FC2ブログ

未来のことはわからない

前回のブログを書いたときに補足を書こうと思っていたのですが、何かと忙しく、今になってしまいました。

前回、いやなこともそのままに・・・などと書きましたが、それを読んで「なんだ、森田療法をやっても気持ちはすっきりしないんだな」と、やる気がそがれてしまったかたもいるかもしれません。

「症状はそのままに」「いやな気持はそのままに」と言葉で書くと、あたかも本当に「そのまま」でしかいられないと思われるかもしれません。

けれど、言葉では「そのまま」なのですが、実は、これを実践してみると予想しなかった変化が起きるのです。
いやな気分も症状も、以前のままではなくなります。

これが、森田療法の逆説と言われる部分です。
むずかしいのは「それなら、これをやっているといい気持ちになるんだな」と、そこを目指すと、また症状や気分をはかる態度になり、いつまでも同じままです。

ただ、先のことはわからないけれど、今の現実に生きるという態度で毎日を生きていくしかない。
そうすると、自ずから変化が表れるのです。

「未来のことはわからない」というのは事実。
それでも、いろいろな予測をして心配するというのは、誰にでもあることです。
未来を予測するというのも、もちろん、人間にとって大切な能力です。

心配だから災害に備えて準備をするとか、締め切り近くになるとあわててしまうから、今、やっておこうということは、当たり前のことです。

でも時には、この未来予測が自分の心の微細な動きにまで及び、心配するかたもいます。
「今これをやると、きっと将来後悔したり、心配したり、思い煩うことになるに違いない。だったら、やらないでおこう」
こういう心配は、自分の良心がとがめることに手を出さないということになって、役に立つ部分かもしれません。
けれど、心配の対象によっては、積極的行動を妨げることもあります。

強迫的な方の場合、こんなふうに考えることもあります。
「これをやらないと、ずっと強迫的に思い煩うに違いない。だから今やってしまおう(強迫行為など)」

未来の自分の心境まで心配して、今をコントロールしようとする態度です。
そのかたの心のなかでは、疑問もなく、ごく当たり前のことになっている場合もあります。
そしてこの心のなかのやりくりがまた、症状を強化していきます。

自分の心がどう流れていくかは、測り知れないこと。
そこはもう「まかせるしかない」という世界です。

つまり、そこは「わからない」部分。
だからわからないままにしておく。
そして自分の心は大丈夫だと、すこしだけ信じてみる。

それが「まかせる」ということなのだと思います。


住友ビル2019

新宿・住友ビル

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まかせるって難しい

子どもがまた仕事を辞めました・・。「聞こえるように悪口を言われた」そうなのですが、30年働いている私からすると「そんなことで・・」と思ってしまいます。ただ、幸いなことにものすごく落ち込んでいる様子ではなく、目指す方向性もあるようなので、もう21歳だし、まかせるしかないんだろうなと思うのですが、「野垂れ死にするんじゃないだろうか?」とか、「どんどん悪い方向に転がり落ちているのでは?」とか不安でいっぱいになってしまいます。わいてくる思いは黙って抱えつつ、彼の人生は彼に任せて自分の人生やっていくしかないんでしょうね・・。

Re: まかせるって難しい

ともさま ご子息のこと、悩ましいですね。でも子供を思うようにすることはできないし・・・。自分だったらまだしも、他人のことですものね。本当にたくさんの親が子供のことで悩んでいると思います。たとえ相手がもう大人でもね。相手の問題や性格によって対処は違うかと思います。「まかせる」とか「つきはなす」とかいうひとつの言葉にとらわれず、相手との境界線を守りながら、それでも目をそらさず、一緒に悩んで成長していくしかないのかな。

上手く言えないのですが。^_^;

 今晩は。
あれから、約2週間経ちました。
発見会の大先輩や仲間に、相談して、その時に、とらわれていた「強迫行為」を止めました。でも、保険会社に、ぎりぎりまで、強迫行為(質問)していました。

 私としては、強迫行為をしない事が、「逃げてる」と、自分を責めていたので、うつ状態になったのも、わかりました。
「だめだ!逃げるなら、早く質問しろ!」と、言う考えが、あったのです。
私は、「間違えられて、損する」のが、恐怖なのです。

「それは、逃げじゃないですよ。強迫行為をストップしてるのですよ」とメッセージをもらい、救われました。
あと、「違っても、数千円でしょ?」
そうです。。確かに。今までなら、数千円、数円でも、躍起になっていました。

 ある程度質問して、疑問沸いても、「自分に「大丈夫」って、唱えてみたら?」も、救われました。これが、「任せる」と言うことなのでしょうか。

そして、「その、質問行為は、気分本位です。」と、言われて。ハッとしました。自分は、正義の味方、不正を正すみたいな気持ちが、あるからです。
(ハッとしましたが、0になったわけではないです。今回は、もう、問い合わせはしませんが、時々思い出して、聞きたい衝動にかられます。。なぜですかね。)それから、不全感は、ありながら、本当に、少しずつ、元気になってきました。

 今回、感じたのは、私は、相談して話せる人がいないと、ダメで、回りや、現実・事実が見えなくて、症状に、はまります。
 年齢は、関係ないかもしれないですが、発見会も長く、参加していて、相談するのは、「依存」で、良くないのかなと、気にしています。
 中々、ひとりで、解決出来ないのが、今の悩みです。

Re: 上手く言えないのですが。^_^;

みかん様 私は多分みかんさんとお会いしたことはないですし(?)みかんさんの症状のことはよくわかりません。でも強迫神経症を自分だけで解決しようとするのは、とても難しいことです。周りに相談できる先輩がいることはとても心強いことだと思います。強迫行為は「すっきり感」を求めてやってしまうこと。すっきりしないことに慣れることができるといいですね。

こんにちは

 お返事ありがとうございます。

症状の内容が、長くなってしまい、申し訳ありません。
 先生とは、ACの勉強会で、以前、お会いしました。
 強迫は、中々、手強いですね。(自分の中から、出てるので、消えないですね)
折り合いつけて、周りに相談したりして、コントロール出来るようにしたいです。

Re: こんにちは

みかんさま お返事ありがとうございます。お会いしたことがあったのですね。強迫行為はコントロールしようとすると、ひどくなりますよ! きちんと森田療法を学ばれるチャンスがあるといいですね。

お返事ありがとうございます

 森田療法は、平成7年に基準型学習会、数年前に、オンライン学習会を受けました。発見会歴も、20年以上です。まだ、理解出来てないのですかね。。強迫でカウンセリングや認知行動療法も受けました。
以前、方法はありますとコメント頂きました。先生の著書の「流れと動きの森田療法」を、改めて読み始めました。

 私は、自分の強迫行為がバカらしいとは、思えないのです。どこまでが、気分本位なのか、線引きが、難しいと感じます。

 でも、苦しいし、やり過ぎると、生活に支障を来してしまうので、もう少し緩和されたいです。
ここは、ブログなので、治療の場でないので、内容が、行き過ぎでしたら、申し訳ありません。

Re: お返事ありがとうございます

みかん様 コメントありがとうございます。森田療法での回復はそれほど難しくないのですが、自己流の解釈に迷い込んでしまうとわからなくなる部分がありますね。理論と「自分」とを照らし合わせるというのは、大切かもしれません。そこらあたりは一人ではなかなか困難な部分です。早く楽になるといいですね。

お返事ありがとうございます

 コメントありがとうございます。 
ある程度、回復したり、ある程度、治療を受けると、あとは、自己流に解釈してしまう事が、あるように思いました。
 私も、1度は、回復したかのように思えたので、頭での、やりくりが、強化されて、偏っているのかもしれないです。「行き過ぎた、かくあるべし…」?!
 また、こちらで、可能な範囲で、ヒントを得られたら良いな…と思います。ありがとうございます。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR