FC2ブログ

心配性の自分が苦しい

悩み事と心配事。
この二つははっきりと区別できるわけでもありませんが、あえて区別してみましょう。
悩み事は現実に目の前で起こっていること。
心配事は、ほんの少しの兆候をつかまえて、将来とても大きな不幸が起こるのではないかと空想することと言えるかもしれません。

相談にいらっしゃるかたで「心配性の自分が苦しい」と話されるかたはとても多い。

心配することは、確かに苦しいことです。
私も心配性なところがあるから、この苦しさはよくわかります。

心配しているときには、まだ現実的にそこまで悪いことが起こっているわけではないのですが、心配のタネになることがあって、それをもとに自分のなかで空想がどんどん膨らんでいくのです。

この空想が悪い方向に膨らむことが、実に苦しい。
なぜなら、空想というものは、無限に大きくなれる。どんなことでも考えられるからです。
悲観的な考え方をする人は、悲観のほうにどんどん空想を発展させていきます。

ずっと昔、癌恐怖という神経症のかたの話をきいたことがあります。
自分の身体のどこかに癌があると信じ込み、医者巡りをし、どうしても癌が見つからず(つまり現実に癌はないのですが)怖くて怖くてヘトヘトになってしまった。
でも医者巡りをやめられないのです。
ところが、何年かして、そのかたが本当に癌になった。
そうしたら、心境がまったく変化したのです。
癌恐怖と、本当の癌では、怖さが全然違う。

実際の癌は、治療するしかない。
そうすると、思考も行動も現実的になります。
必死なので、変な空想の入り込む余地がない。
転移や再発が心配なら検査をすれば、結果が現実的に目の前に提示される。
そしてまた行動を選び、実際生活のなかで治療・養生をするしかないのです。

これから何か悪いことが起きるのではないかと心配しているときの恐怖は、幽霊が出るのではないかと怯えているような恐怖です。
いくらでもふくらんでいく恐怖ですね。

まぁ、でも怖いものは怖いのでしかたがない。
こんなときは、セラピストに「ご心配なんですね」などと下手に共感されるより、太っ腹な友人に「なに馬鹿なこと考えてるの!」などと、喝を入れてもらったほうが楽になるかもしれません。

大切なのは、現実にはまだ何も起こっていないということ。
幽霊を自分で呼び出すような真似をするより、「目の前のこと」と「今」にフォーカスしていればいい。

そしてまた、今現在自分が持っているものにもフォーカスする。

生きている限り、私たちは、実はたくさんのものを持っています。
「子どもが不登校になった。将来ひきこもりになるかもしれない」などと心配するより、「少なくとも今は、親子ともども健康で生きている」・・・と考える。

「少なくとも~できている」「少なくとも~はある」と意識的に考えてみるのもいいかもしれません。
「足りないもの」は無限にあって、それは私たちを脅かすけれど、持っているものを数えることは私たちを落ち着いた気持ちにさせます。

そしてまた、心配事について、そんなことが起こっても自分には対処できるはずだ(あるいは心配している対象の人は対処できるはずだ)と、考えてみることもいいかもしれません。
先ほどあげた「癌恐怖」の人の例のように、空想の怖さは現実の怖さとまったく質が違い、ほとんどの場合、現実の困難に対処しているときには、どこからか力が湧いてきて、幽霊に怯えているような怖さはないはずだからです。

イルミラクア

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR