FC2ブログ

障がい者差別解消法に思う

またしてもしばらくブログから離れてしまいました。
でも、離れている間に社会では面白い出来事がありました。

参議院議員として重度障がいをお持ちのかた二人が選出されました。
なかなかよい発想ですね。
国民のなかには、いろいろな人がいて、様々な障がいや生きづらさを抱えている人がいる。
そういう人たちの代表が国会に行って意見を述べる機会ができたのは当然の流れと言っていいことです。
(そのうち、ひきこもりの代表も行けばいいと思う)

もうひとつ面白いと思えるのは(私が勝手に面白いと思っているだけなのですが)彼らが発言するときに、障がいに関わるヤジを飛ばしたら、国会議員としてレッドカードだと思うので、国会が、ある種リトマス試験紙的な場になるとも思うのです。

さて、無知な政治家が「国会の改修にあんなにお金を使うなんて」という発言をしていたようですが、これもレッドカードです。

日本には、「障がい者差別解消法」という法律があり、「合理的配慮」ということがうたわれています。
「合理的配慮」とは、ひらたく言えば、「障がいのある人が社会的障壁の除去を必要としているとき、それが過度な負担でない限り、障壁をなくす個別の対応や支援をする」ということです。

そして「公的機関、行政機関」の場合、これは「義務」なのですね。
一般の企業などの場合は、今のところ「努力義務」です。

ですから、国会は当然のことながら、彼らのための改修をすることが義務なのです。

最近の勉強(汗)で感じたことは、結構日本の法律は整備されている(あるいは整備されつつある)のだということです。
政治家がちゃんと把握しているかどうかは知りませんが。

法律のことには疎かった私・・・。
当たり前のことかもしれませんが、法体系のなかで、もっとも優先されるのは「憲法」。
次が「条約」。次が国内法。

この「障がい者差別解消法」も、国連の「障がい者権利条約」に2007年に日本が署名してから整備されました。
その他にも社会的に弱い立場の人たちの権利を擁護する法律はたくさんあります。
DVの被害者(男性も女性も)を保護する「配偶者暴力防止法」とか、「児童虐待等の防止に関する法律」などです。

知っているというのは、大切なことです。
法律で保護されているということ、助けてくれる行政機関や相談機関があるということ、それを伝えていくのも、知っている人の義務なのかなと思います。

誰だって、いつなんどき障がい者になるかわからない。
いつなんどき、弱い立場になるかわからない。
人間なんてそんなもの。
だから「共助」ということが社会には必要なんですよね。

しんじ湖
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に知っているということは大切なことです。

Re: No title

(*^_^*) 様 いつもコメントありがとうございます。そうなんですね。サポートしてくれるところがせっかくあるのに、それを知らないで孤立無援感を持っている人も多いかもしれません。知るというのは大事なことですね。

No title

先に書くの忘れましたが、写真、円月島ですね。

Re: No title

(*^_^*)様 これは円月島ではなく、宍道湖ですので、嫁が島(?)かと思います。昔の写真を使いました。

No title

宍道湖 そう言えば、よく見ると丸い穴がもっとあるように思います。パッと見た時、円月島と、すぐ思いました(*^_^*)
ひとつ知りました(^<^)

具体的な運用が課題かもしれません

はじめまして。
30年ほど前、生活の発見会の『生活の発見』誌上で時々お見かけした名前と同じ……ということで、訪問いたしました。
森田療法がご専門ということなので、私の推測は間違っていないでしょうか。

仕事柄、法規書の校正をすることが多いため、法律の制定や改正に関する知識は、割と豊富です。
おっしゃるとおり、日本の法律って、案外うまくできているのですよね。
ただ、法律の段階では立派なものができていても、それを具体的に運用する施行令や施行規則、さらにもっと下の例規や、地方公共団体の条例・規則の段階が、あまり整備されていない感じがします。
それで結局、せっかくよい法律があるのに、お題目ばかり立派で、「仏つくって魂入れず」になっている気がします。

あとやはり、いくら法令という制度面を整えても、実際に運用する人の意識が沿っていなければ、実効性は低いですね。
まぁ、外相整えば……で、こうした問題もやはり、形から入ることが大切なのかもしれませんが。

Re: 具体的な運用が課題かもしれません

ハナ様 以前、発見会で名前を見知っていただいたということ、覚えていてくださってありがとうございます。
また、法律についての知見も参考になります。確かに、立派な法律があっても、あまり知られておらず運用もされないということは宝の持ち腐れですね。おっしゃるとおり、人の意識も大切。正当な権利なのにそれを受けるのがはばかられる雰囲気があるのかもしれません。課題は多いのですね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR