FC2ブログ

森田療法が誤解される理由 その2

なんだか、ようやく気候が安定してきた感のある今日この頃。
こうやって毎年、天候のことを心配しなくてはならない時代になってしまったのですね。

さて、誤解される理由・後編です。

今回は、森田療法を学ぶ側の思考のクセについて。

森田療法を学ぶ神経質のかたは、たいていの場合、知的なかたです。
知的ということは、言語や観念での理解には長けているということ。
頭脳が発達しているかたと言っていいでしょう。

そしてどちらかというと、ややこしい考え方をする(というより「してしまう」)のですね。
たとえば、何かを思うとすぐにそれと反対のことを思う、あるいはすぐに反証してしまうとかいうこと。(精神の拮抗作用)
誰にでもあることですが、それが特に多いし、なおかつそれをつかまえる。
だから頭のなかがいつも忙しいわけです。

そんな人たちが森田正馬の原典を読むと、それを自分の思考形態に合わせて解釈することになります。

原典の森田の言葉は、非常に具体的です。
むしろ森田正馬は、話が抽象的にならないように細心の注意を払っています。
抽象的になった場合は、わざわざ謝るぐらいに気をつかっています。

それは彼が、神経質者の観念性、教条性を非常によく理解していたからではないでしょうか。
ときたまお弟子さんたちを叱るときも、「森田のいうことを観念化する!」とか「教条化する」とか指摘していました。

つまり神経質者は、言葉が達者なだけではなく、言葉にとらわれる人たちなのです。
まず言葉が先にくる。
それをもとに、そこから行動をする。

「森田療法は日常実践」という言葉を聞くと、「実践する」⇒「実践しよう」⇒「実践しなくてはならない」というふうに脳内変換していく。
そうしてからものごとにとりかかるのですから、もうそこに「しなければならない」に伴う「嫌な感じ」が出てくる。
そして「森田の実践は苦しい」という観念ができあがる。

余談ですが、とある初心者がグループに出席したところ、年長者のかたに「森田療法はそんな甘いものじゃない!」と一喝されたそうです。
こういう年長者のかたも、「しなければならないこと」を刻苦して実践していくというのが森田療法、という観念が出来上がってしまっているのでしょう。
初心者にとっては、残念なことです。

「実践」と言われたときに、「あぁ、そうか」と納得してすぐに動き始める人が「素直な人」で、森田正馬は「素直な人は早く治る」と言っています。

動いてみれば、何かの感じが出てくる。
そしてその感じがまた身体を動かす。
そこから実際の興味・関心が湧いてきて、実践をしていくことがなんら苦痛ではなくなっていく。

現実の世界で動いていくことが、その人の現実的な成果になり(たとえささやかなものでも)、またその人を前に動かしていく。
その境地に行きつくのを助けるのが森田療法。

でもね、それでは「こういうふうになろう。どうしたらなれるか」と考え始めると、同じところに戻ってしまうのですよ。
そこが「言葉人間」にとっての森田療法のむずかしさ。

グループなどで、自分のしたこと、具体例で森田療法を伝えられればいいのですが、観念化したり教条化した森田を伝えることが多いと、森田療法がどんどん誤解されていくのかなと思います。

すすき



森田療法についての疑問などもお気軽にご相談ください ⇒ お茶の水セラピールーム
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「ああ、そうか」と思って、動いてみた時が肝心なのかもしれません

森田の考え方に触れて、「ああ、そうだったのか」と思い、まず、その通りに動いてみる。
その時のささやかな成果を、(自分自身あるいは周囲が)肯定的に評価して、ほめてあげることができるならば。
きっとその先も、スムーズに前進してゆけるのだろうと思います。

私などは、そうしたわずかな進歩を、誰にもほめてもらえないどころか、「そんなんじゃ、全然、駄目じゃないか」と、否定され続けてしまう現実がありました。

(はじめのうちは、「ささやかな進歩をほめてほしい」と感じること自体が、自分勝手でいけないことなのだと思い、そう感じてしまう自分を責めていた、あるいは己の劣悪さに傷ついていたのですが。「思うこと・感じること自体に善悪美醜はない。あるがままで構わないのだ」とわかってから、とても楽になりました。)

その辺りをどうにかできていたならば、我慢大会と苦行の果てに、無理をし過ぎて死にかけるようなこともなかった……ような気がしています。

No title

30年くらい実践行動的な森田療法を学んでいた者です。そんな私が、本年度6月、岩田先生の「流れと動きの森田療法」をある人に勧められて読ませていただき、衝撃を受けました。

この本の深い内容は、自分にはまだつかめないところがありますが、何度も読ませていただくと、本の内容が、私の心と体の中にいつのまにか入ってきた感じです。自分自身の中の「かくあるべし」的考えが自分を苦しめていることがわかり、何か心が楽で軽くなりました。これまで取り組めなかったことにいつのまにか取り組んでいる自分がいます。岩田先生の言われる感情受容的な森田療法の大切さを思います。

このブログを読ませていただき、自分の心は、いっそう何かをつかみ始めている感じです。岩田先生の本やブログから今後とも学ばせていただきたいと思います。岩田先生の歩みを応援しています。

Re: 「ああ、そうか」と思って、動いてみた時が肝心なのかもしれません

ハナさん様 コメントをありがとうございます。「我慢大会と苦行の果てに」、すごい言葉ですね。それにしても、これができたということは神経質だからこそかもしれません。根性があるというのは美点でもありますが、根性疲れしてしまいましたね。

Re: No title

ZEN YAMA様 コメントをありがとうございます。ブログや私の本を参考にしていただいて、そしてそのことをこのような形で伝えていただき、うれしい思いです。皆さまとともに森田を深めるために、まだ精進したいと思います。

No title

いつもブログ楽しみに読ませていただいてます。

読んでいて、一生懸命森田を実践して、苦しい観念ができるのは本当に残念でもったいないなあと思いました。

「べき」ではなく、「したい」で生きていきたいなあ。自分にも他人にもつい評価をしてしまいがちですが。

だんだんと日々の暮らしのほんの小さなことで、ほっとしたり、楽しみだったり、自由を感じるようになりました。

これからも岩田先生の本やブログから学んでいきたいです。





Re: No title

ゆきだるま様 コメントをありがとうございます。「ほんの小さなことで、ほっとしたり、楽しみだったり・・・」そういうふうになってきたのは、素晴らしいですね。「べき」でなく「したい」で生きる。私もそんな風に生きたいです。森田先生も言っていましたね。「仕事も自分にとっては遊びである」って。これからもご愛読ください。

リコメありがとうございました

この場でのやり取りですと、他の読者の方の参考になる部分があるかと思いますので、もう少し続けさせていただきます。

> これができたということは神経質だからこそかもしれません

そうかもしれないですね。
抑うつがひどくて、何もする気が起きなかったり、どうしても意欲がわかない日々が続いたりすると、「自分は、森田の適応ではないのではないか?」と、思ったりすることもありました。

けれど、「治すためには、もはやこの道しかない」「これこそが、病を乗り越えて生涯の夢を果たすための最後の手段だ」と思い込めば、耐え切れないと感じていた苦痛にも、無理矢理に耐えて、がんばり抜いてしまう。がんばれてしまう。
それはやはり、いわゆる生の欲望が強い、神経質ならではのことなのでしょうか。

「我慢大会」というのは、私が在会していた当時(1986-90年頃)の『生活の発見』誌に掲載されていた、会員の体験記中で使用されていた言葉です。
森田の実践は、我慢大会ではないはずなのだけれど、どうもうまくゆかない、といった話の流れで。「ああ。また、我慢大会になってしまった(どこが間違っているのだろう)」という感じでした。

考えてみると私は、我慢大会にならなくて済む秘訣(?)を学ばないままに、発見会を退会(会費未納による自動退会)してしまったのですね。

Re: リコメありがとうございました

ハナさん様 コメントを公開にしていただき、ありがとうございます。ちょっと話がそれるかもしれませんが、森田療法は言葉で表現すると、一見簡単なように見えることがあります。ところが、神経質の人が実践しようとすると、それがとても「こじれる」場合があるのではないかと、このところ思います。その「こじれかた」は人それぞれですが、とにかく「治そうとする」態度が根っこにあるからでしょうね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR