FC2ブログ

自分だけではない

先日、練馬集談会の500回記念会にお招きいただき、「生き生き森田ワーク」をさせていただきました。なんと50人のかたが集まってくださってびっくり。
九州から名古屋から関西、関東近県から来てくださったかたもいて、本当にありがたいことです。

さてその時にも話しましたが、この「純な心」を体得するワークの目的のひとつは、平等観を得、他者と共感的に交流できるようになることです。

とにかく神経質症のかたが持っている根源的な不安のベースには「自分は何か特別に変な部分がある」という疎外感にも通じるような感覚。
これがとても強烈なのです。

こんな悩みを持っている自分は、全人類(!)のなかでも特殊中の特殊、奇妙な人間で劣等であると信じ込んでいる。

だからこそ、同じ症状の人が集うグループに行くとホッとするのですが、今度はそのグループのなかでも「自分が一番症状がひどい」とか「私と同じ症状の人はいない」などと悩むことになるのです。

森田療法では「症状の発端」は「誰もが感じる感覚を異常と思い、それをなくそうとすることによってそれに執着してしまった」と解説しています。
つまり「誰もが感じる感覚」がもとにあるのです。

「プレゼンのときに声が震える」「狭い空間で息苦しく感じる」「病気になるのがこわい」「人に変に思われている気がする」「人のことが憎いと感じる」
実はそういう感覚は全部、誰もが持っているものです。
ただ多い少ないの差があり、フォーカスしていることが違うだけなのです。
神経症のかたはそれにとらわれてしまっただけです。

グループのなかで、そういう根源的な感覚を言葉に出し合うことで、「なんだ、自分だけではなかった」と思うことは、大きな気づきにつながるのではないかと思うのです。

ただもっと広い視野で考えると、神経症のグループのなかで「自分だけではなかった」と思ってそこに留まるのではなく、世間一般の人も同じように感じているだろうと推測することも大事かもしれないとこの頃思います。

グループのなかで固まっていると、まだまだ「自分はこのグループにはいられるけれど、世間ではのけ者」「世間の人はこわい」と思うこともあるかもしれません。
「やはりこのグループのなかだと安らげるわ」と思うかもしれません。

でも思い出してください。
「誰もが感じる感覚」なのです。

森田正馬が言ったように「目上の人の前では緊張し、好きな人の前では恥ずかしい」のが人間なのです。

世間の人は、それを「当たり前」と思って、そのまま生きているだけ。
神経症の人と同じように嫌なものは嫌なのです。
その感覚をコントロールしようとしなかっただけ。

けれどフォーカスのしかたが異なると、他の人の感情を聞くときに「えっ、そんなことを感じるの?!」と思ってしまうこともあります。
「誰かに猛烈な嫉妬を感じる」と言われた時、「え、私にはそんなことないなぁ」と思う。
しかし、本当は気づいていない、あるいは自分から隠しているだけだったりするのです。

よくよく考えてみると、実は一瞬だけでも感じていたりする。
すぐに次のことにフォーカスするので、それに気づかない。
たとえば「いいなぁ」と感じたら、自分のほうに返ってきて「くやしい。私のほうが劣等だ」とグルグル考えるのではなく、「どんなことをしてそういう結果になった?」⇒「では、私が真似できるところはどこ?」あるいは「いや、それは私には無理だから、何か他のこと(方法)に焦点をあてたほうがいい」等、現実検討へと向かっていけば、素直にその人のことを祝福できたり賞賛できたりするのです。

決して感情を無理やりねじ曲げる必要はない。

「純な心」は、症状を持っている・いないに関わらず、誰でもが持つ感じ。
それは神経症の人に限らないのです。
他の人はそれを目の敵にしていないだけなのです。

ゆしま2

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

感謝

 いつか機会がありましたら、「生き生き森田ワーク」に参加させていただきたいと考えています。参加して自分が学ぶことができることに比べたら、文章から自分が学ぶことができることは、少ないと思うからです。
 でも、岩田先生のこの文章から、私の心は何かを感じています。特に、「純な心」を体得するワークの目的のひとつは、平等感を得、他者と共感的に交流できるようになることと書いていただいたことは、私に大きなヒントになりました。
 岩田先生、この文章を書いていただき、ありがとうございました。

No title

岩田先生の「生き生きワーク」「純な心を体得するワーク」どんなものなんだろう。ああ、わたしもいつか受けてみたいです。
「誰もが感じる感覚」という言葉に救われるようなほっとしました。
わたし自身よく怒った嫉妬したり、荒ぶれた感覚を感じますが、人間だから当たり前なんですね。変化もしていきますし。
そう分かると自分に優しくできそうな。
人間性の認識?が深まるのかなあ??
あああ、やっぱり実際にワーク受けてみたいです。

いつもありがとうございます。



Re: 感謝

ZEN YAMA様 いつもしっかりとブログを読んでくださってありがとうございます。そうですね、参加して学ぶことは多そうですね。他者との共感、平等観を得ることは森田療法の大きな目的のひとつです。ワークに出なくても毎日の実践のなかで感じていくことができるといいですね。

Re: No title

ゆきだるま様 「生き生きワーク」あんまり期待されるとかえって恐縮です。楽しいことは確かですが。
毎日の「純な心」を逃がさない心構えのなかから、ある日ふっと以前と違っている自分が見えてくるかもしれません。自分でもできますよ!

ちょっと爆弾発言かもしれませんが……

記事の趣旨や、コメントのやり取りの流れからすると、爆弾発言になるのかもしれませんが。

でもこの件に関して、私個人は本当に、昔からそうだった。本当に、心底から不思議だと感じていたことなので、思い切って記します。
ここが、そうしたことを書き込んでも大丈夫な場だと、思えるようになりましたので。

神経質者は、こんなことを感じる、考える、悩む、苦しむのは「自分だけ」だと思いがちだと言われます。本当にもう、ありとあらゆる文献にも、そう記されています。
私にはそのことが、どうしても理解できないのです。

もちろん、頭で、知的には理解できます。事柄としては、わかります。それが、神経質者の性格特徴に由来するのだということは。
ただ、実感としては、どうしてもわからない。何でそんなことが可能であるのか、不思議でたまらないのです。

いや、だって。
「自分だけではない」なんて、自分は人間であるというのと同じくらい、当然の、当たり前のことじゃないですか。
まぁ、多数派か少数派かといえば、少数派の悩み苦しみではあるのだろうとは思っても、この世で自分一人だけだなんてこと、絶対にあり得ないではないですか。

現代の地球上に、これだけの数の人間がいて、人類の歴史が、これだけ積み重ねられてきている。そんな中で、自分だけだなんて、いったいそいつは、どんなにユニークで特別な存在だというのだ? ということになってしまうじゃないですか。
もちろん、具体的な状況は異なるにしても、個別的なものを捨象して普遍化してしまえば、そんなこと、これまで何千何万、いや、もっともっとゼロ数が多いレベルの人々が、思い考え、悩み苦しんできたことだと、当然にわかるではないですか。

少なくとも私個人は、思春期の頃から、ずっとそう思って、感じ続けてきました。
何というか、妙に視点が広すぎて、すぐに人類とか人間一般とかのあり方に思いをはせてしまうので、結果的に、そうなってしまうのです。
(むしろ、自分だけではない=自分の苦悩は、人類視点ではありふれたものだと感じすぎるあまり、自分の苦しみを絶対視できず、己の苦しみを尊重してあげることができなかったきらいがあります。自分の苦悩をディスカウントしてしまいがちだったというか……。)

この事を今までは、誰にも、どこにも、言うことができませんでした。
「要するに、いかに自分が、そんなことのできる(その性格の人にありがちなことはしない)高級でレベルの高い人間であるかということを、ひけらかしたいだけなんだよね」と、決めつけられてしまうことが怖かったので。
(これは、私の中の「クサシ屋の彼女」の物言いです。)

蛇足的に付け加えるならば、こういう「ありがちなパターンとは違う」あり方をしてしまうのも、やはり、私だけではないでしょう。
けれど、確かに少数派ではあるでしょうから、思い切って、書いてみました。


上のコメントの追加です

上のコメントに、もう少し付け加えさせていただくなら。

「自分と同じ(ような)ことで苦しんでいる人は、たくさんいる」と思うだけでなく、「自分と同じ(ような)ことで苦しんでいる人たちを助けるため」に、自分の体験などを語る執筆活動を、懸命に行ってしまう。
それも、自身の治療や社会復帰等よりも、主観的な人助けの活動の方を優先してしまう。
私個人は、特に若い頃は、そんなあり方をしていました。

たとえ神経質者であっても、稀には、そういうあり方の者もいる。割合がどのくらいかはわかりませんが、確かにいくらかは存在する。
そんなことを、お伝えしたいと思いました。

Re: 上のコメントの追加です

ハナさん様 コメントありがとうございます。そうですね、確かにこのブログに書いたような悩み方でないかたもたくさんいらっしゃいます。たとえばパニック障害、強迫性障害などもたくさんの情報がありますから「自分だけではない」ということは頭で理解しているかたが多いと思います。ただ「自分だけ」と思うことの根本には知識云々ではなく、深い劣等感、孤独感が存在して、それが「私だけ」という感覚を醸し出すと言ったらいいのかもしれません。ひるがえって、ハナさんの場合には「こんな悩み誰でも感じていることだから・・」という考えがあるのですね。そして自分をいたわれない。こういうかたもいらっしゃいます。これもまた、森田療法の「イヤなものはイヤ。苦しいものは苦しい」という純な心を思い出すと違ってくるのかもしれません。短いコメントでは言い尽くせませんが。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR