FC2ブログ

思春期はこわれもの

「荒野へ」という本を読みました。
1996年に、ジョン・クラカワ―という人が書いたノンフィクションです。

なぜ読もうと思ったかというと、とある思春期のかたが「イントゥ・ザ・ワイルド」という映画のことを教えてくれたからです。

ロードムービ―好きの私は早速DVDを見てみました。
2007年の映画で監督はショーン・ペン。
そしてこれが実話だと知り、すぐに原作を読んでみました。

何しろ私は「この物語は事実にもとづいています」という決まり文句にすごく弱い。
すぐに原作本を探して読みたくなります。

この作品の主人公、クリストファー・マッカンドレスは、1992年アラスカの荒野の捨てられたバスのなかで死体となって発見されます。24歳、死因は餓死でした。
彼はその2年前大学を卒業したあと、アメリカ放浪の旅に出ます。所持金を燃やし、車を捨て、ヒッチハイクでアメリカを放浪します。そして目的の地、アラスカで生活することを夢みて、捨てられたバスのなかに住みつきますが、結局生還できずそこで死んでしまいます。

家族は彼が死んで報道されるまで、彼がどこにいたか手がかりもつかめず混乱していました。

この事件は当時、アメリカで大きな話題になったようです。賛否両論があったようです。その事件をとりあげ、登山家のクラカワ―が、クリスの足跡を追ってノンフィクションを書いたという経緯です。

私がこの映画を見、物語を読んで感じたのは、「実に思春期だなぁ」ということ。
クリスは読書家で、トルストイやソローを読み、その思想に心酔していました。
言うまでもなくこの作家たちは皆、理想主義者です。トルストイは自分の財産や印税を疎ましく思い、それを拒否しようとした清貧の人でした。

クリスが最小限のものだけ持って放浪したというのも、そんな理想に共感したからでしょう。
そしてそんな理想を胸に放浪するクリスは、アメリカの圧倒的な自然美を次々と目にし、所有欲とは縁遠い生活をする人たちと出会って影響し、影響されていったのです。

思春期をとうに卒業した人たちは、彼の行動を「無謀」と言い、「家族のことや自分の命を大切にしなかった」「自然を甘く見ていた」と言うでしょう。

しかし思春期とは、そういう時代なのだと私は思います。
何かの「理想」に共鳴したら、それが現実化できるものと思い、それを目指そうとする。

理想とは遠い現実には醜さを感じ、怒りを感じ、なるべくそこから遠ざかろうとする。
クリスも家族に対して怒りを感じていたようです。父親は努力して成功した人でしたが、重婚をしていた時期がありました。

幼年期、そして思春期は、脆さを抱えている時期です。
脳だって、まだ発達途上です。
この時期の情緒的トラウマは、時として精神的な病気の遠因となったりします。(断っておきますが、素質もありますので必ずそうなるというわけではありません)

だからといって、どうすればいいのかということは、簡単には言えません。
しかし、思春期がそういう時代だと知っておくことは、大事なのではないでしょうか。
知性は十分発達しているけれど、経験は少ない。

そんなときに、家庭内の不和や親の過剰な支配、学校でのいじめを経験したら、それはその人の後の人生に大きな刻印となるであろうことは、予想できます。

しかし、思春期は美しく、詩的で新鮮な発想の宝庫でもあります。
キラキラした音楽や詩や芸術が思春期の感性から生まれてきます。
それは脆弱で感じやすい時期だからこそ生まれてくるもの。

そんなふうに美しく、それでいて脆い「こわれもの」の青年たちをしっかり守る環境を私たちは作れているのでしょうか。

クリスは、自分の家庭を嫌って「自然」に抱かれようと放浪した。
でもその自然はNature ではなく Wild(荒野)だったんですね。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。昨年は突然の電話にもご対応くださって、本当にありがとうございました。下の子も1歳を過ぎました。なかなかご連絡できずに申し訳ありません。前職は辞め、いまは自分の仕事で何とかやっています。先生のブログは時々拝見しています。

この映画、僕も公開した当時に見て、先生と同じように思春期だなあ、と思った記憶があります。と同時に、自分の中学~高校ぐらいのころに感じていたことを思い出しました。あのころは本をたくさん読んだり、音楽もたくさん聴いたりと、とにかく何でもその世界観にどっぷり没入できたように思います。たまに没入しすぎて、それが自分にとってすべてになってしまう危うさもあったり。そういうのは、まさに無為な時間で、今はその時間自体が美しく感じられます。

また、その時に吸収したものの貯金で、今も音楽を聴いているようなところがあるようにも思います。その時の原体験のおかげという感じですね。

ただ、現実との向き合い方がわからなくて、現実に対してどこかあきらめているところがあり、そして自分をあまり大切にしないところがあった気がします。自分を傷つける方向に向かってしまうというか。(って、今も大して変わらないかもしれませんが)
だいたい、そのころ読んでいた本や聴いていた音楽は、そのほとんどが難しいというか、単純明快で元気が出る!っていうものじゃなかったですし・・主人公がトルストイを読んでいたと知って、それよくわかる!と思いました笑。思春期に突然、哲学の本とか、太宰治とか読みだすのは一体なんなんでしょうかね。皆が皆読むわけじゃないでしょうが、ああいうので、元気100倍!明日も生きよう!とはなりませんし・・。いや、もちろんそういう人もいるかもしれません。

これから子どもが思春期を迎えることになりますが、何ができるのかということよりも、自分にも同じように思春期があったことを忘れずにいようと思います。僕が親に対して、親自身も僕と同じような経験をしてきて今があるのに、なぜそんなことを言うんだろう?と思うことがよくありますので。

とりとめもなく、また長文で申し訳ありません。

Re: No title

KTさま どなたかわかりましたよ。お久しぶりです。小さいお子様も一歳になられ、前職をやめられたとのこと、変化なさっているご様子、何よりです。思春期に体験したことは、自分のなかに残っていますね。特に音楽など感性のものは、確かに貯金になっているようです。でもあの頃読んだ本は、今はあまり手にしませんね。感性は残り、論理や思考はどんどん変化していく・・ということなのでしょうか。「自分に思春期があったことを大切にする」子育てにはプラスになりそうです。お元気で!

ありがとうございます

誰だかわかっていただけて、よかったです。
確かに、あの頃読んでいた本を読むことはありませんね。逆にあの頃感じていたことは、あれはあれでよかったのだと、今になって再確認できたりします。不思議ですね。
悩みながらも、今もなんだかんだやっていられるのは、先生のお陰だと感謝しています。ありがとうございます。毎日忙しく余裕がありませんが、またカウンセリングはお願いしたいと思っています。その際はご連絡いたします。先生もお体にお気をつけください。

思春期と思秋期

本当に『思春期はこわれもの』ですね。うちの子もクリスとほぼ同じ年(21歳)ですでに2つの会社を3か月以内に自分で辞めて、今就活中ですが、面接までいけても断られています。

私は18歳で就職して30年同じ会社で勤めているので「3か月以内に辞めるってどういうこと?お前みたいなヤツを雇ってくれただけでもありがたいと思え!」とつい自分にも厳しいので、自分の分身のような子どもに対しても厳しい感情が湧き上がってきます。

でもちゃんと理知が働く性分なので、湧いてきた感情はそのままに、言葉としては「困ったことがあったら早めに言いや」と言って、話しかけてきたら話すようにしています。

小さい時の自分にもキツくて「お前のせいでどんだけ生き辛い思いしてると思うんや!ボケッとしてんじゃねえ!」と蹴ったり殴ったりボコボコにしたい衝動に駆られます。

ずっとしんどくて生き辛いのはここらへんに大きな原因があるのかな?自分に似た人を見ると殺意を覚えるのでなるべくキライということを明確に伝えて遠ざけるようにしています。(やっぱりここまで激しい思いは伝わるみたいです・・)

『理想とは遠い現実には醜さを感じ、怒りを感じ、なるべくそこから遠ざかろうとする。』

小さい時は私は異世界から鍛えるためにこの家庭に送り込まれたのだという妄想で現実を覆っていました。いつか自分はこの醜い殻が割れて光り輝く本当の私が現れ出るのだと。

でも現実は醜い私のまま、親は異世界の親はいなくて虐待して、弟のギャンブルの借金を肩代わりさせようとして断ると「人間のクズ」と言ってくる人たちが親なのが現実。

怒りを感じて大阪に逃げてやっと両親が死んでくれて、弟が生活保護になってくれて、あとは子どもだけ。

湧いてくる感情や怒りと共になんとかやっていきますね。

思秋期も思春期よりは経験積んでるけど『こわれもの』です。

Re: 思春期と思秋期

ともさん コメントありがとうございます。いろいろな思いは湧いてきますが、少しずつ下ろせた重荷もおありなのですね。確かに思春期の子を思秋期の親が抱えるというのも、きついことです。子のことは、どうにもならないだけに自分のことよりしんどいかもしれません。それでも言動をコントロールできるのは、立派ですよ。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR