fc2ブログ

「自慢する」ということ

ずっと以前、ある対人恐怖の男性が、今さっき席を立って帰って行った人のことを、強い調子で「あいつ、自慢しやがって!」と吐き捨てるように言ったのを目にしました。

この時は、この人にとって「自慢する」というのはそこまで「してはいけない」ことなのだとびっくりしました。
きっとこの人は、自分も自慢したいのにそれを「はしたない」と思って我慢しているので、相手が臆面もなく自慢話をすることが許せなかったのでしょう。

これは「投影」という防衛機制だと思います。
自分が我慢していることを相手がすると、なぜか人間は怒りを感じてしまうものなのです。

さて、こんなふうに日本の社会では堂々と自慢するのは、洗練されていないこととされているようです。

ここでいつも疑問に感じるのは、謙虚さが美徳である社会のなかで、人は自分のことをどうやってアピールしていくのか、ということです。

よくアメリカのテレビドラマなどでは、職場のボスに向かって「自分を昇進させてください。自分にはこれだけの功績があって・・」などと掛け合う場面が出てきます。
これを日本でやったらどうなるでしょう?
ボスはとまどうでしょうし、同僚は「アイツ、空気が読めない」と変人扱いされるでしょう。

同じようにアメリカの人の「職務経歴書」のようなものを見たことがあります。
あまりに詳細で、「私ならこんなことまで書かないわ」という種類の自分の実績が羅列されていました。
私はやはり日本に育っているので「謙虚であること」が行動規範になっているところがあり、初めて目にしたときには驚きました。

今では日本でもこういう職務経歴書が一般的になっているようです。
そうでなければその人をきちんと評価することはできません。

しかし、歴史的に見ると、日本の社会のなかでは結局、「他人によって評価される」ことでしか評価されなかったように思うのです。

「他人による評価」あるいは「地位、役職、名誉」による評価です。

そうすると結局、人は「他者の視線」を強く意識することになる。
他の人に良く思われることが、とても重要になってくるということです。
「他の人がどう思うか」ということが評価に大きな影響を与えるということなら、人の視線を意識するのは、自然なことになります。

よくネットニュースやテレビ番組などで、「外国人は日本のここを良いと思っている」というタイトルがありますが、あれを見て恥ずかしいと思うのは、私だけでしょうか?
自分でちゃんと「ここがいい!」と言えばいいのに、なぜ外側の人の評価であんなにも喜ぶのでしょう。
(私だって少しは嬉しい気もしますが、「ね、ね、いいでしょ?」的な押し付けがましさは、いただけません)

他の文化のことは知らないのですが、日本社会では自分自身による自分の評価、自分の価値観による他者への評価、というものがあまり力を持たなかった社会のようです。

これは今の同調社会ともつながってきますね。
他の人が「いい」というものなら、安心して「いい」と言えるわけです。

文化というものは、深いところに根差しているものなので、ここでどうこうは言えません。
しかし時として、「なぜそんなに自分を卑下してばかりいるの? 少しは自慢してもいいんじゃない?」と言いたくなる時があります。
(もしかしたらSNSでの発信やオタクと言われる人たちの趣味はもうそこを脱しているのかもしれませんが)

洗練された「自慢(自己アピール)」は「してもいい」ことだし、それは自分の自己肯定感を上げていきます。
他人の視線が自分を決定するような生き方は、もうやめてもいいのではないでしょうか。

himawari

T.H氏撮影
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は他人の自慢話を聞くと正直不快です。
そのため自分も他人に自慢話はしないように我慢しています。
しかし、そうすると自分の中の「嬉しかった出来事」を誰にも話すことができず、何だか寂しいなとも思っていました。
なので今回のブログ記事を読んで、「そうか、別に自慢をしてもいいのか」と目から鱗でした。

他人の自慢話を聞くと不快なのは、それによって自分が負けたような気になったり、自分はこの人のように幸せじゃないと思うからです。
やはり他人と自分を比べる気持ちが根底にあります。
自慢話を聞いたとき、多分瞬間的な気持ち(初一念)は「いいなぁ!」「羨ましい!」等の気持ちなのですが、そのあとすぐに「それに比べて自分は…」の思いが来てしまう。
「その人のようになりたい」と素直にあやかればいいのですが、ヒネクレが強くなかなか難しいです。

なるほどなぁと読ませていただきました。
私は女子の人間関係は苦手なのですが、特に職場(同じくらいの年齢のパートが多い)「自慢話し」は、しないようにしています。気を使ってます。
自慢話を聞くのは、いいなあと素直に思える時と、私自身がそのことで傷ついている時はザワザワしてしまったりします。
面白いなあと思います。

Re: No title

さかな様 コメントありがとうございます。ご自身の複雑な心の動きに気付かれているのは素晴らしいですね。初一念にも気付いていらっしゃる! 「それに比べて自分は・・」の思いが出てきても、そのまま経験を積んでいけばそのうちだんだん自分の気持ちも変わってくるものです。

Re: タイトルなし

ゆきだるま様 コメントありがとうございます。そうなんですね。その時の自分の状況で感じることも違ってくるのは面白いですね。職場での気遣いも必要なのかもしれません。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR