶苦茶を言ってくることから自分を守るために常に戦闘態勢をとっておかなくてはやられてしまうので、自分の状況を悲しむことができませんでした。
幸い?両親も亡くなり、弟も行政の保護下に入りましたので、12月にグリーフワークwww.a-h-c.jp/seminar/4837に参加してきます。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR