FC2ブログ

欲望と欲求

ずっと昔のことです。
生活の発見会を興した長谷川洋三先生の言葉を伝え聞きました。
森田療法でいう「欲望」は「欲求」という日本語よりも、もっと生々しい「欲望」なのだと、おっしゃったそうです。

私などもそうですが、現代では「欲望」というと、少し薄汚さが伴うような気がして、つい「欲求」という言葉を使ってしまいます。
欲求というと、いくらかマイルドで理性的な感じがします。

この頃になって、長谷川先生がなぜ「欲望」という言葉を強調なさったか理解できる気がしてきました。

私たちは時として自分の本心をごまかし、本当の感情を無視します。
社会生活を営んでいくうえで、それは当然のことかもしれません。

しかし言葉や態度に出さなくても「本心」や「本当の感情(純なこころ)」は自分のなかにあるはず。
それはあっていいし、人に言う必要もないのですが、その存在さえも自分で無視してしまうと、いろいろな心のトラブルが起きてきます。

感情についてのことはいつも書いているので、今回は「欲望」のことについて。

自分のなかの根源的な(だからこそドロドロしたものと感じられる)欲望をなかったことにして、きれいな「欲求」にまとめてしまい、それを自分で信じ込んでしまう。
しかし本心をごまかしているのですから、そこから自己洞察が進まないことになる。
努力しても不全感が残るということにもなりがちなのです。

例をあげれば、本当の欲望は「偉くなりたい、人の上に立ちたい」という場合、そんな欲望は恥ずかしいと思って自分をごまかし、「私は人の役に立ちたいのだ」と思い、それを自分も信じ込む。

ところが仕事の現場で、確かに人の役に立っているのに、いつも下働きのような気がして不全感を感じる。
そんな不全感は、本当の欲望に気付くサインなのです。
本当に「人の役に立ちたい」のなら、そこに充足感があるはず。

しかし欲望も変化しますので、自分がしている仕事にだんだん充足感を覚え、生きがいを感じるというのもあり得ることです。
それならそれでいいのです。

そしてまた「偉くなりたい」という欲望のままに努力して、地位役職を得て、その時に「こんなはずではなかった」と思うこともある。
それでもいいのです。

ただ、自分の本心を無視し、今現在の自分が欲しているものを取り違えると、なぜだかエネルギーが湧いてこないものなのです。
逆に言えば、本当にやりたいことをやっているとき、それがどんなに人から見てつまらないことであろうと、私たちは生き生きとするのです。

そんなとき、私たちは「自分はこれがやりたかったんだ」と身体で実感することになります。

経験から、欲望が発見できるのかもしれません。

けれどとりあえず、自分の奥底にある「欲望」から目をそらさないこと。
そこへ向かう実践と努力のエネルギーが、私たちを「悩み」から切り離し、その経験のなかから、私たちは学び、変化していくのです。

難しい言い方かもしれませんが、欲望の達成が森田療法の目指すところではなく、そこに向かうことによって自分のエネルギーを賦活するのが森田療法なのです。



もも


T.H氏撮影
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR