FC2ブログ

肩の力を抜いて


暮れに、斎藤学先生のレクチャーを聴きました。
(斎藤先生のことは皆さまご存知と思いますが、依存症、児童虐待、ACの治療の日本での先駆者です)
大学院やカウンセリングで、先生にはずいぶんお世話になりました。

久しぶりにレクチャーを聞いていて、気づかされることが多く、肩の荷がおりた気がしました。

ずっと以前、初めて斎藤先生の講演を聞いたときには、本当にびっくりしました。
内容ではないのです・・・。
その話し方です。

お話は、テーマがどこに行ってしまったかわからないほど、あちこちにそれて行きます。
結局何を言っていたのかわからない時もあります。
基本、ご自身が好きな話題を、好きなように話しているように見えます。

なぜ私がびっくりしたかというと、私はその頃、生活の発見会の事務局にいて、その気風にすっかり染まっていたからです。
とにかく皆さん「○○でなければいけない」「こうしなくてはダメ」という価値観のかたがた。発表をなさるときも分秒刻みに計算して、原稿を読み上げるようなスタイル。

催し物の運営なども分秒刻み。
一つの手落ちもあってはならない、という圧迫感、緊張感がいつもありました。

発見会の外で斎藤先生のような講話を聴いたとき、「これでもいいんだ」という感慨とともに、自分自身がいかにそういう集団的「かくあるべし」「こうでなければならない」のなかでガチガチになっていたのかが明瞭に自覚できたのです。

ひるがえって、このところの自分のやっていることを見ると、どうも肩に力が入りすぎているような気がします。

「ふんわり」「ゆっくり」という感触からは、遠のいていたようです。

ブログにしても「役に立つことを書かなければならない!」的な気負いがこのところ目立っていました。
本当は、自分の読書について、もっと軽い話題についてなども書きたいのに、書くと長々と力が入ってしまっています。

肩の力を抜いて、あまり役に立たないかもしれないけれど、私が書きたいことを書く。
もっと短くても、頻繁に書く、などのことを目指してみようかと思う年初です。

今年もよろしくお願いいたします。


正月

写真、T.H様提供

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

感謝です

 岩田先生の「流れと動きの森田療法」の本で、「かくあるべし」的思考がいつまにか自分や他者を苦しめることがあると学ばさせていただき、感心し共感し反省し、心が楽になってきた者です。
 今回の岩田先生のブログを読ませていただき、著書で学ばさせていただいたのに、いつのまにか「かくあるべし」的思考になっているところのある自分に気づかされました。学び続ける意味も感じました。感謝です。
 今後とも学ばさせていただきます。本年もよろしくお願いします。
   

No title

わたしは「〜べき」で自分を縛ってしまいがちです。
でも本当はもっと自由でいたいと思ってます。「〜したい」で生きていきたいです。
「ふんわり」「ゆっくり」という感触。素敵な言葉。
肩のチカラを抜いて、、、わたしが書きたいことを書く。ああ、いいなあ。楽しみです。
今年もこうやって岩田先生の言葉や世界に触れられることに感謝です。


今年も、宜しくお願いします。

 明けまして、おめでとうございます。
時々ですが、書き込みしてました。^_^;

 新年早々、ネガティブ発言で、ごめんなさいですが、年末年始、職場、きょうだい、友達間で、葛藤が、ありました。
車をぶつけたりして、しんどかったです。幸い、修理には、至らずで、良かったです。

 関連づけると、私は、誰とも上手く関係を築けないと思えるし、たまたま、良くない事が重なったと、思えるし…。
こういう時は、必死に、状況を変えようと(他者)試みますが、上手くいかないですよね。一方、自分が悪いからと、責めたり。
慣れ親しんだ「かくあるべし」も、楽な時もありますし、私は、特に仕事で、他者に、いつもと違うやり方をされると、自分を否定されたと感じ、かなり動揺します。

 ちょっと、今、色々、上手くいってないので、必要最低限、低空飛行で、過ごそうと思います。
 こちらのブログで、客観的な見方に、気づいたり、ほっと息抜きもしたいです。

 読んで頂いて、ありがとうございます。

No title

今年もよろしくお願いいたします。
私は「常に肩に力が入って全力疾走している感じ」と親しい友達に言われます。笑 肩の力を入れてもいいときと、頑張れない時を見極めるのが難しいんです。それで、いつも頑張りすぎてしまう。今年の課題は、頑張れない時に、周りに助けを求めること。ちゃんと言葉にして、それを伝える事。岩田先生が肩に力が入ってしまうと書かれているのを読んで、なんだかほっとしました。「ふんわり」「ゆっくり」って良い言葉ですね。

私も

私も一度斎藤先生のワークショップにお邪魔したことがあり、少人数だったので、全員のカウンセリングをしてくださったのですが、本当に自由にあっちこっちと話が飛んで、着地しないんじゃないかな~とドキドキしたのを思い出しました。
京都だったのですが、他の人に「生活保護の手続きはしてあげるから東京へ出ていらっしゃい」とおっしゃっていたのを思い出して今日かかりつけのカウンセラーさんに「とりあえず東京に行って、そこからどうするか考えようかな・・」と言うと、「今と同じ境遇になるのは大変ですよ・」と諭されました・・。
3月29日にまた京都で斎藤学先生の少人数のワークショップがあるので行ってこようと思います。

Re: 感謝です

ZEN YAMA様 いつも真摯なコメントをありがとうございます。今回はご心配をおかけしました。

Re: No title

ゆきだるま様 コメントをありがとうございます。今年はもっと気楽に書いていきたいと思っています。今後ともよろしく。

Re: 今年も、宜しくお願いします。

みかん様 コメントの返事が遅く失礼しました。年末お正月という時期は、意外と家族との葛藤があったり、穏やかでないことも多いですね。低空飛行もまた良いかもしれません。

Re: No title

KINAKO様 練馬の学習会でお会いできましたね。力が入りすぎると、時々風邪などひいて身体が調節してくれるのかもしれません。身体感覚をつかむのが難しいのかもしれませんね。


Re: 私も

とも様 昨日はお疲れ様でした。東京行きは思いとどまってよかったですね。お金がないと自由もなくなる。そういうこともあるものです。生活の軸はやはり実生活におかないとね。





No title

岩田先生
練馬集談会でお話を聴けて本当にによかったです。先生の作られたレジメを何度も読み返しました。今までよく理解できなかった「 なぜかくあるべしで頑張ることがいけないのか」 という疑問も、解決しました。初一念をただ気づいているだけで、初二念、初三念を取り払う必要もないというくだりには、安堵感さえ感じました。ああーもう自分の純な心を気づいていれば、きっと自然が解決してくれるかもしれない。それを信じて、今抱えている「嫌な感じ」も逃げずに持ちながらやりたいことをやっていく覚悟もできました。体調の優れない中に準備も大変だったことでしょう。有難うございます。とてもうれしかったです。

Re: No title

Kinako様 わざわざ練馬までお越しいただきありがとうございました。「純な心」については、私のなかでも少しずつ深まっているような気がします。森田療法のなかでは「自然に」ということが、とても大切なんですね。結局、力を抜けばそれでいいようです。これからも新しい発見を皆様と分かち合いたいです。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR