fc2ブログ

この瞬間の自分に任せる

先日、カウンセリングにいらっしゃったかたが、「この瞬間の自分に任せようと思う」という言葉をおっしゃいました。
名言だと思いました。

これができるなら本当に楽だろうと感じる方が多いでしょう。

自分に自信がないとき、あるいは自信がない場では、私たちの頭は過去と未来に占領されてしまいます。

あの時こんな失敗をした(過去)、だからこういうふうにしなくてはならない(未来)。
そうすると頭のなかは、過去の反省とこれからの行動方針とが入り混じる言葉のるつぼになってしまいます。
「次はこうして・・・・」「いや、あれも忘れたらいけない・・・」

たとえばその「自信のない場」が、人前で話すことだった場合、頭のなかは、自分が変に見えないかとか、声がうわずらないかとかいう心配や、それを防ぐための方策で手いっぱい。
「たった今の瞬間」に身を任せる姿勢にはなっていない。

ここで「たった今の瞬間に身を任せる」と書くと、今度は「どうしたらそうなれるんだろう」と反射的に考えるのが、神経質の特徴でしょう。

実は、私たちは普通に毎日こういう姿勢で生きているのです。

一瞬一瞬を言葉で設計して、考えて生きているわけではない。
時々、ある時間帯だけ、そのことを忘れてしまうのです。
極度に緊張しているとき、あるいは神経症状態のときです。

そしてそうなる根本の原因としては、「自分自身を信じきれない」という気持ちがあるのではと思います。

本当は、私たちの意識は、私たちが言葉で分析操作し切れるものではない。
意識の根底には「無意識」があり、経験によってそこに蓄積されたものが、一瞬一瞬の私たちを動かします。
そして私たちは、それに従って生きていいのです。

森田正馬は「(森田療法は)無意識を意識化してしまったものを、また無意識に戻していく」という趣旨のことを書いています。

わかりやすい例で言えば、もし階段の昇降を意識的に行おうとしたら、すぐにつまづいてしまうでしょう。
私たちはいつも無意識に、今までの経験から学んだ身体の動きに任せて、階段の昇降をしているのです。
そしてそれが一番安全な方法なのです。

神経症状態のときには、不安に押されて、自然な動きを言葉で区切り、分析し、計画し、解釈し、そうすることで「安心」しようとします。
もしかしたら「言葉」に変換することで、自分に扱えるものになったように錯覚するのかもしれません。

行動するときには、ただその目的を考えればいい。
自分がどこに向かおうとしているのかを考えればいい。

有名な森田のたとえにあるように「丸木橋を渡るときには、向こう岸を見つめればいい」のです。
そうすれば私たちは自然に、今この瞬間の自分に身を任せることになるのです。

彼岸花

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今現在の自分自身を信じきれない時に「この瞬間の自分に任せる」ということは、この先の自分自身を信じきれない時は「その瞬間の自分に任せる」ということになるのでしょうか?

Re: No title

taku様 コメントありがとうございます。ご質問の意味が把握できているか自信がないのですが、おっしゃっていることはそのとおりと思います。けれどこれは言葉ですので、丸木橋の向うを見ることが、今のご自身にとって具体的に、どういうことなのかがヒントだと思います。
プロフィール

Author:岩田 真理
心理セラピストをしています。臨床心理士。
昔は編集者をしていました。

森田療法が専門ですが、ACや親との問題は体験的に深いところで理解できます。
心のことだけでなく、文化、社会、マニアックな話題など、いろいろなことに興味があります。

もしも私のカウンセリングをご希望でしたら、下のアドレスにメールをください。
info@ochanomizu-room.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
    ↑ 悩んでいる人のための森田療法解説書                           
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR