FC2ブログ

「今、ここ」を生きる

考えてみると、私たちの意識はいつも「過去の経験」や「未来の予測」に満ちているような気がします。

たった今、目の前の仕事をしながらも、心はすぐにどこかに飛んでいってしまう。
特に、自分の自由になる時間だと空想、予想、反省、心配、不安などが頭のなかを行ったり来たりします。

先日、少しの時間でも「今、ここ」だけにフォーカスしてみようと思い立ちました。
まず玄関から出て、駅に向かう。
木々の下を歩いていると、緑の葉が生い茂っています。
新緑の頃から比べると、ずいぶん緑の色が濃くなったのだなぁと感じます。
樹の上から鳥たちの声も聞こえてきます。
あの鳴き声は雀じゃなさそう。

するとどこからか、おいしそうな匂いがしてくる。
なんだかこの匂いは、昔々、学校の調理室から漂ってきた給食の匂いに似ている・・・。

前方から小さな子たちを連れた保母さんが歩いてくる。
道をあけながら、このコロナの時代に子どもを預かる人たちも大変だと考える。

すると信号。
あ、あの人は赤なのに渡った・・・。
それにしても自粛の頃に比べると、道を歩く人の数は格段に増えている様子。
もうそろそろ駅だ、スイカ(果物ではない)を用意しなくては。

「今、ここ」にフォーカスすると、意識はさらさらと流れていきます。
どこかにひっかかったら、すぐにまた目の前のことに意識を戻す。

ともすると私たちは、哲学しながら日常生活を送っていたりします。
あるいは何事にも価値批判しながら、道を歩いていたりする。
「あれもけしからん、これもけしからん、自分もけしからん」

ただ駅までの道を歩いているのに、いやな気持、重たい気持になることすらある。

ただ、「今、ここ」に目を向けているだけなら、意識は流れ、あとには何も残りません。

リフレッシュしたいときには、こんなふうに「今、ここ」の時間を持つのもいいかもしれない。
これは、森田療法の技法のひとつでもあり、今流行のマインドフルネスの方法でもあるのですね。

あじさいT.H氏撮影
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お礼

 岩田先生、このブログを書いていただき、本当にありがとうございます。
 一つ前のブログへの私のコメントでわかるように、私は考え過ぎてしまうところがあります。長いコメントをお書きし、すみませんでした。
 ただ、このコメントにお書きしたことは、大事な内容であり、深く考えて意味のあることだとも思います。
 しかし、日ごろの私は、意味が少なくマイナスでしかない思考をいつのまにかしていることがときどきあるのです。そのような私にとって、今回の先生のブログは、大きな助けになります。
 やってみて、感じてみようと思います。

Re: お礼

ZEN YAMA様 コメントをありがとうございます。そうですね、私たちは「思考」や「考え」のほうに過度に傾きがちで、「感覚」「感情」を「たいしたことないもの」と、無視しがちです。本当はそちらこそベーシックで大切なものかもしれないのに。またそんなことも書いてみたいと思います。

今、ここを生きる

今、ここをを生きる」----私が、一番できたらいいなと思うことです。度々、そう思うことはありましたが、「今を生き「る」とは実際どういうことなのか分かりませんでした。今を生きるというと、私の中では、映画「いまを生きる」(米、ピーター・ウィアー監督 ロビン・ウィリアムズ主演)を思い出すぐらいでしたが、”うーん、あんな衝撃的なことが人生で起きれば変われるかもしれないけれど、そんな出会いは無いしな”と思っていました。
しかし、岩田先生のブログを読んで、わかりました。こういうことだったのですね。
私は、買い物の行き帰りなどに試しました。すると案外難しい。。。いつも、空や草花、鳥などの自然をメインによく観察しながら歩いてはいたのですが、結構今に集中できていなかったです。
”自分はダメだなぁ”とか、さっきはああいうことがあったなぁ(良いこと、悪いことに関らず)など考えることをベースに歩いていたようです。
ちょっとした散歩や、何気ない家での動作でも、「今、ここを生きているかな?」と意識していけば何か変わってくるかな、と思います。

Re: 今、ここを生きる

ラベンダー様 コメントありがとうございます。試してごらんになったんですね! 私も、いかに自分が「今、ここ」を生きていないか、「脳内」だけで生きているか、よくわかりました。たまにこんなことを試すとリフレッシュできますね。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR